人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2010年 10月 11日 ( 1 )

バスクのお菓子パン

a0098948_15331691.jpg
バスクのフランス側の海辺の町、サン・ジャン・ド・リュズにはお菓子屋さんがたーくさんありました。
かわいらしい色とりどりのお菓子にチョコレート、パンや焼き菓子がショーウインドウに並んでいて、見ているだけでも楽しい気分。
ずらりと並んだおいしそうなお菓子の中で、ずんぐりむっくりした、ほぼジャムパンやクリームパンの見た目とそっくりなお菓子パンがありました。
わりとたくさんのお店で売られていて、お菓子屋さんやパン屋さんのほかにも、軽食屋さんの店先にもどっさりと積まれています。
海辺の軽食屋さんでは、海遊びを終えて帰る小さな女の子がお母さんから買ってもらって食べていて、おいしそうだったー!
お菓子パンは、日本のクリームパンのようなふわふわの生地を揚げパンのように揚げてあり、グラニュー糖がびっしりまぶしてあるのです。
中のあんは、最後にナイフで途中まで切れ目を入れて、チョコレートクリーム(たぶんヌテラ)かジャムが塗ってあります。
チョコレートクリームのほうが圧倒的人気のようですが。
(チョコレート味しか売っていないお店も多かったので)
ジャムはあんずか、たまにイッツァス村産であろう、黒さくらんぼジャム(イッツァス村の黒さくらんぼジャムはバスク名産品)。
大きさは日本のパンよりは大きめで、小さな女の子の顔の大きさとそんなに変わらないくらい。
海に入ってもいない私には全部は食べきることはできなかったけど、ふわふわで甘いお菓子パン、すごくおいしかったー。
あんずジャムもさわやかで正解!
チョコレート味もおいしいに決まってるけど、私には甘すぎるかと。
食べていて思ったのですが、まわりに砂糖をまぶしてあることもあって、中のジャムの量はちょうど良かったです。
私はどうも、あんがたっぷりだと甘すぎると感じることが多いので、あんはこれくらいで十分じゃないか、と思いました。
なんとゆーか、あんが少なめのほうが、外側のパンや生地のおいしさがたっぷりと味わえると思うのですね。
私はふわふわのお菓子パンて、日本やアジアのもののような気がなんとなくしていたんですけど、ヨーロッパにもあるんですねぇ。
ふわふわのパンというのがあんまりイメージになかったんですが、おいしかったですよー。
生地のきめが粗そうに見えるかもしれませんが、しっとりととろけるような食感もあって。
しっかりと、おいしそうなお菓子屋さんの店先で売ってるのを選んで買いましたから、バッチリです!
このお菓子パンはビアリッツでは見かけなかったよーな気がします。
サン・ジャン・ド・リュズではたーくさん見かけました。

※追記です(2012.9)
ハワイのドーナッツ、マラサダと似てるなぁーと思っていたのですが、やはりポルトガル系移民(?)がハワイに持ち込んだのがルーツだそうです。
ポルトガルなら、バスクとお隣の地域ですからね。
納得!です。
by gigicocco | 2010-10-11 15:58 | バスク Basque