人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シンガポールでプラナカン料理を

a0098948_47535.jpg
シンガポールに行ったら、プラナカン(ニョニャ)料理も食べてみたいと思っていたんです。
マレーシア(シンガポール)を中心に栄えた、中華系移民の文化のことです。
豊かな文化がはぐくまれたということは、食生活も豊かだったということですよね。
持っていたガイドブックの中にあった、プラナカン・ミュージアムに隣接したレストランに行くことにしました。
なんというか、いちばん、間違いがなさそうでしょう?
a0098948_495359.jpg
お店の前に到着すると、プラナカン・ミュージアム自体もミントグリーンの建物で、なんと可愛らしい!
隣のレストランも美しいです。
店員さんもきちんと、正しく、気品ある振る舞いで、もう少しドレスアップして来るべきだったか・・・?と思ったほど。
a0098948_4114238.jpg
案内された席に着いて、メニューを見ていると、店員さんがシルバーのお盆にのせて(シルバーは胸の高さ、です)、ジュースを運んできて、「飲みますか?」と聞いてきたようでした。
私はシンガポール英語になかなか慣れずにいたのですが、まぁ、店員さんが飲み物を持ってきて、何かを聞いてきたら、だいたいそんなもんでしょう。
この日は蒸し暑く、喉がかわいていたので、いただきました。
ジュースはカラマンシー(シークゥーサーみたいなの)を縛ったジュースに、バジルシードとアロエ(かな?)が入ったもの。
よく冷えてて、すっぱくてさわやかです。
a0098948_4115850.jpg
カラマンシーのジュースを飲んでホッとしていると、次はココナッツの実のジュースとエビせんべいがやってきて、すでにカラマンシージュースをいただいてたので、セットか突き出しなのかな?と思っていただいてしまったのですが、なんと別料金だったのでした。(エビせんはサービスだったのかも)
まだ他のお客さんもいなかったので、お店のシステム自体がよくわかっていなかったのでした。
おいしかったんですけどね。
ココナッツの実は小ぶりでしたが、そんなに飲みづらい味でもなく、甘みと酸味をとったスポーツ飲料といったかんじでした。
はじめからストローとスプーンをセットしていてくれたので、殻の内側のココナッツの実も食べられます。
a0098948_4145388.jpg
メニューを見てもよくわからないので、あまり辛くなさそうで、おすすめっぽいものを注文することにしました。
前菜からオクラの料理とバナナの花のサラダを選びました。
オクラはカレーとまではいかないけど、少し辛めでした。
バナナの花は、少し甘酸っぱい風味のある和え物です。
a0098948_4151343.jpg
メインで、いちばんおすすめのようだった、チキンのブラックナッツ煮込みと白いご飯をもらいました。
これもカレーのようなとろみがあり(ビーフカレーに近い)、辛~い料理で、白いご飯と合わせて食べると、おいしい。
全体的に初めて食べる味なのですが、ウン、おいしいです、ニョニャ料理。
ブラックナッツはニョニャ料理独自の食材のようで、メニューにもブラック・ナッツのイラストが描いてあったくらいです。
独特の風味と苦み、コクがあり、料理の味を深くしているようで、辛~いのに食べられちゃうんですよね。
やはり、シンガポールの料理は辛いものは、すごーく辛いんだな・・・としみじみ。(この前に食べたフィッシュ・ヘッドカレーもすごーく、辛かった)
ここであらためて、ドリンクをもらっておいて良かったな、とは思ったんですけどね。
a0098948_4154836.jpg
デザートメニューを見ていると、これは香港スイーツの「楊枝甘露」では!?と思うメニューがあったので注文してみました。
届いてみると、マンゴーをなめらかにピュレ状にしたものに、ほぐしたポメロ(ザボンのような柑橘類)がのったもの。
やっぱり楊枝甘露と似てるわ~!
これが楊枝甘露の元になったのでは!?(以前、香港人から楊枝甘露は、たぶんタイやマレーシアあたりからやってきたデザートが元、と聞いたことがあるのです) 
a0098948_41653.jpg
それと、ココナッツフレークをまぶしたお餅。
これも、どっかで(まぁ、たぶん香港で)似たスイーツを食べたことある!と思いました。
おそらく、東南アジア方面で、こういうデザートはメジャーなのでしょう。
美しいインテリアとサービスに、とても手の込んだお料理で、満足です。
ニョニャ料理ってこんななんだー、と。
実は、以前、食べたことがあったのですが、そのときは辛くなくてハーブがマイルドなタイ料理みたいな雰囲気だったのですよ。
a0098948_4162925.jpg
お会計時にその価格にオドロイタのですが、ニョニャ料理は、おそろしく手間と時間のかかる料理だそうで、お店の雰囲気も含め、納得しました。
なんせ、意外と繊維の多いマンゴーという果物を、あれだけなめらかなピュレにしてるんですからね。
手間と時間て、ものすごい、ぜいたく、ですよね。
お料理を食べて満足してしまい、隣のプラナカン・ミュージアムには入らずに帰ってしまったことを、今では後悔しています。
行けば良かったなー。
それと、食後、数時間後に、ブラックナッツは、もしかして、とても効能や栄養価が強い食べ物なんじゃないかな!?と、感じました。

True Blue
by gigicocco | 2013-04-15 04:06 | シンガポール Singapore