人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2009年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ラシェットの続きを。
a0098948_572651.jpg
メインのマグロです。
ほうれん草の上にマグロのソテーがのっていて、小さくカットしたレモンの身がさっぱりしておいしい。
レモン汁をかけるのではなく、小さくカットしたレモンの身というのが、たまにレモンの味がして、いいですね。
こういうほうれん草って、よくぐんにゃりするまで火が通っていたり、バター味がしつこかったりするんですけど、これはおいしい。
冬の一番おいしい時のほうれん草みたいな肉厚の葉の部分だけを使っているのです。
まぐろも、もうちょっとレアでもいいんじゃない?と思うくらいの良いまぐろ。
a0098948_575068.jpg
これもメインのチキンです。
マグロと同じメインとしていいのかというくらいのサイズでしょ。
同じメイン料理でも、魚と肉ではこんなに違うというの、わかっていただけたでしょうか。
これ、テーブルに運ばれてきた時、あまりの大きさに「どうしよう・・・」と思ったのですが、ほんと、おいしくてねぇ・・・ほとんど食べちゃった。
お皿に大盛りでやってきたので、食べるのがちょっと大変だったけど、おいしさには勝てないです。
ふと他の席を見ると、メインは鍋ごと運ばれてきているようでした。
うれしそうに鍋の中のお肉をいそいそと自分の皿にもって食べているオジサマ方の姿が愛おしい。
こちらのシェフはオーリヨネの時にココット(鍋)料理の本を出したらしいので、みんなそれを食べにくるのでしょう。
私の料理はなぜお皿にこんなに大盛りに・・・これこそサービス?
a0098948_58129.jpg
おなかいっぱいと思いつつ、デザートは食べる。
ふわふわのコーヒームース?クリーム?
a0098948_5830100.jpg
もひとつは、プディング~。
器は同じなんですね。
a0098948_585169.jpg
しっかり固く濃く、クリーミィでおいしい。
カラメルは少なめで、メインはプディング!というはっきりした主義。
おなかいっぱい~といいつつ、完食。
a0098948_592539.jpg
これだけ食べたら、最後にキリッとカッフェを飲んで、ごちそうさま。
店内もほぼ満席だし、帰ろ、と思ってお会計をして帰ろうとすると、ちょっとシェフが呼んでるので厨房へ来てくれ、といわれ、行くと、シェフが「僕のキッチンを見て!」と見せてくれました。
自分の新しい厨房がうれしいんだなーと。
厨房は予想していたよりは広めで、真ん中に大きな作業台があり、使いやすそうでした。
若いコックさんも他に2人いて、まだまだランチタイムの真っ最中だったので、早々に退散して、さよならしました。
東京での滞在がよほど楽しかったんだね。
a0098948_817966.jpg
ランチだったし、その後に予定もあったので、ワインなしで食事をしたのが本当に残念。
次にパリに行くときには、100%、また行く。
by gigicocco | 2009-03-31 08:12 | フランス France
a0098948_459185.jpg
パリ滞在中にブノワだか、オーリヨネだかで腕をふるっていたシェフが独立?して「ラシェット」という昔からある、今は閉店してしまったビストロを買い取ってお店を出されたと情報が入ってきてました。
ブノワもオーリヨネも、どちらのお店も行ったことがあって、とても良く、「私はこの人の料理がそもそも好きなのでは!?」というわき上がった仮定を確認したくなり、急いで予約して行ってきました。
(ブノワもオーリヨネもどちらもアランデュカスグループです)
どの駅からも遠い、ちょっと歩かなくてはいけない立地だったので、てくてくと歩いて行きました。
お店に着くと、その日一番の客だったので、なんとなくのんびりとした気分になり、店員さんとちょっと話す。
話すって言っても、お互い英語は簡単な単語程度しか通じない。
私が「ブノワに行ったことがあるんだー」「パリと東京のどっちも」というと、店員さんはとてもうれしい顔になって、奥からシェフを呼んできてくれた。
でも、シェフはさらに英語が通じないみたいで、こんな時に、私はフランス語を知らなすぎるよな、と思います。
どうやらシェフは東京のブノワでも少し仕事をしたことがあるらしく、そして、その時の東京滞在がとても楽しいものだったようで、まだオープンしたばかりの新しい自分のお店に、東京からお客さんがやってきてくれたことを歓迎してくれました。
a0098948_4594046.jpg
そんなことがあった後、なんとか手書きのメニューを解読して注文すると、パンとバターとハムが出てくるのですよ!
これがまた、うれしい!おいしい!
このスタイルは、このお店が前のオーナーの時から同じだそう。
ハムなんてね、めちゃくちゃおいしいハムが、たっぷり出てくるのですよ。
一瞬、「前菜で注文した?それともサービス?」と思ったよ。
アミューズ(突き出し)とは!
a0098948_51245.jpg
ランチだったので、軽くしとこう、と注文した、サーディーン。
私の経験によると、魚とえびカニはボリュームが少ないことが多いんです。
貝類や、いろいろな種類の魚介類が入っている場合は、がっつり鍋ごと出てくることがあるので、注意します。
だいたいは、魚料理ってあんまり調理パターンがないので、そんなにびっくりするものは出てこないので大丈夫。
サーディーンを注文して大盛りで出てきたことはないですねぇ。
海辺とかだったらあるかもしれないけど。
だいたい、あっさりしたオイルサーディーンぽいものか、酢締めのもの。
良くない店だと、生臭いことがあるので、注意。
魚介類の取り扱い方がよくわかってない場合があるからさ・・・もちろん、ここは大丈夫!
a0098948_515618.jpg
ちょっとお疲れ気味だったので、スープくらいにしとこうかな?と注文したパンプキンスープ。
これがねぇ、大盛りでおどろいたんだけど、とってもあっさりしたシンプルな味のスープで、ホッとする味。
上にミルクの泡がのっているけど、スープの中には乳製品は入ってないの。
イメージでいうと、おばあちゃんのスープってかんじ。
もちろん、それはかなりのお料理上手のおばあちゃんだけどね。
前菜が出るころになると、他のお客さんもどんどんやってきて、ほぼ満席になりました。
この日は男性グループの多かったですねぇ。
平均年齢が高めの。
近所の寄り合い?なんて思ったりして。
でも、ちょっと遠くてもここにしたくなるだろうなーと思いましたよ。

後半はこちらで。
by gigicocco | 2009-03-30 03:19 | フランス France

気が付けば3年目

a0098948_3283382.jpg
このブログもスタートして丸2年になりました。
こつこつ。
記事数も1000件を超えました。
(一時期、1日2回更新していたのです)
いつも見て下さる方、ありがとうございます。
はじめての方もありがとうございます。
なんだか不思議な気分だな。
これからも、とめどなく、いろいろなことを書いていきます。
「香港のことだけならいいのに」とか、「パリのことをもっとくわしく」とか、思われる方もいらっしゃるでしょうが、まぁ、それは、すみません。
同じところばっかり書いてると飽きちゃうんですよー。
いろんなことをちゃんぽんで書いてきたのが続けられた要因ではと。
とりあえず、マイペースに更新していきます。

写真はね、今、いちばん行きたい場所・・・。
あったかくて海が見えるところに行って昼寝したい。
by gigicocco | 2009-03-29 03:35 | 日々
a0098948_3471480.jpg
オーストラリアに行ってもおいしいおみやげを買って帰ります。
食材店やデパートで、これはどんな味なんだろう?と想像して楽しい。
これはケアンズのMayerだったか、シドニーのサイモン・ジョーンズだったか?
このmygourmetシリーズはいろいろとおいしそうなものがあるので、行くたびにちょっとずつ買ってためしています。
特にクリスマスシーズン前は、プレゼント用のバスケットをつくる用に種類が豊富になるんです。
これは絶対、間違いない味かな?と思って買いました。
お味はちょっと甘めの濃いトマトペーストってかんじ。
オーストラリアのものって、甘めのものが多いです。
お料理もちょっと甘めだったり。
このペーストもちょっと甘めだけど、クラッカーにちょっと塗るとおいしい。
さらにチーズをのせるといいアペリになりそう。
ピザソース代わりに使うのもいいかも。
私、瓶詰めの商品が大好きで、よく買って帰るんですよね。
by gigicocco | 2009-03-28 18:06 | オーストラリア Australia
a0098948_3433014.jpg
香港の飲食店は雑誌に紹介されたりすると、力一杯、それをアピールします。
入り口のガラス戸だったり、レジの近くだったり、店内の壁だったり、テーブルの上でメニューと一緒にとか、ありとあらゆる方法でアピールします。
そんな香港のお店の中でもこの潮苑はアピールが大々的なお店で、通りかかるたびに気になっていました。
たくさん紹介されているお店は、やはりと地元でも有名らしく、混んでいることが多いです。
雑誌の飲食男女か、チャイランさんの紹介記事を貼ってあることが多いですね。
a0098948_3424321.jpg
その中でも一番おすすめの麺を食べてみましたよ。
牛餅(牛肉のつみれ)がのっているもの。
餅とついてるだけあって、めちゃくちゃもちもちでしっかりした練り物です。
スープも麺も、とてもあっさりした薄味。
a0098948_343921.jpg
野菜も食べよう、とメニューを見ていると、めずらしいものがあったので注文。
なんと、のり!あおさです!
麺と同じスープに生のあおさを入れたもの。
テーブルの上のチリソースとお酢を入れて食べましたよ。
器のサイズも麺と同じなので、かなり大量で、これ1杯でお腹がいっぱいになりそうなくらい。
それと、香港式のミルクティー。
ここはものすごーく普通のお店なので、海外で衛生面とかがすごく気になる人にはあんまり向かないかもしんない。
あと、濃い味が好きな人もね。

潮苑
by gigicocco | 2009-03-27 10:05 | 香港 Hong Kong

抜群の魚日本料理店

a0098948_434872.jpg
赤坂の老舗魚日本料理店「うを徳」。
噂にたがわず、さすが、さすがで・・・。
途中まで全く写真を撮ってなかったのに、あまりの素晴らしさに撮らずにいられなかったカニ。
甲羅にカニの身とミソと卵がこんもりと盛られています。
卵を持っているということは、メスだからのはず。
卵を持っているということは、身は痩せているもの。
なのに、身もミソも味が濃くしっとりしてて、めちゃくちゃおいしい!
甲羅のサイズは小型なのに、身はこんもりと盛られているので、2匹分かと思ったら1匹分なのだという。
てっきり、おいしいメスの卵と、身とミソのおいしいオスのカニを合わせて持ってきたのかと・・・。
なんなのだ!このカニは!!
日本海でとれるカニだというけど・・・これは絶対、すごく特別なカニだ。
a0098948_4343720.jpg
卵も粒がすごく小さくて、ツプツプとしつつ柔らかい触感といい、今まで食べたカニの卵の中で一番、おいしい。
ミソも濃くって、おいしい。
カニミソっておいしいけど、独特な香りがちょっと気になることが多いんだけど、これは大丈夫!
身もミソも卵もおいしいばかり。
そのままゆでて食べた中では過去最高のカニかも・・・。
つけるカニ酢も酸っぱすぎず甘すぎず、上品でスバラシイ。
a0098948_4352453.jpg
最後のご飯、おさしみ定食状態。
これがもう、びっくりしちゃってねぇ、またしても思わず写真とっちゃった。
a0098948_4354282.jpg
なんなんだこのまぐろは~!!
まぐろの脂がものすごく、上品!
脂が白く固まっている蛇腹と呼ばれる大トロが下品に思えるほど・・・。
わさびだって、さわやかな香りと甘みがあっておいしいんだよ。
思ったけどねぇ、やっぱりお店の歴史が長いというのはすごいなぁと。
とても高いお店だけど、このクオリティなら、高くない。
お料理も素晴らしいですが、お店のお姉さん達のお着物も抜群にすてきです。

うを徳
by gigicocco | 2009-03-26 06:08 | 東京 Tokyo

ビミョウな香港MTRグッズ

a0098948_1437185.jpg
香港の地下鉄、MTRグッズ、数年前から発売されているようですね。
私は今年に入ってから売ってるところを見つけて知りました。
香港帰国目前だったので、なんだかたまらなくなってついつい購入。
すごく安かったし。
a0098948_14384850.jpg
MTR切符売り場・・・のポストイットホルダー、ポストイット付き。
存在のキッチュさに買ってしまった・・・値段も安かったから、なんか、つい。
ポストイットを買うくらいの値段で買えるんだもん。
a0098948_14393623.jpg
他にも車体型のホチキス、改札口型のテープカッターなどの文具シリーズもあったけど、さすがにここまでは・・・(笑)
a0098948_14401291.jpg
ノートは手軽なおみやげにいいなぁ、と購入。
ちょっとパールっぽく光る紙にお花模様の型押しなんですよ。
真ん中の電車のマークはいらないかも・・・と本末転倒なことを思う私。
a0098948_14404143.jpg
ちょっと小型のカップとソーサーのセットなんですが、箱入りで45HKドル(500円くらい)とか。
箱はぺなぺなだけど、でも、箱入り2個セットでこの値段はすごいでしょ。
薄手だから、軽いし。
赤い模様の四角いソーサーが欲しくて買っちゃった。
カップの形は素朴でけっこう好きだけど、このMTRマークはなんだかなー。
ちょっとモダンすぎるというか。
香港グッズにはちょっとキッチュな可愛さを求めているんだよなー。
by gigicocco | 2009-03-25 18:06 | 香港 Hong Kong

湾仔のillyカフェ

a0098948_14141939.jpg
湾仔の発展ぶりはものすごくて、星街を中心に、一昔前の香港では信じられないくらいのモダンなお店が並ぶように・・・。
illyのカッフェが飲めるようなカフェまでできちゃって・・・しかも、ちゃんとおいしいんだよ。
この日はあまりに気候が良かったので、表のテーブルでコーヒーを飲むという、ほんと一昔前には信じられないような行動にまで出てみました。
by gigicocco | 2009-03-24 05:28 | 香港 Hong Kong
銀座の健康に気遣っているおいしいイタリアン、ジャッジョーロ
シンプルで、大好きです。
特に女性はだいたい好きだと思う。
a0098948_5314164.jpg
そうそう、これは紹介しなくっちゃ、の名物、山盛りハーブサラダ。
大皿に高さ15センチ以上の山盛りなので、2人でシェアしてもまだまだ山盛りです。
季節によってのハーブやリーフのとりあわせ、味つけや香りのバランスが絶妙で、ただの野菜の盛り合わせ的サラダではなく、かなり立派な料理と言って良いでしょう。
a0098948_5312681.jpg
パスタもおいしい。
量も選べるので、気分によって少なめ2種にしてもらったり、大盛りを2人でシェアしてもらったり。
手打ちパスタもあるので、それもおすすめ。
これは、ほたるいかとアスパラのスパゲッティ。
めちゃうま!
ほたるいかのとろっとしたワタはパスタソースとして最高です。
a0098948_532273.jpg
五穀米のリゾット~。
これはなかなかしっかりしたチーズの風味と素朴な穀物の風味がなんとも言えず、おいしいのです。
ぷちぷちした食感も楽しいし。
a0098948_5324773.jpg
シンプルなお肉のグリルもいい。
これは骨付き豚肉です。
ここでがっつりと食べても、食後にサンタ・マリア・ノヴェッラの食後酒やハーブティーを飲むことができるので、大安心です。
by gigicocco | 2009-03-23 05:12 | 東京 Tokyo

中華街で小龍包

a0098948_4341265.jpg
横浜・中華街でふらりと入った、小さな上海料理のお店。
ここがおいしいらしいよ、との情報もあったりして。
豚耳とねぎの和え物とビールでちょいと。
豚耳とねぎの和え物は、横浜の中華街ではとてもメジャーなメニューらしい。
a0098948_4343320.jpg
小龍包は、なんだかちゃんとおいしくて、おどろいた。
正直言うと、あまり期待していなかったのですよ。
中のスープが、ちゃんとおいしいのだ。
さすがお店の名前が「上海よ園」なだけあるなぁ、と。
上海にある「よ園」は、有名な観光地だけど、何よりおいしい小龍包屋さんがあるので有名。
何か関係はあるのかな?
皮はちょっと厚めかなとは思ったけど、おいしかったよぅ。
他にも何種類かあって、そっちも食べてみたかったなぁ。
お値段も、中華街の小さなお店なので、お手軽価格です。
冷凍でテイクアウトもできるようなので、おみやげに買って、おうちでもアツアツが食べられる。
by gigicocco | 2009-03-22 05:09 | 日本Japan