人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

小南国のメインとデザート

a0098948_15171922.jpg
さて、続きです。
メインはお肉を食べる気分でなかったので、魚料理を注文。
お肉料理も名物がいくつかあるから、気になりますが・・・。
お店の方によると、中国の方がいらっしゃると、この魚料理を注文される方が多いそう。
a0098948_15174551.jpg
ソースは野沢菜のような漬け物入りあんかけ。
(漬け物の色が鮮やかすぎるのがチト気になる・・・)
以前、新吉士で食べた料理とそっくりだから、代表的な上海料理なんだろうなー。
私が上海に行った時には食べたことはなかったけど・・・。
日本らしく、食べやすく身を一口サイズに切ってあって、あんかけにしてありますが、味はだいたい同じです。
一番違うところは、下に茶碗蒸し液みたいのと一緒に蒸してあることかな。
a0098948_15192144.jpg
一口食べると、この料理には白いご飯が必要、と判断。
蒸し魚と漬け物と茶碗蒸しですもの・・・ご飯にかけて食べると、ものすご、おいしいです。
ご飯は日本のお米です。
お酒を飲んでいても、ご飯を注文してしまうと思う。
a0098948_15204587.jpg
点心も少しは食べたいので、上海蟹入り小龍包を注文。
私は上海料理店では小龍包を注文することにしているんですー。
季節なので、上海蟹入りを注文しましたが、普通の小龍包のほうが好きだ、と思う。
上海蟹が入ると、どうしてもシーフード臭がしちゃうから・・・。
a0098948_15213953.jpg
素朴な野菜まんじゅうも注文。
まわりの皮は肉まんの皮です。
で、中はシンプルな味つけの野菜が入っています。
a0098948_15215781.jpg
お肉や海鮮は入っていないので、とても素朴で、大好きなんです。
中華料理で点心は、メインの後、最後に出てきます。
前菜ぽいイメージだけど、ご飯ぽいあつかいなんですね。
確かに、小龍包と中華まんじゅうのどちらも、粉ものです。
a0098948_152373.jpg
デザートに、白玉入り麹と金木犀のスイートスープを注文。
私にとっては上海料理のデザートはコレしかないってかんじなんですー。
上海に行ったとき、デザートはこればかりだったから・・・。
ここのはなかなかおいしかったですよ。
金木犀の香りと、麹の香りがとてもいいんです。
金木犀の香りと言っても、芳香剤の香りとは全く違いますよ。
金木犀の花の砂糖漬けなので、自然な香りです。
白玉(お餅)のやわらかさも、優しくて好き。
甘さは、日本なので、強めです。
上海でも香港ではもっと優しい甘さなんですよー。
注文の時、店員さんに、「ホットですけど?!」と言われて、「ホットじゃなかったら、むしろ嫌だよ」と思いました。
日本ではこういうデザートがホットなのはありえない!と思う方もいらっしゃるんでしょうねぇ・・・店員さんの苦労が忍ばれます。
a0098948_15234838.jpg
もうひとつのデザートは、あたたかいおもち。
金木犀の香り付き。
蒸したてで、ふわふわんのもちもちで、ほのかな甘さ。
とてもおいしい。
日本でもこれくらいの上海料理が食べられるなんてうれしいな、と思いました。
個室もあるので、接待にもおすすめです。
by gigicocco | 2009-01-17 19:06 | 東京 Tokyo