人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
a0098948_3312817.jpg
シドニーへは経費削減もあって、直行便ではく、経由便で行きました。
行きはケアンズ経由、帰りはゴールドコースト経由です。
ほとんど深夜に起きて空港に向かったり、乗り換え時間をもてあましたりと、なかなかハードだったのですが、良かったことも。
シドニーから帰りの乗り換えはゴールドコースト空港だったので、飛行機はばっちりゴールドコーストの上空を通るんです!
a0098948_3335189.jpg
しばらくはビーチ沿いに飛んでくれたので、このあたりがゴールドコースト、このあたりはサンシャインコースとかな~とか、想像するのもまた楽し。
ゴールドコーストは晴れていることが多い地域なので、昼間の便ならたいていはこの景色が見られるのでは?
a0098948_3403069.jpg
長~い、立派なビーチですね~。
さすがです。
ビーチ沿いはたいてい、別荘かホテルです。
ビーチ沿いの別荘見物も楽しいですよ。(外から見るだけ)
ゴールドコーストの別荘なので、とても高級そうな物件が多く、建築もすてきなところが多いのです。
a0098948_3404270.jpg
これはゴールドコーストでしょう!
オーストラリアの海辺の高級別荘地は、たいていこうやってまわりが川(海?)になっていて、海からそのまま船で別荘に帰ることができるようになってるんですよ~。
高級車を持つようなかんじで、船を持ってるようです。
飛行機の中でこれだけ見れるなら、遊覧ヘリには乗らなくていいな!と思ってしまいました。
by gigicocco | 2013-09-02 03:39 | オーストラリア Australia

パームビーチのカフェ

a0098948_2035323.jpg
シドニーのパームビーチは思っていたよりも、お店やレストランも少なく、静かなビーチでした。
水着や雑貨類を売るお店と、サンドイッチなどの軽食も出すカフェのみ。
だけど、そのお店の入った建物も高級感で、さすがです。
a0098948_20353146.jpg
食事は済ませてきたので、カフェ(ちょっと高め)でお茶だけいただきました。
目の前のパームビーチの景色がごちそう。
a0098948_20365671.jpg
風が強かったので、温かいお茶を飲みながら、本を読んだり、うとうとしたり。
私はいっしょうけんめいにおいしいお店に行ったりするけど、その他はたいていカフェでぼーっとしています。
ぼーっとするカフェは海辺が最高。
観光とか、買い物とか、そういうものは、どうでもよくなってしまう。
くいいじだけは、なくさないから、読む本はGood Food Guideだったりするけど。
by gigicocco | 2012-10-24 20:36 | オーストラリア Australia
a0098948_192535100.jpg
シドニーのビーチならパームビーチが最高!とは聞いていたのですが、シティ(シドニーの中心地)から1時間半強、マンリーからでも1時間と、ちょっと遠いので、なかなか行くことはありませんでした。
他にもビーチはたくさんあるしね~。
マンリーに滞在したので、だったら1時間で行けるからと、行ってみました。
パームビーチはとても有名なので、もっと派手なビーチなのかと思っていたら、どーん広ーいビーチに、カフェや雑貨店が数店ある程度。
a0098948_19255758.jpg
丘の上が超高級・別荘地なのよね。
たしかに、静かで、シティからも遠すぎず、眺めも良く、別荘としては最高なんでしょうね。
平日だったせいか、人もまばらだけど、ライフセーバーの小屋(というと、聞こえが悪いな・・・部屋?駐在所?)内でマッチョな若い男の子2人がトレーニングをしていました。
彼らはもちろん、赤と黄色の服を着た、本家ライフセーバー(ライフセーバーはシドニーのボンダイビーチから生まれた)ですよ・・・モテるんだろうな~。
a0098948_1926969.jpg
ほとんど人はいなかったのだけど、派手は黄色いオープンカーで若い、ちょっと悪そうな男の子が数人乗ってやってきて、ぐるっと回って、ちょっと退屈しているようでした。
なんか、昔の映画で見たような光景だなーと思ったり。
パームビーチはまわりになんにもなくて、海と空と砂浜が続くばかりで、ちょっと浮世離れしたような景色です。
同じように広ーいビーチはケアンズ近郊に4マイルビーチがあるけど、あちらのほうが人も多いし、お店やホテルも多くてにぎやかです。
4マイルビーチも高級別荘地ですけどね。
a0098948_2043149.jpg季節的なものかもしれませんが、パームビーチは風が強かったです。
そして、ビーチの砂浜に小さな貝殻がたくさん、まじっています。
1センチ前後くらいの、小さな貝殻で、かわいい。
砂に白い貝殻がまじっていることはオーストラリアではよく見かけるのですが、パームビーチは多めかな。
かわいいので、ついつい(使う用途もないのに)、ひろってしまう。
by gigicocco | 2012-10-23 19:26 | オーストラリア Australia
a0098948_22201473.jpg
さて、カモメが集団でビーチで立って休む件ですが。
夕方にはこんなふうに、ほどよい距離を置いて、集団でビーチにたたずんでいます。
a0098948_22204160.jpg
夕方といっても、まだ明るくて、近くには運動部(?)の方々がランニングしていたり、近所のオジサマが磯釣りをしていたりするわけです。
そうなってくると、小学生くらいの男の子も磯釣りのお父さんにくっついて来ているわけで、はじめは遠巻きにカモメを眺めていた彼らも、そこはそれ、小学生男子ですから、カモメの集団に走ってつっこんで行ったりするわけです。
カモメは初めは早足で逃げていき、そのうち飛び立って(あんがい、長く走って、ギリギリまで飛ばない)、しばらくするとまた定位置に戻って、そうするとまた、小学生男子がつっこんでいき・・・と繰り返されていました。
もっと暗くなるまではね、やっぱりそう、のんびりはできないようですよ、カモメも。
by gigicocco | 2012-07-14 22:26 | オーストラリア Australia
a0098948_23111513.jpg
夕暮れに、シドニーのビーチに降りると、びっちりのカモメが集って、じっと立ち止まっています。
a0098948_23133445.jpg
めいっぱいズームして、カモメの様子もカメラ越しに観察。
風の強い浜辺にずっと立ち止まっていて、たまに、毛繕いするくらい。
これから、ここで寝るのかなぁ。
by gigicocco | 2012-07-13 23:13 | オーストラリア Australia
a0098948_22363315.jpg
シドニーのバルモラ・ビーチが気に入って、お茶をしたり食事をしたり、日向ぼっこしたりと、通いました。
バルモラル・ビーチには真っ白な建物の「パビリオン」があって、(写真だと右端の建物です)本を出したりしている、有名なシェフのお店だそう。
a0098948_22364912.jpg
ビーチにある、真っ白な建物で、すてきです。
日曜日の夕方に行ったときには、結婚式かなにかのパーティをやっていたらしく、ドレスアップした人々がどんどんこの建物に入っていきました。
男性はタキシード、女性は髪をアップしてロングドレスです。
パーティーがあるからか、だから、この日はレストランは満席。
レストランに行くのはまたにして、同じ建物内のカフェに入りました。
併設されているカフェも、すごく行ってみたかったんですよね。
同じ建物内だから、立地条件は同じだし、店内の雰囲気もすてきでした。
a0098948_2237197.jpg
お食事メニューはパンケーキやハンバーガーなど、カフェのメニューでしたが、おいしそうだったし、お値段も(レストランよりはずっと)リーズナブルなので、かなりオススメです。
アフタヌーンティーのセットもあったみたい。
残念ながら、私はドリンクだけいただきました。
スイカのジュースにちょこっとジンとライムが入った、さわやかなカクテル。
テーブルの上の青いボトルは無料のお水です。
a0098948_22385050.jpg
窓の外には海と空。
休日に来て、ブランチやおやつを食べながら、おしゃべりして過ごすにはサイコーのお店です。
by gigicocco | 2012-06-30 22:38 | オーストラリア Australia
a0098948_2048260.jpg
シドニーのバルモラ・ビーチはすてきなところです。
ちょっと贅沢な気分で、海を楽しむにはサイコーです。
海に向かうとき、車中から海が見えると、うれしい気持ちになります。
a0098948_20484855.jpg
ビーチ沿いの通りのお店も、良さげなところがチラホラ。
バスの停留場には、ワンピーススタイルの制服の女の子達がバス待ち。
かわいい制服!(ワンピーススタイルのクラシカルな制服って、カワイイ)
a0098948_20541322.jpg
ビーチの脇にある、木陰の駐車場。
駐車場は木陰をキープするのがラッキー。
a0098948_20544678.jpg
海水浴場には、家族連れもたくさん。
まわりには軽食屋さんや、モダンなレストランも。
a0098948_20552618.jpg
ビーチの景色。
門のような形をした、陸の形が印象的です。
a0098948_20555623.jpg
こちらのエリアは海水浴場エリアではないようで、空いてます。
a0098948_20561269.jpg
オン・ザ・ビーチでバザー・パビリオンがあります。
白いコロニアルな建物で、カフェやレストラン、パーティーなどに使われているようです。
a0098948_2056328.jpg
ビーチのまわりには、青々とした芝生と木が生い茂り、イスもあるので日陰に入って休むこともできます。
夏でなくても、休日にドライブして、ゆっくりするのにとてもいいビーチでした。
by gigicocco | 2012-06-28 20:56 | オーストラリア Australia
a0098948_1444233.jpg
夏のシドニーに到着したらば、ビーチ沿いのカフェかレストランで過ごしたい。
ので、行ったのがノースにあるBalmoral Beach(バルモラル・ビーチ)。
ビーチの真ん前に、ひときわ目立つ新しいレストランがあったので、そちらに入りました。
日曜日のランチは混むので、もしかしたらダメかも?と思ったのですが、時間が早かったおかげで大丈夫でした。(満席で断られている方も・・・週末は予約がベター)
店内には少しおしゃれをして、サンデーランチを楽しむ方々でいっぱいです。
この日は快晴というわけではありませんでしたが、まぁまぁ良いお天気だったので、壁いちめんの窓ガラスから見える、海と空は、やっぱりすてきです。
a0098948_14444496.jpg
気分よく、スパークリングワインを一杯。
パンもおいしい天然酵母のパンです。
ほんと、シドニーのパンはおいしくなりました。
昼間からたくさんお酒をいただくのもナンなので、1杯だけにして、後はスパークリング・ウォーターです。
こちらのお店でも、サンペレグリーノ×ブルガリのお水でしたよ。
a0098948_14462032.jpg
オーストラリアの牡蠣って、小粒だけどギュッと身がしまっていて、おいしいんですよ。
磯くささもないので、ワインとも合わせやすい。
ぜひとも食べたいけど、ひとくちだけ。
たいていは1コから注文できます。
だけど、ほんとに1コだけ注文する人はめずらしいと思う。
a0098948_14473480.jpg
うれしいメニュー、花ズッキーニのフリット。
ズッキーニの花部分にリコッタチーズを詰めて揚げてあるもの。
ズッキーニの花は、オス・メスがあるし、あっという間にしぼんでしまうものなので、とくに日本では入手が難しい、と聞いたことがあります。
a0098948_1451465.jpg
うすーいコロモに、良い油でカリッと揚げてあって、とても良いフリット。
ズッキーニの花部分にナイフを入れると、中からはとろ~りと新鮮なリコッタチーズのミルキーな味で、たまりません。
同じイタリア出身のモッツァレラチーズの人気が定番化して、いたるところで食べられるようになったのだから、リコッタチーズも同じように人気者になってほしい!
a0098948_1453010.jpg
ランチなので、メインはパスタにして、カサレッチェ。
ボッタルガ(からすみ)、アサリ、エビ、イカ、ズッキーニの、シーフードパスタです。
ズッキーニは小さく丸くくりぬいてあって、お料理の上に水玉模様が出現して、かわいい。
ズッキーニの火の通し具合も行き届いていて、ほんのり食感が残るくらいで、さっぱり感を演出しています。
カサレッチェのS字の隙間に、シーフードのスープが入り込んで、すごく、おいしい!
カサレッチェは食感も楽しいし、好きだなぁ。
a0098948_17115542.jpg
魚はシンプルにソテーした、ひらまさ・・・だったかな?
新鮮なお魚をシンプルにソテーして、シンプルにおいしい。
お魚の火の通り具合も繊細で、ふんわりやわらかな焼き上がりです。
野菜不足防止に注文した、サイドディッシュは、スティックブロッコリー。
サイドディッシュの野菜メニューがしっかりあるのも、助かります。(もちろん、いちばん人気は、フライドポテトとマッシュポテト!)
a0098948_17133146.jpg
お肉を食べないと、デザートも食べられます。
というか、もうちょっと、ここでゆっくりしたかったんです。
表面の砂糖ををカリカリのキャラメル状にした、クレームブリュレ。
ちゃんと、注文後に砂糖を焼いてあるので、ほんのり温か。
フラット・ホワイト(ミルク入りコーヒー)と共に。
a0098948_17202535.jpg
これも大好きなデザート、スフレ。
この日は、マンゴー味でしたよ。
a0098948_1720547.jpg
ぺっちゃんこになってしまわないうちに、アチアチ言いながら、急いで!
スプーンを入れるたびに、つぶれた泡と共に、マンゴーの香りが立ち上がります。
甘みよりも、香りと酸味が立つスフレで、好みのタイプ。
a0098948_1721849.jpg
レストランの目の前は、普通に海水浴場なので、海辺でくつろぐ人々の姿も見られて、こういうのって、映像とか流されるよりずっといいですね。

パブリックビーチレストラン
by gigicocco | 2012-05-30 14:44 | オーストラリア Australia
a0098948_1903365.jpg
シドニーに行ったら、わざわざドライブして行く場所があります。
ま、私が行くんですから、もちろん、おいしいもののためなのですが!
私がシドニーで行くお店の中でいちばん、遠いです。
なんせ、マンリーよりも遠い!(マンリーはシドニーから小一時間ほど離れた、人気ビーチリゾート地)
それでも行く価値があると思いますね、Pilu at Freshwaterには 。
a0098948_1931526.jpg
Piluのことはまた後日、じっくりと書きますが、その場所、Freshwater Beachもいいんですよ。
町から離れているから、そんなに混んでないし、とくに夏(いまくらいの季節)は青い海と空が美しい!
ここのビーチにあるレストランは1軒だけだから、そこで食事をして、その後、ビーチでゆっくりするのもまた楽しみなの。
ビーチまで降りなくても、丘の上の芝生でぼーっとするのもいい。
a0098948_1922543.jpg
ドライブをして、海が見えてきたときもすごくうれしいんですよね!
数年前にFreshwaterに来たときには、まわりになんにもなくって、本当に、ただ広々としたビーチがあって、そこにぽつんとレストランがあるだけだったのですが、久しぶりに行くとまわりもずいぶん栄えはじめたようです。
私が提唱している、「良いレストランができると、そのエリアは栄えはじめる」ではないかと。
ま、マンリーからそんなに離れているわけでもないですしね、単純に開発が進んだだけかも。
宿泊施設もいくつもあったけど、高そうだなぁ・・・安かったら泊まりたいなぁ。
レストランはあいかわらず1軒だけだけど(キオスクという軽食スタンドはあるけど、そこもPiluがやってるの)、ちょっと離れるとカフェやスーパーや酒屋さんなどはけっこーできてました。
酒屋さんなんかは、マンリーの近くでもあるので、いいワインを置いてそうだな、と思いました。
by gigicocco | 2012-01-09 20:10 | オーストラリア Australia
a0098948_12574019.jpg
サン・ジャン・ド・リュズのビーチは、ビアリッツと比べると広かったです。
広いからか、曇っていたからか、混雑状況もビアリッツよりも穏やかで。
広いビーチの真ん中らへんには、これまた巨大な子供遊具が!
これはスゴイ!子供の頃だったら大はしゃぎだっただろうな~。
実際、子供連れも多かったです。
近くにバカンスで滞在してるんでしょうね。
a0098948_1258322.jpg
サン・ジャン・ド・リュズの町をぬけて、バスク建築の立ち並ぶ海沿いから、遊具ゾーンを越えて少し離れて、サーフィンしている男の子が多くなるゾーン。
そこにはウォーキングデッキもあって、歩きやすい。
日陰があんまりないので、それがちょっと大変かな。
積極的には焼きたくない派なので、日陰がないとちょっと困る。
サングラスを忘れてきてしまったのがこたえる。
a0098948_12583679.jpg
ウォーキングデッキの上は、ビーチグッズやおみやげ、軽食が食べられる建物があったので、そこのカフェで海を見ながら一休み。
ここは本当は、クレープ屋さんだったのだけれど、ランチをたっぷり食べてお腹がいっぱいだったので、飲み物だけでガマン。
by gigicocco | 2011-08-21 14:59 | バスク Basque