人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

カテゴリ:旅( 53 )

明日だって旅立てる

a0098948_0444768.jpg
久しぶりの小旅行から帰ってきて思ったのは、「明日、NYでも行けるな」と。
いやいや、いちおうはいろいろと調整しなくちゃいけませんが、でも基本的には行ける。
荷造りとかはもう、ほんとすぐに。
旅行セットというのが決まってるんで、衣類をてきとーにカバンに詰めるだけですからねぇ。
気持ちは、ちょっとびっくりするだろうけど、すぐに切り替えられます。
ま、急に明日、海外ってことは現実的には無理でしょうけどね。
「すぐ帰る」ということが前提ですし。
「明日から1年」とか、「明日からいつまでかはわからない」とかならまた別。
by gigicocco | 2011-07-04 23:44 |
a0098948_27181.jpg
多くの外国人が一時期、東京を離れ、海外や関西へ移動しましたよね。
その影響が他にも現れていて、飛行機のパイロットや客室乗務員の方々が日本へのフライトに行きたがらないんですって。
だから、従来なら、直行便だった飛行機が、経由便になったりしている。
大阪経由だったり、韓国経由だったりしてね。
お客さんが少ないとか、資材や燃料の積み込みの問題というよりも、どうも、乗組員の方々が東京(関東)滞在するのに抵抗があるかららしい。
ホラ、国際便だし、連続勤務できないから、ステイ(現地宿泊)が何泊かあるじゃない?
それが東京NGみたい。
経由地で客室乗務員さんが総入れ替えになるんですよ。
あ~あ~気持ちはわかるけど、さみしーなー。
これが現実なんだよ。
by gigicocco | 2011-05-26 01:08 |

ホテルでも計画停電です

a0098948_1892093.jpg
パリから戻りましたよ。(写真はパリのもの)
私はいろんな国に行くけれど、住むのは日本だからね。
今回は出発前夜に空港近くのホテルに宿泊していました。
出発直前にもし何かあって空港に行くことができなくなると困るから、という非常事態に備えて。
結果的には必要なかったことかもですが。
それでですね、当たり前なんですけど、空港周辺だって計画停電中なんですよね。
私が宿泊した日は「計画停電をしない日」だったので何の問題もなかったのですがね。
もし、計画停電が実行されていたら、エレベーターが動かなかったんです!
計画停電をしない日ということを知らなかった宿泊客は、計画停電が実施されていたであろうはずの前の時間(朝6時)に降りてフロントに荷物を預けていたんですって。
そうだよね、そうなるよね。
私が割り当てられた部屋なんて9階ですよ。
9階から重いトランク(郵送方法がはっきりしない今回は特に重かった)持って階段で降りるのなんて、無理だ~。
他の節電はがんばるけど、それはちょっと無理。
計画停電は必要なことだけど、こういうことなんですよね。
チェックを怠らず、イザとなったら早起き、と。
停電はね、いいの。
しかたがないことだし、数時間程度だしね。
でもなんとか、せめてホテルのエレベーターとか、医療とか、あとはセキュリティの部分とかね、そういう部分は動かせないかのう・・・。
by gigicocco | 2011-03-31 18:09 |

羽田便は便利ですねぇ

a0098948_16105942.jpg
台湾に行くのに、羽田便を使ったのですけれどね、すんごく便利でしたよ。
台北空港もね、桃園でなく松山空港だから、街から近いし。
お店やおみやげ屋さんなんかは桃園のほうが多いですけどね。
荷物は先に送って、普通電車で成田空港に到着すると、あっという間にチェックイン&搭乗。
荷物の受け取り場所(ABCストア)もチェックインのすぐ近く。
携帯電話でチェックインできるところはもっと便利そう。
次までにやっておこう。
新しいからまだ空いてるし、サイズがコンパクトだからあまり歩かなくていい。
ただ、パスポートや荷物チェックは、なんとゆーか、まだ新しいので生真面目とゆーか・・・。
慣れてないらしく、ちょっと厳しめです。
疑惑をかけられるのは、いい気がしないものですから、早く慣れて欲しいな。
トイレも個室が広いので、トランクを持ったままトイレに入れます!
一人だと荷物を見ててくれる人もいないし、優先トイレに入るしかなかったのよね~。
動線も考えられているので、怖い思いをしながらエスカレーターに大荷物のカートを乗せる必要もない。
エレベーターでスイスイですよ。
でも帰りは飛行機から降りてから、パスポートチェックまでの通路はちょっと長めに歩きました。
歩く歩道は付いてたけど、お店もなんにもないただの通路なので、単調で、すごく歩いた気分になりますねぇ。
帰りの荷物もABCストアから発送。
マスターカードのゴールドを持ってると送料無料のサービスがあるそう。
空港ビル内の店員さんはアジア系外国人スタッフが多めの印象。
手ぶらでまた普通電車に乗って帰ります。
長旅の後に満員電車は大変だな~と思ったけど、まぁ、そんなに長旅じゃないし、電車も混んでませんでした。
国際線ターミナル駅は、国内線手前に駅があるので国内線利用者が多いと、座れないこともあるかも。
なので、荷物は送ったほうがいい、と強く思いました。
荷物の送料を入れても、今まで成田に行く交通費より安くすんだし・・・。
近場に行くならほんとーに、羽田便が便利だ!!と思いました。
もう戻れない・・・。
by gigicocco | 2010-12-14 16:10 |
a0098948_19425711.jpg
イタリアに行った時、スーパーで「手頃だし、あると便利だからおみやげにしよう」と思ってトマトペーストを買ったのです。
もちろん、日本でも売ってると知ってたけど、グッと安いし、デザインもかわいかったし。
だけどね~全くデザインが同じものが日本で売ってたのよね~。
でもでも、今、全く日本で売ってないおみやげって、逆に難しい・・・と今回パリでも思いました。
ボン・マルシェの食品感に行くと、あれもこれも、もう、日本で買えてしまう・・・通販もあるし。
うむむむむ・・・おみやげ買うの、むずかしいわー。
小さくて日持ちがするような商品は特にです。
で、決めたんですけど、あんまり日本で売ってるかどうかは気にするのやめようって。
だって、気にしだしたら何も買えなくなっちゃうもーん。
なので、このブログで紹介するものも、特に現地だけのもの、というわけではないわけですね。
(あと、私は商品の宣伝をしたいと思っているわけではないので、お仕事の方の宣伝コメントはお断りしています)
トマトペーストの話しに戻ると、イタリア製のチューブ式のがトマトの味が濃くておすすめですよ。
どうも濃縮してあるらしく、トマト味が濃いのです。
レシピなどで「トマトピューレ大さじ1」というような表記があったら、わたしはコレで済ましちゃう。
時には「トマトケチャップ」の場合にもコレ。
by gigicocco | 2010-06-04 19:51 |
a0098948_1157114.jpg

ひと昔前とくらべると、新幹線で食べるお弁当は良くなったなぁと思います
野菜たっぷり弁当なんてものもあったりして
特に、新幹線の構内やその周辺で買えるものが
良くなかった頃はわざわざ一回改札を出て大丸(東京駅)のデパ地下(リニューアル前)で買ったりして
そういう需要が多かったからだと思うけど、すごく充実してたし
でもそのぶん、早めに東京駅に行かなくちゃだから、ちょっとたいへん
そんな状況なのに、構内では外国の材料と工場で作られた冷凍弁当の販売したり、ちょっと違和感
そんな頃にたしかお弁当コンテストから誕生した21世紀出陣弁当が発売されたんだから、なんとゆーか、ホッとしました
これで構内でお弁当が買えるーって
21世紀出陣弁当はそれまでのお弁当よりなんとゆーか、ちゃんとしたお弁当だったんですよ
それまではスーパーの安いお惣菜(ビニール入り工場製品の袋を開けてパックに移し変えただけ)を詰め合わせたよーなお弁当が多かったですよ
それで1000円はちょっと払えない
でも最初のうちはこの21世紀出陣弁当も限定数だったから売り切れが多かったんだよな…なんて思いながら久しぶりに食べました
by gigicocco | 2010-05-08 11:57 |

時差ぼけ記10

久しぶりの時差ぼけ記です
なんで久しぶりだったのかは、ただ単に、書くほどの動きがなかったから
超・早寝早起き
それがじわりじわりと普通の早寝早起きになってきて…近頃はもう時差ぼけは終わりかなと
というわけで、時差ぼけ記はこれで終わりです
たぶん…
やっぱり2週間くらい抜けるのにかかりました
by gigicocco | 2009-11-22 17:11 |
a0098948_14131586.jpg
ニースといえば、コート・ダ・ジュール。
モナコも近いし、南仏の高級リゾート地のイメージ。
星がたーくさんついているゴージャスなホテルに泊まって、海の見える部屋からセレブな朝食・・・というイメージをされる方が多いのではないでしょうか。
雑誌やガイドブックではそういった写真が多いですし・・・。
実際、日本からホテルの手配をしようとすると、そういう高級なところが中心で、あとはニース駅前のビジネスホテルのようなところのどちらかで。(当時)
ニース駅前は、観光の中心地(と私は思う)旧市街から離れているし、治安が悪いし、タクシー代が高いしで、駅前のホテルは選択から外すことに。
すごーく探して、やっと条件の合いそうなホテルをネット上にみつけました。
お値段もそこそこで、海の真ん前の部屋はそれなりだけど、中にはとてもリーズナブルな部屋もある。
ニースの旧市街周辺にはたくさんホテルがあるんだけど、ほんの数年前でも、日本からでは私の欲しい情報を入手するのは難しかったの。
私は星のたくさん付いたホテルに泊まるほどリッチではないし、駅前の治安の悪いホテルに泊まるほど若くもないので。
しかも駅前のホテルでも、それなりに、なかなかなお値段なのですよ。
ニースでそんなに宿泊費に予算をさくことができなかったので、ようやくみつけた立地最高なホテルの、一番安い部屋を予約した。
ニースはとても有名な高級リゾート地ですから、ホテル代が総じて高く、私がみつけた部屋はたしか、1泊98ユーロと破格。
実際に行ってみると、大きなホテルグループの小さなホテルで、受付にはおじさんが一人、というようなところでした。
部屋は一番安い部屋だから、当然、海は見えるはずもなく、かといって旧市街の市場が見えるわけでもなく。
さらに、なんと、部屋には階段で行かなくてはいけなかったのです!
重い大きな荷物で、これは大変だったわー。
好立地なのに破格の安さは、それが理由だったんですよ。
部屋は少し手狭ですが、パリあたりのプチホテルでもたいていそうなので、それはあまり気になりません。
室内はシンプルですが、南仏らしい可愛らしさも少しはあるし、清潔なので、まったく問題ナシ。
階段の問題以外は、私はこのホテルがとても気に入ったんですよ。
朝起きたら、すぐに裏の旧市街の市場に行けるし、ホテルを出たら目の前は海、まわりにはレストランやカフェもたくさん。
受付のおじさんは、とても感じが良く、頼めばレストランの予約もしてくれるし、いろいろと教えてくれた。
部屋からの眺めは海や市場が見えず、普通の住宅地の屋上のようなものが見えるだけなんだけど、それも私にはもの珍しく、いやではなかった。
むしろ、洗濯物を干したり、週末には屋上で家族の食事会が行われる様子を眺めたり、そんな部分を見られるのが、楽しかった。
海が見えるかどうかというのは、海辺のホテルに泊まっている時には大きな部分だけれど、海が見えると、とたんに価格が倍以上になってしまう場合は、やっぱり迷うよね。
ニースでは、海の見える部屋はあきらめて、それより立地や予算を優先させることにした。
海は部屋の外でも見られるのだし、実際、部屋の中で過ごすのは夜寝る時くらいで、ほとんど外で過ごしたし。
次にニースに行くことがあったとしたら、また同じようなホテルに泊まるだろうなぁ・・・階段だけは大変だから、そこだけはチェックしなくっちゃ。
これは重要なので、付け加えておきますが、ニース駅前は本当に治安が悪いらしいですよ。
私の知人も駅前のホテルに宿泊したら、夜中に銃声を聞いてしまい、早々にニースを退散することにしたのだとか。
治安の悪さはに関しては、私も少々、実感いたしましたし。
旧市街のあたりのホテルは高すぎて泊まれなかったというので、私の泊まったホテルの価格を教えたら、絶句していました。
あまりにも驚いていたので、彼女の泊まった駅前のホテルがいくらだったのかは、かわいそうで聞けなかったよ。
ついでに、タクシー代もすごく高い。
特に、空港から乗るのは、すっごく、すっごく高い。
空港使用料とかが入っているのかもしれませんが、空港から旧市街なんて、すぐそこなのに、けっこうな料金を請求されます。
ニースのタクシーは観光客が正規の値段で乗るのはなかなか大変。
トラムやバスが利用できるなら、そちらがおすすめ。
by gigicocco | 2009-09-13 14:30 |

ローマ空港で乗り換え

a0098948_736555.jpg
パリに行くのに、ローマ経由で行ったので、乗り換えのいろいろです。
こういうことって、旅行会社の人もあんまり教えてくれないし(細かいところまではわからないんだと思う)、細かすぎてガイドブックにも載っていなかったりするので、書いておきます。
私も出発前にネットで探したんだけど、乗り換え方法の細かいところまではよくわからなかったんですよね。
成田からローマ空港に到着したら、乗り換えですぐに別の国に行くとしても、そこで入国審査をする。(シェンゲン協定ってやつ)
入国審査をして、国際線→国内線のゾーンに移動する。(この時にパスポートのチェック=入国審査がある)
空港の外に出てしまうような気がするけど、単に国内線ゾーンに移動するだけなので、大丈夫。
いちおう、よその団体ツアーのコンダクターの方に確認した。
(親切に教えてくれた!うれしかったわー)
空港職員はそこらへんは親切でないので、期待できない。
あと、日本では信じられないことですが、空港内の時計が狂っていることもあるので、自分の時計で確認したほうがいいよ。(時差があるので、機内で確認しておく)
空港内の電光掲示板のはじっこについてる時計は合っている・・・と思う。
場所によるのかもですが、入国審査のブースはけっこう小さいので、見過ごさないように。
ローマ→パリの飛行機はぎゅうぎゅうで、機内の手荷物入れはかなりパンパン(観光客が多いせいか、みんな大きな手荷物を持っている)なので、注意。
時差の都合でよくわからなかったのだけれど、ローマ→パリ間は2時間くらいはかかる。
機内食も出たし。
機内食ははっきりいっておいしくないので、期待しない。
パリの大きな駅の前のカフェで食べるサンドイッチよりもおいしくない。
by gigicocco | 2009-09-04 07:53 |

アリタリアの機内食

a0098948_173474.jpg
ジェットスターのことをあれこれアップしたので、ついでにアリタリア航空の機内食も。
これは、成田→ローマ間のメニューです。
内容は、「パスタor○○?」と聞かれて、とっさに「パスタ」と答えたもの。
○○の部分は、フィッシュって言ってたのかな?
まぁ、たぶん、パスタ=肉=イタリア料理で、フィッシュ=魚=日本料理だったのでは。
アリタリアのCAさんのイタリア巻き舌がすごかったという記憶はある。
私は機内からなるべくその国の料理を食べようと思っているので、アリタリアなら、パスタを選択です。
パスタは小さな貝殻型に、シンプルなトマトソース、主菜はチキンの煮込み、前菜に生ハム、いんげんと玉ねぎのマリネ、デザートはフルーツサラダ(マチェドニア、なのかな?)。
あとは、パンとチーズとクラッカー。
パスタ+肉なので、なかなかの満腹感。
いんげんと玉ねぎのマリネがわりと量があったし、フルーツもあったし、機内食=野菜・ビタミン不足というのは軽減されます。
a0098948_174464.jpg
2回目の機内食、朝食にあたるもの。
ハム2種にポテトサラダ、パン、クラッカー、チーズ、ケーキ。
ハムの種類を全部変えたり、器に1個だけ黒オリーブの実が添えてあったり、さらにケーキはとても甘く、イタリアだなぁ・・・と思った。
私は今回はおやつは持ち込みませんでした。
気分転換のミントタブレットとのど飴くらいは持ってたかな。
by gigicocco | 2009-08-31 01:38 |