人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォションの謎ケーキ

a0098948_1154060.jpg
パリのフォション3階のカフェはちょっとした観光地のひとつ、と思う。
フォションはとても混んでいて、広い店内を見て歩くだけでちょっと疲れるので、カフェで一休みhしたくなるのです。
ちょっとお茶でも・・・と思っていても、ついついケーキも注文してしまうのは、フォションだもの。
しかたないですよね。
メニューだけではどれがどのケーキか心もとないので、ショーケースの中を見て選びます。
ショーケースの中でひときわ異彩を放っていたのが、このグラスケーキ。
食べるまで何のケーキかまったくわからなかったですよ。
何か、プラスチック?が2本刺さっているし。
わからなかったので、このグラスの、と言って指を指して注文しました。
ここからが「パリ」なんだけど、その目の前のカウンターの、お皿に乗ったケーキがいっこうに私のテーブルに運ばれてこない!
とにかく「観光地」だから、ひっきりなしにお客様がやってきて、店員さんが忘れちゃうんですね。
あんまり遅いから、合図しては、店員さんもそのたびに「ああ、そうそう」といった風に思い出すんだけど、すぐに新しいお客さんがやってきて・・・のくり返し。
5回くらい合図して、ようやくケーキが運ばれてきた。
もう、立ち上がって、自分で取りにいこうかと・・・だって、2メートルも離れてない場所なんだもん。
最後にはね、店員さんと目が合うと笑っちゃったよ!
店員さんもあまりにも何度も忘れてしまうので、自分でも可笑しくなったみたい。
私も怒る気にもなれず、ちょっとしたコミュニケーションってとこで。
その分、かなりゆっくりできたしね。
そうしてようやっとテーブルに運ばれてきた謎のグラスケーキは、BaBaでした。
甘いお酒がケーキに染みこませてあるお菓子。
突き刺さったプラスチックのスポイト状のものを押すと、ちゅっとリキュールが染み出てくるしくみ。
これでリキュールシロップの量を調整できるんですね。
なんて、かわいい仕組み!
ちなみに、全部入れると、水っぽすぎるし、甘いし、なによりアルコールがきつい・・・と思った。
でも、楽しくて、ついつい、何度もスポイトを押して、リキュールシロップたっぷりのBaBaにしてしまうのです。
真ん中の黒いストローで下にたまったリキュールも飲めるのですよ。
ちょっとほろ酔いケーキです。
お酒が弱い方は無理だろうなぁ・・・。
ケーキとアーリータイムのカクテルの中間、てかんじかな。
by gigicocco | 2009-01-15 11:24 | フランス France