人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:香港薬 ( 34 ) タグの人気記事

香港で食べ過ぎたとき

a0098948_19352660.jpg
香港で食べ過ぎてしまったとき(よくある・・・)は、やはり涼茶(漢方茶)屋さんが気になります。
涼茶をグイッとやると、一安心というか。
予想以上にマズくて飲みきれないときもあるけど、沖縄の薬草茶くらいのときもあるので、なるべくクセのないものを飲みたいけど、「良薬、口に苦し」なような気もする。
このときは「飲んだほうがいいな」と思いつつ、さらにデザートも食べたいと思っていたのでパス。
デザート止めて、涼茶にしたらいいのに~。
大きく看板を出していたりして、どのお茶を選んだらいいかも、わかりやすいお店だったので。(ある程度知識がないと、どれを飲んだらいいかわからないものなので、お店の人に聞くことが多い)
by gigicocco | 2012-08-05 19:41 | 香港 Hong Kong
a0098948_18365450.jpg
シドニーのショッピングセンターにあった、漢方薬屋さんのショーウインドウ。
ずらりと並んだ品揃えが興味深かったので、内容を確認。
一番多いのは、サプリメント類だったけど、どうやら単純にビタミン剤だけ
ではなく、これも漢方系みたい。
パッケージはカラフルでちょっとカワイイ。
ポスターには、ハーブティーや、漢方茶、ハリ、悪血をとるカッピングも。
シドニーにもチャイニーズタウンはありますからね~。
指圧屋さんも多いし。
a0098948_18375076.jpg
よくよく見ると、香港の定番薬もちらほらと。
お腹の薬のポーチャイピルや、喉に効くスイカパウダーのトローチ、足裏シートなどなど。
香港でもオーストラリアのものをよく見かけますから(特にワインはオーストラリア産がたくさん入っています)、逆に香港からオーストラリアへもたくさん輸出されているのでしょうね。
by gigicocco | 2012-04-01 18:47 | オーストラリア Australia
a0098948_1755232.jpg
フランス発祥のものなのに、なぜか香港で定着したミント(ハッカ)水
使用方法はいろいろとあるようですが、私はシンプルにお水に1~2滴入れて、ミント水にして飲んでいます。
ミントの香りでスキッ!とします。
暑~い時期、ペットボトルの水を持ち歩くときに、腐敗防止に入れたりね。
ミントのおかげでさわやかになって、ぬるい水も飲みやすく。
市販されている、このミントウォーターとそっくり!な味に仕上がります。
香港でもレトロな一品のようで、近頃は取り扱い店も減っているように思うのですが、いったん定着したものって強いですね。
まだまだ、ちょこちょこと売られていて、瓶のエチケットも、箱の中の取り扱い説明書(香港オリジナル)のイラストもレトロでかわいいので、好んで香港で買うおみやげです。
もともとはフランスの商品なのに、ずーっとフランスでは見たことがなかったのですが、パリの中華街の地味な薬局でみつけましたよ!(チャイニーズ系に人気?)
エチケットは同じだけど、瓶の形が違う!
香港版は普通の円柱型の瓶なのですが、本家・フランス版では四角なんですね!
これまた、かわいいな!
サイズも大と小と2つあったよ。
みつけられたことがうれしくて、2つともほしくなったけど、小さいほうだけにしておく。(私も大人になったもんである)
味の違いはわかりませんでしたから、同じものと考えて良いでしょう。
お値段は、香港で買ったほうがお得でしたよ~。
同じものが2つだけど、丸と四角、香港版とフランス版。
両方が今、わが家で並んでいることが、ものすご~く、うれしいの。
by gigicocco | 2011-09-02 20:16 | zakka

香港の漢方のどスプレー

a0098948_0381288.jpg
乾燥が気になる季節ですね。
一年中、エアコンがガンガンに効いている香港は、のどのケア用品も豊富でよく買います。
もちろん、漢方系も充実。
その中で、愛用してるのがスイカスプレー。
口を開けてのどへ直接本体を押しつぶすようにブシュッとすると、中からパウダーが出てきて、のどにはりつくしくみ。
液状じゃないので、ピタッとくっつきます。
息をするだけで痛むような時には、粉がはりついてガードしてくれているのがよくわかります。
これがまぁ、スイカのさわやかさは一切なく、「漢方臭」がスゴイ。
初めて使った時にはびっくりしてしまったくらいです。
それでもリピートしてしまうのは、やはり使ってみて良かったからです。
のどが荒れてるなーという時には、一日に何度も付けると良いです。(水を飲んだりするとどうしてもとれてしまうので、一日に何度もつける)
夜、眠る前にスプレーしたり。
いつのまにやらじわりじわりと問題が改善していくのです。
口内炎にも良いそうなので、口内炎の幹部にもブシュッと一吹き。
同じもので甘いトローチタイプがあるのですが、甘苦い味がかえって私はダメなので、古典的なスプレータイプを愛用しています。
口内炎にも使えるし。
はじめはマズイ・・・と思っていた味は、慣れたいまでもマズイですが、効き目には勝てないですねぇ。
by gigicocco | 2011-01-27 20:12 | 香港 Hong Kong
a0098948_4264920.jpg
とても有名な香港製のおなかの薬、ポーチャイピル
香港だけでなく、外国にもたくさん輸出されてるみたいです。
アメリカでも中華街などで売ってるんですって。
もちろん私も愛用してます。
すごくいいから。
でも今年の3月頃、香港で回収されたらしいんですよ。
何か問題成分が含まれていたのが原因みたいで。
私も不安になって香港人に聞いてみたところ、「ごく微量だし、おなかの薬だから、大丈夫と思う」とのこと。
ポーチャイピルを飲んだ後って、胃腸が動きだしてトイレに行きたくなることも多いんですよ。
おなかの薬だから。
なので、「おなかの薬だから、飲んでも体外に出ちゃうから大丈夫じゃない?」というのは私にとっては納得できる答えでした。
回収後、たしかにお店で見かけなくなりましたが、夏頃には復活してお店に並んでいました。
ビミョーに箱の色合いが黄色っぽくなったように思うので、回収前と後の改良品との区別がつくようにしてるんだと思う。
パンフレットも作ってね。
ポーチャイピルはすごく有名な薬なので、ネット通販での個人輸入もすごく行われているのですが、回収騒ぎのことはあまりふれられていないようなので、書いてみましたよ。
回収騒ぎがあっても、改良されたわけだし、いい薬ですよ。
食べ過ぎ、胸焼け、体が重いような時なんかに、とっても重宝してます。
あと、お腹の調子が悪い時になんとなく飲んでみる。
by gigicocco | 2010-12-29 04:42 | 香港 Hong Kong
a0098948_019768.jpg
一世を風靡したタイガーバーム。
今になってよく見てみると、虎のイラスト入りデザインが、なんだかかわいく見えてきました。
オーソドックスなボトル入りタイプはあまり買わないけど、ミニ缶タイプや、塗る首&肩こりクリーム、温(冷)湿布なんかはよく買います。
タイガーバームの知名度はすごいので、おみやげとしても便利なんです。
空港のマニングス(香港のマツキヨのような店)で最後のお買い物をしていると、タイガーバームセットを発見!
中身は温湿布1枚、首&肩こりクリーム、ミニ缶3コ、リキッドタイプ1本が透明なポーチに収まってて、なんだかかわいい。
即、おみやげ決定。
by gigicocco | 2010-08-26 23:48 | 香港 Hong Kong
a0098948_0382259.jpg
香港で買う、漢方薬のお店の商品といえば、ゆがんだ紙製パッケージにキッチュなデザイン、というのは一昔前のハナシで、今はデザインもすごく良くなっているので、おみやげにも買うようになりました。
おみやげに難しいものは向かないので、お茶系をハーブティー感覚で。
いちおう、店員さんに聞きながら。
たとえば、若い女性にあげる用とか、疲れがとれない人用とか、疲れ目用とか、滋養強壮系とか、冷え性改善とか、気軽に使えそうなもの。
あんまり激しい効果が出ないものを選ぶことがポイントかな。
人によって体質が違いますからね。
あまりハードなものはおみやげには向かないかなと。
老舗漢方薬局の余仁生の商品も、きれいですてきなパッケージのものがたくさんあるようになったので、おみやげ用に買うようになりました。
空港内にも支店があるので、おみやげの買い足しも便利です。
カメゼリーも食べやすい味なので、ここで買ったり。
たくさん買うと、オマケもたくさんくれます。
by gigicocco | 2010-08-03 00:38 | 香港 Hong Kong
a0098948_11573337.jpg
百合油(リリーオイル)は香港人の常備薬。
百合油とあるからには、百合のどこかの部位が入っているのでしょうけれど、そこらへんのことに詳しい方にお会いしたことがなく、詳細は不明です。
簡単に言うと、塗る湿布薬+アロマってかんじです。
足が疲れていたら足に塗り、肩こりなら肩に塗り、頭痛ならこめかみに塗り、虫に刺されたら応急処置的に塗り、気になるツボに塗り、気分が悪いときに鼻の下にちょっと塗って香りを嗅いだり。
うとうとしたくなるような午後には、スースーした感覚としっかりした香りに目が覚める時も。
何かちょこっと不快な時にササッと塗ってみる、そんな存在のようです。
そんな定番的な百合油に新商品が発売されて、なんと、ラベンダーオイル入りだそうですよ。
名前も「紫花油」ですって!
もともと百合油にはラベンダーオイルも入っているそうですが(ハッカオイルや、様々なオイルをブレンドしたものらしい)、新商品にはラベンダーオイルの割合が多いのだとか。
実際に使ってみると、ラベンダーの香りはほとんどわからなかったのですが、従来の百合油よりも香りがマイルドになって使いやすくなったんですね。
すごいスースー感と湿布のニオイだったので、マイルド版が出たということなのでしょう。
従来の百合油だと、1ヶ所に広範囲に塗りすぎると寒く感じるほどですが、これなら大丈夫そう。
効き目としてはどっちかは、不明ですけど、強いほうが効きそうに思えることもたしか。
使い心地よりもなによりも、私が「これは買うわ!」と思ったのは色です。
それまでは透明だったリキッドが、かわいらしいピンクに。
サイズがひとまわり大きくなり、価格帯もあがったのですが(それでも100円ちょっとくらい)、かわいくて買っちゃったなぁ。
ピンク色のほうが、おみやげとしてもいいかんじ。
百合油って、通販などで日本でも買うことができるんですけど、そこまでするのもちょっとね。
だから、おみやげに買ったりもらったりするのがちょうどいいんです。
by gigicocco | 2010-06-18 12:27 | 香港 Hong Kong

健康茶のおみやげ

a0098948_1834797.jpg

以前、香港のスーパーで買ったお茶、健康工房(スープスタンド)のブランドだなとは思っていたのですが、お店でも売っていました
なにやらエライおばあちゃん(教授?)が開発したお茶だったのね〜
お茶だけでなくカプセルタイプもあったから、薬に近い存在なのかも
そうよね〜
カプセル、必要よね〜
このお茶、しっかり苦い!んだもん
by gigicocco | 2010-03-09 18:03 | 香港 Hong Kong
a0098948_14301490.jpg
香港人が皆、漢方薬を飲んでいるかというと、当然、そんなことはなく、いわゆる普通のお薬を飲んでいるようです。
だけど、漢方薬と薬を状況に合わせて飲んでいるという人もたくさんいます。
若者は漢方薬に興味がない子が多いかな・・・。
そんな香港の薬事情なのですが、日本のお薬も人気なんですよ。
私がよく見かけるのは、正露丸と大正漢方胃腸薬。
特に正露丸はたいていの薬局やドラッグストアでずらりと売られていますから、かなり一般的なお薬なのでしょう。
地下鉄にこんなに大々的な広告も!
なぜ女性の足が?とか、正露丸模様のトランクとクッション?とか、そういうことは置いておくとして、かなりメジャーな商品であるということがわかっていただけるのでは。
日本の薬=安心というイメージもあると思います。
日本ブランドの信頼は厚い。
「漢方の国」で日本の薬が評価されているのは、ちょっと誇らしい気分。
by gigicocco | 2010-03-02 14:30 | 香港 Hong Kong