人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a0098948_1336529.jpg
パリでがっつりお肉を食べたくなったときに行くのがリュクサンブール公園近くのラ・フェランデーズ
イヤ、どこでもたいていお肉はがっつり食べられるのですが、私の中ではなんかとくべつ。
お店のインテリアも田舎風でカワイイし、雰囲気も良いのです。
また特大ステーキが食べたくなって、行ってきましたよ~。
a0098948_13371650.jpg
こちらのお店に来ると毎回食べてしまう前菜がいわし。
鮮度もマルだし、メインにがっつりお肉を食べるつもりだから、ここはパテとかハムとかはやめて、さっぱりしておきたいので。
a0098948_13375482.jpg
このお店にはコレがあるのですー。
がっつり塊牛肉のステーキが!
皿ではなく、木のボードにどーんと乗ってきます。
この木のボードも、一般的なまな板より1~2まわりくらい大きいんですよー。
お肉を切るナイフも、ほとんど包丁だもの。
a0098948_13381961.jpg
お肉は焼き方もちゃんと聞いてくれるので、ミディアムに。
予想よりはミディアムレアでしたが、おいしい!
よく熟したお肉で、ワインにぴったり!
1~2切れ食べたらもうお腹いっぱいになるのですが、骨まわりのお肉もしつこく食べるのがヨイ。
すごくおいしいから!!
実は私はあまり牛肉は食べないのですが、たまにこの特大ステーキは食べたくなるんですよ~。
すごくワイルドな気分。
a0098948_13384023.jpg
ついつい、最後にデザートも。
ワイルドにお肉をがっつり食べた後に、女子としてファンシーなものが食べたくなったというか・・・。
最後にハーブティーとケーキを食べて、かなりお腹がいっぱいでゴチソウサマです。
by gigicocco | 2011-07-31 14:55 | フランス France
a0098948_224512.jpg
台湾に行くと、お茶屋さんに行くのも楽しみのひとつですよね。
ランチタイムには食事ができるお店も多々ありますから、それまた楽し。
こちらのお店は体に良い漢方スープ定食のようなランチがあるんですよ。
スープは漢方の香りがして、薄味なので、かなり好みが分かれると思うのですが、体にいいんだろうな~という満足感があります。
食べた後、体がほかほかしてくるのはたぶん、このスープの効能でしょう。
スープの他には山盛りの白いご飯と、ゆできゃべつのあんかけ、漬け物、お茶のゼリー、オレンジ、梅ジュース。
健康的でしょ。
a0098948_2243278.jpg
食後にゆっくりお茶をもちろん。
上等の有里山茶と、豊富なお茶菓子メニューの中から2つを選んで。
このお茶とお茶菓子は、漢方スープ定食と同時に注文してしまっていたので、定食のお茶のゼリーと同じものを注文してしまいました。
おいしかったので、いいんですけど。
もうひとつは、金木犀の香りのソースをかけたお餅(求肥?)巻き。
これ、両方ともすっごく、おいしかったんですよ!
きっとこのお店は、どのお茶菓子もおいしいに違いない・・・。
もっとたくさん食べたかったくらい。
a0098948_2245636.jpg
お店の入り口付近には茶器やお茶を売っているおみやげコーナーもあるので、そちらもチェック。
良いおみやげ場だと思います。
日本女子の好きそうな、繊細な図案の茶器がずら~り。
私も買おうか迷ってしまいました。
でも、私は花より団子ですから、買ったのは、茶梅(梅をお茶で漬けた甘いお茶受け)。
漬ける時のお茶が、桂花烏龍茶のタイプと、凍頂烏龍茶のタイプ。
どちらもおいしかったですが、よりスッキリとした味わいの凍頂烏龍茶の茶梅のほうが好みかな。

徳也茶喫
シェラトンホテル台北の裏
by gigicocco | 2011-07-30 01:50 | 台湾 Taiwan
a0098948_21362424.jpg
土曜日に葉山に遊びに行こうということになり、行ってみたかった和食(懐石?)屋さんへ。
これがまぁ、ほんと、評判通りのすばらしいお味で。
味がバシッと決まっているのです。
最初の先付けから最後のデザートまで、きっちり、おいしかった。
a0098948_21371835.jpg
あたりまえですが、ぜんぜん、まったく、銀座でやれるよ!!と失礼ながら思ったくらいに。(もちろん、その自覚もありつつ、この場所で営業しているのでしょう)
お値段は銀座の数分の一と言っていいでしょう。
すーごーいーなー!
a0098948_21375642.jpg
私が行ったときは、リピーターらしき奥様グループと、都内から高級車を飛ばしてきたらしきご夫婦がいらしていて、さすがだなと。
都心からでも車なら1時間弱ですもんね。
土曜日のお昼に都心からドライブがてら、おいしい和食ランチ。
おーしゃれー。
a0098948_21385683.jpg
私は電車で来たのですよ、もちろん。
満足度がかなり高いお店なので、ぜひまた行きたい。
今度は夜にしっかりと。
ちなみに、すぐ近くにすごくおいしい天然酵母のパン屋さん(コルネット)があるので、営業日を確認して帰りに寄るのが吉。

琢亭
by gigicocco | 2011-07-29 02:16 | 日本Japan
a0098948_1485827.jpg
生姜好きが高じて、ジンジャーエールを自作してみたくなってチャレンジ。
ただし、私はジンジャーエールは断然、ウイルキンソン派なくらい、辛い(生姜の刺激が強い)ものが好き。
とりあえずはネットで見つけたレシピでジンジャーシロップを作成(ちなみに、皮付きでスライスしました)したのですが、やっぱ、辛くならなかったです。
辛くしたいあまり、タカノツメまで入れたのですが。
タカノツメだけで辛くするのは邪道、と思い、少なめに入れたのです。
ジンジャーシロップをとったあとの生姜をカラカラに乾かして食べてみると、かなりしっかり辛い。
どうやら、辛さは生姜にそのまま残っているらしい。
なんとか辛さを残してジンジャーシロップを作る方法を聞いたので、ここに書いておきます。
今のジンジャーシロップがなくなったら、私もチャレンジしてみるつもり。
結論からいくと、やはり、丸ごと生姜を使うのが良いのではないかと。
ようするに、生姜はスライスではなく、すり下ろして(ジューサーにかけてもいいと思う)から砂糖とスパイスを入れて煮る。
生姜の繊維はけっこう強いので、漉すか、すり下ろした後、丹念に包丁でたたく。
これでかなり辛いジンジャーシロップが完成するそうです。
ウン、たしかにこれは辛そう!
by gigicocco | 2011-07-28 23:48 | food

どら焼の「うさぎ」

a0098948_22123770.jpg

どら焼の「うさぎとカメ」
これが「うさぎ」のうさぎや
ふわんふわんの肉厚どら焼
表面の色は均一のきつね色で美しく、良い香り
お店に入ったとたんに、うっとり
あんこも粒あんで小豆の香りしっかりで、おいしい!
ボリュームもあるので、1コでかなりの満足感
「どら焼きが食べたいなぁ」と思ったとき、頭の中にあるのはこれがイメージ
ちなみに、どら焼の「カメ」は亀十

うさぎや
by gigicocco | 2011-07-27 22:12 | food

やっと南インド料理

a0098948_22202598.jpg

御徒町にとても有名な南インド料理店があると聞いていたのですが、いつか行こうと思いつつ、気がついたらクローズ
どこか別の場所に移動?インドに帰った?と思っていたら、再度、同じ場所で営業再開
良かった、良かった
地震のあと、避難してたのかな?
やっと行けたので、思いきってターリーを注文
すごくお腹がいっぱいになったー
インドのサラサラカレーが苦手なひとでもこれはOKなのでは?と思うくらいにコクがしっかりあって、味がまとまっていて、人気が納得できるお味です
ターリーの中で私のお気に入りはペッパーチキンカレー

アーンドラ・キッチン
by gigicocco | 2011-07-26 22:20 | 東京 Tokyo
a0098948_14264882.jpg
パリのセーヌ川には、しょっちゅう観光船が行ったり来たりしているので、天気もいいし、時間もあるので乗ってみることに。
停泊している小ぶりの船が見えたので、あそこに行けばいいのだなと、橋を降りて岸辺に行くと小さな小屋があり、そこでチケットとちょっとしたおみやげ(エッフェル塔の置物とか、メダルとか)を売っていました。
チケットを買って船に乗り込むと、パラリパラリとお客さんが乗ってきて、3割ほど埋まったところで出発です。
a0098948_14273348.jpg
その時期のパリとしては)わりと天気もいいし、大きな船はけっこう混んでるみたいだったんですけどね。
まぁ、のんびりと。
ガイドさんがマイクでいろいろと説明してくれていましたが、フランス語です。
セーヌ川をパリのはじからはじまで往復して、1時間半くらいだったかな?
もちろん、飲食はナシ。(食事付きの船もあるんですって)
行きたいお店がたくさんあるので、船で食べなくていいんです。
a0098948_14275061.jpg
(パリにはいろいろな橋がたくさんあるんだなぁと改めて。
デザインが凝ってるので、橋の下からじっくりと見ることができましたよー。
a0098948_14284373.jpg
川の沿岸にはびっしりと船が停泊していて、植木とかもあるし、もしかして、ここに住んでいらっしゃるのでは?と。
それはなんか・・・うらやましい。
a0098948_142978.jpg
停泊している船を利用しているレストランもいくつもありましたよ~。
昼間だからか?営業しているお店は少なかったです。
a0098948_14293832.jpg
セーヌ川沿岸にはすばらしいパリの建物がびっしり建っているので、それもゆっくりと見られます。
エッフェル塔も、もちろんバッチリ!
パリで観光船に乗るのって、もっと事前予約が必要だったり、旅行会社に頼むものなのかな?と思っていたのですが、そうでもないんですね。(ディナークルーズはきっと必要)
チケット売り場で、枚数を言って時間表を指さしただけでした。
小さな船だったせいか、空いていて、のんびりで、良かったですよ。
寒くなくて、雨が降っていない日に乗るのがいいですね。
by gigicocco | 2011-07-25 02:20 | フランス France

月島もんじゃを楽しむ

a0098948_64482.jpg

月島に何度かもんじゃを食べに行ったことがあります
友達とわいわいと
結果、これが正しい月島もんじゃだなと
そういう観光気分といいますか、そういうのがいいなと
雰囲気を楽しむのが正解
「正しい食べ方」など気にせず、好きなように食べたらいいと思います
何軒もハシゴしたりも楽しいです
もんじゃって、そういうもののはず
もんじゃは好きだけど、やっぱりお店の鉄板でやるほうが楽しいと思う
月島には昔はもんじゃ屋さんは多くなかったですが、あっという間に増えましたよね〜
すごいなー
月島のもんじゃ屋さんでは「蔵」がいいと思います
なぜかペリカン(浅草のおいしいパン屋さん)のロールパンをおみやげにくれるのがちょっとウレシイし
もんじゃの後は、お肉屋さんで揚げたてのレバカツを食べるのも楽しい
by gigicocco | 2011-07-24 06:04 | 東京 Tokyo
a0098948_421557.jpg
さてさて、台湾の天品樓の続きです。
天品樓に行ったら、ぜひ食べたいのが上海蟹がた~っぷり入った和え麺。
香港のガイドブックではかなりの高確率で載っているものなのですが、単品注文はできない一品(できるようになったという説も?)なので、実はなかなか食べるのが大変なのです。
でも、それも台湾なら食べられる!というのがココに来た一番の原動力でもあるのです。
高級食も物価高の香港よりも、台湾のほうがチャレンジしやすいです。
サービスの方が麺と蟹ソースを別々に持ってきて、近くのテーブルで合わせてくれました。
香港の上海蟹麺と比べると、麺も細麺だし、見た目も違いますが、ぜいたくに蟹が使われた一品ですから、もちろん、おいしい!
だけど、たぶん、この蟹は上海蟹じゃない・・・。
a0098948_4214818.jpg
あとあと調べてわかったのですが、もしかして、台湾には上海蟹が輸入できないのでは・・・?
上海蟹ほどのこってり濃厚さはありませんが、そのぶんクセもなく食べやすい、とも言えますし。
上海蟹って、けっこうクセが強いですからね。
贅沢に蟹の身とミソと卵に味付けしたソースを手打ち麺にからめて食べるのですから、おいしくないわけがないというか・・・。
これ、東京でイタリア料理店で食べたら(手打ち麺+ソースなので、イタリア料理にも似たメニューがありそう)いったい、いくらなのかしら・・・なんていやしくも考えてしまったり。
a0098948_422155.jpg
デザートはもちろん、酒釀甜湯圓(白玉入り金木犀の香りの甘酒スープ)。
これまた、この料理を期待してココに来た一品。
香港の天品樓でもデザートといえばコレで、すんごくおいしかったのです。
こちらももちろん、なかなかの高レベルで、おいしかったですよー。
デザートはまだまだ、さらにあと2つ食べた。
a0098948_423192.jpg
あんこ巻にごまをびっしり付けて、クリスピーに焼き上げたもの。
香ばしい香りにあつあつのあんこがおいしい!
もうひとつは、紫イモを使った冷たいデザート。
最後にさっぱりと。
a0098948_4232338.jpg
実はもうひとつ、香港の天品樓でウマイ!!と思ったのが紹興酒。
もちろん台湾店にも紹興酒はメニューにあったのですが、一杯だけ、というふうには注文できなかったのであきらめました。
香港のお店にあるものとは違うような気がしたし・・・。
香港店との違いは細々とありましたが、どれもおいしかったし、満足です。
ずっと気軽に行けるし、明朗会計だし、広くて落ち着いた店内でゆったり食事ができるから、こっちのがオススメともいえる。
なかなか混んでいるお店なので、予約はしたほうがいいです。

天香樓
台北亞都麗緻大飯店 B1
by gigicocco | 2011-07-23 01:37 | 台湾 Taiwan
a0098948_4112292.jpg
香港でおいしい上海蟹が食べられることで有名な杭州料理店「天香樓」。
私も思いきって何度か行ったことがありますが、財力(カードも使えない)と語学がついていかず、もう何年も行けてません。
でも、たしかにあそこの上海蟹と紹興酒はめちゃくちゃおいしい。
台湾のホテルにも天香樓があるんですよ。
名前だけでなく、香港のシェフが顧問となっているのだとか。
ホテルのレストランなら食べることができるのでは!?と行ってきました。
店内は暗く、ゴージャスで上品。
日本人客も多いようでした。
まずは前菜に、鴨の卵の薫製。
味付け卵に薫製の香りが付いてるかんじなのですが、卵の黄身がねっとりと濃厚で、おいしい!
a0098948_4134020.jpg
もうひとつ冷たい前菜で、空豆のマッシュ(名前は忘れました)。
空豆好きなので、もちろん、おいしい。
杭州料理にはこういった冷たい料理も多いんです。
かたっぱしから全部食べてみたかったくらい。
ホテルの高級レストランとしてはかなりリーズナブルでしたし!
a0098948_4154064.jpg
野菜不足解消に、豆苗炒めも。
どこでも豆苗炒めを食べてますが、好きなんです。
日本の豆苗と違うので、日本では食べられないので、香港や台湾に行ってる間に食べためてるのです。
豆苗炒めは普通のにんにく炒めより、スープ炒めのほうがおすすめです。
日本の豆苗と違うのは、日本だと上のほうにちょっぴりしかない葉の部分が大きくて、その葉の部分だけ摘んで集めてあるんです。
もちろん、市場などに行くと茎付きのも売っていますが、日本のスーパーで買うのよりもやはり大きく育ったものが一般的なようです。
a0098948_4173672.jpg
魚の甘酢あんかけも食べたのですが、このあんがまたおいしかったー!
何が違うのかと思うくらい。
調味料がそもそも違うんだと思うんですが。
最後はレンゲで甘酢あんだけすくって食べてしまったくらいです。
これはかなり白いご飯と合う味でしたが、グッとがまん。
a0098948_4181066.jpg
こちらでは杭州料理だけでなく、香港でよく食べるような料理もメニューにまじっていたので、蝦餃子も注文してみました。
台湾で食べる皮もの(餃子とか肉まんとか)はおいしいので、食べてみたくなって。
そしたらまぁ!小ぶりとはいえ、大きめ蒸籠にびっしりと蝦餃子が!
飲茶じゃなくて一品料理だからですね。
皮は香港で食べるものよりは少し固めでしっかりしていましたが、おいしい!
ちゃんとエビもぷりぷり。
付ける酢は黒酢だったのがちょっとフマン。(香港ではたいてい赤酢だから)
でも、おいしかったですよ!

※この他にもまだまだ食べたのですが、長くなってしまうので、前後編といいますか、2回に分けさせていただきます。
続きは明日、書きます!
天香樓でもっとも有名な料理も食べました!
by gigicocco | 2011-07-22 01:35 | 台湾 Taiwan