人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

香港のおいしい火鍋で選ぶ楽しみ

a0098948_3402297.jpg
香港においしい広東料理+四川料理のお店があって、そのお店ではどうやら火鍋も名物らしくって、特に寒い時期は多くのテーブルで火鍋がぐつぐつ煮えている。
普通のお料理もすごくおいしかったから、おいしい料理屋さんの火鍋なんて、どんなにおいしいことでしょう・・・と思ったことも事実だけど、一番、心惹かれたのが、火鍋のタレを自作できること。
調味料バイキング状態で、ずらりと調味料と薬味が並べられたテーブルがあるのです。
そこから好きなだけ自分の皿に入れて好みのタレを作るしくみ。
これが、なんか、すごく楽しそうで、やってみたかったのです。
そして、やってみたらね、やっぱり楽しかったですよ!
選べる種類の多さに、ついつい、アレもコレもとなってしまって、タレの味にまとまりはなくなってしまうのですが、それでも楽しかった。
調味料や薬味の種類は、醤油(生油、老油)、酢、油、ごま油、塩、砂糖、練りごま、腐乳ペースト、豆板醤、ねぎ(何種類も)、にんにく(丸ごと、みじん切り)、唐辛子(丸ごと、輪切り)、しょうが、香菜、ごま、生たまご、粉山椒(花椒か?)などなど。
楽しそうでしょ~!
a0098948_3443885.jpg
まずは火鍋のスープを選びます。
まずは普通の白湯と四川スープは絶対。
こちらのお店は四川料理がそもそもおいしいので、四川のスープも香り良くおいしいのです。
ただ、すごく辛いから、早いうちに唐辛子はスープから出しちゃう。
山盛りの唐辛子が入ってますからね~。
油もたっぷり(ラー油)で、あつあつなので、食べるのも大変だけど、おいしいからしかたがない。
辛いスープは冷めると固まるので、コラーゲンも豊富なんでしょう。
白湯はシンプルで、おいしいです。
普通は火鍋ってスープは2種類のところが多いと思うのですが、3種類選んでもそんなにお値段は変わらなかったので、よくばっちゃいました。
ただ、後々、気づくのですが、スープが3種類だと、鍋の中のスペースが狭くなってしまって、具をしゃぶしゃぶしづらいです・・・。
やはりスープは2種類の鴛鴦がいいと、思いました。
おいしかったんですけどね。
a0098948_3413413.jpg
具は本日のメニューの紙が配られるので、それに鉛筆で必要数を書けばOK。
漢字で書いてあるから、たいていはわかるのです。
具の種類もたくさんあって、これまた選ぶのが楽しいですよー!
a0098948_3452793.jpg
選んだ具の中身をちょっとだけご紹介。
いつもしつこく食べている豆苗をここでも。
さっと火に通して、色が鮮やかな濃い緑になったところをいただきます。
山盛りでやってきてうれしーい!
私、火鍋で具が少ないの、悲しいんですよーぅ。
a0098948_3461075.jpg
その他にも、魚の頭、雲南産きのこ、豆腐です。
雲南産きのこは、水煮のような、なめこのようなトロリとした複数のきのこで、きっと健康にいい・・・と思いました。
私はどうも、雲南のきのこに一種のブランド力というか、そういうものを感じてしまうのですよ。(きっと、あのきのこ鍋を食べたから・・・)
魚の中でも頭を選びました。
魚の頭がメニューにあるのがそもそもいいなぁ。
魚の頭もおいしい身がたっぷり付いてる部分だし、コラーゲンは豊富だし、骨も付いてるからスープもおいしくなるし、いいことがたっぷりなのだ。
豆腐は普通に、絹ごし豆腐のようなやわらかい豆腐です。
日本の豆腐は四角だけど、香港の豆腐は丸っこくてかわいいのだ。 
a0098948_3454940.jpg
お肉も選びます。
これは羊かな。
お肉が入ると、スープがよりおいしくなるので、ぜひ入れたいの。
やっぱり野菜や豆腐とかが多めだと、スープはちょっと薄くなってしまう。
追加でスープを入れてはくれるけど・・・ね。
冬瓜もちょこっと写真に見えますね。
冬瓜もさっぱりしておいしいので、火鍋でよく注文する具です。
最後にはもちろん、シメもありますよ。
これまた何種類もの中から選べますよ~。
中華麺やらお米の麺やら。
ご飯と卵を入れて雑炊もおいしいとは思うけど、火鍋のときは麺派です。
スープがおいしいので、最後の麺はぜひとも食べたい。
こちらの火鍋はとてもおいしく、楽しかったので、すごくおすすめ。
普通の料理もすっごくおいしいお店だから、火鍋もちゃんと、おいしい。

<追記>
タレの調味料や薬味がたっぷり用意されていて、いろいろ選べるというスタイルは香港ではそんなにめずらしくはないです。(バイキングのときとか・・・でも近頃は減ったかな?)
これだけのことなんですけど、テンションはすごくあがる。
by gigicocco | 2011-10-31 04:42 | 香港 Hong Kong