旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

香港・福臨門で飲茶について

a0098948_129094.jpg
      灣仔店は改装が終わったようで、きれいになりました。
10年くらい前までは、香港のレストランといえば福臨門、というような雰囲気がありました。
福臨門は香港に本店のある、高級老舗広東料理レストランです。
夜はさすがにオソロシクて、数えるほどしか行っていませんが、お昼の飲茶は、香港に来るたびに1回は行きます。
ほとんどがお昼といえど、長年通っていればすでに味になじみがあり、はなれられなくなってしまいました。
もちろん、長年通っているうちに様々な時代の流れや、それに伴う味の変化がありました。
それでも、やっぱり香港滞在中に1度は行きたいお店。
それはずっと変わっていません。
福臨門CARのように、味以外のお楽しみもあることだしね。
私が通っているのは、SARS前は九龍店、その後は灣仔店です。
(これはまたいずれ記述することになると思うけど、香港はSARSあたりを境に、いろいろな変化があったのだ)
福臨門の様子もここに書きたいなと思うのだけど、いかんせん、飲茶だから品数が多すぎるため、何回かに分けることにしました。
続きもの、というよりはシリーズものというかんじで。
できるだけ、料理名ものっけたいので、ない漢字は似た字で代用することにしますので、ごめんなさい。
飲茶はだいたい一蒸籠(せいろに入っていない場合もあるけどほとんどせいろで出てくる)、30~40HK$が主流です。
(微妙に値上げされてるのが気になるけどね・・・)
他の料理はもちょっとぐっと、高くて量も多い。
でも、味は「とびきり」です。
「夜行かなければ意味がない」という意見もあるようですが、お昼でも十分、福臨門の味のエッセンスは感じることができます。

福臨門魚翅海鮮酒家
by gigicocco | 2007-09-21 02:03 | 香港 Hong Kong