人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

2007年 06月 22日 ( 2 )

a0098948_13574267.jpg
パリ13区のマルシェで買ったものシリーズですね。
そこで買った花束をホテルの部屋に飾ります。
滞在して何日目かになってくると、部屋のにおいが気になってくるし、洗濯物を乾かしたりするし、疲れてくるから、花とグリーンでいい香りにしたい。
それだけで、ホテルの部屋がかなりリラックスした雰囲気になる。
アロマオイルを水で薄めたものをスプレーしたりすることもあるけど、アロマオイルのスプレーはしばらくすると香りが消えてしまう。
生花だったら、ずーっとほのかに良い香り。
花を飾れるように、持ち運びできる軽くてコンパクトな花瓶を旅行用トランクに常に入れています。
ふだんはペッチャンコのビニール製で、水を入れるとふくらんで花瓶になるタイプの2枚セットです。
あまり大きな花は入れられないけど、十分、役に立ってくれています。
a0098948_145890.jpg
マルシェでも花屋さんがあったら買おうと思って歩いていました。
そうすると、道のはじっこにブースもなく、花を数種とグリーンとでブーケにして、その1種類だけをバケツに入れて、立って売っている女性がいました。
まだ若い女性で、ちょっと不安げな顔で立っていました。
私はその花束を買うことにしました。
なんてったって、4ユーロだし。
あんまりつぼみが固すぎる花だと、滞在中に咲かないこともあるから、ほどほど咲いた花を選びます。
ホテルの部屋に持ち帰って私の花瓶と比べてみると、思ったより大きな花束で、4ユーロという値段の安さに改めて驚きました。
包んである紙を開くと、花束は淡いピンクの毛糸できっちりぐるぐる巻きにして作られていました。
その淡いピンクが、この花束を売っていた少女となぜかだぶるのでした。
その毛糸をビクトリノックスのトラベラーのナイフでカットして花束をばらして、2つの花瓶に入るように分けました。
ひとつはベッドサイドのテーブルに。
もうひとつはバスルームに。
a0098948_14203912.jpg
あまり広いバスルームではないので、トイレタンクの上に置きました。
たったこれだけのことで、ホテルの部屋はずいぶんと居心地の良い部屋になります。
持ち運べる花瓶がない時や、サイズが合わない時は、ホテルに付いてる花が入れられそうなものには何でも入れてみます。
それでも足りない時には大容量の水のペットボトルを買ってきて、ビクトリノックスのナイフでちょうど良いサイズにカットして花瓶にしたこともあります。
さすがにそのときは見栄えが悪かったので、別の商品に付いてきた包装紙とリボンを巻き付けて工夫をしました。
by gigicocco | 2007-06-22 14:37 | フランス France

初めてのスカル

a0098948_1145250.jpg
パリ13区の迷い込んだマルシェで買った激安の靴、その2です。
なんと、この靴、5ユーロ!
5ユーロって、このユーロ高のご時世(約166円)でも830円ですよ!!
なのに箱も付いてるし、ビニール袋にも入れてくれたんですよ!
5ユーロですからもちろん、つくりは「それなり」ですけどね。
底とかペナペナだから、室内履きが精一杯だし、布の切れ目が変な所でボンド止めだし、プリントの色は薄いし。
でも買わずにはいられなかったよ!
あのサンダルと同じ店で購入したけど、その通りではどこも同じ様な価格でしたよ。
スカル(ドクロ)って流行ってるけど、私は今までスカルものは買ったことはありませんでしたから、これが初めてのマイ・スカル!
このスカルはね~、いいーんですよ。
じゃーん!!
a0098948_1222690.jpg
はははは!
クチがピカチュウのクチじゃん!
どーみても微笑んでるよね!
ブランドでも笑ってるスカルってあるけど、これはなんか、マヌケでしょ。
鼻とか線1本で表現されてるし、スカルとしてはギリギリでは?
あほだなぁ。
なんと、ナマイキに色違いの黒もあった!
茶色のほうがより可愛いかったので、こっちにしました。
かろうじて付いてる細い同色のリボンもなんか、けなげ。
こういう微笑ましい靴も、だーいすき。
by gigicocco | 2007-06-22 01:37 |