人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

長野駅でまず一杯

a0098948_1272962.jpg

a0098948_1272941.jpg

長野駅に着いて電車を乗り換える前に、まずは駅前で蕎麦を一枚。
長野は蕎麦そのものがおいしいので、普通のもりでもじゅうぶんだなと。
ツユはいりこ風味でちょっぴり甘め。
本当に駅前にあるお店なので、乗り換えまでの空き時間でヨユーで食べられましたよ。
by gigicocco | 2015-06-18 01:27 | 日本Japan

長野と小布施のおみやげ

a0098948_1102413.jpg

長野駅では七味アソートと一部のおやきを買いました。
七味アソートは山椒や柚子など、様々な種類の七味が持ち歩き便利な個包装になっている便利なおためしセットです。
カラフルでかわいいし、気軽なおみやげにしました。
その他は小布施で。
あ、おやきはいたるところで購入しました!
おやきはお店によって具も違うし、なにより皮がいろいろで楽しい。
水餃子の皮みたいのや、パンぽいのまでいろいろ。
買った具は、野菜ミックス、野沢菜、かぼちゃ、丸なす。
持ち帰って冷蔵庫や冷凍庫に保存して、温め直して食べられるので長い間、楽しめます。
あと、写真にはないのですが(サッサと食べてしまった)小布施味麓庵さんの福栗焼きという栗のお菓子がとても良かった!
ころんとした栗の形をした大判焼きのような生地のなかに、丸ごとの甘露煮の栗と、そのままの栗色の栗ペースト(これがおいしい)がたっぷりつまったお菓子です。
これで270円!?(うろおぼえですが)というお得感がありました。
地方発送もしているそうなので、これはおすすめです。
さすがは栗の名産地!というような贅沢さです。
あとは定番の小布施堂の栗むしと栗かのこケーキの抹茶味です。
小布施堂は長野駅でも買えます。
せっかく小布施まで行ったのだから、本店でお食事をしたりお茶したりもしたかったですが、時間が足りず、おみやげを買ったのみです。
小布施の観光店はだいたい4~5時で店仕舞いのようでした。
あそこで買っておけば良かった!と後悔しているおみやげは、岩松院のおみやげ売り場で見たあんずシロップと、小布施駅で売っていたさくらんぼです。
あんずシロップはまたどこかで買えるだろう・・・と思ったらそこ以外では出会えず。
あんず好きなので、後悔。
さくらんぼは小さな袋に入って駅のホームで1袋200円で売られていたのですが、帰りに買おうと思って買いのがしてしまいました。
先に買ってバッグと一緒にコインロッカーに入れておけば良かったよー!
3袋くらい買うつもりだったのに!!(欲です)
小布施は長野駅から電車で30分ほどなので、また行きたいと思いました。
栗の季節に是非。
by gigicocco | 2015-06-16 01:10 | 日本Japan
a0098948_18444242.jpg
長野駅から長野電鉄に乗り換えて湯田中駅で下車し、そこから車で5分ほどの渋温泉にある金具屋という名前の温泉旅館に行きました。(説明が長いですね!)
金具屋さんは「千と千尋の神隠し」のモデルになった旅館のひとつと言われています。
たしかに、外観や(ライトアップされてると特に似てる)豪華で遊びのある内装、館内にいくつも温泉(家族風呂)があるところなんかは、イメージが近かったです。
a0098948_18444226.jpg
「千と千尋」の大ヒット後は予約をするのも大変なようでしたが、だいぶ年数もたって落ち着いてきたようで予約することができました。
夕方に館内案内ツアーもあったので、建物のことを詳しく知ることができたのも良かった。
古い建物のため全体的に老朽化が進んでいるようですが、とても貴重なものであることもわかりました。
お風呂は大浴場や屋上露天風呂の他に、家族風呂が5つもあるので、混み合うこともなかったです。
昔は本当に竜宮城のような場所だったのだろうなぁ、と。
当時は上野駅から湯田中まで直行便が出ていたそうです。(善光寺詣でとセットで来られる人も多かったそう)
a0098948_18444272.jpg
お食事は肉や魚(信州サーモンとみゆき豚がとくにおいしい)も出ますが、地元の野菜や山菜が中心でとてもヘルシーです。
最後にお蕎麦もご飯も出るので、お腹もかなりいっぱいになります。
食後に渋温泉の町そ散策する方も多いようで、窓の外からカランコロンと下駄の音が聞こえてくるのも良い雰囲気です。(スナックなどもあるようです)
朝食はとろろ定食でした。
ねばりの強いとろろがこれまた健康に良さそうな一品でした。
貴重な建物の金具屋さんと渋温泉の散策と、セットで楽しい1泊でした。
by gigicocco | 2015-06-10 18:44 | 日本Japan
a0098948_1848224.jpg

今日は帰りに小布施(長野)に寄りました。
素敵な町でした。
私は北斎を見に行ったのですが、栗の名産地ということで、お菓子屋さんが多かったです。

<後日の追記>
小布施は湯田中駅と長野駅の中間あたりにある町で、葛飾北斎ゆかりの町なのです。
栗は季節じゃないしな~と思っていたのですが、季節でなくとも栗のお菓子であふれていました。
気候が良かったので、レンタル自転車でめぐりました。
by gigicocco | 2015-06-08 18:48 | 日本Japan

長野です

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by gigicocco | 2015-06-07 20:06 | 日本Japan
a0098948_263935.jpg
車ナシで諏訪大社をまわるには<本社編>」という過去記事を見て下さる方が近ごろ多い(当社比)ようです。
その過去記事を読み返してみると、とってもわかりづらいので、書き直してみます。

※私が行ったのは2012年8月なので、当時の情報です。

<本社(前宮)> 最寄り駅:茅野
私は宿泊先の関係や、たまたまちょうど時間が合ったこともあり、上諏訪駅からかりんちゃんバス(諏訪市内を巡る、小さなコミュニティバス)に乗って前宮近くのバスの停留場まで行きました。(かりんちゃんバスの停留所や時間は、上諏訪駅の案内所で聞きました)
ですが、かりんちゃんバスは本数が少ないので、上諏訪駅のとなりの茅野駅まで行って、そこからタクシーで行くのが良いかと思います。
より、茅野駅から近いのは前宮のほうです。
茅野駅から前宮までタクシーで約10分、1500円くらいだったかと。
茅野駅前にはタクシーが常に何台か常駐していました。

<本社(本宮)> 最寄り駅:茅野
本宮は前宮よりもさらに駅から遠く、こぢんまりとしているせいか、訪れない方が多いようですね。
私は歩きたい気分だったので、前宮から本宮までは徒歩で行きましたが、これも車がない場合は、タクシーで移動するのが一般的なのでしょう。
他の移動手段(バスなど)はないそうです。
タクシーは前宮の参道のおみやげ屋さんが、わりと気軽に呼んでくださっていました。
私は歩いて行ったのでよくわかりませんが、前宮から本宮まではタクシーなら10分弱で行くのではないかな~と思います。
徒歩の場合は、前宮から本宮は歩いて40分ほど。
大きな道沿いなので、わかりやすいです。
私は歩きたかったので歩いたのですが、そうでなければタクシーでの移動が無難です。
さらに帰りも、本宮から前宮まで歩いて戻りました。(往復の歩きはさすがに疲れました・・・)

<本社←→下社> 最寄り駅:下諏訪
ちなみに、本宮←→下社に行くのは、諏訪湖をはさんで反対側なので遠いです。
本社から下社への移動なら、タクシーで茅野駅に戻って、電車で下諏訪駅まで行く(2駅分の移動なので15分くらいだったかと)のが良いと思います。
電車は1時間に何本かあるので、困ることはなかったです。

<下社(春宮・秋宮)> 最寄り駅:下諏訪
下社へ行くのは下諏訪駅から徒歩20分くらいなので、ずいぶんラクです。
下諏訪駅の観光案内所に行くと、とても丁寧に教えてくれましたし、下諏訪をまわる観光案内図の紙ももらえました。(これはとっても役だったので、ぜひもらいましょう!)
駅から春宮→秋宮→駅と、歩いてまわることもできます。
旧街道の宿場町であったこともあり、歩いて散策も楽しかったですよ。
レンタサイクルもあるそうなので、それも良さそうですね。
あと、春宮の裏にある万治の像も、とってもすばらしかったです。
お蕎麦屋さんを中心に、お食事処にも困りません。

車があれば半日でまわれる行程なのですが、ゆっくり徒歩と電車、ときには臨機応変にバスやタクシーでというのも良かったですよ。
バスはあまり一般的な移動手段ではないらしく、とても少ないです。
ちょうどいいのがあったらラッキー、くらい。
かりんちゃんバスもあるのですが、本数は少なく、順路がたくさんあるので、土地勘がないと行き先やかかる時間などが難しいです。
電車とタクシー、徒歩を中心で考えたほうが無難です。
車ナシで諏訪大社に行けるのかな?と思ってこちらのブログを読んでくださった方の参考になればと思います。
私も行く前に調べたんですけど、当時、欲しい情報をみつけるのが大変だったんですよ~。
だからコレを書いておくことにしました。
それと、「おいしいおみやげ」的にははずせない、おすすめ休憩ポイントは前宮トナリの金子茶房です!
by gigicocco | 2013-09-18 02:06 | 日本Japan
a0098948_310744.jpg
諏訪湖に行くとき、情報があまりなくて、それはちょっと困ってたんです。
長野のガイドブックは善光寺・軽井沢が中心で、諏訪湖ってほとんど載ってなくって。
ホテルで夕食を付けてなかったので、どこで食べたらいいんだろう?と。
ネットで調べると、まぁ、普通にコンビニやファミレスはあるのでなんとかなるか!とは思っていたのですが。
とりあえず、大きな本屋さんで長野のガイドブックをかたっぱしから見て(もちろん、買おうと思ってチェックしてたのよ)、ようやく諏訪湖の情報がちょこっと載ってるガイドブックがあって、そこに載ってたんです「くらすわ」というおみやげ屋さん+レストラン+ベーカリーの施設の名前が。
養命酒は水の良い諏訪湖周辺で造られているらしく、どうやらその関連施設のようでしたが、諏訪湖の真ん前で、趣味の良い建物で、とても良く、入り浸りました。
屋上に出れば、目の前は諏訪湖で、気持ちの良い風が吹き。
a0098948_3121337.jpg
夜はその屋上に簡単な軽食屋さんが出て、地ビールと地元素材のおつまみをいただき。(これは夏期限定らしいですが、すごく良い企画!)
毎日あがる花火が見られ。(これも夏限定ですが)
a0098948_3133269.jpg
花火も終わり、おつまみだけで帰るのもな・・・と思ったので、下のレストランで養命酒を使ったデザートと養命酒のカクテルをいただき。(クーラーとカクテルの氷ですごく冷えたけど)
きっとレストランからも花火は見えたのだと思うけど、人気店のようで、窓辺の席を取るのは予約がいるんじゃないかなー。
それに、夜よりも昼のほうがきっと、眺めは良いはず。
a0098948_3144985.jpg
翌朝にはベーカリーで、パンとコーヒーをいただきながら、その日の予定を立て。(ホテルのフロントで電車やバスの時刻表がもらえて助かった)
荷物が重くなるのがイヤでおみやげは買わなかったけど、なかなか良さそうなセレクションでしたよ。
ホント、ここに入り浸りましたねー。
助かりました。
海外ならハナシは別だけど、やっぱり、旅先ではいつも行くファミレスやコンビニよりも、こーゆーとこのほうがいい。
by gigicocco | 2013-04-09 16:08 | 日本Japan

一人部屋の温泉宿

a0098948_22584593.jpg
急に思い立って、一人で諏訪湖に行ったとき、宿はどうしよう?というのが問題でした。
なんせ、一人なのに、温泉のある宿に泊まりたかったし、その上、お盆間近(3日後)という直前予約。
国内ですし、普通に楽天で探してみると、あるんですね~。
温泉宿なのに一人部屋があるところが!
結局、私が宿泊したのは油屋旅館という老舗温泉旅館で、どうやら新築した部分がホテル仕様で、そこにシングルルームタイプの部屋があったんです。
出張の人とかが使うのかな?と。
逆にビジネスホテルとかはあまりないようだったので。
ちゃんとね、食事も付けないようにすることもできました。
大広間に一人で食事はイヤだな~と思っていたので。
周辺にレストランもあるし、コンビニもあるんだから、そこらへんは大丈夫なのです。
朝からレストランは開いてるかどうかわからなかったので、朝食は付けて(+1200円くらいだったかと)、温泉宿気分です。
旅の目的のひとつであった温泉は最上階にあり、そこから諏訪湖も見えましたよ。
急に思い立って行った長野ですが、諏訪大社に行ってお詣りして、温泉に入って、花火を見て、列車に乗って駅弁を食べてと、一通りこなして、とてもリフレッシュできたのでした。
たった数時間、電車に乗れば、温泉に入れてゆっくりできるんだから、もっとこれから行けばいいんだ、と思いました。
by gigicocco | 2013-01-13 23:22 | 日本Japan

諏訪大社でおやつ

a0098948_2334311.jpg

諏訪大社の参道には、いくつかのおみやげ屋さんがあって、そこでアイスクリームやジュースを買って、一休みもできます。
その中でひときわ目立つ「生ところてん」の旗が気になり、おやつでいただきました。
ウン、さっぱりしておいしいね。
おいしいけど、二杯酢の味が強くて、どこらへんが生なのかは、わからず…。
なんとなく、ところてんて、難しい食べ物だなぁ・・・と思いました。
でもまぁ、暑い日にちゅるん!と食べるのはキモチイイですよね。
by gigicocco | 2012-12-03 23:03 |

借景は諏訪大社

a0098948_1481356.jpg
諏訪大社(長野)の本宮に行ったとき、すぐ隣にすごーく素敵な建物があり、近づいてみると「金子茶房」というカフェだとわかりました。
お詣りして、歩き回って、疲れたので一休みさせていただくことに。
本当は、おすすめのコーヒーを飲んでみたかったけど、とても暑い日だったので、冷たいハーブティーをいただきました。
a0098948_1495968.jpg
1階は窓が空いていたので(高台に建ってるので風が入ってくるのだとは思うのですが)、エアコンの効いた2階席でまったりと。
左を見ると、青々とした、諏訪大社の大木。
右を見ると、長野の山々が遠くに見えて。
それにしても、借景が諏訪大社って、スゴイなぁ。
a0098948_1485735.jpg
いい場所に、すごい建物を建てて、それがカフェだなんて、ありがたい。
どうやら、この建物は、企業の会議室としても使われているらしく、2階にはホワイトボードなど、それらしきアイテムもチラホラ見受けられ・・・こんな素敵な場所で会議なんて、なんて、ぜいたく!と思いました。
この建物は東京現代美術館などを建築された、柳沢孝彦さんのものだそうです。
もう、店内も、借景も、なんというか、スキがなく美しい。
そんな素晴らしい空間で、ゆっくりとお茶して、本などを読んだりして、ボーっと1時間ほど過ごしました。
贅沢な時間です。
諏訪大社に行ったら、いや、諏訪に行ったら、寄っちゃうなぁ。
ちなみにね、この金子茶房のすぐ目の前に、「かりんちゃんバス」のバス停があります。
本数が少ないので、お店に入る前に時間と行き先をチェックしたほうがいいです。
ここから歩いて5分ほどで、諏訪市博物館まで行けますから、そこからのほうが、バス停も多いようです。
車をお持ちの方は、諏訪大社の駐車場に車を停めさせていただくのがいいと思います。

金子茶房
by gigicocco | 2012-11-29 14:31 | 日本Japan