人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カリッソンとはおいしいお菓子だったのか

a0098948_17411549.jpg
カリッソンというのは、南仏の伝統的マジパン菓子というのはどこがで聞いたことがありました。
だけど、おいしそうとは思えませんでした。
一般的に日本のマジパンて、おいしいものというより、デコレーションの役割が大きいし、私が見た多くの写真でも、カリッソンは色とりどりでゴージャスに飾り付けてあるものが多かったんです。
マジパンというものにそもそも疑いを持っているのに、フランスのスーパーで売っていたりする消費期限の長いカリッソンがおいしいのかも疑問で。
伝統的ということは、甘すぎたり、味もちょっと古めなのでは・・・なんて邪推してみたり。
ひな祭りのひし餅とか、普通にスーパーで売ってるもので、おいしいと思ったことがなかったので、そういう、伝統的な、形だけのものなのかなぁ、って思ってたんですね。
フランスのおみやげとしてよく紹介されているので、きっとおいしいのもあるんだろうなぁとは思っていました。
後々、くわしくカリッソンを調べてみると、フルーツの砂糖漬けやナッツなどを細かーくすりつぶして、はちみつやオレンジフラワーウォーターなどと合わせ練ったものなのだとか。
メロンの砂糖漬けとアーモンドをメインとして、オレンジフラワーウォーターで香り付け・・・ウン、それならおいしそうだね!
手間がとてもかかるお菓子ということもわかったので、どうせ初めて食べるなら、おいしいカリッソンを入手しなくては。
ここはパリだし、そうだ、かなりの頻度で通っているジェラール・ミュロで買えばいいじゃん!ということに気が付きました。
ジェラール・ミュロに対する信頼感です。
お店に行くと、すでに箱詰めされているカリッソンには色とりどりのアイシングがかかっているものもあったのですが、その時、バラで買えるのは白いアイシングのカリッソンだけでした。
手間のかかるお菓子だけあって、なかなか高価だったので、おそるおそる数個だけ袋に詰めてもらいました。
グラム、いくらだったかな?
まぁ、1ユーロ175円の時でしたから、割高感がすごかったのです。
日本に帰ってさっそくそっと食べてみると、おいしい!
砂糖漬けのメロンのさわやかな香りと、オレンジフラワーウォーターの香りが絶妙!
すごく甘いお菓子だとも聞いていたのですが、全然、問題ないですよ。
何個も立て続けに食べたら、甘すぎるけど、1つくらいお茶といっしょに食べるなら、すごーく、おいしい!
食感はもちもちねちねち。
・・・もっと買ってきたらヨカッタよー!!
南仏の方はどうしているのかはわかりませんが、これはね、何個も一度に食べるお菓子じゃないんだと思うの。
お茶の時に、カップの脇にちょこんとひとつあったらとってもうれしいなぁ、と思います。
チョコレートと同じですね。
これならおいしいおみやげとして、使えるな。
おいしそう!と思える店では積極的に買うことにしよう。
大切にひとつひとつ食べていたのですが、しばらくすると固くなってしまうので、このお菓子もやっぱり鮮度が大切なのだと思います。
by gigicocco | 2008-10-09 06:18 | フランス France