人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

香港でひとり広東料理

a0098948_14305213.jpg
香港でひとり広東料理は一皿の量が多いので、ちょっとハードルが高いものですが、そんな中でもひとりで気軽に行くのが銅鑼湾と湾仔の間くらいの場所にある稲香の平日ランチ。(九龍側にもありますが)
ひとりだと相席になる可能性が高いけど、それでも気楽な雰囲気です。
広々とした店内なので、あまり気にせず過ごせます。
メニューも点心などの小さな料理も多いので、いろいろ注文できます。
ひとり飲茶にぴったりな、お得な点心盛り合わせセットもあったりして。
点心はチェックシート式の注文なので、広東語がしゃべれなくても注文しやすいですよね。
英語の通じない店員さんも多いですが、メニューを指さしでなんとかなります。
焼味はいまひとつでしたが、点心はお値段のわりには立派です。
私の好物のなすのすりみのせも食べられますし。
ゴージャスな雰囲気ですが、お値段も高くなく、香港の普通の人が多い普通のレストランなので、人間観察も楽しいです。
なぜひとりのときは平日ランチに行くのかというと、さすがに夜や週末は家族連れが多くなるので、そんな中でひとりは、さすがにちょっと。
営業時間帯も長いので、ひとりなら朝~夕方くらいの時間帯がいいかなぁ。

稲香
by gigicocco | 2015-07-16 14:30 | 香港 Hong Kong
a0098948_1954115.jpg

香港でとっても有名な点心屋さん、添好運。
比較的に空いていた中環店も、ちかごろは大混雑。
観光客も多い様子だから、しかたがない。
なので私ももうとんと行ってないのですが、お店のとなりに添好運のテイクアウト専門のお菓子屋さんができましてね。
お菓子というか、甘い点心というか、レストランの中華デザート屋さんというか。
これがね、安くてすごくおいしい。
甘さはかなり控えめなので、その日中に食べなくちゃなくらいの生菓子ですが、おいしいよ!
うずまきが2つくっついたような如意巻と、ジャスミンゼリーをリピートしてます。
如意巻は、やわらか~いお餅の生地に、ひとつのうずまきは小豆、もうひとつはカスタードクリームでを巻いて、ココナッツファインをまぶしたもの。
小豆もカスタードクリームのどちらも甘さ控えめの上品スイーツ。
ジャスミンゼリーはとっても香りが良いことと、中に甘く煮たクワイを細かく切ったものがたくさん入っていて、しょりしょりとした食感も楽しいのがとっても良いのです。
香港のレストランでもよくあるデザートですが、かなりの完成度かつ、リーズナブルでおいしいです。
点心のほうはもう行くのは大変だけど、こっちはヨユーで買えますよ!!
おばちゃんがヒマそーに座ってるので、ショーウインドウの中のお菓子を指させばOKです。
プラスチックのフォークも付けてもらえるので、忘れずに。
by gigicocco | 2014-09-26 19:54 | 香港 Hong Kong

香港でランチ飲茶です

a0098948_14243365.jpg

注文した飲茶が隣の席のものらしかったのですが、気づかず少し食べてしまいました
お店側も混乱したらしく、こちらのオーダー票に隣のオーダー票と合わせて持ってきたり、オーダーした料理が来なかったりと大変に
ちゃんと確認してから食べなくちゃね
どーりで料理を持って来るのが早いと思ったんだー

<後日の追記>
相席だったので起きた不幸ですね。
メニュー数も少ないお店だったので、だいたい似たような点心を注文してるので。
この場合、間違って食べてしまった料理をどうするのか??
気が付いてすぐにお皿を返したのですけれど、お店側は一口でも食べたんでしょ?と間違えた皿の分をこちらの伝票に付けようとするわけですけど、ツレが拒否。
「この分はそちらが間違えた分だ」と伝えると、なぜか間違えたグループの伝票と一緒に計算したりして・・・なぜ、たまたま相席になった人の支払いまでしなくちゃなのだー!と混乱。
交渉の結果、相席の方の分はもちろん、間違えた分も伝票に入れずに、当初に注文したものだけになりました。
ふー、なんか、つかれるわ~。
こういうときどうするのか?は香港でも人によって違うと思う。
若い子なんかだと、はずかしがって、そのまま払っちゃうのかも。
by gigicocco | 2012-08-30 14:24 | 香港 Hong Kong
a0098948_3372216.jpg
香港で有名なシェフがリーズナブルな飲茶屋さんを開き、それが大繁盛で、行列2時間とか、ミシュランで星をとったとか、メディアでたくさん紹介されています。
私も気になるけど、時間のない旅行者が1~2時間も並ぶのはイヤだな~と、思っていたんです。
それが、いつのまにやら、というか、やっぱり香港というかで、支店がいくつもできてたんです!
しかも、中環店は、よく行ってたスープカフェの跡地!
ランチタイムには大混雑(テイクアウトもできるから、なおさら)だけど、営業時間も長いし、ビジネス街だから、時間をずらせば並ばずに食べられるはず!
そう思って、平日の夜6時くらいにふらっと行ってみると、並ばずにするっと入れました!
その30分後には店外にお客さんがあふれかえっていたから、午後4~5時くらいがねらい目なのでは?
朝9時から営業してるそうなので、おそらく午前中も大丈夫。
a0098948_3375179.jpg
席はほとんどが大テーブルで、基本、相席。
メニューの紙に食べたいものをチェックしていく、飲茶スタイル。
どのメニューも10~25HKドル程度(100~300円くらい)とリーズナブル。
そうですよね!飲茶の値段て、昔、こんなだったはずですよ!
お客さんは老若男女いましたが、場所柄か、OLさんが多めかな。
a0098948_3403673.jpg
メニューはかなり迷いましたが、やはり、定番のえび蒸し餃子マーラーカオは食べておきたい。
それと、皮をむいたなすのトーチ蒸しに、名物らしいメロンパン風のチャーシュウまん
飲茶だけじゃなくて、ご飯ものもあったので、中華蒸しハンバーグと目玉焼きをのせたどんぶり。
ご飯ものだけサッと食べて帰る方もいらして、これまたリーズナブルにささっと食べられて、いいですね。
飲茶なので、お茶は必須ですが、ポットにどーんと置かれて、飲み放題。
クセのない薄いお茶で、そのお茶代が別途10HKドル。
お料理はどこかでまとめて作っていて、お店では蒸したり焼いたりするだけみたい。
a0098948_3415842.jpg
お味はごくオーソドックスなので、この価格はたしかに、お得感。
小型でしたが、蒸し餃子にはえびぎっしり。
どんぶりご飯もシンプルな味で、まずまずだし、何より24HKドル程度でかなり大盛りだから、テイクアウト弁当にぴったり。
なすはとろとろでご飯と合うし、それにこの頃、こういう庶民的な点心って、あまり見かけなくなったので、それもウレシイ。
名物らしいメロンパン風チャーシュウまんは、外のクッキー部分がほんと、サックサク!
中のあんは香港風の甘めタイプなのですが、外のクッキー部分も甘いので、私には甘すぎるのですが、香港人は大好きだろうな。
甘辛味ってかんじです。
私がびっくりしたのはマーラーカオ(中華風蒸しパン)!
ふわふわは当然だけど、香りがすごく良かったの。
なんの香りなんだか?
砂糖?油?そんなわけないと思うけど、もしや香料?
いやー、おいしかった!
リーズナブルだし、並ばないですむなら、また行きたい。
早めの夕食を済まして、そのままIFCモールでお買い物して帰りました。
香港のミシュランは、こういう安い店もガンガン星をとってるの。

添好運
by gigicocco | 2012-02-18 03:40 | 香港 Hong Kong
a0098948_3322744.jpg
福臨門は香港に行くとたいていは行くので、まだまだあります。
福臨門のファンというより、なんとゆーか、福臨門の味に慣れたので、定期的に食べたくなるんですよね・・・。
湾仔店と尖沙咀で少し味が違うから、別のお店のようにとらえていますし。
もちろん、素材もいいし、手がかかっていて、味もおいしいなと思う。
行くのはたいてい、ランチですけどね。
この日も湾仔店でのランチです。
a0098948_3313267.jpg
咸水角(ハムスイコ/飲茶版ピロシキ)を食べました。
福臨門では初めてかもしれない。
今まで食べてきた咸水角は、噛むと油がジュッと出てきたりして(しかも油も良くなかったりして)、良いイメージがなかったのです。
でもこれは、さすがにおいしかったですね。
油もジュッと出てきたりしないし、外側サクッと、中はふんわりモチっと。
そして、中からアツアツの具がトロリと。
a0098948_332639.jpg
メニューの中から食べたことのないものをと選んだ、内臓(トリッパ)蒸し。
くさみはまったくなく、ふんわりとやわらかく、味付けもほどよく、おいしかったですねぇ。
上品な内臓料理です。
この他には、定番の蝦蒸し餃子も、いつもながら、おいしいですね。
a0098948_3332839.jpg
季節の青菜料理もお願いしましたよ。
このときは腐乳(中国の豆腐よう)味で。
ちょっと味付けは濃いめでしたが、ご飯のおかずとしてはほどよく、おいしいなぁー。
a0098948_3334972.jpg
ちまきも好きですよ。
だけど、もち米はお腹がいっぱいになるから、たまにしか食べないのだ。(お腹が一杯になると、他のものが食べられなくなるから・・・くいいじ・・・)
これイッコでかなり満足度の高い食べ物なので、2人で半分こするくらいがちょうどいいくらい。
お肉や脂も入っていて、けっこうなボリュームなのだ。
でも、おいしくて、やっぱり食べたくなっちゃうの。
脂もいい脂だし、ポーレイ(プーアル茶の広東語)を飲めば脂は流れてスッキリよ。
by gigicocco | 2011-10-28 16:08 | 香港 Hong Kong
a0098948_13345371.jpg
あれは10年・・・どころじゃないか、20年以上前からかな?
香港でとても「レモンチキン」という料理が流行ってて。
今では定番となった料理なんですけど。
衣をつけて揚げた鶏肉に、甘酸っぱいとろみのあるレモンソースをかけたような料理なんですが、その料理を発明した人気店がある、というのは知っていたのですが、大混雑の中に行く勇気もないし、ちょっと行きづらい場所に移転してしまったと聞き、けっきょく、行かなかったんです。
今となっては他のお店でもレモンチキンがメニューにあることが多々あるのですが、なんとなく、本家で食べてからにしようと、ほとんど食べたことがないんです。
湾仔を歩いていると、その元祖レモンチキンのお店をみつけたのです!
たしか、レモンチキンは発明したのは、益新レストランだったはず。
再移転したのですね!(香港にはよくあるんです、移転)
お店もきれいになったし、今度は行きやすくていいわ~。
夜はそれなりに混んでいるようですが、お昼はそうでもないらしく、すんなり。
a0098948_1238095.jpg
お料理もいろいろと注文しました。
本当は例湯も注文したのですが、時間が早かったので、まだ出来上がってないとのことでした・・・残念。
ピータンとイカげそに粉をうすく振って揚げて、塩・胡椒したもの。
イカと粉胡椒が合って不思議と後をひく味です。
あ、こちらのお店は基本的にはNo,MSG(化学調味料)未使用だそうです。
a0098948_14271841.jpg
お昼なので点心類も少々。
鶏の足の蒸し物と大根もち。
大根持ちはココットに入れて蒸してあり、めずらしいですね。
大根もちはかなり薄味でしたが、鶏の足は昔ながらのしっかりめの味付け。
a0098948_1471549.jpg
えびの腸粉と、湯菜(ゆで青菜)。
腸粉は皮厚めでしたが、ぷりもちっとした食感が良い。
a0098948_1492820.jpg
副臨門でいただく、淮山(乾燥山芋)で鶏肉や椎茸を巻いて蒸した、この点心もありましたよ~。
ウン、これも薄味で、健康的だ!
こうやってヨソでも食べると、副臨門てやっぱりかなり良い素材を使ってるんだなとわかる。
あ、もちろん、ここのお店のもおいしいんですよ~。
a0098948_1494680.jpg
炒飯はぷりぷりえびがゴロゴロ入って、おいしーです。
炒飯も味付け薄め、油すくなめで、食べやすいなぁ。
ここんちは、No,MSGだし、健康に気をつけてる、現代的な料理のお店なのですね。
a0098948_1502959.jpg
デザートにマーラーカオと杏仁茶をいただいて。
どちらも、やさしい上品な味です。
さて、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、私、結局、レモンチキン、食べてないんです。
メニューにはあったのですが、ボリュームもありそうだし、やっぱり夜に行ったときに食べたいなと思って。
レモンチキンもまた今度です。
まぁ、20年も待ったんだから、もうちょっと待ちます。

益新美食館 Yixin Restaurant
by gigicocco | 2011-10-14 14:01 | 香港 Hong Kong

福臨門で軽めのランチ

a0098948_2056158.jpg
久しぶりに香港の福臨門(湾仔店)のことを書きます。
香港の福臨門でランチをするときは、たいてい同じようなメニューなので、内容にかぶりがありますが、それはごめん。
もうだいたい同じものを食べるようになってきてしまってるんで。
a0098948_20563670.jpg
とりあえず、これは食べておこうと思う、えび蒸し餃子。
ぷりぷりでおいしーんですよ!
a0098948_20565496.jpg
この日のおすすめの中に、きのこ炒めがあったので、注文しました。
もちろん、おいしい、普通に、すごくね。
a0098948_2057166.jpg
季節の青菜のスープ炒め。
福臨門はスープがそもそもおいしいから、コレ、すごくいいんです。
青菜炒めを注文すると、調理法が聞かれるので、そのときに「スープ」と言うとコレになります。
a0098948_20573674.jpg
スープ煮のスープとは別の、素材をコトコト煮た、今日のスープ(例湯/老火湯)。
この日のスープのメインは豚の肺でした。
たしか、肺に良い食材だったはず。(香港は空気が悪いせいか?肺に良い食材を積極的にとります)
a0098948_20574951.jpg
スープの味はふつうにおいしかったですよ。
とくにくさみもなく。
具は食べても食べなくてもいいけど、ちょこっと食べてみると、肺そのものはやっぱり固くかみ切れない部位もあり、クセも少し残っていました。
a0098948_205889.jpg
最後は、くるみの甘いスープ。
とろりとして、香りよく、ほのかな甘みでおいしーんですよー。
これも肺に良い食材ですね。
このときは他に肉も麺も米も食べなかったので、わりと軽めに、さらっと食べました。
これくらいで帰れるなら、福臨門もこわくない。
by gigicocco | 2011-08-22 17:31 | 香港 Hong Kong
a0098948_427352.jpg
香港空港に行く前、IFCモールでランチをすることになりました。
だけど、IFCモールって混んでるお店が多いし、なかなかゆったりランチは大変・・・。
そこで、ちょっと思い切ったレストランに入ってみました。
高級そうだから、いつも敬遠していたお店です。
混んではいましたが、ギャルソンスタイルのお姉さんに個室の空きテーブルに入れてもらえてラッキーです。
さすがはIFCモールの高級店、セレブ系が多く、静かで落ち着く~。
お茶を入れる茶器も、洋風で、オシャレ感。
イスもふわふわだし、大きめの窓があるのも開放感。
店内もすっごくゴージャス。
a0098948_428647.jpg
香港飲茶のお茶はポーレイ(プーアール)が定番です。
突き出しはピーナッツとザーサイ。
ザーサイが立派でおいしい!
まるで福臨門のザーサイみたい。
飲茶とお料理は、初めてのお店なので、定番品を注文します。
エビと野菜の蒸し餃子。
薄い緑色の皮から中の具が透けて、上品だ~。
味はもちろん、エビはプリプリ、野菜はシャッキリ、皮はプリプリ、おいしーですよー。
a0098948_4282641.jpg
鶏足と焼売も食べなくちゃね。
こういう庶民的な定番品ほど力量が出るのだー。
鶏足はかなり柔らかめでトロトロのコラーゲン状態で、焼売は脂少なめで上品でしたよ。
焼売は蟹みそ入りでちょっとゴージャス。
焼売はふわふわタイプではなく、しっかりした噛み応えがあり、好き。
a0098948_429690.jpg
野菜とカシューナッツの炒め物。
サッと炒めた野菜の火の通り具合はパーフェクト!ですよ~。
細かい春雨を揚げて作ったカゴも良い油で、サクサクからりと、すごく良く揚がっていました。
これは普通は食べないものなんだけど、味見しちゃった。
a0098948_4292533.jpg
炒飯を注文すると、なんと雑穀入りでした!
ちょっと噛み応えがあって、赤かったから、ワイルドライスの一種かな・・・。
中国にもたくさんの種類の穀類がありますから、こういうのもいいですね。
香港にも五穀米などの雑穀米ブームがきてるんですよ、ちゃんと。
a0098948_4294949.jpg
デザートは一番、創作っぽかったです。
卵あんとココナッツ生地の重ね蒸し(名前を忘れてしまった・・・鳳凰なんとか?)と、栗あんまんじゅう。
どちらもちょっとした工夫がしてあって、モダンなデザートです。
重ね蒸しのほうは、栗ペーストとピスタチオがアクセントに。
栗あんまんじゅうは、まんじゅうの上にメロンパンのような(パイナップルパンのようなと言うべきか?)甘い生地がのっていました。
小ぶりでしたが、上品な甘さで、おいしいデザートでした。
店がまえからして高級すぎない?と入る前は不安だったけど、思ったよりはそうでもなくってホッとしました。
品数はそんなに注文していませんしね。(気を付けて注文しました)
居心地も味も立地もいいので、きっとまた来る、と思いました。

國金軒
by gigicocco | 2011-06-26 02:05 | 香港 Hong Kong
a0098948_3514063.jpg
私、中華ソーセージ(臘腸/らっちょーん)好きなんです。
初めはなんとも思っていなかったのですが、いつの間にか大好き!
あまりにも好きなので、そしたらやっぱり香港の福臨門でも食べてみたい。
まずは九龍店の福臨門で注文。
メニューにはないのですが、紙に「臘腸」と「饅頭」と書いたらOKでした。
香港のレストランは、メニューになくても材料があればたいていは作ってくれるんですよ。
というか、ツウはメニューも見ずに、今日の材料を聞いて相談して料理を作ってもらったり。(尊敬!)
a0098948_352365.jpg
「臘腸の饅頭」は、中華ソーセージを饅頭(まんとう・花巻です)で包んで蒸したもの。
シンプルに臘腸を味わうのだー。
さて、福臨門の臘腸はというと、いつも食べているものよりも香りマイルド・脂少なめという、上品さ。
臘腸が苦手なひとって、たぶんあの独特の香りがダメなんだと思うのですが、それが少ないので、ちょっと拍子抜けしちゃうくらい。
脂(ラード)がゴロゴロ入ってるのが一般的だと思うので、このほとんど赤身(脂身ももちろん入っているが、たぶん、擂ってる)の臘腸は本当に上品だと思いました。
a0098948_3523225.jpg
さて、九龍店で食べてみたのなら、本店の湾仔店でも試してみたい。
同じように、「臘腸」「饅頭」と紙に書いて注文しました。
すると、おおっ!饅頭の巻き方が違う!
なんてゆーの?
縄文式土器(この単語、学生時代以来だわ・・・)風の巻き方とゆーか。
こっちの巻き方のほうが饅頭が細かい塊になるので、コシが強く感じました。
臘腸じたいはとてもよく似ていたから、同じところで作ったものなのかも。
a0098948_3524763.jpg
臘腸はソーセージなので、はじっこは当然、丸いのですが、湾仔店は切り落としてあって、これも高級店だな~と思いましたよ。
同じメニューを注文しても違うものだなぁ、と新鮮な気持ちでしたね。
このときの臘腸はぼう仔飯を食べたときよりも赤身っぽいソーセージでしたよ。(実は食べた時期が離れてるので)
ぼう仔飯なら少しは脂があったほうがご飯にしみておいしいですからね。
同じ材料、同じメニューでも、違う料理人が作れば違いが出る、というハナシ、ですね。
by gigicocco | 2011-06-20 03:36 | 香港 Hong Kong

香港・福臨門のランチ

a0098948_7445747.jpg
湾仔店のリニューアルも終え、内装も外装もずいぶんモダンになりましたが、特徴ある看板は今までどおりで、ホッ。
この看板、いいよね。
お店の前にはいつも高級車がズラリ。
a0098948_19165893.jpg
えび餃子が有名ですが、青菜入りのえび餃子もさっぱりしておいしいです。
もちろん、中のえびも外側の皮もプリプリです。
a0098948_19172131.jpg
青菜が入っている分、さっぱりしています。
普通のえび餃子と青菜入りとで、どっちが好きかは、もう、お好みでしょうね。
私は両方とも大好きなので、必ずどちらかを注文します。
a0098948_19182135.jpg
腸粉も副臨門はうまい!!
おいしくないお店は、皮がなんかズルズルというか、粉っぽいというか・・・。
副臨門のはつやつやぷるぷるです。
食べる前に、どばっとお醤油をかけてくれますが、それはあまり味の濃くない醤油なので、たっぷりつけても大丈夫。
a0098948_19184241.jpg
中の具は、ほとんどペースト状になるまでたたかれた、お肉あんです。
腸粉はおいしいのとそうでないのと差が大きい食べ物だなぁと、いつも思います。
日本のお店でこのレベルのところは・・・知らないです。
a0098948_19191654.jpg
とっても大好きな、卵白と貝柱の炒飯。
a0098948_19194842.jpg
私の香港・副臨門のオススメ炒飯はコレです。
もっと細かく言うと、九龍店のほうの。
by gigicocco | 2009-02-02 08:43 | 香港 Hong Kong