旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2018年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

a0098948_03541236.jpg
香港のチャーシュー饅はちょっと甘めで、日本の肉まんとはちょっと違うものです。
イオンのトップバリュのシリーズで、チャーシュー饅があったので買って食べてみました。
これは、うん、ほぼそのまんまですね!
具は脂身かな?と思うけど、点心てけっこうラードだから。
ただ、だいぶ甘めだなぁ、とくに生地の甘みが強いかな。
スイーツに近いくらい。
中の具は香港でも甘めなんで、こんなくらいかな。
香港にはさらに、この甘めのチャーシュー饅の上にメロンパンの生地をのせて本格的に甘いチャーシュー饅ありますからね。(しかも人気)
このくらいの甘さが普通なのでしょう。
底の紙が取りづらいけど、それはご愛敬ってもんです。
小ぶりのこのチャーシュー饅2個で300円は、ちょっとお高く感じました。
シリーズで価格をそろえてるのかな?
チャーシュー饅が中国のどのくらいまでのエリアで食べられてるのかわかりませんが、日本でもこんなに簡単に買えるなんてありがたい。
イオン、中国にけっこうあるもんね。
他にも飲茶系でいろいろ販売されているようなので、食べてみようと思いました。
だって、安くて手軽だから!
いろいろな心配は、イオンのことを信じる方針です。
香港でもどこか別の工場で作ってお店で蒸かすだけってこと、けっこうありますからね。
もっと、うーん…?ということもありますからね…。
冷凍ゆえの一定水準と価格。
すばらしいと思います。
いろいろな国の、その国のおいしい冷凍食品を輸入してくれるの、もっと増えるといいな。

(追記)
同じシリーズで販売されている五目野菜とイカの餃子は300円もなっとく!です。
点心スタイルの半透明の皮の蒸し餃子で、これは日本ではあまり食べられないタイプなので、300円で大きめ4個入りならいいな!と思いました。
このシリーズはやはりもうちょっと食べてみよう…。
by gigicocco | 2018-05-31 03:54

杏入り大福は最高です

a0098948_01322395.jpg
銀座「あけぼの」で杏入り大福を買いました。
杏、大好きなんで!
期間限定の「杏白玉大福」です。
もっちもちのお餅の中に、上品なこしあんと、丸ごと杏!
とっても合います。
杏とあんこはとっても合うから、もっと世の中にあってもいいと思う…。
この杏大福も、杏の酸味と香りで永遠に食べられそう。

by gigicocco | 2018-05-28 23:32 | 東京 Tokyo
a0098948_20120506.jpg
ケアンズのパームコーブで宿泊したところです。
ちょっと変わった形の2LDKのお部屋でした。
アコモデーションのスタイル(?)なので、とっても広いです。
キッチン、洗濯機、バスタブもしっかり付いてるので、ゆっくり滞在できます。
a0098948_20120583.jpg
ベッドルームは壁を取って2部屋繋げているので、広々です。
窓際のベッドルームのほうが狭めなので、おみやげを置いたりゴロゴロしたりと、フリースペースとして使っていました。
壁を取ってあるので、メインベッドルームにも光が入って明るいのが良かったです。 
部屋のインテリアは部屋によって少しずつ違うんだと思います。(各部屋のオーナーによって違う)
a0098948_20120609.jpg
ベランダも広い!
リビングと同じかそれ以上の広さでした。
テーブルとソファーも置いてあったので、よくベランダに出てゆっくりしてました。
朝食はだいたいベランダで食べました。
a0098948_20120624.jpg
ベランダから見えた向かいのお部屋です。
自然の真ん中に床面を作ってテーブルとイスが置いてあるので、向かいの棟のかたは自由に使えるのでしょう。(それとも向かいの部屋の占有スペース?)
木と川で自然の中そのものみたいなデザインです。
ケアンズのブッシュのまんまというか。
もともとここにあったままに整備してこの建物を建てたのかも。
野生の鳥もたくさん生息しているようです。
a0098948_20120667.jpg
広いメインプールです。
これでも一部です。
ビーチベッドもたくさんあります。
日陰のビーチベッドが一番人気です。
海はクラゲの心配があるので、プールでゆっくりしときます。
a0098948_20121833.jpg
部屋からプールを突っ切って外に出ると、すぐビーチです。
朝はちょっと雲っていることが多いです。(ケアンズあるある)
パームコーブには何度も滞在してるので、ここに宿泊するのは初めてではないんですが、アコモデーションタイプに滞在したのは初めてかも。
違う棟にホテルタイプの部屋もあるんです。
ハイシーズンではなかったので、アコモデーションタイプもリーズナブルで1万円程度でした。
あんなに広くて、パームコーブで(ケアンズ周辺ではパームコーブはちょい高め)、いちおうビーチ沿いで、これはリーズナブルです。
パームコーブは一時すごく値上がりしてたけど、落ち着いてきたのかも。
この宿はしょっちゅうオーナーチェンジするらしく、名前の変更やリニューアルを何回もしてます。
ホテルのオーナーチェンジもオーストラリアではめずらしいことではないようです。
by gigicocco | 2018-05-26 20:10 | オーストラリア Australia

浅草でかき氷2018

a0098948_04462809.jpg
浅草の行列のできる、たい焼き&かき氷屋さんの浪花屋さんに行列がなかったので入りました。
GWと三社祭が終わった後の、雨の日の平日の夕方っていうのが良かったのかも。
かき氷は小豆&いちごのかき氷「あさやけ」です。
ふわふわの氷に、いちご感たっぷり氷、小豆 ミルク。
小豆の粒感がしっかり残っていて、おいしいです。
a0098948_04462984.jpg
やっぱりたい焼きも食べておこう、と食べました。
小豆もおいしいけど、たい焼きの皮がすごく薄い。
研ぎ澄まされてますね。
パリパリでおいしいです。
こんなに薄いのに、食べてる途中で皮が破れないんです。
すごいですね!
残念ながら、店内でだけ食べられるあんず入りたい焼きはメニューからなくなっていました。
大好きだったのにな~。
かき氷の行列で行きたいときに行けないから、なかなか食べられなかったんです。
ふつうのたい焼きはもちろん、お持ち帰りできます。(皮はどうなるんだろ?)
こちらのかき氷、とっても人気で冬でも行列が出来てたりするくらいなんです。
ここ数年は夏前にたまたま1回入れるのみの、年に1回ペースなので、今年もそうかも…と思い、タイトルに2018付けたよ!
by gigicocco | 2018-05-25 04:45 | 東京 Tokyo
a0098948_15322630.jpg
おかしな画像の写真で失礼します。
フランスでブルゴーニュ~ランスあたりを車で移動する旅行をしていたのですが、縁あってスイス国境近くの町、モンベリアールまで行きました。
もちろん、初めて聞く知らない町で、帰国してから地図で確認したくらいなんですけど。
なぜかモンベリアール滞在時に写真アプリがおかしくなって、写真は全てこの特殊加工状態なのです…。
この日はとっても天気が良くてスマホの画面が見辛かったことと、こんな変換は初めての出来事で、こんなことになってるのは気がつかなかったんです…。
なので、モンベリアールの写真はこのスタイルでスミマセン。
モンベリアールは小さな可愛らしい町でした。
歴史的なこともあり、町の建物はドイツの影響を受けているそうです。(国境近くの町なので、いろいろあったらしい…)
クリスマスの飾り付けとかしたらカワイイだろうなーと思いました。
a0098948_15322621.jpg
ガイドブックなどもなかったので詳しくはわからないのですが、おそらく町のシンボルのモンベリアール城です。
このときは改装中だか定休日だからか、入ることはできませんでした。
城の入り口付近までは階段で登って行って景色も良かったのですが、そんなに階段を登るならもっと歩きやすい靴で行ったのに…と思いました。(階段は苦手なんです)
a0098948_15322664.jpg
モンベリアールの町にあったかわいい子供用の乗り物遊具(メリーゴーランド?)。
よく見ると、様々なキャラクターが!
ピカチュウらしき背中も見えます。
ほほえましいです。
この写真はこの加工でもいいかんじかなー?と思うんですが、どうでしょう。
ちゃんと国鉄の駅もあるし、カワイイ町だなーと思ったのですが、この町も少しづつ人口が減ってきているそうで、空き物件も多かったです。
モンベリアールは半日ほど滞在しただけだったので、またもっとちゃんと行ってみたいけど、なかなか遠いなーと。
ランスから車で高速道路を飛ばして4時間以上(フランス人みたいに飛ばせないから実際はもっと時間がかかります)、パリから高速バスで7時間ですからね…。
by gigicocco | 2018-05-24 04:32 | フランス France

浅草でおいしいビリヤニ

a0098948_03014230.jpg
浅草に南インドのケララ州家庭料理のお店(サウスパーク)があり、気に入ってちょこちょこ行ってます。
はじめのうちは、あっさり味のインド料理だなーと思っていましたが回を重ねるごとに、それがすごく良いと感じるように。
なんというか、飽きないのです。
あっさりしてて、毎日食べられそう。
カレーもおいしいのですが、特にビリヤニ(インドの炊き込みご飯?混ぜご飯?みたいな料理)はここが最高なのでは?!と思うようになりました。
ご飯はまんべんなくパラパラで、スパイスの香りもクッキリと香り高い。
ペースト類を混ぜながら食べると、本当においしくて止まらなくなる。
さらにこのときは卵カレーも追加しての贅沢ぐい。
ビリヤニのスパイスの香りが損なわれないよう、マイルドなカレーがいいかなと卵カレーを選びました。
定番のミールスももちろん良いですが、ビリヤニもぜひ。
さらに前菜の卵焼きも注文してカレーとご飯にぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのもおいしいよ。
あと、アッパム(主食の米を発酵させて作るパンみたいなもの)もおいしいので、こちらもお忘れなく!!
サウスパークのビリヤニについて書くのは2回目なのですが、他のお店でも食べたりして、あらためてコッチが好き!!と思ったので書きました。
スタッフの方は全員がケララ出身の方というわけではないようですが、寡黙で真面目な印象です。
by gigicocco | 2018-05-22 03:01
a0098948_03424955.jpg
香港から帰る直前の香港駅でのランチはなかなか難しいです。
高かったり、混んでたり、テイクアウトしかなかったり。
香港のランチタイム前だったため、台湾料理のお店は並ばず入れました。
a0098948_03424978.jpg
温かい豆乳と茹で野菜(レタス)、酸辣湯。
酸辣湯は辛さも酸っぱさも押さえた味です。
a0098948_03424909.jpg
水餃子に茶葉卵を追加して。
台湾!!ですね~。
a0098948_03425095.jpg
焼いたチキンにひき肉入りソースにご飯。
量もたっぷりです。
台湾料理ファミレスってかんじです。
台湾料理のお店もここ何年目かの間に香港ですごく増えました。
ここでパパっと食べて、香港空港に向かいました。

by gigicocco | 2018-05-21 03:42 | 香港 Hong Kong
a0098948_03065475.jpg
香港好きにはすでに超話題の店、九段下の錦福に行きました。
本格的な香港の焼味(香港BBQと呼ばれる肉料理)のお店が東京にも出来たのです!!
メニュー見てもたしかに、焼味中心のようです。
前菜からまずはピータン!
これ!すごく香港通り!
真ん中の生姜の甘酢漬けのピンク色までも!
そして、ちゃーんと、中心がトロトロのピータンです。
これがおいしいの!
日本でも手に入るのね…。
あと、ピータンがたくさんなのもいい。
日本でピータン注文すると、1つだけとか、ひどいときは半分だけとかあるからね…。
a0098948_03065545.jpg
予約の時に聞かれたレバーの焼味。
わたし、これ、香港でも食べたことないと思う。
やはり、そうそう注文しないです。
それも胃袋に余裕のある東京でなら注文できる。(前日か翌日に食べる量を減らせばいいので、胃袋に余裕がある)
これは焼き鳥(タレ)のレバーに似た味です。
a0098948_03065558.jpg
アヒルの焼味。
甘酸っぱい梅ソースを付けて食べます。
これはちょっと肉が小型かな?
香港のお肉とはやはり違うのだと思う。
味もあっさりめで食べやすい味だと思いました。(わたしはもうちょっとクセあってもOK)
a0098948_03065614.jpg
これもおいしかった!
アスパラとエビの炒めもの。
ニンニクのほう。
大きなエビと太いアスパラ(エライ!)に、ニンニクフレークを合えたもの。
このニンニクフレークがおいしい。
やわらかいのもいい。
a0098948_03065657.jpg
遅れて注文したきゅうりの和え物。
ニンニク黒酢味。
さっぱりした箸休めでいいですよ。
わたしは香港でコレ食べるたびに、日本のみずみずしいきゅうりで作ったほうがいいんじゃないかと思ってたんですよね。
みずみずしくて、おいしいよ。
a0098948_03070742.jpg
やはり名物も食べておこうと、香港チャーシュー。
豚肉が薄めだからか、より甘く感じますね。
これは白いご飯にのせて目玉焼きのせて食べたい。
赤ワインのアテにはちょっと甘い。
a0098948_03373718.jpg
青菜炒めはチンゲン菜とター菜が選べたので、ター菜で。
この大盛!
本物です。
炒め具合もいい。
ただ、このター菜が茎中心で、ちょっとスジっぽい。
日本の野菜だから…チンゲン菜にしなかったのも、ふつうに大きなチンゲン菜だろうと思ったからなんだけど…。(香港のレストランで出てくるチンゲン菜は小さい赤ちゃんチンゲン菜)
このタイミングで野菜炒めが出るのも香港ぽい。
メインの後に出るんですよね。
a0098948_03070826.jpg
やはり炒飯も食べなくてはね…。
楊州炒飯か、鶏肉とハムユイ(魚の塩漬け)の炒飯かで迷ったけど、ここはハムユイで!!
ハムユイ炒飯のほうがリーズナブルなお店でも出されて日常的なイメージです。
ハムユイの香りがクセになるんです。
少し塩分が強めでしたが(でもこれ香港でもたまにある…翌日には塩味がなじんで気にならなくなる)、ご飯のパラリ具合もとても良いです。
しかし、具がシンプルすぎはしませんか…?
せめてネギ刻んだの入れてほしい。
でも、このパターン、香港にもある。

今回、香港で食べてるのと同じ気持ちでブログを書いてしまったけど、このレベルの焼味が東京でこの価格帯で食べられるのは、かなり驚きです。
素晴らしいです。
ただ、どうやらシェフがおひとりのようなので、状況によって料理の出る時間が遅れることも。
やはり焼味の専門家と思って注文したほうがいいかと。
残した料理も持ち帰りできるできるので、遠慮なく注文しよう!!
さすが福臨門10年超はダテじゃない。
日本に残ってお店を出してくれて、ありがとう!
平日だしまだオープンしたばかりなので、お客さんは半分程度だったけど、香港好き・おいしいもの好きな人ばかりといった風でした。
こりゃ、これから混みそうだ。
by gigicocco | 2018-05-20 03:06
a0098948_04080844.jpg
香港の北角でベトナム料理のお店をみつけ、フォーが食べたくなって入りました。
香港でフォー、食べたくなるんです。
たくさんお店もあるし。
お店に入って料理を食べ始めてハッと気がつく。
ここ、来たことある!と。
フォーの味は香港ではとってもオーソドックスな味です。
ちょっと濃いめかな。
香港でもハーブは少なめなことが多いです。
赤い色のニンニク風味の甘酢(甘いのです)を入れて食べます。
スープが甘くなっちゃうので、あんまり入れなかったですが。
実はこの他に香港ミルクティーを注文したのですが、これが渋くて苦い!
砂糖を4杯入れてもまだまだ苦味はおさまらないので、飲むのをあきらめました。
…こういうこともある。
好きなお店でもないのに同じお店に入ってしまったこと、ミルクティーが苦かったことを忘れないように、ここに記す。
しかも、安くもない。(香港は街中だともう安くはないです)

by gigicocco | 2018-05-19 04:07 | 香港 Hong Kong
a0098948_04050877.jpg
練馬駅からすぐの南インド料理屋さんのケララバワンにひさしぶりに行ったらおいしくてですね、また行ってしまいました。
このときはインドのコーチン地区のお料理がウィークリースペシャルでした。
このビジュアルですもの…行っちゃう。
a0098948_04050933.jpg
今回はサラダの写真も取りましたよ。
このドレッシングがおいしいと思います。
a0098948_04050961.jpg
写真の実物ですが、これ、かんじんの魚が乗ってないんです。
忘れてたらしいです。
わたしもおかしいなと思いながら食べはじめてしまって…写真撮ってない。(スミマセン)
小鯛を丸ごとスパイス焼きにしたものに、玉ねぎなどの野菜をマリネが乗っていました。
骨に気をつけながら魚の身をほぐし、ご飯とカレーを混ぜるとおいしい!
魚のうまみが足されて、グッとおいしくなりますね。
おいしいけど、今回は食べきれなかった~。
実はお店が混んでたので、時間を潰して出直したのです。
そのときちょっと食べちゃって、それが効いてきて…。
だけど残したものすべてをご飯にのせてくれて、包んでくれました。
ありがたい…。

by gigicocco | 2018-05-18 04:04