人気ブログランキング |

旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

空港からビーチカフェへ直行

a0098948_21939.jpg
ケアンズに着いて、週末ならラスティーズマーケットに直行だけど、平日や元気のない時はパームコーブへ行きます。
パームコーブにはお気に入りカフェ&レストランNuNuがあるからです!
朝食から営業しているのです。
7時か、7時半だったかな?それくらいから営業しているんですよー。
この日は特に、平日+疲れ(機内でほとんど眠れなかった)+雨という困った状態だったので、NuNuのソファ席でゆっくり&ダラダラすることに決定。
まずはコーヒー。
フラットホワイト(ミルク入りコーヒー)かカフェラテか。
コーヒーを飲むと、オーストラリアに来たなーって気がする。
コーヒーもオーストラリア産だし、私はシドニーでコーヒー好きになったという経緯があるので、なおさら。
じっくりとメニューを見て、スムージーも追加。
新鮮な地元フルーツ+野菜で、その場でつくられるジュースはじんわりと体に染み渡って、心地いい。
a0098948_21261.jpg
まったりとコーヒーとスムージーを飲んだら、そろそろ何か食べたいような気分になったので、再度メニューをもらいます。
朝食メニューから、サーディンのせパンを注文したのだけれど、サーディンは品切れ中ということで、別の魚になりました。
淡泊な味の小さな白身魚だったけど、なんの魚だったのかな?
パンの上に酸味強めのフムスとサッと火を通した魚、それとぶどうと青み野菜(スプラウト?)で彩りよく。
パンの小麦の地味と、フムスの酸味、青物のさわやかさ、魚のしっとりした食感、ぶどうの甘みとはなやかな香り。
とてもモダンオーストラリア料理っぽい一品ですね。
いわゆるオープンサンドですが、オーストラリアではイタリア式にブルスケッタと呼ばれています。
サーディンのブルスケッタはシドニーなどではわりと見かけますが、サーディンはオイル漬けの前にたいてい塩漬けや酢漬けをしてあり、その具合はなかなか難しいので(お寿司の酢じめと似てるかんじです)、おいしそうなお店以外ではあまり注文しないメニューです。
鮮度が良くて(鮮度は重要)、手作りのサーディン漬け(瓶詰めを使うところも多い)を出すお店だと、おいしいところのは本当においしい。
a0098948_214862.jpg
甘い朝食も注文しましたよ。
リコッタココナッツパンケーキ。
ふわふわのリコッタチーズ入りパンケーキにバナナとココナッツアイスクリームをのせて、濃い色のソースはキャラメルでもチョコレートでもなく。
なんとなく、ココナッツクリームが入っているのかな?と思ったけれど。
見た目より甘ったるくなく、全部いっしょに食べるとちょうどいい。
この日は雨だったこともあって、湿度が高く蒸し暑いので、アイスクリームがあっという間に溶けてしまう~。
アイスクリームも新鮮だったですよ。
リコッタパンケーキは超有名店があるから、同じようなものかなと思って注文したのですが、ちゃんとこの店らしく一工夫ある一品でした。
おいしかったですよ~。
ゆっくり食事をして、雨にけぶる海をながめたり、たあいのない会話をしたり、ちょっと本を読んだりうとうとしたりしていると、もう12時近くなっていて、ランチの準備中。
そろそろホテルのチェックインもできそうな時間となってきたので、おいとまします。
あー、今すぐでもこの場所、この時間に戻りたい・・・。
by gigicocco | 2010-04-30 13:50 | オーストラリア Australia