人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ルーブルでミュージアムパスを買ってみた

ルーブル美術館で、たいていは一番はじめに見るのはニケだ。
階段を昇っていくと、少しづつ見えてくる様や、天井から光りが降り注ぐ中心にある、その演出もとてもいい。
その堂々とした美しさに、いつも感動する。
a0098948_18113440.jpg
パリで複数の美術館を巡りたいなら、ミュージアムパスを買うのは必須だと思う。
特に、時間のない観光客にはね。
週末や観光シーズンのパリの大きな美術館は特に混んでいて、ちょっとでもスムーズに入れるパスがあるのは助かります。
そのつど、受付でチケットを買うのはけっこう大変なんですよね。
まず、チケット売り場の行列に並んで、それから、入場の大行列に並んで・・・とか。
ミュージアムパスを買うのは、「時間をお金で買う」感覚です。
実際に、ミュージアムパスで損しないくらい美術館をまわるには、1日で複数の美術館に行かなくてはいけませんから、かなり大変だと思います。
あらかじめガイドブックでチェックした目的の作品を大急ぎで見て、次の美術館に移動して・・・と、けっこうハード。
だから、ミュージアムパスで損しない、というのは考えないことにしています。
あくまでも、スムーズに美術館に入るための、入場券付きのパス、と割り切っています。
私はうっかり事前に買っておいたミュージアムパスを忘れてしまい、パリで買うハメになってしまいました。
しかも、ルーブル美術館で!
ルーブルのチケット売り場はたくさんあるので、比較的スムーズに買えたはずと思ったのですが、なんとチケット売り場ではミュージアムパスは売っていなかったのです!
なんとか激混みのインフォメーションコーナー(日本のデパートでいうと、入り口の受付係のような場所)で売っているという事務所の場所を聞いたけど(チケット売り場の人は英語が通じなかった)、そこもぎっしり激混みで、15分待っても1歩も動かない。
1時間待ったとしても、とても買えそうではなかった。
なんなんだ?
学生っぽい子達がいっぱいいたから、学割チケットを買っていたのか?
ちょっと、他にも売ってないかみてこよう、地下のショッピングコーナーの辺りを歩いていると、ツーリズムインフォメーションを発見!
ここならあるかも!
a0098948_1812774.jpg
ツーリズムインフォメーションは、観光ツアーの案内や予約とかをしてくれるところらしい。
スタッフはみなさん何らかのお仕事をされていましたが、私が行った時は待っている人がゼロだったので、しばらく待って、手の空いたスタッフに「ミュージアムパスがほしいんだけど?」と聞いてみると、あっさり「OK!」と買えました。
待ち時間は13分、買うのは3分。
おお~!
ミュージアムパスをルーブルで買わなくちゃいけなくなった場合はここだな!
ルーブルのインフォメーションコーナーで聞いた事務所に行っている場合ではない。
ちょっと待つけど、運がよければすぐ買える、このツーリズムインフォメーションは、ルーブル地下のメゾン・ド・ショコラのすぐ近くです。
ただし、仕事が遅いので、前のお客様が込み入ったことを聞いていたりすると、ものすごく待つ場合もあることが予想されます。
はっきり言えることは、ルーブルでミュージアムパスを買うのはおすすめしないってこと。
普通の入場券なら、ルーブルは比較的、すぐ買えます。
荷物チェックをして入ったルーブルの中に、映画館のチケット販売ブースのようなものが壁際にずらっと並んでいます。
場所は、だいたい、ガラスのピラミッドの真下あたりです。
ここのお姉さんは仕事が早い(だって決まったチケットを売るだけだから)ので、少しくらい列ができていても、大丈夫。
パリでミュージアムパスを買う場合は、ルーブルや大きな美術館で買うくらいなら、小さな美術館に先に行って買ったほうがいいと思う。
小さな美術館だったら、チケット売り場で一緒に売っているところもあるから、比較的すぐ買えるようです。
あ、小さくても、ピカソ美術館はけっこう混んでることが多いと思う。
もっとマイナーなところでミュージアムパスは買おう。
by gigicocco | 2009-01-21 03:47 | フランス France