人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2008年 12月 02日 ( 1 )

a0098948_2275331.jpg
ケアンズの町中から少し離れれば、野生のマンゴーが自生しているとか、日本でだったら動物園にいるような大きな白いオウムが飛んでるとか、にわかに信じてもらえないようなことを今まで書いてきましたが、証拠写真を公開します。
この場所はケアンズの町から、そうだな、車で20分くらいの場所です。
真ん中で歩いているのが、白い大きなオウム、コッカーです。
知能が高く、いたずらをし、鳴き声が美しくなく大きいので、地元民にはあまり好かれていないみたい。
ほんと、ぎゃーぎゃーってかんじの鳴き声で。
私もグラスホルダーを壊されたことアリ。
それでも、きれいな鳥だなーとは思う。
頭の黄色い羽飾りがかわいいし。
実際、動物園のオリに入っているのを見たことがあるような鳥が、そこらへんを飛び回っているというのは、すごいよねぇ。
a0098948_230519.jpg
真ん中に青い、小さな青い実があるの、わかります?
木がYの字に分かれている、真ん中に見えるのです。
これが野生のマンゴー。
道ばたに生えてる木だから、自生しているんだと思う。
皮は青くて、大きさはせいぜい長さ12センチくらい。
中の身はマンゴー色だけど、繊維が強くて食べられるところは少ない。
香りは野生らしく強くて、ちゃんとマンゴーの香りです。
なぜこんなにくわしいのかというと、ちょうど実が落ちるところを見られたので、それをひろって、皮をむいてかじってみたことがあるから。
そんな小さな実が、時期によっては、ほんと、すずなりってかんじで実っています。
マンゴーって細い枝にぶら下がって実るので、初めて見た時は、さくらんぼみたいだなぁと思いました。
それくらい、すずなりで成るのです。
a0098948_2305671.jpg
コッカーが野生のマンゴーの実を食べているところです。
これはうまく写真がとれなかったー。
なんと、このオウム、片足で枝に立って、器用に片足でマンゴーを持って、なにげにマンゴーの皮をクチバシで剥いて、中の実だけを食べていたのです!
ほんとです!
かしこいな!
むしゃむしゃと器用に何口かマンゴーを食べて、また遠くへ飛んでいってしまいました。
ケアンズの青い空を大きな白い鳥が羽をひろげて飛んでいる姿は、ちょっとうっとりする。
by gigicocco | 2008-12-02 01:20 | オーストラリア Australia