旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー

香港のカウントダウン

a0098948_23482447.jpg
香港の大晦日に上環でゆっくり夕食を食べたあとは、歩いてまずは中環方面へ。
まだカウントダウンまで時間もあることだし、ランカイフォンでカクテルでも一杯と思ったのですが、すでにすごい人で道路はぎゅうぎゅう。
目当てのバーに入ろうとしたら、今夜は最低消費額が350ドルだというので、あきらめる。
ここでこのままカウントダウンするなら入ったかもだけど・・・。
a0098948_23482422.jpg
すでに人がぎゅうぎゅうで交通規制もされているランカイフォンを抜けて、ランドマーク(高級お買い物ビル)にちょっと寄る。
お店の営業時間はもちろん終了しているのですが、吹き抜けのクリスマス飾りは見学できたので。(クリスマス飾りは基本的には旧正月の飾りに変わるまでそのまま)
今年はミニチュアの街並み(パリがモデルかな?時計台はロンドンぽいけど)が再現されていて、とっても良くできていて、見入ってしまう。
地下鉄や車、気球が動くようになっていたり、建物内のインテリアや人物まで作り込まれていて、楽しく見応えがありました!
昼間より空いているので、写真も撮りやすかったです。
そこから歩いてカウントダウン花火の見物エリアに向かいます。
私が行ったのは中環の埋め立て地の海洋博物館のあたり。
去年もそこで見たので。
a0098948_23482534.jpg
去年はただっぴろい埋め立て地、といった風でしたが、今年は観覧車などのアトラクションもできてきていました。
ちょっとお台場みたいな雰囲気です。
観覧車の近くでは野外ステージが組み立てられていて、テレビの生放送なのか、歌手らしき方々のショーが行われているようでした。
ずーっと歩いて(人波についていった)これまたすごい人の数の見物エリアに到着して、若干の段差のある場所を見物ポイントに確保して、年が明けるのをじっと待つ。
あまり寒くないのが救い。
年明け15分前からなんらかの夜景ショーが始まっているようなのですが、私の場所からは見えない。
ま、そもそもはチム(九龍)側から見るのをメインに構成されているので、中環側からでは逆位置なのです。
でも最後の花火はいちおう見えましたけど、真横から見ることになるポイントだったようで、うーん・・・今ひとつ・・・。
たぶん、そこにいるほぼ全員が写真を撮っていましたね。
年が明けても、そんなに盛り上がるわけでもなく・・・いちおうはワッというかんじにはなりましたが・・・。
花火が終わると、はー、終わった、終わった、というかんじで、また人波に流されて中環駅を目指します。
大晦日は終夜営業で地下鉄が運行しているのです。
ただ、交通規制があることもあって、これがかなり歩くんです。
トラムにしたほうが良かったかも?
去年は今年ほど交通規制がきびしくなかったし、運良くタクシーが拾えたので楽だったのですが、今年はだいぶ歩きました。
2年連続で香港(中環)でカウントダウンしてみてわかったことは、
①本気で見たいならチム(九龍)側でないとなんだな~(高そうor大変そうな予感・・・)
②中環の埋め立て地から中環駅はかなり歩くことになる
ということです。
こりゃー、ランカイフォンでカウントダウンしたほうが楽だし、盛り上がったのかもしれません。
大晦日の香港でカウントダウンするというのも、私にとってはやってみたいことだったので、それだけでうれしかったのですけれどね。
香港カウントダウンのすばらしい映像はユーチューブで見られますよ~。
by gigicocco | 2015-01-16 23:48 | 香港 Hong Kong