人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:旧正月 ( 26 ) タグの人気記事

香港のデコレーション

a0098948_125139.jpg
香港のお正月(春節)明けに行ったので、お正月デコレーションの写真もちょっと撮りました。
空港とトラムだけですが~。
香港は季節のデコレーションがさかんなので、デコレーション巡りも楽しい観光かなと思います。
by gigicocco | 2015-03-17 01:25 | 香港 Hong Kong
a0098948_2204147.jpg
香港でクリスマスの飾り付けを見たあと、年が明けて1月にも香港へ行ったなら、旧正月の飾り付けがどうなってるのか気になる。
同じく中環にあるランドマークに行ってみましたらば、きれいさっぱり雪山はなくなっており、お正月っぽいシンプルな飾り付け。
かなり巨大なサイズだし、これもすごいのですが、やはり雪山とくらべてしまうと、ちょっとさみしい。
あんなにいた記念撮影の人々もなく、シーンとしてます。
これなら、雪山のままでも良かったのでは・・・。
旧正月のことは春節とも言うから、雪山はさすがにマズイのか・・・。
ランドマーク周辺は西洋人の多いエリアだから、旧正月よりもクリスマスに力が入っているのかな。
さすがにクリスマスと旧正月と、立て続けに大きな飾り付けをするのは大変なので、どちらかに寄せているのか・・・。
ランドマークから徒歩5分ほどのところにある、IFCモールではいたるところにパンダのオブジェがあってかわいかったらしい・・・そっちも見たかったなー。
by gigicocco | 2013-05-08 02:26 | 香港 Hong Kong
a0098948_1381733.jpg
香港のお正月飾りは華やかでゴージャス!です。
香港のお正月は旧正月だから、だいたい1~2月頃が見頃かな。
赤と金のキラキラ盛り盛りなので、そういった装飾過多なものが好きな方には、香港に行くおすすめ時期は旧正月前後!と言うくらい。
伝統的なお正月の図案や飾りもいいけれど、少しモダンにアレンジしてあるのもすてき。
香港の六本木と表現され、夜になると欧米人が多く集まり、欧米式のバーがたくさん集まる蘭桂坊(ランカイフォン)エリアでも、しっかりとお正月飾りがしてありました。
a0098948_1394724.jpg
たくさんのゴールドのちょうちん(ランタン?)に大きなハートとは、なんて、かわいいんだ!
特に週末の夜はこの細い通りに夜遊びをする欧米人たちがぎっしりと集まってくるから、地面近くに飾りを置くよりも、上が良いのですね。
夜も通ったけど、バーの明かりに照らされて、ゴールドやハートのキラキラが反射して、これまたすてきでした。
a0098948_1401216.jpg
一時期は、ランカイフォン、人が減ったなーと思ったんだけど、週末の深夜にはかなりの人が集まり、大音量の音楽が流れ、通りまるごとクラブみたいな状態です。
蘭桂坊がもっとも盛り上がったのは、1997年の返還直前の頃かなと思いますが。
私は今までとくに危険なこともないし、平気だけど、「あんな危ないところダメ!」とおっしゃる方もいらっしゃるので、そこらへんも六本木と似てるのかなと。
a0098948_1404311.jpg
宙に浮くちょうちんとハートがあんまりかわいいので、写真もたくさん撮っちゃいました。
シンプルだけど、インパクトがあって楽しくかわいい、良い飾りつけだなーと思います。
蘭桂坊らしいセンスですね。
by gigicocco | 2013-03-26 23:39 | 香港 Hong Kong
a0098948_019423.jpg

2013年の春節(旧正月)は2月10日でしたね。
恭喜發財! (財産がたくさん増えますように!という、香港独特のお正月のあいさつ)
香港ならではのお正月の風物詩もたくさんあるのですが、私が興味があるもののひとつが利是封(ライシーフォン/お年玉袋)。
独特のチャイナちっくデザインがたまりません。
キッチュなものから、モダンなデザインまであって、見ているだけでも楽しいのです。
多い図案は、もちろん干支のもの(日本と一緒ですが、猪は豚になります)や、おめでたい文字の「福」や「喜喜(ダブルハッピネス)」、魚や古銭、牡丹などのおめでたい図案のものが多いかな。
あとは、陳さんや楊さん金さんなど、メジャーな名前だと初めから名前入りのものが売られています。(凝る人はオーダーしたりもする)
色は赤地に金の箔押しが圧倒的に多いですが、最近はいろいろなデザインがありますね。
多彩で日本にはないデザインが楽しくて、あげる予定もないのに、ついつい買ってしまう・・・。
私の名前はそれほどメジャーではないけれども、チャイナでも使う名前らしく、名前の一文字が使われたお年玉袋を買うことができたんですよ~。
ラッキーです。
だけど、なかなかお年玉袋として使うチャンスはなくて、普通に小さな封筒として使うことが多いです。
ゴールドの箔押し名前の文字入り封筒なんて、いいでしょ。
香港じゃ普通だけど、日本で見るとアホらしく派手で良いのです。
香港では家族だけでなく、近所の子、マンションの管理人さん、部下、行きつけのお店の方などにも渡すのですが、これはけっこう重要なことのようです。
一度、たまたま春節に香港に滞在していたので、たまに行くレストランの方にお年玉を渡したら、とても喜ばれ、かつ、それ以降、常連ぽく扱ってくれるようになったのです。
それまでは、たまに来る日本人客というかんじだったのに、一気に。
お年玉の額は20HK$(200円くらい)とかだったと思うのですが、新年のあいさつをして(広東語だとより喜ばれるけど、外国人だからHappy New Year!でも良い)、お年玉を渡すだけで、それまでとは変わっちゃうんですね。
ちなみに、お年玉の額は様々です。
顔見知り程度なら20HK$で大丈夫、と聞いたのでね。
10HK$札も存在するからアリだけど、ケチ!と思うって言われたので。
新札は持ってなかったので、普通に手持ちの札で。
常連らしきオジサマがお店の方に渡していたので、マネしてみたのです。
それでも、すごーく、大歓迎でしたよ。
外国人だし、もらえると思わなかったんじゃないかなー?
お店の方全員に渡すことはできなかったので、使った額は1000円ちょっとくらいだったと思うので、それなら渡したほうがいいな!と思いました。
毎年渡せるわけじゃないし、その後、予約やなんかがとてもスムーズになるので。
なにより、とても喜んでくれるしね!
by gigicocco | 2013-02-10 23:19 | 香港 Hong Kong

旧正月の前後は寒い

a0098948_055469.jpg
新年好!←チャイニーズの新年のあいさつ
恭喜發財!(ゴンヘイファッチョイ)←香港の新年のあいさつ
昨日の夜遅く、東京にも雪が降りました。
大粒のふわふわの雪だったので、これはかなり積もる!と思ったのですが、すぐに雪のいきおいは弱くなってしまいました。
いちばん降り積もったときでも、10センチ弱くらいかな。
夜遅かったけど、小学生の女の子がお父さんに見守られつつ、家の前で雪だるまを作っていましたよ。
雪はたいして積もらなかったけど、翌日も雪は残っているから、寒いですね。
街が氷で冷やされているので。
だいぶ寄り道しちゃいましたが、旧正月のハナシ。
香港の方が言ってらしたのですが、たいていは旧正月の前後、1週間が香港ではもっとも寒い時期なのだそう。
天気予報で確認してみると、今年もだいたいそんなかんじのようですね。
最低気温10度以下、最高でも12度くらい。
それを聞いたとき思ったのですが、そもそも旧正月って、月の満ち欠けに連動していたりと、いわゆる暦で毎年、時期が違いますよね。
それって、むしろ、季節と密接に関係して出されている日程なわけだから、「いちばん寒い時期」とだいたい合ってても不思議じゃないなと。
新月の夜に降り始めた雪を見て、そんなことを思いました。
by gigicocco | 2012-01-24 23:56 | 東京 Tokyo

香港のお正月の贈り物

a0098948_15295248.jpgお正月(旧正月)前に香港へ行くと、お正月の贈り物チラシやポスターがレストランに行くと置いてあって、それを見るのも楽しみ。
中環の高級スーパー、ThreeSixtyにも、立派なチラシが置いてありました。
ThreeSixtyのチラシだから、たぶん、普通のお店のものよりもずっと、立派な贈答品なのでは?と思います。
アワビやホタテ、分厚い干し椎茸などの高級乾物の箱詰めももちろんあって、乾物のイメージからすると、びっくりするようなお値段なんですよ~。
乾物でも高級品は、やっぱり高いのだ。
箱入りのものは、大きくて、色ツヤも良くって、大きさもバッチリそろっていたりするわけなので。
なんとなく、高級さくらんぼの箱詰めのようなかんじです。
a0098948_1534183.jpg
乾物以外の贈り物もたーくさん。
フルーツの盛り合わせ、調味料の詰め合わせバスケットなんかも。
調味料の詰め合わせバスケットは、西洋圏のクリスマスギフトによくあるんですが、アレの香港版ですね。
もっと大きい写真でどんなのが入ってるのかじっくり見てみたいものです。
a0098948_15345653.jpg
アワビの缶詰セットや、食材セットもあるのね。
食材セットはパーティー用なのかな?
赤ワインは贈答品としても、近ごろは人気のようですね。
色が赤いのと、すんごい高いものもあるというブランド性が良いらしい。
「香港のおせち」と呼んでる、乾物料理の盛り合わせもしっかり入っています。(写真の左上の、土鍋に山盛りになってるもの)
広告に使われてるくらいだし、これはそうとう高いんだろうなぁ・・・。
おもしろいなと思ったのが、スープ鍋のセットもチラシに入っていたこと。
良さそうな鍋ですね~。
近ごろは作る人も減ってきたと言われている、香港のスープ事情ですが、こんなふうにお正月の贈答品に入ったりするくらい、大切なものなんですね。
by gigicocco | 2011-11-18 15:38 | 香港 Hong Kong
a0098948_0212838.jpg
モンコックで買い物を済ませ、なんとなく久しぶりに女人街をちょっと歩いて帰ろうと思いました。
女人街は道いっぱいにずらりと出店が並んで、バッグやアクセサリー、石のお守り、サンダル、下着、おもちゃ、雑貨類、タオルなど、女性が買いそうなおみやげを中心に売っている通りです。
女人街を歩いていると、すごく香港観光をした気分になれるんですよ。
a0098948_0221038.jpg
お正月が明けた次の週末だったせいか、昼間でも人通りがななりありましたが、ぶらぶらとお店をひやかして歩いていると、遠くに香港の獅子舞(英語ではライオンダンスというそう)を発見!
出初め式のように竹の上に登って(ただし、はしご型じゃなくて1本の竹の上)いるので、遠くからでもよく見えました。
でも、やっぱり近くで見たい・・・。
よくよく考えたら、香港の獅子舞をじっくり見るのは初めて!
お店をひやかすことも忘れて、ずんずん歩き進んでいくとかなり獅子舞に接近できました。
a0098948_0223232.jpg
獅子舞って、よく見るとかわいい!!
口をパクパクさせるだけでなく、耳をパタパタさせたり、目をパチパチさせたりと、愛らしい!
くりっとした大きな目と、目と口のまわりにモフモフの白い毛のふちどりがあるのが特にかわいい。
色もピンク・赤・金を中心にしてカラフルだしね。
獅子舞が口を大きく開くと、中の汗だくの男性が見えちゃうんだけど、それも「がんばって!」と好意的に思えました。
a0098948_0225634.jpg
獅子舞はくねくねとダンスしながらテントの上のほうにくくりつけられた野菜とお年玉袋(香港なので真っ赤!に金字がスタンダート)に近づき、口でパクパクっと食べ、お年玉は周りのスタッフがそっと回収し、野菜は獅子舞が派手にばらまくと、周囲の見物人客からワっと感性が。
野菜とお年玉は、商売繁盛のために神様へのお供え物ってことかな。
各店1ヶ所でなく、1つのテントの中に何カ所もお供え物をくくりつけて、獅子舞に店内を一回りしてもらっているみたい。
おそらく多くのお店が(もしかしたら全店かもしれない)獅子舞にこの儀式をやってもらっているようで、獅子舞はなかなか先に進まないので、じっくりと見ることができました。
by gigicocco | 2011-03-10 02:46 | 香港 Hong Kong
a0098948_4102654.jpg
クリスマスに香港に行ったら、とってもかわいいサンタカップルのオブジェを見ることができたのですが、お正月(香港は旧正月です)にはどうするのか?という疑問が残りました。
たいていはクリスマスとお正月の両方かねての飾り付けをするので、あれだけはっきりクリスマスなオブジェだと旧正月は困るだろうなーと。
それがまぁ、ラッキーが重なって、旧正月明けに香港に行って確認することができました!
さすがにやっぱり、サンタは回収されてて、ウサギになっていました!
やっぱり、干支がウサギだとお正月の飾りもかわいいですね。
・・・やっぱりちょっとサンタよりはボリュームダウンはしてるかな?
サンタの時よりこぢんまりとしてるし、サンタの時はさらに大きなクリスマスツリーが2本立ってましたから。
まぁ、それは中環という外国人の多いエリアのショッピングセンターだから、旧正月よりはクリスマスを盛り上げたほうがいいのかもしれませんね。
by gigicocco | 2011-02-27 17:00 | 香港 Hong Kong
a0098948_3373936.jpg
香港の福臨門は旧正月期間とその後しばらくの間、お正月特別メニューがあるんですよ。
日本でもメジャーな点心、大根餅も代表的なお正月の食べ物なのですが、これは最近は飲茶メニューに一年中載っているようです。
過去にも何回かご紹介してると思うのですが・・・。
大根餅には臘腸(らっぷちょーん/中華ソーセージもしくはサラミ)が欠かせないもので、福臨門の臘腸はさすが上品で、ことのほか大根餅もおいしいのです。
ちなみに、大根餅に入れる大根は、おろすのではなく細かく刻むのが正式。
表面はカリッと、中はふわもちっとして、大根と臘腸の香りが昇ってくるのがたまりません。
a0098948_338648.jpg
土鍋に入れた紅腐乳味の野菜と乾物(炒め煮)。
具はキヌガサタケ、きゅうり、きくらげ、はくさい、春雨など。
味付けに使われているのは紅腐乳は、私はこのとき初めて食べました。
普通の腐乳(クセが強く好き嫌いが分かれる食べ物。主に調味料として使われ、沖縄の豆腐ように近い食べ物)よりもずっとめずらしいものだそう。
名前のとおり、色は赤いのですが、辛くはありません。
むしろ、上品でマイルド。
色を生かしてチャーシュウの色づけにも使ったりするのだとか。
a0098948_338424.jpg
説明が長くなってしまったのですが、これ、すごーくおいしかったんですよ!
ご飯とも合う!
腐乳というと、もっとクセの強いものを想像していたのですが、紅腐乳のせいか、福臨門のなせるワザか、クセはほとんどなく、むしろマイルドで、ただおいしいばかり。
この赤い色がおめでたくて、お正月っぽい料理なのかな?と思いました。
a0098948_339987.jpg
福臨門は使っている干し椎茸も肉厚でゴージャスなので、いつも食べたいなと思うものです。
干し椎茸のエビ団子のせ。
エビも干し椎茸もぷりっぷりの食感で、たまらなくおいしい。
このお正月メニューは1回で食べたんじゃないですよ。
何回も、何年もかけてコツコツと毎回1~2皿づつ注文しています。
けっこーたまってきたので、また載せますねー。
by gigicocco | 2010-09-20 19:07 | 香港 Hong Kong

香港のお正月の神様

a0098948_18544476.jpg

香港はまた少し暖かくなりました
だいぶ過ごしやすくなりました

香港の神様の扮装だと思うのですが、子供にも大人気で、一緒に写真を撮ったり、プレゼントを配ったりしています
…それって、サンタクロースみたいですよね
衣装も赤だし、お髭もある
写真にもばっちりカメラ目線で笑顔

<後日の追記>
このことを香港人の子に言うと、「ほんとだー」と笑っていました。
サンタクロースのイメージとはまったくかぶっていなかった模様。
この神様はお正月になるとお年玉を配ってくれる、お金の神様だそうです。
お金の神様っていうところが、香港ぽいなぁ。
by gigicocco | 2010-02-21 18:54 | 香港 Hong Kong