人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

シドニーのコーヒー

シドニーに行くようになるまで、コーヒーは苦手な飲み物でした。
オーストラリアは紅茶よりもコーヒー文化圏ですから、紅茶といえばたいていはティーパックだし、人々がカフェでおいしそうにコーヒーを飲んでいる姿を見ているうちに、私もコーヒーが飲めるといいのになぁと思うようになっていきました。
ある冊子のシドニーコーヒー特集に載っていた1枚の写真をみて、絶対、ここのコーヒーはおいしい!と思って行ったのが「Bill&Tony」です。
夜はイタリアレストランですが、昼間はバールといったかんじのお店です。
元はテラスハウスだったのかな?というような、小さなお店ですが常にコーヒーを楽しむお客様でいっぱいです。
その薄暗いような小さなお店で、初めは慎重に、エスプレッソやカプチーノではなく、グラスに入ったカフェラテを頼んで飲んでみると、おいしい・・・頭痛がしない・・・飲めるよ、コーヒー!(クララが立ったよ!風に)
私がコーヒーを飲めるようになったのは、はっきりとこのお店からです。
良いコーヒーの香りと心地よい苦みとコク、そして良質のミルク。
ほっと一息つけるような味でした。
a0098948_3988.jpg
         飲み終わった後の写真・・・道路側の席がすき
「Bill&Tony」は地元でコーヒーのおいしいお店として有名なようですが、ちっとも観光化したところがなく、常連らしきオジサマ達が新聞を読んだり、おしゃべりしたりしながら時間をすごす、ゆったりした空気感もとても良いお店です。
新しいモダンなカフェにはない雰囲気がすてきです。
こちらでコーヒーを飲んで初めて気が付いたのですが、私はコーヒーの酸味が苦手だったのです。
当時、日本はスターバックス上陸前でカフェと呼ばれるお店はほとんどなく、エスプレッソなどのイタリア系コーヒーもメジャーではありませんでした。
酸味が強く、コクもうまみもない、えぐい味の、ミルクはポーションミルクが当然、香りは・・・?というようなコーヒーは今でも苦手です。
シドニーの気分の良いカフェで飲むコーヒーは本当においしい。
たぶん、気候や空気なんかが紅茶より、ちょっと苦みのあるコーヒーの方が合うのです。
オーストラリアでは今は迷い無く、コーヒーを注文します。
カプチーノの泡の上がシナモンではなくて甘いココアなのも好き。
このお店のあるシドニーのStanley st.は今ではちょっとしたグルメストリートで、店の前の道の交通量もずいぶんと多くなり、車の駐車場所を確保するのも難しくなりました。
この周辺は、10年ほど前まではイタリア系のお店が多く、ビンテージのイタリアワインが安い値段でほこりをかぶって山積みになっているような酒屋さんがあったりしたものです。

Bill&Tony
Stanley st. East Sydney
※2hatレストラン「Pello」の斜め向かいです
by gigicocco | 2007-04-23 04:41 | オーストラリア Australia