人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅( 53 )

a0098948_0321942.jpg
私のRIMOWA(リモワ)への訳のわからないコダワリは以前書いた通りですが、実は持っているのは1つではない。
じゃじゃーん!!なんと、同じ型で、色違いも持っているのだ!!
しかも金色!
私はたしかに旅行用トランクのリモワを愛している。
でも、それはある一種類の型だけで、しかもその型は最近とんと、みかけなくなってしまった・・・マズイ!買っておかなくっちゃ!
ということで、あわてて買いに行ったのです。
日本よりずっと種類が多く、お求めやすく買える香港店へ。
なのに、香港にももう、同じリモワちゃんはなく、唯一あったのはこの金色のタイプで。
初めはあまりの派手さに躊躇しましたが、リモワはこの型しか欲しくないので、しょうがないんですー。
リモワはサイズ違いを持っていたこともあるし、ツレはカラフルなサルサシリーズの保持者だから、使い勝手も知っている。
その上で、この引き手式ハンドルのついていない、4輪スーツケースが、私にとってはベスト!なんです。
ぼやぼやしてたら、この金色すら買えなくなるかもしれないし。
(実際、もう、同じ型は見かけることはなく、買えなくなった)
思い切って購入!
もともとあほらしいものを愛してしまう傾向にある性格だし、何度か使っているうちに金色の輝きはマイルドになってくれたし、めでたしめでたし。
その後、リモワ大ブームが到来して、持ってる人が増えたけど、さすがに金色を使っている人はほとんど見かけたことがないし。
なにより、この、金と銀のリモワちゃんが並んでいる姿が、愛おしい。
金と銀で2つあるので、昔ばなしの「舌切り雀」のイメージで、「金のつづらと銀のつづら」と呼んでいるんですー。
舌切り雀では、大きなつづらと小さなつづらで、小さなつづらのほうに金銀財宝が入っているという話しなのですが、混じっちゃったんですね。
この2つがあると、さすがに入らないかも・・・と思っていた大量のおみやげも、なぜか全部入ってしまうのです。
この買い物、悔いなし!
by gigicocco | 2007-11-03 00:57 |

香港ファンの皆様へ

いえー。
お元気ですか。
今週末からまたちょいと香港Stayざんす。
お待たせしましたーっ!!
えーっと、えーっと、雲呑麺とチキンライスはまた研究を進める予定。
九記の牛スジ麺も久しぶりに食べたい気分。
新たな乾物と、腐乳と中華菓子をゲットするのだー。
あとはねー、足裏の上海ネイルやってー、久しぶりに副臨門飲茶行きたい。
上海蟹はそろそろシーズンのはずだけど、まだちょっと早いかなぁー。
セールシーズンは終わってるしなぁー。
月餅のおいしーのが食べたいなぁー。
香港スイーツのおいしーのを食べに行きたいなぁー。
香港スイーツもここにはのっけてないけど、ケッコー食べてるんですよー。
おいしい豆腐屋さんにも行きたいし、ハッピーバレーにも行きたいなぁ。
よく考えたらこのシーズンに行くのは初めてかもな。
楽しみー!!
by gigicocco | 2007-09-04 00:23 |
a0098948_1334142.jpg
大きなリモワちゃん以外に、もう1つ小型のキャリーバッグを持って行くことがあります。
飛行機の乗り換え(トランジット)がある時の必需品です。
この小さなキャリーバッグは機内持ち込み用で、本や着替え、薬にお水など、飛行機内や乗り換え中の待ち時間に使う荷物を入れておきます。
飛行機内は平気でも、乗り換え中に何時間も重い(私は本をたくさん持ち歩くので)荷物を持つのは疲れてしまいます。
キャリーがついてることで、ラクラク解決です。
空港内には手荷物用の小型のキャリーが使えますが、通路の狭いお店に入っていくには不便だし、エスカレーターに乗れなかったりします。
大きなトランクの時には必要ないと言っていた、引き手付きハンドルが付いていますが、この小型キャリーバッグは荷物をたくさん入れることが目的ではないので、問題ありません。
サイズが小さいから、引き手付きハンドルが付いてないと手が届かないし。
キャスター(車輪)が4個ついてて360度回転のものですから、身体の横にぴったりとくっつけて歩くことができ、混み合っている場所でも安心です。
キャリーバッグを買う時のチェック要項としては、
1、機内持ち込み可能のサイズであること
2、引き手付きハンドルがスムーズに出し入れできること
3、引き手付きハンドルが外付けでなく、カバンの内側に収納されていること
4、キャスターがスムーズに動くこと
5、軽いこと
6、チャックがスムーズに開け閉めできること。
この6つくらいです。
引き手付きハンドルがスムーズに出ないバッグもけっこう、ありますから、よくチェックしたほうがいいですよ。
微妙な部分なので、見本品はスムーズでも、奥から出してきた新しい商品はそうでもないことがありますから、注意が必要です。
3はね、外付けだと壊れやすいし、足に当たったりすると痛いから。
キャスターが4個付いてると、電車内などで動いてしまったりすることがありますが、その場合はバッグを横にしてキャリーのない面を下にしておけば問題ないです。
本当は機内持ち込み用で欲しいキャリーバッグがあります。
有元葉子さんプロデュースの、オロビアンコ製の、美しく、機能的なバッグ。
あこがれです。
キャリーバッグでなくて、トローリーと呼ぶようですね。
by gigicocco | 2007-07-27 01:56 |
a0098948_193614.jpg
私の大切な大きめの旅行トランク、リモワ(RIMOWA)ちゃん。
ただ一つをのそけば、今、どこでも売ってる定番型です。
これを買ったのは・・・元サッカー選手のヒデ中田が代表のため日本に一時帰国する時、派手な格好でマスコミを騒がせていた頃だったわ。
今は、多くの日本人旅行者が持ってますね。
リモワのすばらしさはなんと言っても、丈夫であることと、軽いこと、使い勝手が良いこと、修理ができること。
ピカピカの新品の時よりも、使い込んでいった後の風合いの方がすてき。
他の一般的な旅行トランクと比べてみると一目瞭然なのですが、リモワの方が、角があんまり丸くないの。
角が丸いとその分、中に詰めることのできる荷物はぐっと少なくなります。
四角い箱と丸い箱では、四角い箱のほうが収納力があるにきまってる。
カバン自体の重さが抜群に軽いことはもちろんのこと、ついてるキャスター(車輪部分)がとってもスムーズで、荷物が重い時だってスイスイです。
キャスターは4ヶ所ついてて、360度回転のものがオススメです。
混み合ったところで、方向転換したりする時もスムーズです。
一方向でしか動かせないと、ちょっとストレスです。
リモワでなくても、スムーズに動く車輪がついたトランクがおすすめです。
最も大きなポイントは、引き手式ハンドルがついていないこと。
あの、縦に置いたとき使える、伸び縮みする持ち手のことです。
ほとんどの旅行用カバンにはついているものだし、不思議に思われるかもしれませんが、あれ、私には必要ない。
ついてると、びっくりするほど内容物の収納力が減るの。
引き手式ハンドルって、トランクの内側に入っている=トランクの内側、その分デコボコ。
さっきの丸い箱と四角い箱と同じです。
デコボコの箱じゃ、荷造りも大変。
以前、引き手式ハンドルの付いた小型のリモワを持っていたのですが、収納力がイマイチ。
小さいサイズのリモワで引き手式ハンドルがついてるものを買う時は、使う用途をよ~く考えたほうがいいと思う。
街中で引き手式ハンドルの付いたバッグを持ってる人を見かけた時、正直言って、困ったな・・・と思ったことはありませんか?
引き手式ハンドルの付いたバッグを引いて歩いているときって、本人の身体から離れていて、周りの通行人の足にぶつかったりしているのですよ。
あやまりながら歩くなんて、嫌だなぁ。
当たってしまったこちらが一方的に悪いと解釈する人もいて、困りもの。
トランクのサイズは、売り場で実際に持ってみて、トランクのハンドルの位置が歩いてる時の私の手の位置に合うものにしました。
ちょうど私の手の高さにあるから、咄嗟にハンドルを手に持って動けます。
引き手式ハンドルがなくても、全く困らないよ!
横にすると、イス代わりにもちょうど良いのもリモワのうれしいオマケ。
座り心地も安定していて、疲れている時など本当に便利です。
大は小を兼ねる!ということで、3泊4日でも、1週間以上の滞在でもこの大きめサイズです。
リモワはなかなかのお値段ですから、買う前にとっても悩みましたが、良い買い物をしたと思っています。
あとね、最近人気の軽くてカラフルなシリーズですが、あれはね、軽い分、ちょっと壊れやすいと思う。
合わせ目がずれやすいと思うの。
重い物は入れないほうがいいかも。
私はもう、大きな旅行トランクはリモワしかほしくない。
ただし、引き手式ハンドルのついてないもの!
引き手式ハンドルのついてないのって、最近、全く売ってないんですよね。
廃盤になっちゃったのかなぁ・・・。
by gigicocco | 2007-07-25 19:19 |

両替レートの違い

a0098948_137454.jpga0098948_138060.jpg









見えるかな?
これ、空港での両替レートです。
同じ日、同じ空港内でも両替場所によってレートが違うんですね~。
私は海外での支払いは、なるべくクレジットカードを使うようにしています。
レートはカードの方がいいことが多いと思う。
でも、支払い時には金額の確認をちゃんとしてからサインをした方がいいですよ。
海外だと、けっこー間違えていることがありますから。
日本国内だと、間違えていることはほとんどないけど、なぜか詳細を見せてくれない店員さんが多いんですよね。
合計額だけで「サインしてください」って言われるの。
by gigicocco | 2007-07-21 14:42 |

旅の日々おしまい

ようやっと帰ってきました!
飛行機はさほど遅れもなく、揺れも少なめで良かったです。
お客さんも少なめでゆったりでした。
入国のとこは、めっちゃ混んでたけど。
気が付けば、約半月の旅の間に日本食を食べたことも、食べたくなったこともありませんでした。
それだけおいいしく楽しい旅だったということでしょう。
おいしいおみやげはこれからじょじょにアップしていきますね。

<後日の追記>
旅の間だけでなく、帰ってからしばらく日本料理を食べなかった。
エスニックがマイブームだから・・・。
by gigicocco | 2007-07-16 03:05 |

いってきます!

なんとか適当に荷造りして出発です
2時間くらいしか寝てないよ!
とにかく、行ってきます!
飛行機内が快適に過ごせますように!

<後日の追記>
ちなみにこの時のレートは、1ユーロ175円で計算してた。
ユーロ高にもほどがある。
空港や街中の両替所では185円という、驚くべきレートのところもあった。
この後、8月に160円台に戻るのであった。
それでもまだ高いけどね。
by gigicocco | 2007-07-02 14:08 |

新幹線乗車中

a0098948_1612312.jpg

ちょっと遠いおさんぽ。
雨が降ってて気分が重い、かな?
「からだ巡茶」はクセがなくて飲みやすいので、わりと飲みます。
今の時期は自動販売機にホットのお茶がないのが残念です。
真夏の炎天下以外はホットが飲みたいんですー。
よく買う飲み物は、そば茶や黒豆茶などの穀類系のお茶。
それがなければ、「十六茶」や「ジャスミン茶」、「爽健美茶」、「からだ巡茶」などのマイルドなお茶。
伊藤園の「おーいお茶」は、受験時の滑り止めのように活用。
お水ならガスウォーターが多いかな。
真夏にゴクゴク飲むのはボルヴィック。
by gigicocco | 2007-06-25 16:01 |
旅先、海外でお茶が飲みたくなりませんか?
日本ではコンビニでペットボトル入り緑茶が買えるけど、海外では手に入りにくいし、お茶自体の味の嗜好が日本と違ったりして、なんか満足できない。a0098948_0312171.jpg
毎日ミネラルウォーターじゃ、ちょっと飽きるというか。
ホテルの部屋に湯沸かしポットがついてたら、お茶のティーバッグを持って行けばすむことなんだけど、部屋に湯沸かしポットがついてるとは限らないし、暑い時は冷たいお茶が飲みたい。
そんな時には、簡単でおいしい「水出し緑茶」がオススメです。
水出しは、すっきりした味と香りで冷たい緑茶にピッタリですよ。
好みの味のお茶のティーバッグを持って行くだけなんですけど、行く前に一回、家で試し飲みをすると、なおよし。
a0098948_121992.jpgせっかく作ったお茶があんまりおいしくないと、ガッカリしますから。
で、具体的にどうやって水出し茶を作るかというと、軟水のミネラルウォーターを買ってティーバッグを入れて冷蔵庫で一晩置くだけなんですけど、ティーバッグを入れるのにね、ペットボトルの飲み口が小さいんですよ~。
だからね、飲み口が大きいペットボトルを探すんです。
別にペットボトルじゃなくても、水とティーバッグが入って蓋ができればなんでもいいんですけど、持ち歩きもできて手軽なんで。


a0098948_1185398.jpg軟水の区別が難しい時は、ボルヴィックで間違いなし。
これで、冷たいお茶、飲み放題!
朝シャワーを浴びた後に冷たい緑茶。
町歩きにもバッグに入れて。
甘いおやつの後も冷たい緑茶。
あ・もちろん常温でも水出し茶はできるんだけど、衛生面を考えて冷蔵庫に入れた方がいいです。
パリで使っていたのは、このお水。
グランエピスリー・ド・パリで買った、イギリスからの輸入品のもののよう(中のお水はカナダ産なのかな)で、パッケージもかわいいし、ちょっと高かったです。
でも、これで好きなだけお茶が飲めるんですからね。
こういう風に持ち歩きには適していない形だった場合は、飲み終わった他の空きのペットボトルに、必要な量だけ移し入れます。
欲張って入れすぎると、荷物が重くなって疲れやすくなるので気を付けます。
by gigicocco | 2007-06-08 01:45 |
               これで夜8時くらい?
a0098948_1254650.jpg
パリに持って行くもの(5/17ブログ参照です)答え合わせ
●ミュゼカトル(美術館パス)-ちゃんと持って行ったが、結局、使用せず。またの機会に。
●サングラス-持って行ったが、ほとんど使用せず。太陽よけというより、目にほこりや花粉が入らないようにかけていた。
●寒さ対策の衣服-ばっちしでした。小さなスカーフを首に巻くといいかんじ。1日の寒暖の差をどうしていくかが今後の課題。
●ビクトリノックス-トラベラーでキッシュを切ったりしましたよ。旅の友だなぁ。
●のどの薬-わりと使いました。機内が乾燥してたし、パリも寒かったりして。
●胃腸の薬-持って行って良かったと思う。
●使い捨てナイフ・フォーク・スプーン・箸・お手ふき等-ナイフとフォークは忘れてしまい、フォークのみ現地調達。1ユーロちょとで20本入りプラスチックのものが買えた。残りは今後使う。ナイフはビクトリノックスがあればよい。
●ジップロック・輪ゴム・保冷袋-無事活用。でもチョコレートとかを持ち帰るのはこの時期が限界だと思う。
●変電機-持っていきました。壊れそうなので新しいものを買わなくては。
●花粉症の薬-症状がでたため、途中で足りなくなった。この時期にまた行くときはガッチリと持っていきます。
●室内履き-使い捨てのスリッパを持って行ってよかった。部屋は清潔だけど、文化が違うんで・・・。
●名刺ホルダー-ショップカードを入れられるので情報整理に役立つ。
●歯ブラシなど洗面所まわりのもの-バスタブがあったので、入浴剤も持って行ったのが良かった。3日以上滞在の時は新しい歯ブラシを買って持って行くことにする。何日も続けて使い捨てのじゃイヤだ。
●柔らかいトイレットペーパー-ツレがお腹をこわしたので感謝されました。
●折りたたみ傘-本当に持って行って良かった。1日中手放せない日も。

その他に持って行って良かったと思ったもの
□貼るホッカイロミニ-トランクに入りっぱなしだっただけなんだけど、思いがけず大活躍。身体を温めるというのは健康の基本ですね。
□冬用の下着-一応、と思って持って行ったが使用しなくちゃいけない日があった。薄い上着1枚よりこっちの方が防寒には役立つと思う。
□簡易式の花瓶-ふだんはペッチャンコで、水を入れると花瓶になるタイプ。
□予備の小銭入れ-小銭がたまりすぎて重くなってしまった時はここに適当に入れておき、足りなくなってきたらここから適当に取って出かけた。着いたばかりだと、とっさに小銭が正しく出せず、たまる。
□ワインストッパー-次はシャンパンストッパーを持って行こうかな。

持って行ったら良かったと思ったもの
◎パリのガイド本「パリのルール」-!持って行くの忘れた!
◎お肌に潤いを与えるパック-肌がとても荒れてしまった時があり、化粧水では足りない・・・と思った。
◎花粉症の薬-タウロミン!
◎予備の鍵-小さいキャリー用の鍵を忘れてしまった。

感想
荷造りの時、薬関係(サプリメント・せっけん類・カイロ等も含む)だけでかなりの量になってしまい、花粉症の薬を減らして持って行って、大失敗だった。
旅行中は普段より健康に気を付けるので、たくさんだった薬系も、帰りは半分以下の量になって、そのぶん、おみやげをつめて帰てきました。
by gigicocco | 2007-05-29 01:49 |