人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

東京の甘栗屋さん

a0098948_19184300.jpg
東京に出てきたばかりだったころ、驚いたことのひとつに、上野駅前の甘栗屋さんで、行列が出来ていたこと。
カバン屋さんの店先で甘栗が湯気を経てて煎られていて、甘栗を作っているのも初めて見たし、それを並んで買っているのにも驚いた。
それに、わたしの印象では並んでいる人はスーツ姿のサラリーマンが多かったのです。
それも驚いた!
たまたま行列が少ない時には、買ってみようかと思ったこともあったけど、甘栗って、けっこうお高いんですよね。
一般的な甘口の紙袋で1000円。
半分の量が茶色い紙袋に入って500円。
結局は甘栗屋さんで買うことはなく、いつのまにやら皮の剥かれた甘栗が発売され、コンビニなどで買って食べるのが当たり前になっていました。
そうこうしてるうちに、去年だか一昨年だったかに、上野の甘栗屋さんに閉店「閉店」の貼り紙を見つけ、さみしく思いました。
それが先日、前を通りかかったら、甘栗が売られてた!
栗を炒ってる最中ではなかったし、行列もなかったけど、500円のほうを買いました。
「閉店」の貼り紙は記憶違いだったのか、夏期のことなのか、代替わりがあったのか。
さて食べようと、茶色の紙袋の中の小粒の栗を取り出しましたが、甘栗を食べるのが久しぶりすぎで、どうやって皮を剥くのか思い出せない。
たしかこうやって…と親指の爪で皮に切れ目を入れてるうちに思い出してきました。 
栗の香りが良くておいしい!
これは並んで買うな~と思いました。
皮が剥いてある市販の甘栗より薄味ですが、自然な味で香りが良いです。
栗の皮を剥きながら食べるのも楽しい。
a0098948_19184458.jpg
上野の駅前の甘栗屋さんの甘栗はおいしかったけど、普通の甘栗はどうなんだ?と、思い、スーパーで買ってみました。
こちらのほうが栗は大きめだったけど、味はやはり上野の甘栗屋さんのほうが良かったです。
たしか、上野駅前と同じように、渋谷駅のすぐ近くにも甘栗屋さんがあったはず。
あそこも行列が出来ていて、驚いたんだった。
あっちも、買ってみよう。
by gigicocco | 2019-01-21 19:18