人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:パームコーブ ( 24 ) タグの人気記事

a0098948_15192849.jpg
ケアンズのパームコーブにある、リーフハウスというすてきなコロニアルスタイルのホテル
ブッシュにかこまれた、まさに白亜の豪邸ですよ。
ダイニングもすてきなので、おもにそちらを利用していました。
テーブルの上には調味料セットが置いてあるので、自由に使えます。
だいたいは、塩・胡椒、気が効いたお店は、さらにオリーブオイルとバルサミコ酢も。
オリーブオイルはパンにつけたりして使うこともありますが、どちらかというと、インテリアっぽいかんじかな。
a0098948_15194468.jpg
さて、ひさしぶりにリーフハウスでのランチ。
オーストラリアで食べるトラウトサーモン(ニジマス)は素直な味でおいしいので、おすすめ素材です。(ランクはいろいろあるのだとは思いますが)
大きな切り身がソテーされて、サラダとローストポテトの上にどん!とのっています。
素材はおいしい。
野菜も、魚も。
だけど、味付けが・・・バルサミコ酢と塩、胡椒を自主的に少々、追加。
焼き方もちょっと・・・たぶん、シェフが変わってしまったんだなぁ・・・。
a0098948_1520050.jpg
オーストラリアに行くと、しつこく食べる、スパゲティ・マリナーラ。(正しくはタリアテッレ)
手打ち麺だし、贅沢にのってるシーフードもうれしい。
だけど、見た目も含めて、なんだかいまいちな仕上がり・・・。
場所はいいんだけど、なんだか残念な結果で。
今まで何回も行ってたけど、ここのことをブログに書いたことないなと思って、がんばって写真を撮ったけど、ちょっと間に合わなかったみたい。
もうちょっと、おいしそうなとこを書きたかったんだけどなぁ。
この後、ホテルのオーナーが変わったので、今は新しいシェフになってると思うので、次に行ったら、またチャレンジするよ。
ほんとにすてきな場所だからね。
青い海と空と風が気持ちいい昼や、ゆったりムードの夜もすてきだけど、夕暮れにここでビールを飲むのもすごくいいんですよ。
一時期、日曜日のスペシャルサービスで、ビールを注文したらアツアツのフライドポテトがでてきて、うれしかったなぁ。
しかも、そのポテトはきちんと手作りで、味付けのスパイス具合がすごく良かったなぁ・・・。
by gigicocco | 2012-01-13 15:20 | オーストラリア Australia
a0098948_22594245.jpg
ケアンズから車で20分くらいのビーチリゾート、パームコーヴにリーフ・ハウスと呼ばれるホテルがあります。
この建物はホテルのために建てられたものではなく、ケアンズのえらい人からえらい人へ譲り受け続けられてきた別荘で、そのころからのニックネームなんです、リーフハウスって。
それをSEBELというオーストラリアでは有名な高級ホテルチェーンがホテルにした、と、聞いております。(と、ここまでは去年までのはなしで、さらにオーナーチェンジがあり、SEBELからリッジスの経営になったそう)
このホテルはすてきな建物と、高級エステ(ケアンズでも老舗)とレストランが有名です。
オプショナルツアーで「パームコーブまで送迎付き、リーフハウスのレストランでディナー」というのが存在するほど。
a0098948_231584.jpg
エステは一回だけ思い切ってやってもらったことがあって、さすがに良かったですが、私が利用するのはもっぱらレストランのほう。
宿泊はしたことないです。(高級だから・・・)
ビーチに面したオープンテラスなレストランはほんとうにすてきなので。
わざわざ朝食バッフェに(宿泊客に混じって)行ったり、ランチしてまったり過ごしたり、夜ご飯を食べたりと、思い出も多いです。
夜8時〜9時くらいになると、オープンテラスの席のテーブル下にこっそり猫がやってくるんですよね。
たぶん、近所の猫が夜のさんぽに来てるのかな?
きっと、たまにおすそわけがもらえるんでしょうね、体つきもむちむちしてて。
鳴いたりおねだりすることはなく、テーブル下でじっと待ってるの。
あとこのホテルはプールサイドがすてきなの。
プールをかこむように部屋がつくられていて、部屋から直接プールサイドへ出て、ゆったりとくつろぐ姿はほんと、雑誌のグラビアみたい。
こういったリゾートホテルのレストランは、けっこー頻繁にシェフが変わったりするのですが、こちらのシェフは長く同じ方で味も安定していた。
レストランはちょっぴり残念になってしまったのですが、去年、新しくホテルオーナーが変わったそうなので、そのプライドで良いシェフを連れてきてくれるてるといいなぁ。

リーフ・ハウス・リゾート&スパ・パームコーブ
by gigicocco | 2012-01-11 23:14 | オーストラリア Australia

久しぶりのNUNU

a0098948_017655.jpg
ケアンズのパームコーブでしつこく通っていたお店がNUNU
ごくまれに、NUNUピンポイントで検索して、このブログに到着する方がいらっしゃるので、もうちょっと書いておこうかと。
久しぶりにNUNUに行くと、ほんとに、1年ぶりくらいだったから、スタッフも変わっていたし、メニューもかなり変わってる。
お気に入りのフライライスもなくなってるじゃん!
もしかして、(夜はわからないけど)作ってる人も変わったのでは?なんて思ったり。
a0098948_0175411.jpg
白身魚のカレーソース。
あさりもたくさん入っているので、コクしっかりソースです。
カレー自体はやさしい味で。
カレーがあると、お米がほしくなってしまいますね。
a0098948_018133.jpg
もう1コはパスタを。
生ホタテとデーツを使ったさっぱりシンプル味。
生パスタのようだけど、なぜか一部、カリカリに焼けておりまして。
a0098948_0183792.jpg
デザート代わりにフルーツサラダ。
たくさんの種類が美しく盛られていて、ゴージャス。
a0098948_019277.jpg
小さなデザートから、クレープ巻を。
コレ、以前に食べておいしかったので、もう1回食べようかなと。
そしたら、生地が厚めで、丸めるのはちょっと苦しいかんじ。
味は別においしいんですけどね。
今までのイメージと違っていて・・・。
たまたまかもしれないけど・・・う~ん・・・全体的にいまいち・・・。
私の中では、出来たばかりの頃が一番、クオリティが高かったと思う。(まだスタッフも少なかったし、たぶんシェフがほとんど全部作ってた)
だんだん残念になってきたなぁ、とは思っていたんですけどね。
でもまぁ、立地もいいし、使い勝手もいいので、ちょっと休憩したり、軽食を食べたりはまだまだ行くと思います。
by gigicocco | 2011-08-15 13:11 | オーストラリア Australia
a0098948_5222873.jpg
ケアンズのパームコーブのビーチ沿いは緩やかながら開発が進み続けていて、新しいお店やホテルが行くたびにあります。
ブランチと夕食の間にちょっと軽く食べたいね、とそんな新しいビーチ沿いの一軒に入りました。
入るって言ってもそこはパームコーブなので、オープンエアですけどね。
ひとまず薄いフラットホワイト(ミルクコーヒー、ケアンズはシドニーよりもコーヒー薄め)を飲みながらメニューを見ると、どうやらここはフイッシュ&チップス屋さんだったらしい。
フィッシュ&チップスはとても人気メニューで、特にパームコーブのランチ時には食べている人をよく見かけるような気がする・・・。(他のお店でもたいていメニューにある)
a0098948_5231761.jpg
メニューの中にはチキンはビーフもあったけど、お魚は10種類以上ありましたから、本格的なフィッシュ&チップス屋さんですね。
魚の種類までは選べないお店がほとんどですもの。
でも、魚の名前はケアンズ固有の種類だったり名前だったりするので、どれも難しい・・・。
だいたいどれも似たような白身魚のはずなので、MANGROVE JACK(マングローブジャックという名前ですから、マングローブに住んでる魚なんでしょうね)を選びました。
バラマンディと同じくらい上等な白身魚とされています。
魚を選んだ後に、お店のお姉さんが、何かをどっちにする?というようなことを聞いてきました。
なんとなくバターと聞こえたので、batterと○○(ビアバターって言ってたのかも?)のにするのか?と聞いてきているのだな、と解釈して、batter(衣)のほうにしました。(乳製品のbutterじゃなくて、batterなんですって、発音はかなり同じで難しい)
batterは天ぷらやフリットにかなり近い状態の衣です。
揚げたて新鮮な白身魚のフリットがおいしくないわけがなく!
私も大好きです。
イギリスでは塩&モルトビネガーが一般的なようですが、ケアンズではたいていレモンとタルタルソースです。
塩と胡椒はテーブルに置いてあるので、好みでかけて良い。
チップスはフライドポテトのことですが、お腹がいっぱいになりすぎるので、残すようにする・・・ついつい食べちゃうんだけど。
a0098948_5233414.jpg
イギリスでは庶民の食べ物というイメージがあるようですが、オーストラリアではそうでもないような気もする。
選ぶ魚やお店によってかなり違ってくるのかも?
お店の前は小さな道路を挟んですぐ海で、フィッシュ&チップスを食べるのにピッタリ、と思う。
もちろんテイクアウトもできるので、ビーチに移動して食べている人も多数。
私だけかもしれないけれど、オーストラリアではなぜか、フィッシュ&チップスはビーチで食べるイメージ。

MARILYN'S@THE COVE
by gigicocco | 2011-07-02 01:03 | オーストラリア Australia
a0098948_21939.jpg
ケアンズに着いて、週末ならラスティーズマーケットに直行だけど、平日や元気のない時はパームコーブへ行きます。
パームコーブにはお気に入りカフェ&レストランNuNuがあるからです!
朝食から営業しているのです。
7時か、7時半だったかな?それくらいから営業しているんですよー。
この日は特に、平日+疲れ(機内でほとんど眠れなかった)+雨という困った状態だったので、NuNuのソファ席でゆっくり&ダラダラすることに決定。
まずはコーヒー。
フラットホワイト(ミルク入りコーヒー)かカフェラテか。
コーヒーを飲むと、オーストラリアに来たなーって気がする。
コーヒーもオーストラリア産だし、私はシドニーでコーヒー好きになったという経緯があるので、なおさら。
じっくりとメニューを見て、スムージーも追加。
新鮮な地元フルーツ+野菜で、その場でつくられるジュースはじんわりと体に染み渡って、心地いい。
a0098948_21261.jpg
まったりとコーヒーとスムージーを飲んだら、そろそろ何か食べたいような気分になったので、再度メニューをもらいます。
朝食メニューから、サーディンのせパンを注文したのだけれど、サーディンは品切れ中ということで、別の魚になりました。
淡泊な味の小さな白身魚だったけど、なんの魚だったのかな?
パンの上に酸味強めのフムスとサッと火を通した魚、それとぶどうと青み野菜(スプラウト?)で彩りよく。
パンの小麦の地味と、フムスの酸味、青物のさわやかさ、魚のしっとりした食感、ぶどうの甘みとはなやかな香り。
とてもモダンオーストラリア料理っぽい一品ですね。
いわゆるオープンサンドですが、オーストラリアではイタリア式にブルスケッタと呼ばれています。
サーディンのブルスケッタはシドニーなどではわりと見かけますが、サーディンはオイル漬けの前にたいてい塩漬けや酢漬けをしてあり、その具合はなかなか難しいので(お寿司の酢じめと似てるかんじです)、おいしそうなお店以外ではあまり注文しないメニューです。
鮮度が良くて(鮮度は重要)、手作りのサーディン漬け(瓶詰めを使うところも多い)を出すお店だと、おいしいところのは本当においしい。
a0098948_214862.jpg
甘い朝食も注文しましたよ。
リコッタココナッツパンケーキ。
ふわふわのリコッタチーズ入りパンケーキにバナナとココナッツアイスクリームをのせて、濃い色のソースはキャラメルでもチョコレートでもなく。
なんとなく、ココナッツクリームが入っているのかな?と思ったけれど。
見た目より甘ったるくなく、全部いっしょに食べるとちょうどいい。
この日は雨だったこともあって、湿度が高く蒸し暑いので、アイスクリームがあっという間に溶けてしまう~。
アイスクリームも新鮮だったですよ。
リコッタパンケーキは超有名店があるから、同じようなものかなと思って注文したのですが、ちゃんとこの店らしく一工夫ある一品でした。
おいしかったですよ~。
ゆっくり食事をして、雨にけぶる海をながめたり、たあいのない会話をしたり、ちょっと本を読んだりうとうとしたりしていると、もう12時近くなっていて、ランチの準備中。
そろそろホテルのチェックインもできそうな時間となってきたので、おいとまします。
あー、今すぐでもこの場所、この時間に戻りたい・・・。
by gigicocco | 2010-04-30 13:50 | オーストラリア Australia
a0098948_3282665.jpgパームコーブの海岸沿いは短い間に気の利いたお店がいくつも新しくオープンしていました。
気の利いたというのは、今まではパームコーブにはあまりなかったような、ささっと手軽に食べられるカフェのような、デリのようなお店とか、アイスクリーム屋さんとかです。
その中にまじって、インド料理屋さんがオープンしていました。
オーストラリアのビーチリゾートの中でインド料理って、ちょっとめずらしい気がします。
タイ料理はよく見かけるけど、インド料理は初めてだと思います。
さすがにビーチ前ではなく、ちょっと入った場所にあったのですけれどね。
それでもテイクアウトや家族客などで大混雑でしたよ。
私がケアンズで過去に行ったインド料理店は、インド好きなオージーがやっているお店だったようで、変わったかんじでしたねぇ。
だから、ケアンズでインド料理を食べるのはそれ以来。
あ、正確にはもう1軒、ランチにカレーを食べに行くお店があったんですけど、そこはもうなくなったし、長くなるので、またいつか。
a0098948_3284269.jpgお店の名前がタンドーリ・オーブンと言うだけあって、本当にタンドーリ釜が厨房に備え付けられていて、作っている姿も店内から見えるしくみです。
シェフも店員さんも全員、インド人のようで、期待が持てます。
セッティングしてくれるお皿が印象的でした。
ナイフやフォークなどのカラトリーがお皿の右ではなく、左に置かれてるんですよ。
きちんと丁寧にすべてのテーブルに置いてましたから、インドではこれがスタンダートなの?
初めて見たので、ものめずらしくて写真、撮っちゃった。
a0098948_32965.jpg前菜かわりにサモサ。
サモサは田舎のおばあちゃんが握ったおにぎりのように巨大でした。
皮も厚めで食べ応えがあるのはオージーサイズ?
私はインドに行ったことがないので、そこらへんはよくわからないのであった。
それよりこのサモサ、なんだか太った猫か、赤ちゃんが座っているようで、かわいくない?
そう見えるのは私だけかな?
a0098948_3293769.jpgタンドーリ・チキンは、お店の名前がタンドーリ・オーブンなら食べなくちゃ~と思って注文しました。
アツアツで香ばしい香りがしておいしい~。
ぎゅっと身のしまった鶏がおいしいです。
たまらずビールが飲みたくなりましたが、休肝日のためガマン。
そうです。
休肝日にしよう!と思ってインド料理店に入ったのです。
オーストラリア料理の店に入ったら、ワインを飲んでしまう・・・。
ここはちゃんとタンドーリ・オーブン専門のシェフがいるんですよ。
a0098948_3295939.jpg
どどっと運ばれてきた、サフランライスとベジタブルカレーと羊カレーとプレーンナン。
器もなんだかかっこいいなぁ。
これも初めて見る。
辛さは、ちょっと辛かったけど、辛さは言えば調整してくれるみたいですよ。
ベジタブルカレーのほうが辛さがストレートでしたね。
野菜たっぷりでうれしかったけど。
羊カレーはさすが、羊肉がおいしいので、良かったです。
a0098948_3301395.jpg
素材が違うせいか?日本で食べるインドカレーとちょっと違うような気がしたけど、おいしかったです。
このお店、なぜパームコーブに突然?と思ったのですけれど、どうやらケアンズの町中に本店があって、その支店のようですね。
なので、わざわざパームコーブまで足を運んで食べる必要もないかとは思いますが、ケアンズでカレーが食べたくなった時にはいいですよ。
by gigicocco | 2010-04-20 02:55 | オーストラリア Australia
a0098948_2221393.jpg
芸能人の方がケアンズで何回目かの結婚式を行ったというニュースが数日前にネット上で流れましたよね。
私の興味はもちろん「ケアンズのどこで!?」という部分のみ、です。
ネットで見てすぐに、具体的な場所はどこかと検索をかけたのですが、出てきませんでした。(そのうち情報が流れてくるのでしょう)
まぁ、わざわざケアンズに行って結婚式をするとなると、心当たりは数ヶ所しかなく、もっともその可能性が高いのは、パームコーブのアンサナホテルではないかと。
a0098948_2202989.jpg
アンサナホテルはホテルとしてもすてきですが、敷地内に小さなチャペルがあるんですよ。
チャペルはまさに海辺にあって、ビーチ沿いにチャペルがあるのって、めずらしい。
日本の結婚情報誌にものっていたりしますし、結婚式をする方も多いのか、アンサナホテルは日本人の新婚さんがよく宿泊しています。
ここでそのチャペルの写真でもありゃいいんですけど、残念ながらそれがなくって。
でも、本当にすてきな場所なので、ちょっとだけご紹介。
a0098948_2174289.jpg
今回の写真は、チャペルのまわりの写真を集めてきました。
一番上の写真はホテルの中の通路で、アンサナホテルがメディアで紹介される時によく紹介される場所です。
ガラスのランプや大きな花瓶に飾られた生花や、ほんと、すてき。
この通路の先のグリーンと光の中を海に向かって歩いていくとチャペルがあります。
2つめの写真はホテルのレストラン・バー、ファーホライズン写真
ここは宿泊客でなくても使えるので、私もたいていは行きます。
ここから海辺に沿って右側を歩いていくと、スパ(エステ)とチャペルです。
3つめはパームコーブのビーチです。
ね、いい場所でしょ。
結婚式をあげなくても、良い場所です。
by gigicocco | 2010-04-04 01:26 | オーストラリア Australia
a0098948_2415790.jpg
ケアンズのパームコーブのホテルが新しくDRIFTになって、入っているレストランも新しくなりました。
リゾートホテルがグッとゴージャスに新しくなると、たいていレストランも以前よりは良くなっているものです。
新しいと言っても、私がぐずぐずしている間に、もうオープンしてけっこうたってますが・・・。
a0098948_2422918.jpg
アミューズとパン。
パンにつけるのはバターではなく、オリーブオイル+バルサミコ酢。
オーストラリアのレストランではよくある組み合わせで、好きです。
a0098948_242478.jpg
生春巻き。
こういうタイ風というか、エスニック風のものはオージーリゾートでは好まれる傾向にあるみたいです。
a0098948_2433915.jpg
スモークサーモンの前菜。
サーモンというか、マスだったのかも・・・?
a0098948_244759.jpg
メインの豚肉料理。
ちょっと角煮みたいな味で、ご飯がほしくなりました。
a0098948_2442683.jpg
牛肉のグリル。
オーストラリアの良いお店で食べるオージービーフはおいしいのだ~。
日本のスーパーで売ってるお肉とは全然違います。
a0098948_2443614.jpg
おいしい。
脂身のない赤身の肉なので、バターがのっていましたが、私は必要なかったです。
ストレートの肉汁で十分おいしいから。
下のマッシュポテトもすごくさっぱり味。
a0098948_2445692.jpg
デザートのいちごとアイスクリーム。
いちごの中心のスが入った部分はちゃんととってあるんだよ。
ここのお店はリニューアルして初めて行ったのですよ。
good food Guideのクイーンズランド版みたいなので星ひとつだったから、行ってみたんだよ。
ロケーションは最高で、いかにもリゾート地のレストラン。
リゾートホテルのシェフというのは数年で交代してしまう場合があるから、そこらへんはギャンブル。

SPICE MARKET
by gigicocco | 2009-04-28 15:54 | オーストラリア Australia

パームコーブの小さな家

a0098948_1228364.jpg
オーストラリアのシドニーオリンピック後のバブルっぷりはすごくって、のんびりしたリゾートだったポートダグラスやパームコーブまで、あっという間に様変わりしました。
特にポートダグラスはすごくて、オーストラリア国内で一番の土地価格の上昇率だったのだとか。
パームコーブもなかなかで。
ビーチ沿いを中心に、小さなクイーンズランダーと呼ばれる高床式の小さな家が買収され、取り壊され、裏の雑木林を整備して、下水道を整えて、リゾートホテルのできあがり。
私はパームコーブの小さなクイーンズランダーの家を応援しているので、ちょっとさみしい。
これで、あとパームコーブのビーチ沿いに残っている昔ながらの家は、あと2軒になってしまいました。
a0098948_6304782.jpg
・・・さみしい。
私は2軒のクイーンズランダーの家を応援しています。
もし、パームコーブの中で好きな部屋をひとつだけ手に入れられるとしたら、アンサナホテル、ペッパーズリゾート、リーフホテルのプールサイドの部屋やペントハウスの一室よりも、あと2軒だけの、小さなクイーンズランダーの家がいい。
残り2軒のクイーンズランダーの家は、パームコーブの真ん中あたりなので、売却の申し込みがひっきりなしだとは思うのですが、がんばって維持し続けていただきたいです。
パームコーブも10年以上前には、クイーンズランダーの家がまだまだ何軒も建っていたのですよ。
リゾートホテルも今建っているものよりも、素朴なものがほとんどでした。
このバブルでパームコーブも高級リゾートの仲間入り。
まぁ、アンサナホテルができましたからね。
それにつられたというのもあるかな。
リーフハウスホテルも歴代ケアンズの有力者の別荘として使われていたという歴史があるだけあって、すてきだし。
オーストラリアのバブルも終息に向かっているようですので、様変わりしていくのもこれでひとまずお休みだと思うのですけどもね。
ゴージャスなリゾートが並ぶ中、小さな家も混じっているかんじがのどかで良かったんですけどねぇ・・・。
by gigicocco | 2008-10-29 07:54 | オーストラリア Australia
a0098948_2335225.jpg
私の予想では、ケアンズのパームコーブに行ったことのある日本人の大多数がこのホテルに泊まったことがあるのでは?
私も一番初めにパームコーブに滞在した時はココでした。
パームコーブへは行ったけど、こんなところ、知らないよ?という方も多いでしょう。
それもそのはず。
私が知っているだけでも、5回くらい名前が変わっているんですよ。
大規模な改装も3回くらいありましたから。
もう私が泊まったときはなんてホテル名だったかも思い出せないですよ。
私が泊まった部屋は、ほとんどプライベートとして使える庭に面した1階で、けっこう、良かった思い出です。
庭の前を全く人が通らないので、落ち着きます。
中庭?の大きなプールもここの目玉のひとつ。
パームコーブのビーチ沿いのホテルはどこでもだいたいそうですが、ビーチ側の部屋だと、とても眺めがいいと思います。
・・・お値段もとてもいいので、私はほとんど泊まったことがないですけども。
ここはパームコーブの中では、部屋数が多い、大きなホテルです。
a0098948_234926.jpg
最近ではこのホテル名が新しくなっても、「へー、今度はこんな名前になったんだー」くらいの感想です。
今回の改装はかなり大がかりだったようで、がらりと雰囲気も変わり、ずいぶんとモダンで高級感のあるインテリアになりました。
中庭の大きなプールはそのままに、でも、ぐっと大人っぽくなったようです。
レストランもビーチ側にありますが、そこもなかなかの評価だそうです。
ホテルの場所はパームコーブのビーチ沿いのすぐ入り口のところで、アンサナホテルの向かいです。

Rockford Espranade(ホテル)
DRIFT(アパートメント)
by gigicocco | 2008-10-17 01:23 | オーストラリア Australia