人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2013年 05月 09日 ( 1 )

鮎づくしと太鼓廻し

a0098948_19255455.jpg
冬の熊料理も有名だそうですが、鮎もとびきりだという滋賀のお料理屋さんに行く機会を得ました。
お料理は鮎づくし!
お庭に川の水を引いて、しばらく鮎をそこに放しておくそうで、とっても清らかな味のおいしい鮎でした!
a0098948_19271345.jpg
これだけ小さな鮎だと、骨ごと丸かじりで問題ナシ。
薫り高く、おいしい鮎です。
絶品!
a0098948_19274372.jpg
初めて鮎のお刺身もいただきました!
鮎ご飯も翌日の朝食も、どれもすばらしくおいしかったです。
鮎ご飯は今まで食べた中で圧倒的1位のおいしさでした。
おいしい鮎でお腹いっぱいになったら、そのままお部屋の布団で眠れるというのがうれしいな。
日本のオーベルジュ(レストランに付いた宿)ですね。
a0098948_1929328.jpg
鮎にも感動したのですが、「太鼓廻し」にもいたく感動しました。
地元では歴史ある(1000年以上とか?)お祭りらしく、私はちょうどその太鼓廻しの日に比良山荘にお伺いしたのでした。
山荘の隣のお寺にて行われる、修行の一環の行事だそうです。
夜暗くなってくると、地元の男性(中学生~大人)が白装束で集まり、これまた白装束の修行僧とともに、太鼓廻しという修行を行うのですが、偶然に居合わせた観光客でもその行事をお寺の中まで入って最前線で見ることができたのです!(地元の方、やさしい・・・)
儀式のようなことをするのかな?と思っていたのですが、大切な修行らしく、ものすごい熱気で圧倒されました。(検索してみると動画も見られるようですので、興味のある方はどうぞ)
鮎もすばらしいが、太鼓廻しもまた立ち会えたらなぁ、と思うほどです。
太鼓廻しは毎年同じ日程で行われるそうですから、一石二鳥といいますか。
ただし、通常は食事をするときに庭に面した1階のお座敷を使うそうですが、お祭りのために使用しているということで、その日は2階のお部屋でいただきました。
おいしい料理が目的なので、別に2階で問題ないし、かえってお祭りの様子が2階の窓からも見えてラッキーなのでした。
蛇足ですが、私、真っ白な装束の行者って初めて見たんです。
修行中ということもあって、若い男性が多く、遊びたいさかりだろうに、坊主頭で「ハイ!」と言ってキビキビと行動している(昼間、お祭り前の準備のときに見た)のには、なんとゆーか・・・、萌え、といいますか・・・。
3割くらいはオトコマエに見えますね~。
とってもイイもの見たな~と。
コレって、女性は誰もが感じることだと思うのですが・・・それとも、私も年をとったということなのでしょうか。
by gigicocco | 2013-05-09 19:47 | 日本Japan