人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2009年 05月 21日 ( 2 )

トルコ宮廷料理ふたたび

トルコ宮廷料理がとても気に入ったので、ふたたび。
a0098948_5192780.jpg
なすの前菜。
イタリア料理で「貧乏人のキャビア」という料理がありますが、そのトルコ版と思う。
歴史のある料理なんですね。
中東料理でもそっくりななすのペーストがあるんですよー。
焼きなすがベースとなる料理なので、たいていの方が好きだと思います。
お皿のまわりにふりかけてある赤いスパイスは初めて体験するものだけど、上品でとてもいい。
a0098948_5195384.jpg
スペシャリテのトルコピザ。
とても手間のかかる一品らしく、枚数限定です。
イタリア式やアメリカ式のピザ生地とはまた違い、ちょっとふわっとしたかんじで、とてもおいしい。
最後に生卵を落とすのは反則だろう!と思う。
なんで目玉焼きがのってるとなんでもおいしそうに見えるんでしょうね。
このピザはのってなくても、十分、おいしいですよ。
a0098948_5201417.jpg
もちもちラビオリ。
食べ応えがあって、おいしい!
ソースはトマトベースで、ラビオリの皮はちょっと中国北方の水餃子みたい。
もともとは同じ料理だからね・・・歴史を感じるなぁ。
a0098948_5203875.jpg
中にほうれん草を入れて巻いた肉料理。
牛だったかな?
中のほうれん草がさっぱりとして、お肉はしっかりお肉の味で、スパイス具合も巧みで、おいしいです。
付け合わせも繊細でおいしい。
赤い菱形のが、野菜の重ね蒸し。
オレンジ色の丸いのがマッシュポテト。
赤い円柱型のが、赤キャベツの甘酢づけ、だったはず。
ここんちはやっぱり、スパイス使いが上手だなぁ・・・。
これみよがしなプンプンなハーブ使いはしないのだ。
あくまでも、素材の味を大切に。
これは世界共通なのだなぁ。
a0098948_5211261.jpg
デザートは、オリーブ入りセミフレッドとフルーツのざくろジュース漬けの盛り合わせ。
オリーブ入りなので、セミフレッドはほんのり塩味でさっぱりした後味です。
ここのフルーツのざくろジュース漬け、とても好き。
by gigicocco | 2009-05-21 19:35 | 東京 Tokyo

走る男

年末年始にはたくさんマスコミで取り上げられた、間寛平のアースマラソン。
今はアメリカ大陸を半分まできたそうだ・・・さらりと書いたけど!走ってアメリカ大陸半分て!
毎日30~60キロを走ってるんですよ!
毎日フルマラソンですよ!
単純に、スゴイ。
たまに奥様も様子を見にいらしているのですが、本当に、いい夫婦だなーと思います。
付いているスタッフも、すごい。
それと同じくらいスゴイのが、ほんとうにしょっちゅう差し入れを持って日本人の応援があること。
地元紙の取材も度々受けているようなので、近辺に住む日本人が探して(近辺と言ってもアメリカなので何十キロも遠くからだったりするだろう)来てくれるらしい。
でね、その差し入れがとてもいいんですよ。
手作りの日本食や、寛平さんの大好物のビールが多いんですけど、日本食も、おにぎりやいなり寿司、焼きそばなどの、本当に気取らないものばかり。
私、海外に住む日本人がつくる日本食というのは、日本に住んでいる日本人とは違う意味と価値があると思うんです。
当たり前ですが、日本よりは素材だって手に入りづらいのですし。
それを持って、どこにいるのかはっきりわからない寛平さんを探す・・・何日走っても景色が変わらないような場所でも、探して来てくれるんですよ。
すごいなぁ・・・と思いつつ、日本人て、こんな場所にもいるんだなぁ・・・と思ったり。
飾らない素朴なご飯が出てくるのが、なんともいいかんじ。
もちろん、地元のダイナーで食事をしているのもおいしそうなんだけど、差し入れでもらったり、自分たちで持ち込んだ食料を食べるのはまた違った格別さがあると思う。
これからNYに向かって走るそうですから、日本人の応援ももっと増えることでしょう。
地球一周を走ることは意味があるのだ。

間寛平アースマラソンブログ
by gigicocco | 2009-05-21 04:22 | 日々