人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー

<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

a0098948_13443421.jpg

今日は晴れていい天気!です
九フェンに行きます。

<後日の追記>
ガイドブックには「ジュウフェン」と読み方が書いてあったのですが、実際には「ジュウフン」と言ったほうが通じやすいようでした。
この駅は、九フンのある駅の手前の駅です。
ホームの雰囲気とか、なんとなーく、日本と似てると思いませんか~?
九フンは山なので台北より寒いと聞いていたのですが、この日はとてもいい天気で、昼間はコートいらなかったな、と思ったくらいでした。
by gigicocco | 2013-02-17 13:44 | 台湾 Taiwan

台湾2日目

a0098948_22381298.jpg

昼間はけっこう温かで、いい陽気でした。
ジャンパーがあればOK!くらいの天気。
お正月料理などを食べることもなく、普通に過ごしています。
by gigicocco | 2013-02-16 22:38
a0098948_23113474.jpg

台湾はあまり寒くなくてありがたいです。
夜は冷えるのでコート必須。
お正月だからか、街は車も人もバイクも少なめ。

小籠包を食べましたよ。
高知という、上海料理のお店です。
すぐ近くにある超有名店の小籠包にも負けてないと思うのですが。
by gigicocco | 2013-02-15 23:11

久しぶりに台湾です

a0098948_540383.jpg

これから台湾です。
ノープランです。
素食と鍋が食べたいです。
by gigicocco | 2013-02-15 05:40

花粉はじまりました2013

a0098948_2105729.jpg

今年は本日より花粉症スタートです。
薬(今年もまだタウロミンで)は数日前から飲みはじめたところなので、セーフ?
もうちょっと早めのほうが良かっただろうから、アウトなのかも。
テレビCMで見た花粉カット眼鏡を買いました。
1万円以下なら欲しい…と思っていたら、度付きレンズに変更して9000円でした。
ナイスな値段設定ですね。
これはヒットするだろうから早く買いに行かなくちゃ!と思っていたんだけど、すでに店舗によっては売り切れの色なども出ているようですよ。
あんまりヒットして、みんな同じ眼鏡になったら困るなぁー。
by gigicocco | 2013-02-13 21:00
a0098948_1284272.jpg

香港の北角で行った強記飯店のチャーシュー丼。
おいしいんだけど、何か違和感。
まえに行った湾仔店の強記と、何か違和感が。
同じ名前の違う店?と思うほど。
気になったので、立て続けに湾仔店にも行ってチャーシュー丼を食べましたよ!
ほんと、私、こーゆーことはがんばるんですよ。
我ながら呆れるほどに。
そしたらね、やっぱり、ぜんぜん違う。
見た目もだけど、お肉の量も湾仔店のがボリュームあるし、そもそも使ってる肉質も違うんでは…?と思っちゃうくらいに味が違う。
私は湾仔店のが好みです。
香港は同じお店でも支店によって仕入れが違うこともあるらしいから、そういうかんじなのかな。
by gigicocco | 2013-02-12 01:28
a0098948_019423.jpg

2013年の春節(旧正月)は2月10日でしたね。
恭喜發財! (財産がたくさん増えますように!という、香港独特のお正月のあいさつ)
香港ならではのお正月の風物詩もたくさんあるのですが、私が興味があるもののひとつが利是封(ライシーフォン/お年玉袋)。
独特のチャイナちっくデザインがたまりません。
キッチュなものから、モダンなデザインまであって、見ているだけでも楽しいのです。
多い図案は、もちろん干支のもの(日本と一緒ですが、猪は豚になります)や、おめでたい文字の「福」や「喜喜(ダブルハッピネス)」、魚や古銭、牡丹などのおめでたい図案のものが多いかな。
あとは、陳さんや楊さん金さんなど、メジャーな名前だと初めから名前入りのものが売られています。(凝る人はオーダーしたりもする)
色は赤地に金の箔押しが圧倒的に多いですが、最近はいろいろなデザインがありますね。
多彩で日本にはないデザインが楽しくて、あげる予定もないのに、ついつい買ってしまう・・・。
私の名前はそれほどメジャーではないけれども、チャイナでも使う名前らしく、名前の一文字が使われたお年玉袋を買うことができたんですよ~。
ラッキーです。
だけど、なかなかお年玉袋として使うチャンスはなくて、普通に小さな封筒として使うことが多いです。
ゴールドの箔押し名前の文字入り封筒なんて、いいでしょ。
香港じゃ普通だけど、日本で見るとアホらしく派手で良いのです。
香港では家族だけでなく、近所の子、マンションの管理人さん、部下、行きつけのお店の方などにも渡すのですが、これはけっこう重要なことのようです。
一度、たまたま春節に香港に滞在していたので、たまに行くレストランの方にお年玉を渡したら、とても喜ばれ、かつ、それ以降、常連ぽく扱ってくれるようになったのです。
それまでは、たまに来る日本人客というかんじだったのに、一気に。
お年玉の額は20HK$(200円くらい)とかだったと思うのですが、新年のあいさつをして(広東語だとより喜ばれるけど、外国人だからHappy New Year!でも良い)、お年玉を渡すだけで、それまでとは変わっちゃうんですね。
ちなみに、お年玉の額は様々です。
顔見知り程度なら20HK$で大丈夫、と聞いたのでね。
10HK$札も存在するからアリだけど、ケチ!と思うって言われたので。
新札は持ってなかったので、普通に手持ちの札で。
常連らしきオジサマがお店の方に渡していたので、マネしてみたのです。
それでも、すごーく、大歓迎でしたよ。
外国人だし、もらえると思わなかったんじゃないかなー?
お店の方全員に渡すことはできなかったので、使った額は1000円ちょっとくらいだったと思うので、それなら渡したほうがいいな!と思いました。
毎年渡せるわけじゃないし、その後、予約やなんかがとてもスムーズになるので。
なにより、とても喜んでくれるしね!
by gigicocco | 2013-02-10 23:19 | 香港 Hong Kong
a0098948_245419.jpg

シンガポールに行った時、食べたインド料理が辛くてびっくりしたのです。
おいしいから食べちゃうんだけど、何しろ辛かった。
シンガポールには南インド系が多いとガイドブックには書いてあったんだけど、日本で食べた南インド料理より、そうとう辛い。
今まで食べてきた日本の南インド料理は、日本の味に合わせてあったのか?という疑問がわいてきました。
確認しなくてはという気持ちもあって、南インドそのままの味という東銀座のお店に行きました。
ひととおり食べてみたくてターリー(定食)に。
あっさりしてるけど、味良く、香り高く、おいしいインド料理でした!
そして辛さは、ちょっと辛いけど、大丈夫。
やっぱり、シンガポールが辛いんだよー!
あー、わかってスッキリした。
こちらの南インド料理は、家庭料理に近いものを意識的に提供しているそうですが、シェフは皆、インドの5ッ星ホテル出身ということで、なるほどの味のバランスの良さなんですよね。
私はお肉のターリーにしたのでカレーが2種選べたので、チキンのココナッツカレーと羊カレーにしました。
チキンのココナッツカレーはマイルドで食べやすいし、羊カレーは濃い色で、ビーフカレーのような味(他のカレーで表現しちゃいました)で、どちらもご飯に良く合う。
そして羊は体が温まりますね!
野菜炒めのポリヤルや、レモンの漬け物もおいしーい。
南インドの酸っぱ辛いタマリンドのスープもだーい好き。
それとは別に、トマトのスープが最初に出てきて、ニンニクの香りとトマトの酸味が食欲を掻き立てるのです。
そして食後はピスタチオアイス(あと、ココナッツとマンゴーもあった)とチャイ。
体ホカホカ、お腹パンパンです。
あー、南インド料理の辛さの謎も解けたし、おいしかったので満足です。
次はターリーでなく、単品注文しよう。

ダルマサーガラ
by gigicocco | 2013-02-10 02:04
a0098948_440413.jpg
香港のIFCモールでなんとなーく入って食べたランチ飲茶がとても立派でおいしかったので、夜にもきちんと行ってみたいなぁと思っていました。
そのチャンスがやってきて、同じIFCモールのお店ではなく、九龍サイドのお店だったのですが、ホテルの中のお店なので、内装ゴージャスで薄暗くて、西洋人の多め。
お味はやはり納得のおいしさで、あっさり上品で、クセもなく、これなら香港料理になれていない方でも安心して食べられるでしょうね。
どの料理も安定しておいしかったのですが、野菜料理も食べよう、くらいで注文したモヤシ炒めがバツグンにおいしくてびっくり。
モヤシ炒めですよ!?
ただモヤシを炒めただけでなく、薄焼き卵の細切りでコクを出したり、ナッツでカリカリの食感や香りを出してリズムを出したりしていて、味も香りも深みがあるのです。
そして、時間がたってもモヤシはべちゃっとしないのです。
さすがですね~。
あと、魚のすり身ボールのつけだれで出てきた、シジミを発酵させたソースがすごーく、おいしかった!
味が深くて、きっと丁寧に作られたんだな、というのがよくわかります。
もちろん、他のお料理も、鶏の丸焼きも、炒飯もあっさりと食べやすく、おいしかったです。
メニューは定番の香港料理を現代風に、高級にアレンジしたものといった風で、薄味、油少なめで、とても食べやすくおいしい料理でした。

國金軒
by gigicocco | 2013-02-08 23:41 | 香港 Hong Kong
a0098948_1515077.jpg

香港の湾仔で、お目当てのお店が予想に反して休みで(香港の飲食店はお正月以外は無休のところが多い)、困ったなとウロウロしていると、焼味(ロースト肉)屋さんの強記(日本人の多くはツヨキと呼んでるとみた)があったので入りました。
オーソドックスなチャーシューと目玉焼きのっけご飯です。
写真だとお肉は目玉焼きに隠れて見えないのですが〜。
片面焼きの目玉焼きをくるっとひっくり返してお肉の上にのせるので、食べようと目玉焼きを崩すと、黄身がとろりと直接お肉にのっかるんです。(通常の黄身が上ののせ方だと、白身の上を流れてはじっこにたれてしまう)
見た目よりも味を優先させた、質実剛健なスタイルです。
目玉焼きは黄身はトロトロのままなので、お肉とご飯に甘辛タレと黄身がからむという、絶対においしい食べ方。
レンゲでわっしわっしと食べたい。

強記 北角店
by gigicocco | 2013-02-07 15:15 | 香港 Hong Kong