人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2007年 06月 23日 ( 2 )

パリでの危険回避

何度かパリ13区のマルシェのことについて書いてきましたが、ちょっと危険な目にも遭いました。
マルシェといえば「スリが多いので気を付けよう」と、よくガイドブックに書いてありますが、どうやら私もターゲットにされたようです。
マルシェって、売ってる商品を見るのも楽しいですが、売ってる人の様子や、お客さん達の様子を見るのも楽しい。
だから、たびたび周りを見渡していると、何度も目が合うオジサンがいるんですよ。
人がたくさんいる場所だし、そういうこともあるかな?と何回目かまでは思っていました。
でも、何回も目が合うし、ちょっと目つきは鋭いし、これ以上目が合うのが嫌だったので、マルシェの通りにある、衣類や雑貨を売るスーパーのような店に入ってやり過ごすことにしました。
スーパーのほうがマルシェよりずっと空いてて周りを見渡せるし、本当にオジサンがただマルシェを歩いている人だったら、私がスーパーに寄ることによって、私との距離が離れます。
そう思ってスーパーで雑貨を見ていると(これまた安い)、どうも同じオジサンとまた目が合う。
一緒にスーパーに入ってきたようです。
スーパーは空いていたので、はっきりと顔や背格好が確認できました。
私はバッグの持ち手を固定して、簡単に開かないように工夫しました。
鍵は持っていませんでした。
用心してバッグを開かないようにした後、売り場を次々と変えて、そのたびに振り向くと、オジサンと目が合う。
もう、これは絶対、偶然ではありません。
もし目があって、笑いかけてきたり話しかけてきたら、ナンパという可能性もありますが、オジサンはスイッと目をそらすのです。
もしナンパなら目があったらラッキーなので、さっさと話しかけてきます。
間違いありません。
私がターゲットなのです。
日本人観光客がめずらしい所だし、無防備に見えたのでしょう。
確信した私は、何度も売り場を変えて、そのたびに振り向いてオジサンを見ました。
警戒してるぞ、わかってるぞ、と知らせるためです。
買い物をするわけにはいきませんでした。
この状況で買い物をするということは、どこにお金があるのか、バッグのどこに工夫をしているのか、わざわざ相手に教えるようなものです。
売り場を変えつつ、スーパーの出口付近まで行って、1回スーパーを出て、再度、同じスーパーにまた入りました。
混んでるマルシェでは、もしまたオジサンにつけられてもわかりづらいから危険なままです。
再度スーパーに入って、店の奥の方に歩いていくと、またオジサンもスーパーに入ってきました。
完全につけてますね。
オジサンの顔をじっくりと見て、オジサンが目をそらすと、またスーパーの出口へ行き、オジサンもついてくるのを確認してから、スーパーを出るふりをして中にまた入りました。
フェイントです。
オジサンは私のフェイントにひっかかってスーパーから出てしまい、まだ中にいる私に振り向きました。
私はまた、オジサンの顔をじっと見ました。
オジサンはそのままスーパーにはもう入ってこず、マルシェの人混みに紛れ込んで行きました。
一応、しばらくスーパーで時間をつぶしてからマルシェに戻りました。
マルシェに戻ってからも何回か振り向きましたが、もう、目の合うオジサンはいませんでした。
これって、ただの思いこみじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、自分の身を守るのは自分だけです。
あれだけの人混みの中で、何度振り向いても同じ人がいて、目をそらす、なんて偶然はありません。
この警戒心のおかげで被害に遭わずにすみました。
他の人の被害報告を読んだり聞いたりしていると、観光や景色や買い物など、別のことに夢中になっているときに被害に遭いやすいようですね。
また次にこのお得なマルシェに行く時は、地味な格好で行くことにします。
この事件以外は楽しい場所でしたからね。
by gigicocco | 2007-06-23 14:20 | フランス France
a0098948_2141441.jpg
パリと日本とでは水質や空気の乾燥具合が違うので、肌が荒れてしまうという方がけっこういるようです。
私も様々な不運が続いて、とうとう顔を洗っただけでヒリヒリするようになってしまいました。
ふだん日本では手抜きの手入れでも平気な丈夫な肌なので、特にスペシャルケア用の化粧品も持ってきてないし、困ってしまいました。
化粧水を塗っただけでも染みるんですから、もうお手上げです。
困ったなーと思っていると、いつか読んだモデルで女優の川原亜矢子さんのエッセイを思い出しました。
川原さんはモデル時代にパリに住んでいた時、顔はミネラルウォーターで洗っていた(たしか)という記述があったのを思い出したのです。
その部分を読んだ時は、さすが一流モデルさんは気合いが入ってるなぁープロだなぁーと感心しただけでしたが、私も試してみようと思いました。
ちょうど軟水のヴォルヴィックも冷蔵庫にあることですし。
さすがに洗顔の全てをミネラルウォーターで行う勇気はなかったので、最後のすすぎだけやってみました。
洗顔後に手のひらを左右2つくっつけて、その中にヴォルヴィックを注ぎ、じゃぶじゃぶと顔になすりつけるようにすすぎます。
ヴォルヴィックですすいで、きれいなタオルできちんと水分をとって、いつもよりしっかりめの保湿クリームを塗って寝ると・・・朝にはもうほとんどヒリヒリしない。
あっけなく、結果がでてしまいました。
その後も洗顔後のヴォルヴィックすすぎを続けると、みるみる良くなって、肌の痛みはなくなり、いつも通りの状態になりました。
洗顔後、最後に冷蔵庫から出したての冷たい水ですすぐので、広がった毛穴もキュッとしまるというラッキーな副作用もオマケについてきました。
あ・ミネラルウォーターは日本で買うより、うーんと安いし、コップ1杯分くらいの量なので、思い切って顔のすすぎに使いましょう!
パリでの肌トラブルはミネラルウォーターで洗顔のすすぎを!たったこれだけで問題解決でした。
川原亜矢子さん、ありがとう!
by gigicocco | 2007-06-23 02:35 | フランス France