人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2007年 06月 27日 ( 2 )

a0098948_1231477.jpgレピ・デュパンはパリのガイドブックにたいてい載っているおいしいビストロです。
いつも大混雑してて、たいていは予約なしで入れないし、予算は30ユーロくらいですむし、日本語でメニューの説明ができるスタッフがいるからかな?
左岸の有名デパート、ボン・マルシェからすぐの場所にあるのも便利です。
本当に混雑しているので、昼・夜ともに2~3回転しているみたいです。
私もお昼の12時少し前に行くと、2時すぎだったら入れてあげるよ、との答え。
おなかペコペコというわけでもないし、2時すぎにまた来ることにしました。
2時間なんて、あっという間でしたよ!
近所の靴屋に寄ったりしていたら(笑)
客層は、・・・今回は地元の人はあんまりいなかったみたい。
日本人客も多いです。
何回転もさせるためか?料理は次々とスムーズに出てきて、次の皿を待つ時間というのはあまりありません。
そこら辺が観光客にもいいのかもな~なんて。
a0098948_1249721.jpg前菜1。
三角帽子の中には細かく切ったエスカルゴと野菜。
パリで食べるエスカルゴは日本で食べるより香りにクセがなくて食べやすい。
付け合わせの苦みのある葉っぱのサラダも口の中がさっぱりしていい感じ。
a0098948_12512152.jpg
前菜2。
一番下に細かく切ったラタトゥユ、その上にツナペーストをのっけたもの。
パリパリの薄ーいおせんべいが良い食感のアクセント。
付け合わせのサラダは同じものです。
ラタトゥユは夏野菜の煮込み。
トマトが少なめなのが、またいいかんじ。
この小さめサイズが日本人にも食べやすいのかもなぁ。
ここまでの飲み物は、ワインを頼まず、ガスウォーターのBADOITバドワ。
バドワはパリのテーブルウォーターの定番のようですね。

a0098948_025107.jpgメイン1。
ほぐして固めたうさぎ肉(・・・たぶん)を丸く形をつくって、表面に細かーいパン粉を薄く振ってカリッと焼いたもの。
ここで我慢しきれず、グラスワインを注文。
付け合わせはポレンタとさつまいものマッシュを練ったもの。
バターの風味がすごい。
ポレンタはトウモロコシを粉にした、おなかがいっぱいになる食べ物。
お肉の塩気と付け合わせのふわっとした甘さが一緒に食べるとちょうど良いのだ。
a0098948_13143920.jpgメイン2。
カリッと揚げ焼きしたリードヴォーに、下の台はクスクスです。
正直に言うと、このクスクスは多い・・・と思った。
だけど、おいしくて全部食べてしまう。
クスクスもまた、おなかがいっぱいになる食べ物。
リードヴォーとクスクスの間には、仔牛の肉とスパイスでたたいたつみれのようなものが入ってて、これまたおいしーのだー。
つみれとクスクスを一緒に口に入れてワイン、と。

a0098948_1323835.jpgデザート1。
メロンなどの果物とクリーム2種を重ねたもの。
メニューを読むのを手伝ってくれたスタッフの男性がおいしい!というので注文してみたのですが、本当においしかった!
味が完全に一体化していて、「何の味」と言いきれないのが私の力不足というかんじ。
お店の人が本当においしそうに薦めた場合は基本的には従うのがよい。
a0098948_13365162.jpg
デザート2。
りんごのタルトタタン。
タルトタタンと書かれたら、注文せずにいられないんですよねー。
りんごも軽く煮た程度で、フレッシュで、さっぱり味のタルトタタンでした。
タルト生地ではなくて、カリカリのワッフルなのが、めずらしい。
ワッフルはシナモンが多めでちょっと残念・・・。
強いシナモンは苦手なのです。
あたたかいりんごとワッフルに冷たいアイスクリーム。
絶対おいしい組み合わせですね。
ソースはスパーシーな香りを付けた蜂蜜。
a0098948_13283072.jpg
ごちそうさまでした。

L’EPI DUPIN レピ・デュパン
11,rue Dupin 75006 Paris
by gigicocco | 2007-06-27 13:40 | フランス France
a0098948_0393820.jpg
パリでフォーを食べたのなら。
ベトナムサンドイッチだって、食べたい。
ベトナムサンドイッチは、ベトナム語でバイン・ミーというらしい。
日本でバイン・ミーを食べられる所を私は知らないから、食べたこともない。
でも、話しを聞くたびに、おいしそうだな~、食べたいな~と思ってた。
小さめのフランスパンを横からザクザク切って、野菜中心の具を入れてナンプラーで味付けして食べる、という情報だけあったのです。
パリ13区にこれまた有名なバイン・ミーの店があるということで、行ってきました。
なーに、ベトナムフォー屋さんの「14」からすぐの所にあるんですからね!
a0098948_0471761.jpg
お店はズバリこんなかんじ。
ガラス張りの店内で、女性達がどんどんバイン・ミーをつくっています。
だって、ひっきりなしにお客さんがやってきて、どんどん売れてるから。
このバイン・ミー屋さんの隣の、タン・フレールという中華系スーパーの黄色い袋をもった人達が歩きながらこのサンドイッチを買い食いしてる姿もけっこう見かけました。
2ユーロで手軽に食べられるから、お買い物帰りの気軽な腹ごしらえにぴったりなのかも。
a0098948_0542578.jpg
このサンドイッチの具には薄切りの脂身のないお肉(豚肉だと思うけど、鳥ハムみたいな食感)に、人参と大根の甘酢漬け、香菜と、あと、太巻きに入れるみたいな棒状に切ったきゅうりが入ってたかな?
あっさりと食べやすい。
ナンプラーのクセは全く気にならず、ナンプラー入ってた?と思ってしまったくらい。
ただただ、おいしい。
あっという間に1本食べちゃった。
人参と大根の甘酢漬けも、バゲットと違和感がなくてびっくり。
今回は注文しそびれた、辛いチリのほうを次は注文しなくちゃね。
あー、食べたいものがたくさんすぎて、胃袋がもう1つ欲しいよ。

天興 Thieng Heng
50 av. d'Ivry 75013 Paris
中華系スーパー、タン・フレールのとなりです
by gigicocco | 2007-06-27 01:22 | フランス France