人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

きれいなお肉が食べられるパリのビストロ

そろそろ、がっつりとお肉のお話しがしたくなりました。
おつきあいください。
それにしても、料理の写真ばかりで、建物やインテリアなどの写真が一切ない自分にあきれています・・・。
a0098948_22841.jpg
おいしそうなお肉でしょ。
パリで2006年ビストロ大賞をとった店がリュクサンブール公園の近くにあると聞き、行ってきました。
なんでも、オーヴェルニュ地方で育てているフェランデーズ種の牛肉がおいしいのだとか・・・行かなくては。
店内は古い建物を活かしたというかんじでこじんまり。
その、うなぎの寝床のような、こじんまり感が不思議と落ち着く。
実際、誰だったか著名人が生前、住んでいた家らしい。
席につくと、突き出しがささっと出てきて、お肉をがっつり食べる気だから、食べ過ぎないようにしよう・・・と思いつつ、グラスシャンパンを飲みながらじっくりとメニューを選ぶ。
シンプルな牛のステーキみたいなのは絶対食べたい・・・。
a0098948_1524533.jpg
前菜1-いわしの料理2種盛り合わせ。
・・・ゴメン。
お肉がっつりなんて言っておいて、前菜でいきなり魚で。
メインにボリュームあるお肉を食べるから、前菜はさっぱり作戦です。
でもね、おいしかったの!
海外で、生のいわしが、とろんとろん、なんですよー。
左側は、なめらかななすのピューレの上に生のいわしのマリネがのっていて、トマトやオリーブの入ったソースがのっかています。
右側は、ほんの軽く、表面だけささっと焼き付けたいわし。
のっかているソースは右側のといっしょなんだけど、料理の印象は全く違う料理になってる。
この1皿でこのビストロの力量がわかるね!!と思った。
ここですでにワインが進みすぎた・・・。
a0098948_2442756.jpg
前菜2-カニとアボカドのサラダ
これも新鮮で甘くて香りの良い、いいカニでした。
下から、アボカドの角切り、かにのほぐし身をマヨネーズ風ソース和え、トマトの角切り、ベビーリーフのサラダ。
そして皿の上にはバルサミコ酢を煮詰めたようなソース。
私、無意識なんですが、この料理、好きみたいなのね。
どれを食べようか迷うと、よく注文してしまう一品。
この料理おいしくないことって、そんなにないからだと思うんだけど。
でも、これは特筆すべきほど、おいしかったよ~。
マヨネーズ味はカニの味を活かすくらいの味つけだし、なによりカニ、多い。
この料理って、アボカドのほうが多い店もあるんだよ!
ここはね~、アボカドの倍以上、カニ。
というか、全体の中でほとんど、カニ。
カニの甘さとアボカドのこってりに、トマトとベビーリーフのサラダがさっぱりして絶妙なんだよな~。
それにバルサミコ酢ソースをたまにつけるのが、またいいのだ。
a0098948_341464.jpg
メイン1-フェランデーズ種の仔牛肉のステーキ
形からいってヒレ肉だったのかな?
すごーく、おいしかった・・・。
なんて、きれいな味なんだろう・・・と思った。
きっときれいな空気の中で、おいしい草を食べ、おいしいミルクを飲んで、かわいがられた牛の肉なんだわ・・・と思った。
店内には絵に描いたような、青い空と緑の草が生い茂った牧場をバックに牛の写真が飾られています。
きっと、この牛なのね・・・茶色のブチなのね・・・フェランデーズ種って。
牛、すごい、笑顔だ。
ありがとう、おいしいよ・・・。
全く、にごりのない、きれいな味。
ソースもきれい。
くたくたに炒め蒸し煮された野菜もおいしいよ。
くったりと調理した野菜には、アルデンテに火をとおした野菜とはまた違ったおいしさがあると思う。
a0098948_313647.jpg
メイン2-骨付き豚のステーキ・・・ゴメン!
実は、トップの写真も豚なの!
牛を食べに行ったのに、あまりにもおいしそうな豚肉メニューがあって!!
じっさい、おいしかったよ!!
コクのある味なのにこれまた、きれいな味で!!
ナイフを入れるとちょっと赤い肉汁が出てくるんだけど、気にならないよ!
こんなきれいな味の肉で、お腹こわすわけないじゃん!
またその肉汁とソースがまじって、おいしくってねぇ・・・。
脂身の部分もひとつもしつこくないんだよね・・・ワインがぐいぐい進む。
付け合わせがまた、おいしくってねぇ。
じゃがいもと塩豚とマッシュルームを炒めたもの。
さらにワインがすすみます。
大きなお肉とたっぷりのポテト、たべちゃった。
a0098948_3223078.jpg
デザート1-パルフェ
ここまできたらねぇ、当然、おいしいですよ。
アイスクリームにもバニラビーンズたっぷりだしさぁ・・・。
牛がおいしければねぇ、ミルクだって当然、おいしいわけだし。
a0098948_3234153.jpg
デザート2-フルーツのスープ、いちごソルベ添え
私、このデザート好きなんだなぁ。
これまた、よく食べてますね。
パリで食べるおいしいいちごが好きだから、メニューにフレーズってのってると、反射的に注文してしまう。
これまた、もちろん、おいしかった。
なめらかで、あっという間に溶けてしまう、いちごのソルベがスープにだんだん混じって、いちごの香りが充満していくのです。
小さな角切りのパイナップルが入っているのが、アクセントでいいなぁ。
あー、おいしかった!
ここ、夜でも前菜+メイン+デザートで32ユーロだよ!!
こりゃ、ビストロ大賞、とるはずだよ。
ネオ・ビストロって呼ばれる種類のお店だそうですね。
なるほど~。
そう言われれば、前菜は地中海風だし、お料理はシンプルだし、こういうのもネオ・ビストロっていうのね~。
こってり重い、地方料理屋さん、では、ありません。
上質の素材を、昔からある料理を食べやすく、シンプルに。
こういう店、好きだ。
日本の専門誌にも載ったようですね。
これだけリーズナブルでおいしいお店ですから、予約は必要だと思います。
こんなにたくさん食べても、とっても良質なお肉ですから、次の日にの胃もたれ、ゼロです。

La Ferrandaise ラ・フェランデーズ
8, rue de Vaugirard 75006 Paris
by gigicocco | 2007-09-20 03:42 | フランス France