人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0098948_2313191.jpg
何年か前に、東京でとってもおいしいラーメン屋さんができたと聞き、あまりラーメンに興味がない私も行ってみたいわーと思うくらいでした。
ぼやぼやしているうちに、紹介者がいないといけないお店になってしまって。
このことを、博多で思い出したのです。
あのお店は、博多が本店のはず。
そして、博多店は紹介制ではないので、行けば食べられるはず!
平日でも行列ができるお店ということなので、オープンちょっと前に行き、並ぶ時間を短くする作戦だったのですが、1回転目に入店できず、結局は30~40分ほども並んでしまいました。
メニューには豚骨ラーメンもあったのですが、シンプルにスープをいただきたい・・・と思い、透明スープの潮薫醤油ラーメンにしました。
並んでる時間は長かったですが、ラーメン屋さんなので、注文して座った後は早かったです。
超・有名店ですから、おいしいのは決まっていますが、私が感激したのは、なんというか、ラーメン臭がしないんです。
私はいわゆる、ラーメンの香り(かんすいとMSGと油?)が好きではないのですが、その香りがぜんぜんしないんです。
ただただ、シーフードでとったおいしい、キレイなスープに、シンプルで美しい麺がただよっている、そういう、料理だったんです。
シーフードでとったスープといっても、まったく磯くささや、よくある甲殻類を全面に出したりせず、そうですね、昆布や鰹、貝類を中心にとったコンソメスープのようなものだ、と思いました。
麺なしで、高級店のスープとして出てきても違和感がないくらい。
この日はたまたま、いつもは東京店にいる店主が麺を茹でてくれるという、レア日でした。
どうやら、ラッキーだったらしい。
写真を撮る間も惜しく、真剣に食べました。
スープはほとんど全部飲みました。
余計な油や塩分のない、本当においしいスープだったので、残すほうが後悔する、と思いました。
麺を茹で終わって、一息ついてる店主に「おいしかった!」と言うと、聞き慣れた言葉だろうに、破顔一笑。
レジでお会計をすると、店員さんから「(店主と)お知り合いですか?」と聞かれたので、「イエイエ、初めてで、東京店は紹介がないと行けないみたいなのでー」などと話して帰りました。
お店を出た後、ふと思ったのですが、紹介がなければ行けないのならば、もっとも手っ取り早い相手が目の前にいたんじゃない!!と思いました。
店主に「おいしかった!おいしかったから、オトモダチになってください!」って、言えば良かったー!(迷惑か・・・迷惑だよね・・・)
この後、ラーメンというものが気になるようになり、他の有名店などもいくつか行ってみましたが、こちらのがダントツ、好み。
スープと麺が合わさった、おいしい料理。
他のメニューも俄然、食べてみたくなりましたが・・・博多、しばらく行けないんだなぁ。

玄瑛
by gigicocco | 2013-10-28 23:13 | 日本Japan
a0098948_2515157.jpg
博多では食べたいものがたくさんあったので、とんこつラーメンは食べない予定でした。
それよりも、今回はうどん中心で!と思っていたのです。
でもね~、ガイドブックを読んでたら、やっぱり行きたくなっちゃって。
滞在先のすぐ近所に超有名店があったんですよ!
行列に並ぶのやだな~と思っていたので、行くつもりはなかったんですが、深夜まで営業しているということに気が付き、遅い時間なら並ばずに入れるのでは!?と考え、行ってみると、ギリギリ空席があり、入れました。
ささっとラーメンだけで・・・と思っていたのですが、メニューを見て、つい一口餃子とウーロンハイも注文してしまう・・・深夜なのに。
ただのラーメン屋さんでなく、居酒屋メニューも充実してたんですよー!
でも、人気店なだけあって、おいしかったですねー。
とんこつの香りは抑えめ、脂も少なめで、食べやすかったです。
ほんのり甘めのスープなのもいいのかな。
食べやすくて女性にも人気のとんこつラーメン屋さん、というのも納得です。
麺はいちおうバリカタにしたのですが、細麺なので、するりと食べやすかったです。
深夜なので、あまり固いと消化に良くなさそうだし。(ツウはもっと固い「ハリガネ」がオススメなんですって)
深夜にホテルを抜け出してラーメンというのも、とっても非日常で、なんだか楽しかったのでした。

Shin-Shin
by gigicocco | 2013-09-11 02:46 | 日本Japan

うどんウエストで一杯

a0098948_2345425.jpg
博多でもうちょっとうどんが食べたいなと寄ったのがウエスト。
福岡で創業されたうどんのチェーン店です。
私が行ったのは天神店だったので、居酒屋メニューも大充実していて、ついつい、食べてしまう・・・。
だって、ちゃーんと熱い丸天が何枚も皿に盛られて190円とかなんですよ!
メニューにはもつ鍋まであり、かなりそそられました。
リーズナブルに手軽に、名物料理がざっと食べられそうです。
a0098948_2351695.jpg
ちょこちょこおつまみとビールをいただいて、ようやく最後にうどんです。
ごぼう天ののった、ごぼ天うどんですー。
青ネギ入れ放題!
うどんはふわっとやわらか麺で、クセなく、かる~く食べられました。
このお店は24時間営業だったので、ホテルの朝食はお願いせず、うどんで朝ごはんもいいな、と思いました。
by gigicocco | 2013-09-08 23:35 | 日本Japan

博多でスパゲッティ

a0098948_21394012.jpg
博多でとっても有名なスパゲッティ屋さんがあるのですよ。
地元のスポーツ選手や芸人さん達にファンの多いお店で、それが広く知られて人気店になったよう。
私もたびたびそのうわさを聞いて、食べてみたかったのですよー。
1番人気は「ぺぺたま」という、ペペロンチーノ+カルボナーラのスパゲッティ(ペペロンチーノを作ってから、カルボナーラソースと合えるのだと思う)なのですが、気分じゃなかったので、2番人気の「完熟トマト&ベーコン&にんにく」のスパゲッティに。
まず、かなりの大盛りですね!
スポーツ選手の量だわ~。
だけど、サラッとトマトスープっぽいソースで酸味もあるので、するすると食べられるのでした。
こういうシンプルなスパゲッティが人気なのだな~と。
系統でいうと、カプリチョーザのトマトソーススパと近いように思います。
a0098948_21395413.jpg
もう1ついただいたのが以前は裏メニューだったという、「納豆&たらこ」のスパゲッティです。
コレ、シンプルにうまい!
博多の明太子レベルの高さは承知していましたが、たらこも鮮度良く、粒がしっかりしていて、上等!ですねぇ。
しかも、その上等なたらこをふんだんに使っています。
少なくとも、半腹は丸ごと入れていると思う。
食べても食べても、麺にたらこがたっぷりとからみついてきます。
口の中で、粒粒粒粒・・・!と、とっても楽しい。
そこに、納豆のうまみとねばりがよくからみます。
トッピングの海苔もいい香り。
あー、おいしかった!とお店を出たのですが、その瞬間に「ぺぺたま」を食べなかったことを後悔。
ここまできたのだから、やはり食べておくべきだったか・・・?
季節柄、空豆とアスパラのスパゲッティも食べたかったな~。
次回のお楽しみ、だなぁ。

らるきい
by gigicocco | 2013-07-20 21:51 | 日本Japan

博多に鰻を食べに

a0098948_22371048.jpg
博多に行こう!行きたい!と、けっこう長いこと思っていて、その理由はたくさんあるのですが、トップの目的は鰻が食べたかったから!です。
博多の中洲に老舗の鰻屋さんがあって、蒸さずに焼きだけだけで、とってもおいしいというのですよ。
せっかく、おいしいものいっぱいの博多に行くのですから、鰻以外にもお楽しみはありましたが、一番の理由は鰻でした。
気軽に行ったのですが、お店は老舗らしく立派で、お着物姿のベテラン店員さんがいらしたり、お部屋は畳にテーブル席だったりして、気軽にサンダル(裸足・・・)で行って申し訳ない、と思ったほど。
メニューはうな丼、上うな丼、うな重、上うな重、特うな重などなど、たくさんメニューがあるので、どう違うのか店員さんに聞くと、大きく分けると「丼」はご飯の上にウナギがのっていて、「重」はご飯と鰻は別々に供されるのだそう。
あとの上や特などは鰻の枚数で、鰻に差はないんですって。
まわりを見渡すと、ご飯と鰻が別々の「重」を注文している方が多かったのですが、私は頭の中には鰻のタレがしみたご飯がどうしても離れず、うな丼にしてしまいました。
ほどなくしてやってきたうな丼は、せっかく焼かれたウナギがご飯の蒸気で蒸されないように、すばやく蓋を外すことにして。
やってきた鰻は、外側はパリッと焼かれているけれど、けっして固くはなく、中はふわっとやわらかく、やわらかくて白い鰻の身を薄い焼き目でコーティングしてあるよう。
焼きだけの鰻ははじっこがカリカリしてたりして焼き魚っぽいなと思うこともあるのですが(でもそれもおいしかったり)、こちらは均一に焼かれていて、お見事!です。
鰻の皮も脂を落として焼かれているので、ぬるっと感がなくていいなぁ。
蒸されてないせいかどうかはわかりませんが、鰻の香りをよりはっきりと感じました。
タレも甘すぎず、しつこくなく、鰻を引き立てる味です。
あー、おいしい!
博多まで来て良かったわ~。
これはね、博多に行ったら必ず食べに行くわ~。
う巻きやうなぎ茶漬けも食べてみたいし!
焼き鰻のお取り寄せもできるようだけど、せっかくだから、やはり食べに行きたいなぁ。
老舗の鰻屋さんだし、川べりにあるお店なので、外の景色をながめながらビールを飲んでゆっくり、というのもしてみたい。
東京の、蒸したおいしい鰻も良いけれど、焼きも良くって、コレはコレ、ソレはソレ、ってかんじです。
どちらも、おいしいものは、おいしい。

吉塚うなぎ屋
by gigicocco | 2013-07-13 23:01 | 日本Japan

博多のかわいいおみやげ

a0098948_22262892.jpg
博多でおいしかった焼きたてバームクーヘンを自分用のおみやげに買ったとき、他の方に渡すおみやげも一緒に買いました。
かわいい楕円形の箱をみつけたので、これを博多みやげに。
バームクーヘンの他にラスクもたくさんの種類が販売されていたので、その中から5枚選んでかわいい箱に入れてもらったのです。
かわいい箱にぎゅっと詰めて5枚のラスクが入ります。
女性向けを意識して選んだラスクは、プレーン、いちご、紅茶、それにバームクーヘンのラスクも。
箱代も合わせて1000円弱くらい。
何より、このかわいいピンクの箱に女性は喜んでくれるのでした。

フラウアツコかやしな
by gigicocco | 2013-07-07 22:31 | 日本Japan
a0098948_123164.jpg
天神駅前で一休みしたくて入ったのがバームクーヘン店の2階のカフェ。
まだ今日のバームクーヘンが焼きあがる前なせいか、他にお客さんもいなく、ゆーっくりさせていただきました。
焼きたてバームクーヘンがまだ食べられないので、米粉のロールケーキとアイスコーヒーに。
ロールケーキはひたすらふわんふわんで、雲を食べているみたい。
1階で販売されているお菓子もひとつ、試食でいただきました。
アイスコーヒーも酸味が少なく、好みのタイプ。(博多のコーヒー、好きです)
天気が良くなかったせいか、バームクーヘンが焼き上がる前だったせいか、他にお客さんもいなかったので、とってもゆっくりさせてもらいました。
ゆっくりしていたので、お店を出るころには焼きたてバームクーヘンもでき上がり、帰りに再度寄って、買えました。
焼き上がってはいたけれど、すごくふわふわだから。冷めないと切ることができないんですって。
バームクーヘンは2種類あって、焼きたてのと定番のと、両方とも試食させてもらえましたよ。
あまりのおいしさに、試食なのにがっついて食べてしまいました。
おみやげとしても大好評でした。

フラウアツコかやしなカフェ
by gigicocco | 2013-07-05 23:49 | 日本Japan
a0098948_22285641.jpg
博多には何度も行ったことはあるけれど、名物はほとんど食べたことがないので、一口餃子を食べようと、テムジン本店へ行きました。
テムジンは一口餃子が有名な居酒屋さん。
まだ早い時間で、お店も開いたばかりで、のんびりした雰囲気。
お店のすみっこのテレビで相撲中継をしていて、なつかしい気持ちに。
いやー、相撲や野球などのテレビ中継をやっているお店って、なつかしい気持ちになるんです。
ささっと餃子だけじゃなくて、ゆっくりビールをのみたくなりました。
餃子を焼くまでに時間がかかるだろうから、ささっと出そうなメニューから、酢モツを注文しました。(だけどビールが到着した時点で間髪入れず飲んだ!おいしかった!)
どこかで食べたことがあるかもしれないけど、これが酢モツだと意識して食べるのは初めて。
テーブルの上にある酢醤油をかけて食べるんですって。
ゆでたモツを細切れにして冷やしてあって、くさみはまったくない。
ふわふわ、くにゅくにゅと楽しい食感で、脂もなく、おいしいだけ。
のっかってる青ねぎも、シャキッと新鮮でおいしいなぁ。
ネギのわっかを歯で噛むと、押し返してくるくらい。
酢醤油でさっぱりしてて、ビールもすすみます。
a0098948_22291882.jpg
酢モツを食べつつ、大きいジョッキのビールを飲みつつ、相撲中継を見ていると、ほどなく一口餃子が登場。(うっかり酢モツでビールが進んでしまい、セーブして残した!これでも!)
ほんとに、ちいさくて、とっさに思ったのは「私、コレ作るのイヤだわ~」って、それくらい小さいです。
ほんとに一口で食べられます。(一口サイズと書かれてても大きいな、と思うこと、たまにありません?)
途中でかみ切らなくてもいいので、中の具がタレにこぼれない。
そして、皮も薄くてやわらかくてしっとりで(なのに破れにくい)、中の具も野菜多めで味もやさしく、あっというまにパクパクっと立て続けに食べられちゃいます。
餃子の皮はパリッと焼き目をつけて、というのが定番だと思うのですが、こちらは固くならないように、そっと焼き上げているようです。
これは1皿くらい、あっというまだわ~。
油っこさもないし、なんの抵抗もなく食べられちゃう。
具がたっぷり野菜なのと、使ってるお肉が豚ではなく牛というのもキメテね。
ふわっとやさしくて、博多のうどんと同じだな~と感じました。
酢モツと同じ、タレの酢醤油もほどよくって、そこに赤い柚子胡椒を溶いて食べるのも、またいい。
赤い柚子胡椒は、つけすぎるとすごく辛いので注意。
後で気が付くのですが、宿泊先のすぐ近くにも支店がありました。
博多では何店舗も支店があるし、さらに東京や大阪にもあるんですって。
水餃子や焼きめしも食べたかったわー。
ふわっとやさしい餃子で、胃腸の調子が良くないときでも食べれそうなくらいでしたよ。

テムジン
by gigicocco | 2013-07-03 22:29 | 日本Japan

博多でホテルの朝食

a0098948_23192263.jpg

博多で宿泊したホテルは朝食券がついていたので、せっかくなので食べました。
普通のビジネスホテルのようなところなので、専用の朝食場があるわけではなく、建物の1階に24時間営業の寿司チェーン店が入っていて、指定の時間に朝食券を持って行くと、食べられます。
朝食は4種類の中から選べるので、1日目は明太子定食、2日目はチラシ寿司と茶そばのセットにしました。(余談ですが、1日目の朝食券はチェックイン時に案内してくれたのですが、2日目は案内をしてくれず、自分で問い合わせた・・・2日目は朝食は付いてないのかと思ったわー)
明太子定食は、白いご飯に明太子、鯛のアラ一切れの入ったみそ汁、漬け物、茶碗蒸し、切り干し大根、寿司の卵焼き、という内容でした。
明太子は明らかに形が崩れたお徳用タイプだったのですが、それでも、私が日常で食べる明太子よりも粒がしっかりしていて、味が濃すぎず、おいしかったです。
博多の明太子レベルは高い。
それでも、この朝食セットが1000円は高いなーと思いました。
漬け物なんて、たくあんに柴漬けの色が移ってるのよ~。
私はホテル代とセットだから食べたけど、そうでなければ必要ないな~と思いました。
a0098948_23282026.jpg
2日目のチラシ寿司は、見た目は立派ですが、お味は・・・魚、鮮度が・・・茶そばは伸びてて・・・。
こういうホテルの朝食は別料金を支払ってまで食べることないわー、と思います。
とくに街中のホテルだったら、ホテルの外に出て、牛丼屋さんやコーヒー屋さんの朝ご飯セットでいいと思うよ!
このホテルも、徒歩1分で24時間営業のうどん屋さん、ウエストがあったので、この次からはそうしよう。
博多では、おいしーものをたくさん!いただいたので、よけい気になったのだと思います。
by gigicocco | 2013-06-19 23:19 | 日本Japan

私の博多みやげ

a0098948_2140954.jpg

自分用に買った博多みやげ。
チューブ入り明太子と、薄味に炊いた昆布煮。
チューブ入り明太子は、冷凍品なのに賞味期間短めという、リアルな一品。
中の明太子は本当に明太子ばかりで(こういうタイプの商品て、メインのもの以外のつなぎが多めのことってよくありません?)、卵の粒がしっかりしてて、ちゃんとおいしいです。
そして何より使いやすい。
片手で手軽にご飯の上に食べる分だけを直接、出せるので。
800円くらいだったかな。
こんなお手軽商品でもちゃんとした明太子なので、博多の明太子レベルは、さすがは本場、なのでした。
昆布煮はうどん屋さんでおいしかったので、おみやげに。
1袋180円という価格もうれしい。
昆布煮は空港に行く前にお店に寄って、明太子は空港で買って帰りました。
どちらも夏場の長時間移動は難しいかと思いますが、おいしいおみやげ、ですねー。
玄米ご飯に(白いご飯でも良いのですが)どっさりと昆布煮をのせて、その脇ににゅるっと明太子を添えて、あとはおみそ汁があれば、もう何もいらないな!と思いました。
by gigicocco | 2013-06-15 21:40 | 日本Japan