人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

香港のSOHOバー

a0098948_419572.jpg
ヒルサイドエスカレーター脇の、すごーくすごーく、オシャレなバーなのに、建物の向かいは「昔ながらの香港」!
このパターン、大好きなんですよね~。
「香港!」てかんじがするの。
このギャップがすばらしい・・・ここの向かいのビルだけはあまり開発せず、このままずっと香港人の老夫婦に住んでいてほしい・・・。
このオシャレバーはオージー系らしく、テレビに映っているのはラグビー試合、ビールはBV、ワインはもちろん、オーストラリア豊富で。
by gigicocco | 2011-09-09 23:48 | 香港 Hong Kong
a0098948_3101524.jpg
返還前には連日、外国人(西洋系)でいっぱいだった「香港の六本木」ランカイフォンですが、ちかごろはめっきり人も少なめです。
前はランカイフォンしかない!かんじだったけど、今はSOHOだったり、ナッツフォードテラスだったり、湾仔周辺だったりと、外国人が集うエリアが増えましたしね。
今、目立つのは、むしろ観光客。
主に大陸からいらしたお客様方がぐるりとランカイフォンを一周して、記念写真を撮ったりしています。
この場所はちょうど、ランカイフォンの看板が建ってて撮影スポットです。
a0098948_3105727.jpg
ランカイフォン周辺も整備され、すいぶんきれいになりましたしね。
前はもっと道もボコボコだったし、そこをリヤカーにゴミを積んで移動する光景をよく見かけたものでした。
車が入れないエリアですから、リヤカー必須です。
久しぶりに、リヤカー使用の方を見かけたので、パチリと。
ゴミではなく、氷をお店に配達中なのですね。
バーとか多いですし、氷屋さんは香港ではメジャーな存在です。
by gigicocco | 2011-09-08 14:54 | 香港 Hong Kong
a0098948_1250982.jpg
サン・ジャン・ド・リュズのビーチをずーっと歩いて行った先に、ピンク色のかわいいホテルがありました。
おなかいっぱいランチ+ワインだったこともあり、怠惰な気分になり、ここでも一休みさせてもらうことにしました。
ビーチ側から、ホテルのカフェへおじゃまします。
a0098948_136630.jpg
ホテルの外観もかわいかったけど、店内もすご~く、かわいい。
店内はほどよく涼しかったので、温かいお茶を。
かわいらしい薔薇もようのティーセットにプチフール(小菓子)のおまけつき。
a0098948_1394116.jpg
私たちが行ったときは、たまたま他のお客さんもいませんでしたから、窓際のゆったりソファの席に座らせてもらいました。(後から他のお客さんが次々とやってきましたが、みなさん、お外の席がお好みの様子)
a0098948_1421374.jpg店内はすご~くかわいい&ゴージャス!だったんですが、あんまり写真は撮れてないのですが、ちょっとだけ。
・・・怠惰な気分だったから。
ゆったり、ゆったり、外をながめながら、お茶の時間です。
カーペットは赤だし、カーテンやソファカバーもローズピンクだったり紫だったりとかなり派手なんだけど、なぜかかわいかったんだよなぁ。(ちょっと重苦しくはあったけど、ヨーロッパの古いインテリアはそんなかんじ)
店内もお手洗いも、どちらもかわいかったですよ~。
洗面台の脚が真っ白な木だったりして、細部がね。
洗面台の下が収納になってないのって、いいなぁ。
おしゃれ度200%アップってかんじ。
かわいいんだけど、全体的には彫像が置いてあったり、シャンデリアがあったり、要所要所に金色を使ったり、油絵がたくさん飾ってあったりと、ゴージャス。
カフェのサービスの方も燕尾服だったりしてゴージャスだから、トイレおばさん(トイレでいろいろ世話をやいてくれる人、チップがいることも)がいるかも?とドキドキしましたが、大丈夫でした。
店内があまりにもゴージャスなので、ちょっと緊張するかも?と思ったのですが、ほどよくほっといてくれて、居心地が良かったです。
a0098948_142342.jpg写真はあんまり撮らなかったけど、ホテルの名前はチェックしておかなくっちゃ。
ふーん、ローズホテルっていうんだー。
ホテルの外観もピンクだし、カフェのティーポットも薔薇もようだからぴったりだね!!と思った記憶なのですが、間違ってたみたい。
もしかしたらここ、grand hotel saint-jean-de-luzなのでは。
こじんまりとしてるけど、たぶんここがサン・ジャン・ド・リュズ中心地では、いちばんのホテルなのだと思う。
私は海側(つまりバルコニー)から入って、海側から出たので、ホテルの正面玄関を見ていないのです。
あ、もちろん、ここには泊まってません。(予算オーバー!)
バカンスの時期だったので、混んでるし、全体的にホテルは高めだったです。
週末はよりいっそう高くなるので、週中に私たちは行ったので、なんとかなりました。
なんせ1泊しかしていないので、たまたま1日、1室だけ空いているようなホテルの安めに出している部屋に泊まれたの。
by gigicocco | 2011-09-07 04:45 | バスク Basque
a0098948_2261493.jpg
日曜日の早朝に目が覚めて、江の島周辺にいたもんだから、江ノ電にのって、ビルズに行きました。
ここのビルズに行くのは2回目です。
だけどね、まだまだ、すっごーい混んでるんですね。
1時間以上待ち。
ふたたび、江ノ電にのって、江の島あたりで時間をつぶしてきて、ようやっとビルズに入れたのでした。
すごいね!シドニー店よりもずっと混んでる!!
私が飲食店オーナーなら、このすぐ近くにカフェつくるわ~。
ビルズの待ち時間に、たくさんの人が入っちゃうと思うわ~。
a0098948_2263229.jpg
シドニーでリコッタパンケーキを食べて間もなかったから、スクランブルエッグとコーンフリッターにしておきました。
リコッタパンケーキとスクランブルエッグ、コーンフリッターの3種類をシェアして、全制覇してる人も多かったですよー。
かなりゴーカな朝ごはんですよね~。
こんなに混んでなくて、もう少しリーズナブルだったら、また行きたいと思うんだけどな~。
料理はどれもレシピ公開してるんだし・・・。
平日の昼間、あまり混んでなさそうなときに、お茶だけしに行こうかな。
by gigicocco | 2011-09-06 22:16 | 日本Japan
a0098948_0561285.jpg
たしかに、食べやすい洗練された広東料理と、ゴージャスな店内。
料理もひととおり高級料理がそろっているし、味付けも上品。
フカヒレも立派だし、フカヒレがひたっているスープも良い。
香港のフカヒレは高級店ほど1本1本ほぐしてあるように思うのですが、日本ではそのままのほうが多いですよね。
夜に行くのは勇気がいったので、ランチ(ランチも勇気はいった、フカヒレ食べるつもりだったし)で行ったのですが、かなり満足。
こんな立派なフカヒレを食べたのは久しぶり・・・香港でもフカヒレは高級料理なので。
by gigicocco | 2011-09-05 22:02 | 東京 Tokyo

自動モップかけロボット

a0098948_2328205.jpg
勝手に掃除機をかけてくれるという、あの、夢の家電ありますよね。
しかも自分で充電器のところまで帰ってくれるという・・・。
ほしいかと聞かれれば、ほしいにきまってるアレです。
でもアレってば、価格がね・・・かなり勇気がいる。
実物は思ったよりも大きいし・・・。
それに、本当にわが家に必要かも、よくわからない。
だって、アレってば「広い床面」のある家でないとね、無用の長物では?
それで、うんと安い類似品(?)を買ってみました。
お値段は数千円程度と、おもちゃ感覚の「ロボモップ」。
これは掃除機ではなくて、勝手にモップをかけてくれるんです。
「ロボット」は言い過ぎかなと思うけど、これがなかなか、良くって。
私がモップをかけるよりキレイになるよ。
私がモップかけすると、歩く振動でホコリも動いてしまうけど、コレならすいーっとホコリがとれるみたい。
UFO型デザインもチープでカワイイ、とも思う。(好みでないんだけど)
いちおう、キティちゃんモデル(色が赤)です。
定番型は黒だったので、黒はなんかね、黒い虫が床を這っているイメージがして、パスしたんです。
動きも不器用なかんじで、ケナゲでね。
近頃では情も移ってきてしまって、もう今さら高価でハイテクで、みんなのアコガレのアレを買うのは気が引ける(ダレ対して!?)くらい。
まわりのUFO部分はペラペラのプラスチックだから、壁や家具に当たっても問題ないし、テキトーに方向転換します。
コレが働いてる最中は、間違って踏んでしまわないようにちょっと注意。
お値段も手頃だし、ウン、私は別にコレくらいでいいな。
by gigicocco | 2011-09-04 23:36 | zakka
a0098948_23250100.jpg
いわずもがな、というくらい有名なマルディグラです。
もちろん、私も好き。
いろいろなお料理が一口づつ食べられる、ピンチョス。
しかも、ちょこっと、じゃなくて、それが大盛り!
何種類もの料理を盛り合わせているので、すごく楽しい。
お肉も入っているから、この時点で、赤ワインをぐいぐい。
お肉料理のお店として有名だけど、鍋ごと出てくる野菜のココット(鍋)もおいしかったですよー。
元気な野菜がたっぷり食べられました。
a0098948_23252495.jpg
このときはジビエがあったので、お願いしました。
すばらしい焼き色と、野性味あふれる味でした。
場所柄か、思ったよりも若い方が多かったですね。
まぁ、お肉料理で有名だから、若い男性好みですよね。
銀座にスーツでお勤めのヤンエグ(笑)がた~くさん。
そっち系の男性がお好みの方も楽しめるかと。
a0098948_2326010.jpg
デザートはフラン(プリン)とフォンダンショコラ(温かいチョコレートケーキ)をいただいたのですが、どちらもすっごく好み!な味でした。
フランは固く、しっかりぷるん!で、カラメルソースは苦みを感じるくらい、ギリギリまで焦がしてあって。
フォンダンショコラもしっかりチョコレート味で甘すぎず、表面はしっかり焼いてあり、かなり好み。
どちらも大人のデザートで、食後のエスプレッソコーヒーとぴったりでした。

マルディグラ
by gigicocco | 2011-09-03 18:27 | 東京 Tokyo
a0098948_1755232.jpg
フランス発祥のものなのに、なぜか香港で定着したミント(ハッカ)水
使用方法はいろいろとあるようですが、私はシンプルにお水に1~2滴入れて、ミント水にして飲んでいます。
ミントの香りでスキッ!とします。
暑~い時期、ペットボトルの水を持ち歩くときに、腐敗防止に入れたりね。
ミントのおかげでさわやかになって、ぬるい水も飲みやすく。
市販されている、このミントウォーターとそっくり!な味に仕上がります。
香港でもレトロな一品のようで、近頃は取り扱い店も減っているように思うのですが、いったん定着したものって強いですね。
まだまだ、ちょこちょこと売られていて、瓶のエチケットも、箱の中の取り扱い説明書(香港オリジナル)のイラストもレトロでかわいいので、好んで香港で買うおみやげです。
もともとはフランスの商品なのに、ずーっとフランスでは見たことがなかったのですが、パリの中華街の地味な薬局でみつけましたよ!(チャイニーズ系に人気?)
エチケットは同じだけど、瓶の形が違う!
香港版は普通の円柱型の瓶なのですが、本家・フランス版では四角なんですね!
これまた、かわいいな!
サイズも大と小と2つあったよ。
みつけられたことがうれしくて、2つともほしくなったけど、小さいほうだけにしておく。(私も大人になったもんである)
味の違いはわかりませんでしたから、同じものと考えて良いでしょう。
お値段は、香港で買ったほうがお得でしたよ~。
同じものが2つだけど、丸と四角、香港版とフランス版。
両方が今、わが家で並んでいることが、ものすご~く、うれしいの。
by gigicocco | 2011-09-02 20:16 | zakka
a0098948_12193436.jpg
シーリングファンがほしいなと、ずっと思いつつも、ぐずぐずしてたのですが、節電もあり今年こそ買おう!と決意し、ブログにも宣言してみました。
調べていくうちにずいぶん迷ってしまったんですが、ようやく買いました。
暑い盛りにも買って良かったなぁ、と思いましたが、近頃のような、少し暑さが落ち着いているようなときにも、同じように良かったなぁと思います。
風が動くので、熱がたまらないといいますか。
住宅事情で風通し良くできないので、ファンが風を起こしてくれると、ずいぶん改善します。
扇風機が天井に付いてるようなものだけど、扇風機より大きく、部屋全体の空気を動かすので、扇風機のように風が当たっているところだけが涼しいというわけではないんです。
なんとなく、いつも風がゆるかやに吹いているような状態といいますか。
心地いいです。
大きくいうと、国内メーカーのものか、海外メーカーのものか、どちらにするのか迷っていたんですが、結局は海外メーカーのものに決めました。

◆私が迷ったメリットとデメリット(間違いはあるかもしれませんが)

◇国内メーカーが販売してるもの
・全体的に風が弱く、夏を過ごしやすくする点より、冬の暖房効率を良くすることを重視してるみたい
・価格帯が安く、設置料・送料込みで3万円以下のものもある(でもこれくらいだと、実用よりもインテリア重視だと思う、買うとしたら、もう少し高いものにしないとダメだな、と思った)
・実物を大型電気屋さんや、ショールームで見られる(全商品ではない)
・好みのデザインがあまりない

◇海外商品
・あまり実物が見られるところがない(メーカーに問い合わせてみよう!)
・海外製品なので、電気代がすごくかかるのでは?というイメージ(実際は扇風機を変わらないくらいでした)
・価格帯が高め
・風量が多いので、夏も実用性が高い(もちろん冬も)
・音が大きいというウワサ(ウワサでした)
・デザインはこっちのが好み

だいたいこんなかんじで迷っていたのですが、やっぱり、部屋に取り付けるんだから、好みのデザインのほうがいいな!と決心して、海外商品のほうを買いました。
予算は取り付け・送料込みで10万円くらいを覚悟してたんですけど、実際はもっと安く済みました。
一年中使えるし、エアコンを買い換えるよりもすっと安いので、これくらいならいいな、と思いました。
ただ、デザインは、やっぱりもっとモダンなデザインのほうにしたら良かったな、と。
こればっかりは、取り付けてみないとちょっとわからなかったです。
海外メーカーのものなので、ネットとかで現地のものを買ったほうが安いなとも思いましたが、取り付け工事のことや、消費電力の不安もあって、止めておきました。
取り付けは工事の人が来てくれて、1時間弱くらいですかね。
ウチはライトの取り付け場所にそのまま付けたので、特別な工事も必要なかったです。
リモコンも付けてもらったので、壁付けスイッチの工事もありません。(部屋の電気を消すように、ファンから垂れているヒモで付けたり消したりできます)
オーストラリアで使っていたものよりは風は弱めなのですが(アレはすごく強くできた)、ちゃんと体に風を感じるくらいなので、問題ないです。
風量についてはメーカーに詳しく問い合わせるのがいいと思います。(店員さんはあんまり知らないみたい)
羽の数が少ないから風量が少ないとか、そうとも言い切れないみたい。
私は絶対、動いている実物を見て買いたかったので、直接見て買いました。
シーリングファンて、シャンデリアみたいなゴージャスなものだけじゃなく、シンプルなデザインのものもたくさんありますから、そこらへんの不安も、大丈夫ですよ。
私もシャンデリアタイプは部屋のインテリアと合わないなと思って。
一年中、毎日のように使うと思うし、買って良かったです。
by gigicocco | 2011-09-01 12:38 | 日々