旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a0098948_19175931.jpg
疲れたらどこにいてもゆったりと座ってでお茶したい。
香港でも、そうしてます。
アプレイチャウ(鴨利洲)の家具屋さんの片隅で営業しているカフェが好きで、近くに行ったときにはよく寄ります。
家具屋さんだから天井は高く、スペースも広いし、たいてい空いてるし、ほっといてくれるし、静かで、落ち着きます。
ソファの色と、クッションの色の組み合わせもいいなぁ。
a0098948_19284626.jpg
明け放れた窓の外には、海と空と島。
いい眺めです。
こんなところでのんびりとお茶していると、ここはどこだっけ?という気分になります。
a0098948_19314173.jpg
だけど、目線をふと変えれば、やっぱり、たっぷり香港です。
このときはお正月シーズンだったので、お正月飾りがあったり、赤い小物が多めだったりして、より香港ぽいかんじ。
あと、私の注文した紅茶はティーバックなので安定した味なのですが、ツレが注文したコーヒーはおいしくなく、それも香港っぽいの。
最近はおいしいコーヒー屋さんも増えた香港ですが、まだまだありますよ、おいしくないコーヒーの場合が。
あ~、香港!と思うのでした。
by gigicocco | 2012-04-30 19:35 | 香港 Hong Kong

上野のお山散歩とうどん

a0098948_040853.jpg
「上野のお山にとびきりのうどん屋さんができたよ」→「上野のお山においしいうどん屋があって、売り切れ仕舞いで行列ができてるんだよ」と時間が経つにつれ、ウワサも変化してしまうくらい、なかなか行けなかったうどん屋さんにやっとこさランチに行ってきました
本当に行列ができてるんですね
1時すぎくらいに行ったら並ぶ時間は少なくてすむみたいだけど、ラストオーダーと品切れに注意かな
大盛りざるうどんが本当に大盛りだったんですが、ついついおいしさのあまり食べてしまいました
食感はもちろん、粉の香りと味が良いです
大盛りを注文すると、ネギも大盛りでウレシイ
ツユは塩しっかりなのですが、おいしいな
蕎麦屋さんで蕎麦湯を足してツユがのめるように、うどん屋さんもそうしてくれたらいいのになぁなんて思ったり
別注文の野菜の天ぷらもおいしかった!
衣はカラリと、野菜は風味豊かで、良い野菜
今度は時間がかかっても細麺うどんも食べてみたいな
このお店の周辺は、谷根千と呼ばれる人気のエリアなので、うどんの後は、お散歩に最適
猫も多いエリアなので、猫遭遇率も高くて楽しいです

釜竹
by gigicocco | 2012-04-29 23:40 | 東京 Tokyo
a0098948_20154952.jpg

シドニーのレストラン(カフェでも)でガス入りのお水を注文すると、かなりの確率でサンペログリーノが出てきます
3月(2012年)のシドニーで飲んだサンペログリーノは全て、ブルガリの宝石エチケット!
これ、ゴージャスでテンション上がる!
エチケットが変わるだけで、こんなに気分が変わるのかと。
日本に戻ってネットで確認してみると、イタリアではもちろん、発売されたらしい
日本でもちょこっと去年の秋に販売されたらしい?けど、どこで販売されたのか、いくらで販売されたのかさえ不明で。
飲食店の方に聞いてみると、存在すら知らなかった。
こりゃ、シドニーでは当然のように出てきていたけど、日本ではほとんど販売されていないのだな・・・
銀座のブルガリ・バーでは供されたのだろうか?
シドニーじゃ、値段もいつも通りだったから、少なくとも飲食店にはごくフツーに卸されていたのでは
日本でも普通に売ればいいのに〜
せめて、+100〜200円で、飲食店だけに卸すとか
ほんとにすてきだったから、気持ち良く飲めたし、ブルガリの定番デザインもやっぱりすごいなって思ったよ
by gigicocco | 2012-04-28 20:15 | オーストラリア Australia

鎌倉ビギナーらしく

a0098948_2222548.jpg
土曜の夜に鎌倉を通りかかったので、食事くらいして帰ろうか、と。
だけど、すでにラストオーダーだったり、混んでいて待たなくちゃだったりして、なかなか(観光客が行くような)ちょうど良いお店は少なく、かといって、駅からはあまり離れたくない気分。
・・・となったら、やはり駅前の鳩サブレーのお店、豊島屋でしょう!
1階はかわいい鳩モチーフの和菓子屋さん、2階はフルーツバーラー、3階はお食事処。
3階にあがって「一口かさね三段重」をいただきました。
三段重の種類はメニューの中から選べるのですが、品切れや取り扱い終了(?)が多く、とろろ、いくら、きじ焼き(豚)にしました。
味付けは全体的に濃いめかなと思いますが、おいしいおみそ汁と小鉢の付いた、上品なお膳でした。
イクラは予想よりもたっぷりのっていて、焼きたてのきじ焼きもしっかりした甘辛味で、ご飯がすすみます。
客層は「昔からココに通ってます」といった風の方ばかりで、落ち着いた雰囲気です。
食事をしただけだったのですが、鎌倉観光をしたような気分になりました。
こういうベタなお店は、一回は行ってみたいものなのだ。
by gigicocco | 2012-04-27 22:02 | 日本Japan
a0098948_155627.jpg
ミラノにはマルペンサ空港とリナーテ空港がある。
私はリナーテ空港のすぐ近くに滞在していて、帰りの飛行機はマルペンサ空港出発でした。
このときはかなり荷物が多かったし、滞在先のホテルからはマルペンサ空港までのバスもなかったし(リナーテまでならあった)、タクシーを使いました。
リナーテ-マルペンサ間をタクシー移動しないとだけど、どうしよう?と困っている方がいらしたので、少しでもご参考になればと思います。(2009年の情報ですが)
リナーテ-マルペンサ間は、ほぼ高速道路で一直線で行けました。
だけど、私が乗った日は交通事故の影響があったようで、大渋滞。(日曜の午前中という時間帯が影響したのかは不明)
1時間もあれば余裕で到着するだろうと思っていたのですが、1時間半すぎても到着せず。
交通渋滞を超えても、空港に入る道がそもそも、すごーく混んでいて(車線が少ない上、あまり守られてないみたいでした)、目の前に空港の建物が見えているのに近づかない!
歩いたほうが早いくらいだったけど、重いトランク2つを石畳の上を転がして歩く自信がなかった。
空港の玄関近くまでタクシーがなんとか到着しても、かなり外側の車線だったので、タクシーの運転手さんが荷物を運んでくれました・・・。(助かった!)
所要時間は、渋滞にはまりまくって1時間45分くらいかかってしまいました。
そしてタクシー料金は、あまりにも渋滞して車が動かないから、タクシーの運転手さんが同情してくれて、空港敷地内に入ったらメーターを止めてくれたんです。(今思うと、値引き交渉したらしてくれたのだろうけど、運転手さんは英語がわからないし、私はイタリア語が話せないし、時間も押していたから早くチェックインしなくちゃ!という気持ちのほうが強かった、現に空港では行列に並ぶ以外はずっとダッシュ)
それでも95ユーロくらいしました。
今、考えてもタクシー代95ユーロは高い。
リナーテ空港まで行って、そこからマルペンサ空港行きのバスに乗ったらもっとずっと安かったはずだし。(でも、バスだったら渋滞は同じはず)
でもね、そのときはほんと、他に移動の手段がなくって。
送ってくれる知り合いがいるわけでなく、空港行きのバスが出る街まで行くのも地下鉄か、バスの乗り換えが必要だし。
荷物があるから、街まで出るにもタクシーは使うわけですし。
街まで出るのにタクシー代だけで30ユーロ以上だそうですし。
で、発想の転換をしたんです。
このタクシー代100ユーロは(荷物も持ってもらったので、お礼もした)「旅の移動費」として、飛行機代に盛り込んで考えよう、と。
飛行機代って、安いの買えた!と思っても、後になってさらに1~2万円くらい安いチケットをみつけたりするでしょう?
そういうふうに、変動する「旅の移動費」と思うことにしたんです。
だから、そこらへんは置いといて。
ミラノの、リナーテ空港(正しくはリナーテのすぐ近くの町から)から、マルペンサ空港までのタクシー移動は、かかった時間は1時間40分。
かかった料金は(大渋滞にはまって)100ユーロでした。
渋滞にはまってなかったら、時間も料金も半分以下だったと思いますよ。
でもね、もしかしたら渋滞もしょっちゅうおきてるのかも?とも思うんですよ。
空港に入る道や、空港の敷地内でも車がぜんぜん動かなかったから。
そこらへんは不明なのですが、参考になりましたでしょうか?
そうそう、追記といたしまして、タクシーの運転手さんが助手席にお子さんを乗せていました。
小さな男の子。
日曜日だし、空港まで行くので、ついてきたのでしょうね。
おとなしく座っていましたよ。
by gigicocco | 2012-04-26 01:35 | イタリア Itaria

築地で刺身ランチ

a0098948_23325371.jpg

築地に行くと、市場が年数回だけある水曜休みの日。
場外の一部のお店は営業していたので、築地食堂で豪華ランチ。
贅沢なちらし寿司を。
おおぶりの刺身が酢飯の上にのっていて、さらに別皿でイクラが添えられているので、最後にイクラをどっとのせてイクラ丼に。
定食屋さんなので、この他にもおかずが付きます。
レンコンと練り物の煮物、しっかりした固さの木綿豆腐の冷や奴、薄味の漬け物、おいしいみそ汁。
ツレはさらにゴージャスに、ごくたまに登場する、生マグロ丼(赤身、中トロ、大トロ)を食べていたのですが、すご~くいいマグロでした。
「このレベルの大トロを銀座の寿司屋さんで食べたら1カンの値段では!?」とすら思いました。
さすがです、さすが、築地の人気店です。
12時すぎには近所の常連の方でいっぱいになって、列ができるほど。
ここは焼き魚定食もおいしいんだよなぁ。
サッと注文してサッと食べるお店なので、食後のコーヒーは別のお店で。
by gigicocco | 2012-04-25 23:32 | 東京 Tokyo
a0098948_1829284.jpg
シドニーのカフェソプラで食後のコーヒーはいただかず、他のお店に移動することに。
土曜日ということもあって、お店に入れず待っている人がさらに増えているようですし。
空港から直行で来ているから、ゆったり座って、ゆっくりしたい気分。
お店を出て、数軒となりのカフェに入ることに。
フレンチ系のカフェに入りたかったけど、店内に入ったとたん、ものすごいフランスの香りで(バターとかミルク系のいい香り)、満腹状態のため、あきらめる。(香りだけでお腹いっぱい・・・)
ここはまた今度にして、そのときにはキッシュを食べよう・・・。(マダムの食べていたキッシュがおいしそうだった)
どこに入ろうかとお店を物色しているうちに雨が降ってきたので、ちょうど席の空いたカフェに入りました。
お店の入り口の外席も空いていたけど、雨が降ってきたので、店内のソファ席に。
コーヒーはフラットホワイト(ミルク入りコーヒー)を。
カフェに入って、フラットホワイトを飲んでいると「あ~!シドニー!!」って気分になってきます。
コーヒーが好きになったのはシドニーから、ということもあって、シドニーのコーヒー、好きなんです。
お腹いっぱいじゃなきゃ、ボリュームたっぷりのハンバーガー、おいしそうだったなぁ。
a0098948_18294936.jpg
店内もすてきだったけど、トイレの大胆な壁紙と、飾られた濃いピンクの花が印象的。
こうやって見るとすてきだけど、こういう壁紙って、いざとなったら自分じゃ選べないような気がする。
オーストラリアのすてきなカフェやレストランに行くと、トイレもかなりの確率ですてきです。
ちなみに、このお店のすぐ斜め向かいがDansk st Depoのカフェなのですが、ここもすんごい行列でしたよー!
人気店ですからね~。
by gigicocco | 2012-04-24 18:40 | オーストラリア Australia
a0098948_1612333.jpg
香港で本格的においしい麺・粥屋さんに行ったのは羅富記が初めてだったので、定期的に食べたくなるし、懐かしさすら感じるようになりました。
2月に香港に行ったとき、寄ろうとしたら工事中で(お正月前後に工事を済ませるお店は多い)入れず。
数日後に行ったら入れました。
どうやらお店の奥のトイレや勝手口のあたりを改装して、席数を増やしたらしい。(トイレは隣のビルに借りるんですって)
店内はすごく混んでいたけど、一人だったし、一番手前の席に座らせてもらいました。
香港の雲呑麺の味が変化してきているように感じたので、ここにも確認に来たので、もちろん雲呑麺を注文。
雲呑麺以外にも、何か小皿料理を注文しよう、とピータンを注文しました。
ピータンを甘酢生姜付きでね、と追加注文したのですが、どーも、オジサンにあまり通じてないらしい・・・ピータンだよ、皮蛋!と言っていると、あっ!わかった!という顔になり、オーダーが通じてホッ。
先にやってきた雲呑麺は、やはり、スープ、色がうすく、上品になってる気がする・・・。
麺もバリバリの固さじゃなく、ほんのり柔らかめになってるよーな・・・こっちのがもっちりして、日本人にはおいしく感じるので、いいんですけどね。
羅富記の雲呑麺は定期的に行ってるし、ブログを始めてからは写真も撮っているので、興味のある方は見比べてみてください。
ね、スープの色薄くなってると思いません?
透明度も上がってるし。(早い時間に行くと、スープがまだ薄いことはありましたが、この日は夜に行っているので、夜でも薄かった。SOHO店のほうが薄めのように思うのですが、こちらは本店です)
変わっても味はあいかわらずおいしいし、羅富記の味の特徴はそのままなので、ご安心を。
ただ、雲呑は一回り小さくなった気がします。(香港、物価高中だから)
a0098948_1613389.jpg
そんなことを考えながら、食べたり写真をとったりしていると、ピータンと豚肉のお粥が運ばれて来ました!
普通に1品料理としてのピータンを注文したつもりが、ピータン粥で通っていた!らしい。
さすがに一人で両方は多いよ~!
私このとき、なぜか他のお店でも注文間違い連発していたんですよね・・・香港滞在がヘタになった(?!)のかも。
オジサンは私がピータン粥を注文したと思ったのね・・・。
雲呑麺+ピータン粥って、観光客がマストで注文する2つだから、私も両方食べてみたいんだろうと思ったのだろうなぁ。
運んできてくれたオジサンもとてもうれしげで、誇らしげでした「ウチのうまいもん撮ってくれ!」てなかんじです。
羅富記なんて有名店なのだから、観光客もたいして珍しくないでしょうに。
期待に応えて(?)大げさに多めに写真を撮ってから、麺と粥を平行して食べました。
羅富記の粥は、少し塩が強めだなとは思いますが、やっぱりおいしいです。
お粥を炊いてるスープがいいんだよなぁ。
とんこつスープのような、白濁したスープのコクのようなものがあって。
でも、さすがに麺と粥の両方を全部は無理だ~。
残念ながら、かなり残してしまいました。
でも、おいしかったし、オジサンがよろこんでくれたから、ま、いっか。
by gigicocco | 2012-04-23 16:15 | 香港 Hong Kong
a0098948_20155567.jpg
今年は久しぶりにサロン・ド・ショコラ(東京)に行きました。(なんてことを今頃ブログに書いてるの、私くらいだろうな~)
そこでふんぱつして買ったチョコレート。
さすがにお値段だけあって、おいしかったけど、サロン・ド・ショコラが今はこんなことになっているのか!とそっちのほうにショーゲキが。
ショコラティエの方がヨーロッパからやってきていて、サイン会みたいになっていたんですよー!
1月のイベントだったのだけれど、皆、きちんとバレンタインまで保つような消費期限に、しっかり設定してありますし。
そりゃ、そうだけど・・・せっかくヨーロッパから直送してるなら(日本で作ってるのももちろんある)、フレッシュなのも、もっと買えるといいのにー。
チョコレートのデコレーションも表面プリントだったりと、カラフルで見栄え良いものがたくさん。
会場スペースは小さくて、通路もかなり狭いので、必然的にぎゅうぎゅうで、バーゲン会場みたい・・・。
チョコレートは大好きだけど、今はチョコレートショップもたくさんあるし、そっちで買うのがいいなぁ。
高級品はゆったり買いたい。
by gigicocco | 2012-04-22 20:25 | 東京 Tokyo
a0098948_2595898.jpg
香港で昼間、あれやこれやと用事を済まし、さらに夕方以降もアレもコレもと欲張っているうちに、ご飯屋さんが閉まる時間に。
香港のお正月の時期だったので、場所柄か、お休みや早じまいのお店が多かったのです。
どうしようかと歩いていると、何回か入ってフォーを食べたことのあるベトナム料理屋さんがまだ営業していたので、そこで食べることにしました。
いつもと違うメニューを食べてみようと、ご飯メニューから、豚肉の炒め物がのったご飯プレートと、生春巻き、ドリンクはライムミントソーダ。
豚肉炒めはカリッと炒められていてお味は悪くなかったのですが、脂多め、ご飯山盛り。
生春巻きはかなり巨大で、太巻き寿司よりもひとまわり小さいくらいかな。
中の具は春雨多めで、お腹にたまるタイプ。
a0098948_304432.jpg
やっぱりフォーにしたら良かったかな・・・ちょこちよこウエスタン系の方がベトナムサンドイッチをテイクアウトに来てるから、そっちも良かったのかな・・・などと思いながら、もくもくと食べました。
ご飯と生春巻きは食べきれずに残してしまいました。
ライムミントソーダは、コップに氷とライム、ミント、砂糖を入れて、缶入りソーダ水を添えて出してくれます。
ソーダ水を自分でコップにそそぎ、よくまぜていただきます。
香港式レモンティーをそうするように、初めはソーダをちょこっとだけ注いで、ストローでライムとミントをよーく潰しました。(ライムは手で搾ったほうがいいんだけど、コップの下のほうのは届かないので)
潰さないと、ほぼ、ただのソーダ水なので。
氷がガシャガシャとうるさいかなぁとも思ったけど、レモンティーなら皆、やってることなので、香港人は気にしないだろうと、続行。
フレッシュミントのたっぷり入ったカクテルのモヒートが好物なので、これもけっこうスキなんですよね。
by gigicocco | 2012-04-21 03:14 | 香港 Hong Kong