旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

すっごく好みのシンプルなフルーツタルト

a0098948_150228.jpg
パリのジェラール・ミュロはいろんなものがおいしい。
今までそう言い続けてきましたが、もっとも好きなのはこのフルーツタルトかもしれない。
季節のフルーツを使ったタルトも、何種類も並んでいます。
どれもおいしそうでね~、目移りしてしまいます。
悩みまくって白桃(なんとかペシェって書いてあったから)っぽいフルーツがのったタルトを指さして、コレ、シルヴプレ、と言うと、わかりづらかったらしく、このタルトが箱に入っていました。
ちょっとがっくりしたのですが、これも迷っていたタルトのひとつだったので、いいんですけどね。
アプリコットではないみたいで、黄桃の一種なのかな?
酸味がタルトのフルーツとしてとってもいいな、と思いました。
タルトの生地がおいしいのは、チョコレートタルトの時に確認済みでしたが、やっぱり、おいしいね~。
厚めの少し固めのしっかりした食感で、タルトというか、ちょっとパイのようなホロホロさもある。
とってもシンプルなタルトで、タルト生地の上に生のフルーツをのせて、焼いて、その上にナパージュ(表面にかざるテリをつけるシロップのようなもの)なのかな?、それが少し多めにかかっているだけ。
(パイとフルーツは別々に焼いて、後から合体させるのかも?)
私、こういうシンプルなフルーツタルトが食べたかったのね。
常々、タルトの生地とフルーツの間のアーモンドクリームっていらないのでは?と思っていたのね。
めちゃくちゃおいしいと思ったことがあんまりないし、それどころか、場合によってはなくても良かったのでは・・・?と思うことがあるくらい。
カスタードクリームとか、サワークリームや、マスカルポーネチーズを甘くしたクリームだったら、おいしいと思うんだけど。
おいしいタルト生地と、ほど良い酸味と香りのあるフルーツ、上のシロップが合わさって、とってもおいしい!!
半分だけにしておこう・・・と思って食べはじめたのに、ウッカリ夢中で全部食べてしまいました。
私は確信した。
アーモンドクリームはいらない。
自分でつくる時には迷いなく、タルト生地とフルーツだけでつくります。
かんたんだし。
ナパージュはどうしようかな。
食べる直前に、蜂蜜かメープルシロップをかけるのでもいいかも。
by gigicocco | 2007-09-24 02:19 | フランス France