旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

博多の老舗・喫茶店へ

a0098948_17205186.jpg

博多にはコーヒー屋さんが多いなーと、歩いていて思いました。
そんな中、創業45年という、老舗の喫茶店に行きました。
落ち着いた、素敵な雰囲気のお店で、何が素敵かって、店内の店員さんがほぼ全員、初老の男性で、ビシッと白衣のような上着+蝶ネクタイで、身のこなしもキチッとしています。
価格は普通のコーヒー店と変わらないのですが、とても大人な、落ち着いた雰囲気のお店です。
コーヒーの種類はたくさんあって迷うほどだったので、普通にブレンドに。
スッキリしてて、酸味が少なく、好みです。
コーヒーに付いてくるクリームは、ちゃんと生クリームで、しかもゆるめに泡立ててあるんですよ!
さらにそのクリームもガラスの器の下が氷で冷やされており、銀の小さなスプーンでクリームをすくってコーヒーに入れる優雅さです。
さらに私が感心したのが、お代わりコーヒーが半額なこと。
同じコーヒーが半額、ではなく、他のコーヒーでも半額なんですって!
思う存分、ゆっくりできますね。
テーブル席でゆっくりおしゃべりも良いですが、カウンター席で本とコーヒーがぴったりなお店でした。

のだ珈琲舎 大名本店
by gigicocco | 2013-05-31 17:20 | 日本Japan

アレルギー終わらず

a0098948_0463289.jpg

あのー、今年の花粉症は終わったと思うのですが、アレルギーはちょこちょこ続いています。
薬を飲むほどではないのですが。
で、わざわざここに書いたのはですね、今年はどうも、そんな人がけっこういるそうだからなのです。
まぁ、いろんなものが飛んでますからね・・・。
杉花粉は桜が満開の頃にほぼ終了しました。
その後、風が強い日に、またどこからか運ばれてきた杉花粉に反応+ヒノキ花粉すずるずると、GWいっぱいくらいまで。
その後も、ナゾのアレルギーがちょこちょこと。
スッキリしないですねぇ。
by gigicocco | 2013-05-30 23:46 | 日々

バリ石けんといえばMASACO

a0098948_15392611.jpg

私がナチュラル石けんのトリコになったのは、ハッキリと、バリのMASACO石けんからです。
その前から、洗顔には石けん派で、クリニークの洗顔石けんを使ったり、思い切ってマルセイユ石けんを買ってみて、その実力に感心したりはしていたけど、ハッキリとナチュラル石けんを意識したのはMASACO(マサコ)から。
当時はまだ、ナチュラル石けんや手作り石けんは一般的でなかったから、初めはその使い心地にカルチャーショック!でしたよ。
とにかく、泡立ちが良く、泡がやわらかく、そして、水で流すと肌にぬるぬるが残りづらくサッパリした使い心地。
なのに、ココナッツ・オイルのおかげか、肌つっぱりもなく。
泡がやわらかくて気持ち良くて、香りもナチュラルで、もう、トリコです。
だけど、当時、日本では販売店もなく、手に入れるのは海外通販だったので、今よりもネット環境も良くなかったし、なかなかのハードルだったですよ。
買うときは思い切ってドサッと買って、ちびちびと使っていました。
だから、まだこうして、MASACO石けんが手元に残ってるのです。(これくらい古くなると、香りはもう飛んでいて、それはもったいないけど、まだ使えます)
そんなだから、私がバリに行く目的のひとつは、MASACO石けん(現在は「ブラッド・ワンギ」というブランド名)を買うこと!でした。
だからね、バリではね、買いましたよ!!
今ではバリでは石けんのおみやげが定番となり、日本でも手作り石けんブームが起きたり、様々なところで高級石けんが販売されたり(温泉宿の売店でも1コ1000円以上の石けんが販売されてたりしますよね~)すっかり石けんが一般的となりました。(それまでの石けんはちょっと古いイメージ)
私もいろんな!石けんを試したけど、未だにこの石けんがNo.1です。
香りの良さと、泡のキモチ良さが、バツグンなんです。
次点でマルセイユ石けん。
この2トップは、なかなか揺るがないなぁ。
by gigicocco | 2013-05-29 15:39 | バリ Bali

福井のソースカツ丼

a0098948_22541322.jpg

吉祥寺で時間はずれのランチに福井のソースカツ丼屋さんに決定。
そういえば食べたことなかったなと。
ソースカツ丼と、これまた福井のお蕎麦のセットに。
ソースカツ丼は本当に白いご飯に、ソースにくぐらせたカツがのってるんですね。
さっぱりカツ丼です。
お蕎麦は独特の食感で、コシがあってさっぱりとおいしかったです。
ミニ蕎麦じゃなくて、もっと食べたかったわー。
by gigicocco | 2013-05-28 22:54 | 東京 Tokyo
a0098948_22444357.jpg

a0098948_22444384.jpg

ベトナムサンドイッチのバインミーが食べられるところ、みつかりました。
夜の営業でも単品注文できるそうですが、ランチセットでも。
ランチセットではニラたっぷりスープ(日替わり)と生春巻きと、皮が薄めの小型バゲット1本のバインミーです。
バインミーの中身は大根と人参の甘酢漬けと、肉類(蒸し鶏や焼き豚だったかと)に、パクチーも。
マヨネーズも入ってて、それはちょっと多めかな・・・。
小型とはいえ、バゲット丸ごとなので、かなりお腹いっぱいになります。

サイゴンマジェスティック
by gigicocco | 2013-05-27 22:44 | 東京 Tokyo
a0098948_2245157.jpg
香港の中秋節というお祭りは、家族で集まって食事をしたり、月餅を食べたり、ランタンを飾ったりして、お祝いします。(時期は中秋の名月と同じです)
香港で有名な広東料理レストランのヨンキーの前を通ったときにも、しっかりとランタンが飾ってあり、いいな!と思ったので、写真を撮りました。
入り口のドアを飾るように、大きな金色の魚のランタン。(魚も金色もとてもおめでたいものです)
クリスマス飾りやお正月(旧正月)飾りが有名ですが、中秋節飾りも良いですよ。
この写真は偶然ですが、香港の赤いタクシーや、黄色い足元注意の看板、香港の交通標識も写り混んでいて、いい写真だな~と、香港好きとしては思うのですよ。(写真の上手さはもちろん別です)
ランタンで隠れていますが、金色の魚の後ろには、大好物の臘腸(らぷちょん、中国サラミ)、のポスターも貼ってありますしね!
臘腸は冬の食材だから、「臘腸はじめました」(「冷やし中華はじめました」風に)のポスターだったんじゃないかなー。
by gigicocco | 2013-05-26 22:10 | 日々

博多でサバ塩焼き定食

a0098948_085527.jpg

なぜ博多でサバ塩焼き定食かと聞かれれば、ガイド本の写真で見て、いかにもおいしそうでたまらず!です。
そして、本当に、おいしかった!
水鏡水天宮のすぐ隣、水天宮横町のお店です。
ランチはサバ塩焼き定食一品勝負なので、お店に入って空いてる席に座れば、だまっていてもサバ塩焼き定食がサッと出てくるしくみです。
サバに目を奪われていたけれど、まずは定食のみそ汁皮をいただいてみると、うまい!
少し甘めだけど、ここはみそ汁もうまい!
米味噌使用とは聞いたけど、他にも秘密があるに違いない。
思わぬ寄り道をしたけれど、お待ちかねのサバです。
身の真ん中に箸を入れると、薄い皮がパリッと小さな音をたて、しっとりとした身を口に入れると、ほんと、いいサバ塩焼きですね~。
本当に、脂が甘いんですよ。
焼き目も香ばしく、コゲくさくない。
夢中で食べてしまいました。
浅漬けも市販のものではなく、さっぱりと口直しにぴったり。
サバが脂しっかりだから、大根おろしにキャベツの千切り、冷や奴、浅漬けと、さっぱりした付け合わせがいいバランスの定食です。
あ、お醤油は、福岡の少し甘めの醤油なのですが、違和感はとくにありませんでした。
博多でわざわざサバ塩焼き?と思われるかもしれませんが、この選択、悔い無し。


by gigicocco | 2013-05-25 23:08 | 日本Japan

わからなくなった写真

a0098948_1502690.jpg

写真整理をさぼっているうちに、なんの写真かわからなってしまうことがあります。
この写真もそんな1枚。
香港の牛筋麺屋さんのよく行く3軒のうちのどっちかに違いないんだけど。
味は思い出せるんだけどなぁ。
おいしかったことは覚えているんだけどなぁ!!
そんな理由でブログに書けなくなることが、たまにあります。
でも、おいしかったので、もったいなくてアップしてみました。
by gigicocco | 2013-05-24 23:50 | 日々

博多のやわらかうどん

a0098948_2148325.jpg

博多には食べる気で行ってるので、さて、一食目はどうしようかなと。
食べる気まんまんなのに、お腹が空いて飛行機に乗る前にメンチカツサンド(水泳の北島選手のご実家の北島商店のもの)をいただいてしまい、まだそんなにお腹が空いてない・・・。
それならば、まずはお腹にやさしい、博多のやわらかうどんをいただきましょう。(食べるのは止めない)
地元では定番の因幡うどんです。
丸天うどんと迷ったけれど、ごぼ天うどんで。
人気が高いという、かしわおにぎりも1つ付けてもらって。
伊勢で食べたうどんもやわらかかったけど、博多のうどんは同じやわらかうどんでも少し歯ごたえが違うように思いました。
より、ふわっと、かるいような。
やさしく、するすると入っていきます。
お出汁はいりこと昆布中心のようで、いりこの香り強めの透明出汁。
・・・しみじみと、おいしい。
なぜだか懐かしさを感じました。
ごぼ天は、ごぼうのかき揚げかと思って注文したのですが、油っこくない天かすのかたまりの上にごぼうのスライスがいくつかのったもの、でした。
ごぼう好きなので、少しがっかりしたのですが、天ぷらなのに油っこくないのが不思議。
そして、時間がたつと、天ぷらにお出汁がしみて、これまたふわっふわになるのです。
お出汁を吸った、ふわっふわの天ぷらに、ふんわりとした麺と、やさしいお出汁。
ふわふわの、やさしい食べ物ですね~。
お出汁は薄味だし、飲みたいくらいなのですが、天ぷらがどんどんお出汁を吸ってしまい、飲める量が減ってしまうというのが誤算ではありました。
もちょっと、お出汁、飲みたかったわー。
そして、テーブルの上のドンブリにどっさり入った青ネギ入れ放題。
すばらしい・・・!
かしわおにぎりに付いてきた小皿の昆布煮が、薄味でおいしかった!
おそらく、出汁をとったあとの昆布をうす甘くサッと煮て、細く切ったもの。
やわらかくて、ぱくぱく食べられます。
身の厚い、立派な昆布で、お出汁のおいしさに納得です。
これで、ごぼ天うどん450円ですよっ!
かしわおにぎりは1つ100円。
うどんは地域によって歯ごたえやお出汁が違って、楽しい。
夕方の時間帯だったせいか、場所柄か、女性の1人客が多かったです。
by gigicocco | 2013-05-23 21:48 | 日本Japan
カラオケのジョイサウンドで、TMネットワークの「Get Wild」をかけると、懐かしの香港動画が見られます!
本人達のPVが香港で撮影されていて、それを本人映像としてジョイサウンドで流れてるんです。
香港の映像が急に流れてきてビックリして、コーフンしました!
もう、曲どころじゃない。
撮影場所は、中環~SOHO周辺、船でJUNBOレストラン、など。
約25年前の香港!
ぜんぜん、ちがーう!
夜景が暗ーい!
車とか服とか、レトロでかわいいー!
ファンの間では常識!らしいので、ネット検索したら動画サイトなどにもあるのかも?です。
当時の香港の人たちが、TMネットワークのことをぜんぜん知らないらしく、それゆえ、フツーの香港の様子が見られます。
もうちょっと、もう1回くらい、見たい。
コッソリ1人で行って、見てきちゃおうかしら。
by gigicocco | 2013-05-22 03:01 | 香港 Hong Kong