人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

a0098948_212558.jpg
スペイン料理屋さんなどの人気メニューのサングリア。
ワインに生のフルーツが漬け込んであって、飲みやすくって私も大好。
バルセロナのバルセロネータ(バルセロナの街にあるビーチ)に行ったとき、とあるレストランバーで案内された席がお酒やドリンクを用意するバーカウンターだったんです。
そこでバッチリ見たんです、そのお店のサングリアの作り方を!
いちおうバルセロネータとはいえ(ビーチなのでちょっぴり高級で観光ぽいエリアです)、バルセロナのお店で出されているサングリアなので、レシピに興味津々だったんですよ。
大きなピッチャーでどんどん注文されていますし!
ちょっとオドロキのサングリアのレシピは以下の通りです。

①大きなガラスのピッチャーにワイン(赤でも白でも)を1本注ぎ、そこにペットボトルのファンタ・オレンジとファンタレモンを注ぐ
②どさっと氷を入れる
③ピッチャーにオレンジやレモンのスライスと、オレンジ、レモン、キウイなどのフルーツを角切りにしたものを入れる
 ↓
できあがり!
※注文はしていないので、写真がないです※

どうです!?
こんなにお手軽にサングリアが!!
ファンタ・オレンジとレモネードとワインで作れるってことですよ!!
一般的なレシピではワインでフルーツを漬け込むのですが、漬け込み時間はゼロ!
半分ジュースなので、飲みやすいんでしょうね。
それが本場のサングリアと思われても困る!という方もいらっしゃるでしょうけれど、これもまたいちおうは本場で楽しまれているサングリアということで。
この、あっけらかんとしたレシピに感心しちゃいました。
by gigicocco | 2013-08-31 21:02 | スペイン Spain

老舗すき焼きランチ

a0098948_195890.jpg

外国からのお客様といっしょに、浅草の老舗すき焼き屋さんにランチに行きました。
日本で浅草ときたら、寿司、天ぷら、うなぎ、すき焼きでしょ!という私の安直なイメージです。
ランチのほうがリーズナブルなのですが、ランチのすき焼きコースでも立派なお肉でした。
ついつい「こんなお肉ひさしぶり…」とつぶやいてしまって、外国の方に「なんで?」と聞かれてしまう。
なんでって、高級だからだよ!とも言いづらく。
あらためて、すき焼きっておいしいですね。
お肉の脂と醤油と砂糖に生タマゴがからんで、ゴハンがすすむったら。
これだけの脂ですし、お肉も大きいので、ご飯といっしょに食べると3枚でもうほぼ満足。(若くないから・・・です)
外国人のお客様もそのおいしさに感激していましたが、それ以上に日本人チームがコーフンしていました。
日本人は全員、お肉の写真を撮りましたからね。
かなり久しぶりに食べましたが、やっぱり、すき焼きはおいしいですね。

今半
by gigicocco | 2013-08-30 23:09 | 東京 Tokyo

札幌駅のホーム

a0098948_12214592.jpg

札幌駅のホームに立つたびに、なんだかヨイな〜と思うのです。
たぶん、上にぶら下がっている、特急列車の札がヨイのではないかと。
名前も「はまなす」とか「すずらん」とか、いいですよね。
by gigicocco | 2013-08-29 12:21

夏期限定とろろ蕎麦

a0098948_293252.jpg

どーしても食べたくなって行った老舗蕎麦屋さんのとろろ蕎麦。
とろろ蕎麦は夏期限定なんですー。
一年に一度のお楽しみ。
冷たいお蕎麦をツユで味付けしたとろろにからめて食べるんですー。
でも今回は味が濃くって、とろろ食べきれず。
by gigicocco | 2013-08-29 02:09 | 東京 Tokyo
a0098948_23163161.jpg

札幌からは昨日の遅い時間に帰ってきました。
今回のガイドブックはこの2冊。
食本は千歳空港で買いました。

<後日の追記>
歩きが多いので、ガイドブックは小さくて軽いものがいいんです。
そして内容が札幌+小樽のもの。
千歳空港に着いたとたんに、空港内の本屋さんで、地元グルメ本を購入。
地元向けなので、ジンギスカンや寿司屋さんなどは少なめの掲載です。
そして、土地勘がないので、地図を読むのに苦労しました。
by gigicocco | 2013-08-27 23:16 | 日本Japan

札幌で待ち時間

a0098948_13172761.jpg

札幌で思わぬ待ち時間ができてしまいました。
カフェでも探して歩いていると、良さげな木陰のベンチが。
すぐ近くにコンビニもあったことだしと、木陰でアイスコーヒーに決定。
日が出れば、それなりに夏の日差しでまぶしいのですが、木陰は涼しい風も吹き、気持ちが良いです。
ここで1時間もどうやって過ごすの?!と思ったのですが、良かったです。

<後日の追記>
前日の夕方に函館から札幌に移動しました。
マラソン大会も終わり、札幌のホテルに空きが出たので、移動したのです。
この木陰とベンチのすてきな場所は、医療関係の学校に併設されていた小さなスペースです。
ふだんはもっとたくさん学生がいるのかな?
by gigicocco | 2013-08-26 13:17 | 日本Japan

小樽は雷雨です

a0098948_11262980.jpg

ホテルのチェックアウト直前から雨が降り出し、雷雨です。
ホテルのロビーで足止めです。
小樽観光は散策がメインだから、雨が弱まるの待ち。
もうちょっとしたらランチタイムだから、食べてからどうするか考えよう。

<後日の追記>
急に空に黒い雲が広がり、あっというまに雷雨となりました。
なにもチェックアウト時に・・・とは思いましたが、しかたがありません。
あっという間にやってきた雷雨は1時間ほどで移動し、その後は良い天気で助かりました。
by gigicocco | 2013-08-25 11:26 | 日本Japan

札幌です

a0098948_15204293.jpg

札幌に着いて、まずは空港でランチです。
豚丼とお蕎麦のセット。
明日は札幌でマラソン大会があるらしく市内のホテルは空きがなく、小樽に宿泊です。
こちらは涼しいです。

<後日の追記>
この日はまったく時間に余裕がなく、外で食事する時間がとれずに、飛行機を降りてすぐに空港内のレストランで食事をしました。
北海道がそば粉の産地ということもあって、札幌市内でもお蕎麦を出すお店もたくさんあるんですよね。
札幌で食べる蕎麦は、少しやわらかめで、ツユもあっさりとやさしめの味のことが多いように思います。
蕎麦にくわえて豚丼を食べたのだから、すごくちゃんと観光っぽい食事をした!という気分になれました(笑)
豚丼はボリューム飯なので、ミニ丼くらいでちょうど良かったです。
by gigicocco | 2013-08-24 15:20 | 日本Japan

天盛り蕎麦

a0098948_12141982.jpg

すごくお蕎麦が食べたい気分になり、カジュアルな蕎麦屋さん(かろうじて立ち食いではない)で、天盛り蕎麦をいただきました。
カジュアルな蕎麦屋さんなだけあって、天ぷらの内容は、野菜かき揚げ、かぼちゃ天、ちくわ天でした。
揚なおしてくれたので、アツアツでうれしい。
ちくわを食べるときって、ほぼちくわ天です。
夏はさっぱり冷たいお蕎麦が食べたくなりますね。
by gigicocco | 2013-08-23 12:14
a0098948_13028100.jpg

洗濯機のフタを閉めたまま旅に出てしまい、大変なことに。(途中経過はこちらに書きました
ぶっちゃけ、カビが洗濯槽に大繁殖してしまったのです。
薬局で洗濯槽クリーナーを買ったり、炭酸塩を使ったりしましたが、はっきりいって、どれも今思えば無駄でした。
剥がれたカビ(ぴろぴろわかめ)は排水されない!のです。
何度も洗濯機をまわして、水も電気代もかかるうえ、ザルでカビをすくうなんてことも必死で何度も繰り返していたのですが、さっさと専門クリーナーを使ったら良かったです。
2000円もして高いなーと思ったのですが、メーカーごとに販売されている専用洗濯槽クリーナーが劇的に効きました!
なんと、カビを溶かして排水する!のです。
ザルですくわなくていい!←大変なうえ、取りきれない。
さらに、洗剤の溶け残りと思われる、白いカスまで出てきましたよ。
洗濯機によって仕様が違うので、専用の洗濯槽クリーナーの使い方がうまくいかず、2回も買ってしまい、結果、4000円もかかってしまったのですが、洗濯機がキレイになって良かったです。
買い換えまで検討したので・・・。

私も困り果てて、ネットでの検索はそうとうしたので、同じように困っている方に、私が言いたいのはこの3つ。

●カビ(ぴろぴろわかめ)や洗剤カス、ホコリなどの汚れは排水されない(でもこれは、洗濯機の機種によって違うのかも?)
●薬局で販売されている洗剤(300円くらい)でなく、汚れを溶かしてくれる、メーカーごとに販売されている専用の洗濯層クリーナーを使う(2000円くらいで、ネットでも変えます)
●クリーナーでは溶けきれない、洗剤カスやホコリなども出てくるので、ホコリとりは入れておいたほうがいい(100円ショップなどで売ってる、洗濯機の中に浮かして入れるタイプ)

こころなしか、キレイな洗濯機のほうが、洗濯物もキレイに仕上がる気がします。
by gigicocco | 2013-08-22 23:30 | 日々