人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:トルコ料理 ( 11 ) タグの人気記事

a0098948_233255100.jpg

香港のヒルサイド・エスカレーターのふもとで、ケバブで晩ご飯することに。
付け合わせはライスではなく、ポテトにして、缶ビールを。
…と思ったら、缶ビールは売り切れで、7upに。
目の前のコンビニで買ってくればOKそうだけど、ま、いっか、と思って。
この景色の中で食事するのが目的なんで、そこまでは別にいいんですよね。
手持ちのお茶もあったし。(お水のペットボトルにお茶を入れて持ち歩いていた←香港のカジュアルなお店ではペットボトルくらいなら持ち込みOK)
テイクアウトが中心のお店で、お店のはしっこに4席ほどのカウンターがあって、そこで座って食べられたんです。
夜風にあたりつつ、ヒルサイド・エスカレーターを行き交う人々を眺めて、揚げたてアツアツのポテトと、山盛りケバブ。(西洋人サイズなのです)
ついつい、食べすぎました。
by gigicocco | 2013-11-13 23:32 | 香港 Hong Kong
a0098948_27054.jpg
トルコ好きならジョーシキ!だと思うのですが「トルコで私も考えた」という、高橋由佳利著のエッセイ・コミックがあります。
私もとても読み込んでいて(というか、りぼん時代から読んでるわ!)、トルコにいつか行ってみたいなーと想いを募らせています。
本の中のトルコ料理の記述が、絵も文も、どちらもおいしそーなんですよー。
そんなおいしそうなトルコ家庭料理を食べられるお店を、地元・神戸で出店されたと知り、行ってきました。
神戸でエスニック料理でも・・・と調べて、ぐうぜんみつけたんですよ。
土曜の昼下がり、北野坂の裏通りをうろうろと歩いて行きました。(ちなみに、タクシーで住所を言ってもたどり着くのはむずかしいです。地元の方は住所では記憶していないようです)
トルコ料理といえば、ケバブをはじめ、がっつり肉料理がイメージだけど、それは外食のハナシで、トルコ人は家庭でたっぷりの野菜料理や豆料理を食べていて、もちろん、家族の健康を気遣って油や塩分も控えめにしていたりするそう。
こちらのお料理もそれに習い、野菜や豆を使ったお料理が多く、そして、日本人に合わせて食べやすく、油とスパイスを控えめにしたものだそう。
店内はトルコ風で、とても可愛らしく、そしてセンス良く、落ち着いていて、ひとりランチもゆったりとさせていただきました。
a0098948_1472924.jpga0098948_1475878.jpgこの日のランチセット(何種類かある)はまず、スープ。
豆と、ほんのりトマトとスパイスのスープです。
ほんとだ、やさしーい、味。
胃腸にもやさしいだろうなぁ・・・私、この味、好きだわー。
続いてやってきたのが前菜プレートで、ひらべったいけどふわふわのパンとサラダ、豆のマリネ。
豆、多いなーと思ったけど、おいしいなー。
パンにのせたりして食べました。
a0098948_1522961.jpga0098948_1524050.jpgメインはいくつかの中で選べたので、すごーくなやんだのですが、ネギのグラタンにしたました。
食べたことがなかったので!
ネギといっても白ネギなんです。
トルコにもあるんだー、という。
グラタンの焼き色もいいし、しっかり焼けたネギとそうでないネギといろいろあって、ネギっておいしいな、とあらためて思ったり。
付け合わせはピラウ(ご飯)です。
ご飯があると、やはり日本人はホッとするのです。
ネギのグラタンも見た目よりアッサリだし、ピラウもあっさりで、ぱくぱく食べられます。
最後はもちろんチャイ(トルコ紅茶)で!
トルコ宮廷料理のお店はまた別ジャンルだと思うけど、それ以外では今まで食べたトルコ料理の中でいちばん好きかもー。
私、こういうやさしい味、好きだー。
あえてケバブは避けたのだけど、次回は食べよう。
というか、メニューにはまだまだ食べたことのない料理があったから、もっともっといろいろ食べてみたいなーと思いました。
近所にあったら、確実に、通ってる。

トルコ料理 ケナン
by gigicocco | 2013-01-21 23:48 | 日本Japan
a0098948_4495164.jpg
新宿にけっこう前からあるトルコ料理店で、ずっと気になっていたお店にやっと行けたときのことを書きます。
お料理はコースが断然、お得なようだったので、そうしました。
食べ慣れない料理は、沢山の種類が食べてみたいのです。
メゼ(前菜)の盛り合わせは、フムス(豆のペースト)、生野菜の辛いペースト、ほうれんそうとヨーグルトのサラダ、豆と野菜のトマト煮。
a0098948_4501218.jpg
メゼはもちろん、パンにたっぷりつけて食べます。
私はこの、メゼが大好きでね~。
日本人て、松花堂弁当(今、知ったのですが、うちのPC「しょうかどうべんとう」が漢字変換できない・・・オドロイタ!)に代表されるような、ちょこちょこおかずがたくさんあるのがうれしいじゃないですか。
メゼはそういう気持ちをとても満足させてくれます。
いろいろな味が楽しめるのは、うれしい。
a0098948_4503323.jpg
コースだから、メゼは食べ過ぎないように注意しなくっちゃ・・・続いてやってきたのが、羊飼いのサラダとトマトスープ。
羊飼いのサラダは、たいていがトマト、きゅうり、玉ねぎ、ピーマンと、とてもシンプルだから、カンタンに作れそうなんだけど、自分で作るとなぜか味が違うんだよなぁ~。
トマトのスープも酸味があってさっぱりした味で、シンプルで好きです。
これもしょっちゅう食べたいから、自分で作れたらいいのになと思うけど、出来上がったら違くなっていそう。
a0098948_450587.jpg
あつあつのシガラ・ポーレイ(チーズ入り春巻きみたいなもの)。
これは、ウン、想像通りにおいしいです。
でも、そろそろ、お腹がふくれてきたな~。
a0098948_4512212.jpg
やっとメインですね、羊と野菜の炒め物、ピラウ(ピラフ)添え。
お料理もおいしいんだけど、やっぱりピラウが添えてあるのがうれしいのね。
すごくご飯に合うおかずってかんじだから。
a0098948_4514919.jpg
食べたわ~と思っていたら、お肉料理がもう1コ!
ケバブです。
山盛りケバブの上に、たっぷりトマトソースとヨーグルト。
おいしいけど、お腹がいっぱいダヨー。
a0098948_452647.jpg
ケバブの皿の中にはパスタも入っていてゴージャスかつ、ボリューミィ。
ほんと、おいしいんだけど・・・これで2人前は、ウン!日本の量じゃないね!
a0098948_4523627.jpg
最後はトドメにデザートも。
ライスプディングに、ココアプディング。
もう、ほとんど食べられなかった・・・。
先日、通りかかったときにチェックしてみたら、さすがにこのコースはなくなったみたい。
a0098948_4525067.jpg
最後にアツアツのチャイをゆったり飲んで、一息。
トルコのチャイはミルクやスパイスの入っていない、ストレートの紅茶です。
トルコ人は大量に砂糖を入れて甘~くする。
私は紅茶はストレートで飲むことが多いけど、なぜかトルコのチャイは少し砂糖を入れたほうがおいしいな、と思う。

ウスキュタル
by gigicocco | 2011-09-21 16:36 | 東京 Tokyo
a0098948_3224964.jpg
私は海外で日本食を食べることはほぼないのですが、だからといって、連日、肉+バター+パンはちょっと困る。
なんだか体が重くなるし、胃も重い。
なので、パリに滞在中はフレンチはできるだけ1日1食以内にして、アジアや中東など、他の国の料理を食べます。
トルコ料理は肉中心になっちゃうけど、よく食べます。
パリにたくさんあるし。
テイクアウトしやすいし。
で、ここらへんの国の料理だと、穀類が食べられるんですよね。
この時のお弁当もそう。
割麦かな?と思うんですが、トマトベースのピラフにマリネした肉の焼きたてをのせたお弁当。
お肉はね、注文を受けてから焼いてくれたんですよ。
ピラフもパラパラでなく、もっちりした食感があるので、ほんと、お米を食べてる感覚に近いです。
付け合わせがポテトフライなところが決定的に違うけど。
ピタパンもついてくるし。
それでもなんとなーく、洋風弁当を食べているような感覚です。
トルコ料理なので、バターをほとんど使っていないのも助かる。
それでも大盛りなので、半分くらいしか食べられないんですけどね。
それでも温かい料理が10ユーロほどでテイクアウトできるのはうれしい。
サンドイッチもおいしいところのものはおいしいけれど(おいしくないのも多々ある)、やっぱり温かい料理が食べたくなるんですよ。
by gigicocco | 2010-05-04 15:57 | フランス France

2軒目はトルコ料理で

a0098948_4305169.jpg

以前アップした浅草のトルコ料理屋さんですが、いつのまにやらリフォームして、なんだか普通にレストラン風になりました。
小さいのはそのままですが~。
前は「ちょっと座って食べられるところをつくってみました」というかんじだったのですけれどね。
店の入り口のドアには大きな窓がついているので、外の通りを眺めながら食事ができるのはそのまま。
(ちなみに、こちらのほうのお店は移転もしくは閉店したようです)
トルコワインにメゼ(前菜)の盛り合わせ、ピタパン。
あとは羊飼いのサラダを食べるか、お肉はどうするか・・・。
最後はもちろん、熱いチャイで。
アプリコットジュースを飲んでおくのも体にはいいだろうな。
比較的、夜遅くまで営業しているので(浅草の夜は早い)、2軒目のお店としても使えます。
夜遅く、2軒目にトルコ料理というのは、私はすごくいいと思っていて。
(2軒目に行くなよ、という議論は置いておいて)
野菜も食べられてヘルシーにワインが飲めるしね~。
お肉でも脂を落として調理してあるので、いいですよ。
ピタパンを少し食べる程度で、炭水化物も少なくてすむ。
お肉料理にはピラウ(ピラフ)が添えてあるけど、それは炭水化物だなぁ・・・お肉や料理のソースと混ぜて食べるとこれまたおいしいんだよね~。
ワインとも合うしね~。
私はここらへんでヘルシー路線からそれてしまうことが多々あります・・・。
by gigicocco | 2010-01-16 04:30 | 東京 Tokyo
a0098948_844039.jpg
パリで日曜日の市場に行こうとしていたのですが、下車駅を間違えたりなんだりしているうちに、お腹がすごーくペコペコになってしまい、なにはともあれ腹ごしらえと入ったケバブのお店。
奥にはきちんとメニューのあるトルコ料理レストランもあったみたいだけど、私は入り口で簡単に食事ができるスペースにしました。
通りの人が眺められるしね。
あまり複雑な注文はできないので、アニョー(子羊)のサンドイッチを。
目の前でお兄さんがささっとサンドイッチをつくってくれ、そこの入り口でオレンジーナ(炭酸入りオレンジジュース缶)と食べるよ、と伝達。
テイクアウトの人も多いようでしたよ。
つくりたてのアニョーサンドと缶ジュースで、ランチです。
お店の雰囲気と、その日の陽気から、オレンジーナ(炭酸飲料)が気分だったんですー。
サンドイッチの中のアニョーは一ロサイズで、しっかりとした歯ごたえで、いかにもお肉を食べてるぞーってかんじ。
パンの内側はふかふかだけど、弾力があってなかなかおいしい。
ソースは特にかかっていなかったけど、アニョーに塩がしてあるので、そんなに困らない。
ソースは私が無意識に断ってしまった可能性が高いし、ね。
トルコ語でソースの名前は、私には難しいのです・・・。
お肉だけで何百グラムあるんだろう?というような、ボリュームたっぷりのサンドイッチに、これまたボリュームたっぷりのポテトフライ。
中学生男子でも満足する量だよ。
腹ぺこの私でも食べきれない量だもの。
パリでささっと軽食でも・・・という時は、そこらのカフェでパリのサンドイッチよりも、こういった他の国の軽食屋さんを選ぶことが多いです。
パリのサンドイッチは、パンにハムを挟んだだけ、なものでもなかなかのお値段だったりします。
しかも、たいしてというか、まったくおいしくないこともあるくらいで・・・。
a0098948_8121145.jpg他の国のお料理屋さんのほうが、そこそこのお値段で、めずらしいものが食べられます。
ケバブサンド好きなので、特に何を食べるか決めていない時には選ぶことが多いです。
こうやって、しっかりと腹ごしらえをしてから、市場や街をまわります。
もう、お昼すぎだから、市場としては終わりの時間だろうけどね~。
by gigicocco | 2009-09-10 08:28 | フランス France

トルコ宮廷料理ふたたび

トルコ宮廷料理がとても気に入ったので、ふたたび。
a0098948_5192780.jpg
なすの前菜。
イタリア料理で「貧乏人のキャビア」という料理がありますが、そのトルコ版と思う。
歴史のある料理なんですね。
中東料理でもそっくりななすのペーストがあるんですよー。
焼きなすがベースとなる料理なので、たいていの方が好きだと思います。
お皿のまわりにふりかけてある赤いスパイスは初めて体験するものだけど、上品でとてもいい。
a0098948_5195384.jpg
スペシャリテのトルコピザ。
とても手間のかかる一品らしく、枚数限定です。
イタリア式やアメリカ式のピザ生地とはまた違い、ちょっとふわっとしたかんじで、とてもおいしい。
最後に生卵を落とすのは反則だろう!と思う。
なんで目玉焼きがのってるとなんでもおいしそうに見えるんでしょうね。
このピザはのってなくても、十分、おいしいですよ。
a0098948_5201417.jpg
もちもちラビオリ。
食べ応えがあって、おいしい!
ソースはトマトベースで、ラビオリの皮はちょっと中国北方の水餃子みたい。
もともとは同じ料理だからね・・・歴史を感じるなぁ。
a0098948_5203875.jpg
中にほうれん草を入れて巻いた肉料理。
牛だったかな?
中のほうれん草がさっぱりとして、お肉はしっかりお肉の味で、スパイス具合も巧みで、おいしいです。
付け合わせも繊細でおいしい。
赤い菱形のが、野菜の重ね蒸し。
オレンジ色の丸いのがマッシュポテト。
赤い円柱型のが、赤キャベツの甘酢づけ、だったはず。
ここんちはやっぱり、スパイス使いが上手だなぁ・・・。
これみよがしなプンプンなハーブ使いはしないのだ。
あくまでも、素材の味を大切に。
これは世界共通なのだなぁ。
a0098948_5211261.jpg
デザートは、オリーブ入りセミフレッドとフルーツのざくろジュース漬けの盛り合わせ。
オリーブ入りなので、セミフレッドはほんのり塩味でさっぱりした後味です。
ここのフルーツのざくろジュース漬け、とても好き。
by gigicocco | 2009-05-21 19:35 | 東京 Tokyo
トルコ料理屋さんはたくさんあるけれど、トルコ宮廷料理が食べられるお店があるんです!
オスマントルコですよ!!
長野で営業していたお店が、東京の麻布十番に引っ越してきたのです。
a0098948_15534399.jpg
前菜の盛り合わせ。
ひとつひとつ丁寧につくられています。
どれも初めて食べる味で、とても新鮮です。
トルコ料理というと、油とスパイスが強いのでは?と思われるかもしれませんが、さすがは宮廷料理、とても上品です。
a0098948_1554980.jpg
スープ・・・おいしい。
やさしい味です。
これも食べたことのない味だなぁ。
当然、フレンチともイタリアンとも違う味なので。
地中海の雰囲気はあるかな・・・?
a0098948_15542821.jpg
パンは今まで食べたことのないもっちりした食感とミルクの風味。
これ、すごく好き。
乳製品を練り込んで焼いたものと、トマトとハーブのソースを練り込んで焼いたもの。
どちらもおいしいけど、私はトマトのほうが好きかな?
ワインと合うし。
a0098948_15545534.jpg
エビのグリル。
どれもそうなんですが、盛りつけが美しいですよね。
初めて食べたと思われるハーブが使われていて、でもそれが全く嫌じゃないんです。
素直に、おいしいです。
a0098948_15551747.jpg
メインのお肉料理。
脂身の少ない上質な子羊肉で、とてもおいしい。
ソースもとてもおいしい。
バターの風味もオリーブオイルの風味もないのに、とてもおいしい。
付け合わせの野菜も、おいしい。
良質な野菜です。
a0098948_15553816.jpg
最後のデザート。
フルーツのマリネと、ドンドルマのような粘りのあるアイスケーキ(青オリーブ入り)と、丸いのもちょっと粘りがあったなぁ。
この後は、もちろん、トルココーヒーか、チャイで。
無糖よりは、少し砂糖を入れたほうがおいしいと思います。
本場式にガッツリ入れる勇気はまだない私。
本当にね、初めて食べるからなんて言っていいかわからないんですよ。
でも、とてもおいしいことは確か。
さすがはオスマントルコ帝国だなぁ。
あと、どの料理も素材がとてもいい。
この立地で、この料理で、この素材で、この価格帯は安いくらいだと思う。
おすすめ!ですが、あまり雑誌とかに紹介されないといいなーという複雑な心理は持ってます・・・。

ブルガズ・アダ
by gigicocco | 2009-02-26 12:25 | 東京 Tokyo
a0098948_0531318.jpg
浅草のROXビル向かいに小さなトルコケバブ屋さんがありまして。
はじめはテイクアウト専門店だったようなのですが、改装して、店内でも食べられるようになりました。
このお店の支店なのかな?
浅草の中心地の大通りに面しているお店なので、店内から見えるネオンと、通り過ぎる人達を見るのが、なんかいいかんじなんですよ。
みんなネオンを背景に足早に過ぎていくのが不思議なかんじ。
通りから1メートルずれただけでちょっと異次元なかんじがするというか。
そんなふうに思いながら、ケバブにトルコワインとか、いいですよ。
フムスやほうれんそうのヨーグルト和え、辛いトマトなどもありますし。
たまに売り切れていることもあるようですが・・・。
写真はケバブのミックス(チキンとビーフ)Mサイズとサラダ、ヨーグルトドリンク(塩味)です。
これで1000円ちょっと。
サラダがトマトとピーマンと玉ねぎ、きゅうりのシンプルなものなのですが、さっぱりしていて良いのです。
何が入っているのかはわかるから、自分でも作れるのだけれども、自分でつくると、何か違うような気がするのです。
by gigicocco | 2008-12-28 00:53 | 東京 Tokyo
浅草の、こんな中心地に?というところにある、小さなトルコ料理のお店があります。
トルコ料理店というか、ケバブ中心のお店のようで、テイクアウトされる方も多い様子。
店内にはテーブルとイスもあって、ケバブだけじゃない、トルコ料理も食べられます。
a0098948_145778.jpg
シンプルなトルコのサラダ。
トマトときゅうりと玉ねぎとピーマンを切って、塩とオリーブオイルとレモン少々、かな?
シンプルで大好き。
a0098948_1453460.jpg
ほうれんそうのサラダ。
ほうれんそうのヨーグルト和えといったかんじで、さっぱり味でおいしい。
おひたしよりも食べやすいと思う。
大好き。
フムスは売り切れで、残念。
a0098948_146463.jpg
このお店に来るお客さんはほぼ全員注文している、ケバブサンド。
もちろん、テイクアウトしていく人も多い。
500円でお肉ぎっしり、お腹がいっぱいになるので、すごいお得感。
a0098948_1462772.jpg
マントウがありました!
トルコのミニギョウザ!
手間のかかる料理なのに、えらいなぁ。
a0098948_1464531.jpg
ヨーグルトソースもおいしい。
プレーンヨーグルトは塩とにんにくとオリーブオイルで、とても良いソースになるんですね。
ギョウザにヨーグルトソース?!と思うかもしれませんが、日本のギョウザとは別ものと考えてください。
ラビオリに近いものと考えてもらったほうが抵抗は少ないかも。
a0098948_1471287.jpg
チキンのグリル。
付け合わせのグリル野菜とピラウ、辛い野菜のペースト、マッシュポテトが付いていました。
ピラウはトルコのお米料理。
辛い野菜のペーストは野菜をみじん切りにして辛くしたような、前菜にもあるメニューで、けっこう辛めです。
グリル野菜のピーマンと玉ねぎはわりと半生で、さっぱりしたかんじ。
マッシュポテトは、ゆでて荒くつぶしたじゃがいもに薄く塩とオリーブオイルとレモン少々かな?
塩・オリーブオイル・レモン少々はトルコでは定番の味付けなんですね。

ケバブサンド&トルコ料理 サライケバブ
台東区浅草1-27-10
by gigicocco | 2008-11-22 19:13 | 東京 Tokyo