旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:Sydney ( 89 ) タグの人気記事

シドニーで買ったワイン

a0098948_19034458.jpg
今回のシドニーで買ったワインは2本。
右の白いラベルがチャッツウッドの酒屋さんで買ったもの、左の黒いラベルがシドニー空港で買ったものです。
シドニー空港のワイン売り場もずいぶん広く、充実してきていて、思わず買ってしまあました。
空港で買ったので免税になってるはず。
「手摘み」と書いてあるのが気になって。
白いラベルのほうは、オーストラリアでちょこちょこ見かけたことがあって、ずっと気になっていたワインなので思いきって買いました。
オーストラリアワインにも、もちろんおいしいものがたくさんあるんですよー。
「オーストラリアの味」に違和感があるのと馴染めないのかもしれませんが。
中華料理にもよく合うので、香港でもよく飲みます。
by gigicocco | 2016-11-29 13:56
a0098948_16280270.jpg
シドニーのロックス地区にあるホリデイ・インホテルに宿泊しました。
ロックス地区はオペラハウス、サーキュラキーともすぐ近くのシドニー観光の中心地。
おそらく、古いホテルが今はホリデイ・インとなっているのでしょう。(オーストラリアではよくある)
写真はすみません、帰ってから見てみたらポケモン入りのしか撮ってなかった!(ハロウィーンイベント中だった)
a0098948_16301753.jpg
お部屋はごくシンプル。
建物が古いのにコンセントの数が多くて助かります。
wifiはフロントにて何らかの会員になると無料でした。
会費もなく、住所などの個人情報を書類を書けばOK。
オーストラリアのホテルのネット使用料は高いから、いくつかのホテルで提携?しているサービスのよう。
a0098948_16280417.jpg
ホテルは朝食ブッフェも付いていたので利用しました。
野菜不足を朝食で補います。
写真の日はかなり食べたほう。
だいたいの日は温かいお茶(ミントティー)と自分で作る生ジュース、あればサラダ(ない日もある)、焼きトマトと焼きマッシュルーム、ベイクドビーンズを少々、あとは食後にコーヒーを飲むか飲まないか。
ジューサーとカット野菜と果物が置いてあって、自分で生ジュースを作れるのは良かったな~。
やはり作りたてはおいしいし、生姜を多めにいれたりして、自分好みに作れます。
a0098948_16280603.jpg
あと良かったのは、フロントのはじっこに計量器があったんです。
これは助かる!
帰りの荷物もギリギリまで詰め込めましたよ。
by gigicocco | 2016-11-16 16:25
a0098948_146412.jpg
シドニーのホテルが朝食付きだったのですが、なんとびっくり。
その朝食は宿泊した部屋の冷蔵庫の中に用意されていたんですよ!
内容は牛乳、ミニオレンジジュース、ラップにくるまれた食パン、蜂蜜、ジャム、バター、ヨーグルト。
部屋には湯沸かしポットに水、ティーパック、インスタントコーヒーなんかもセットされていたので、たしかに簡単な朝食なら部屋で食べられるようになってるんです。(簡易キッチンも付いていたので、トーストすることもできます)
ラップにくるまれた食パンにはちょっとおどろいたけど、これはいいね!と思いました。
私は外のカフェで朝食を食べたりしていたので、部屋で食べることはほぼなかったのですが、それでも冷蔵庫の中がからっぽよりも、ちょっとでも冷蔵庫にすぐに食べられるものが入ってるのは安心ですよー。
実際にオレンジジュースは飲んだし、買って帰ったセブンイレブンのコーヒーに牛乳を入れたりできたので、良かったんですよー。
オーストラリアのホテルの冷蔵庫には牛乳を入れていてくれることが多いのでうれしいです。
コーヒーミルクを使うより、牛乳のほうが好きなので。
by gigicocco | 2015-03-06 01:46 | オーストラリア Australia
a0098948_3591773.jpg

シドニーでとーっても有名な、ハーリーズのミートパイ「タイガー」をやーっと食べましたよ!
このミートパイはガイドブックにはほぼ必ず載っているくらいで、それはやはり食べておこうと思うようになってきたんです。
今回は通りかかったら偶然、目の前に車が駐車でき、それはラッキーなことなので、食べておきましょと。
さてさて、いままで何度となく見てきた「タイガー」ですが、うんうん、1人用ミートパイの上にマッシュポテト+マッシュしたグリーンピース+グレービーソース!
かなりのボリュームです。
食べ方は当然、まずは上にのってるマッシュポテトとマッシュグリーンピース(皮は入ってないので、なめらか)とグレービーソースを混ぜながら食べ進むしかない。
ミートパイは上のマッシュをある程度食べてから。
ボリュームに圧倒されながら食べてみると、けっこう薄味のマッシュであっさり食べられるんですね。
そこに塩分強めのグレービーソースを混ぜるので、ちょうどよくなるんです。
それと、グリーンピースのマッシュ、おいしい・・・!
マッシュポテトだけだともっと単調になってしまうと思うのですが、グリーンピースのマッシュの香りがアクセントになって、ついつい食べすすんでしまう。
マッシュ1/4ほど食べたところで、やっと下のミートパイがなんとなく食べられそうな雰囲気に。
ミートパイのパイ生地はしっかりと固く、日本のアップルパイとかのパイとはまったく違う食感。
タルトのほうが近いかな。(他のお店でも固めなので、この店独自というわけではないはず)
固めのパイ生地をたよりないプラスチックのフォークで突き崩すと、中はビーフシチューが流れ出てきて、マッシュと混じってさらにおいしくなるんですねぇ。
ダブルマッシュにお肉のソースを混ぜたものなんて、おいしいに決まってるじゃないですか!
しっかりした固さのパイだからこそ、サラサラのビーフシチューが液もれせずに入っていられるし、なめらかなマッシュの間にしっかり噛みごたえのあるパイがまじるのも、いいかんじ。
じゅうぶん、一食分あるボリュームです。
屋台のようなお店ですが、買ったら近くのベンチに座って海を見ながらのんびり食べられるので、それもいいですよ。
観光客はタイガーを注文する人が圧倒的だけど、ちらほらいる地元の方はホットドッグを食べている人のほうが多いような気がするなぁー。
定番のお店にやっと行くことができて、気が済みましたよ。
by gigicocco | 2015-02-19 03:59 | オーストラリア Australia

オーストラリアの水

a0098948_1924841.jpg
レートの変動と物価の上昇がかさなって、オーストラリアで買い物するのはもうほとんど東京と同じだな!とは思っていましたが、それ以上でしたよ。
いちばん感じたのは、ミネラルウォーターの値段!!
1リットル4A$(400円くらい)だったよ!!
スーパーに行って大量パックを買ったらもっと安いんだろうけど、街中で買うとだいたいこんなかんじ。
500mlで2.5A$(250円くらい)とか。
オーストラリアの水道水は飲めるけど・・・それにしても水が1リットル400円(実際のレートだと450円くらい・・・)は高すぎるでしょー!!
他にもいろいろとありましたが、水がいちばん高くかんじましたね。
水不足の影響なのかもしれませんが・・・。
いちばん手前の水色+黄色のラベルのミネラルウォーターがオーストラリアでいちばんメジャーなものなのですが、通常ラベルは黄色のラインはなく、水色です。
黄色は全豪オープンのテニスボールをイメージしたものかと。
あと、今回行って感じたのがセブンイレブンの台頭。
メルボルンには街中のいたるところにあるし、シドニーの街中でもずいぶん増えていました。
そしてね、日本のセブンイレブンと同じような100円コーヒーがあったんですよ!
いちばん小さいカップで1A$なのね。
夕ご飯を食べて、帰りにセブンイレブンに寄って、100円コーヒーとミネラルウォーターを買ってホテルに帰ります。
オーストラリアのセブンイレブンにはクリスピークリームのドーナッツも販売されていて、ちょっとうらやましい。
by gigicocco | 2015-02-06 19:02 | オーストラリア Australia
a0098948_3312817.jpg
シドニーへは経費削減もあって、直行便ではく、経由便で行きました。
行きはケアンズ経由、帰りはゴールドコースト経由です。
ほとんど深夜に起きて空港に向かったり、乗り換え時間をもてあましたりと、なかなかハードだったのですが、良かったことも。
シドニーから帰りの乗り換えはゴールドコースト空港だったので、飛行機はばっちりゴールドコーストの上空を通るんです!
a0098948_3335189.jpg
しばらくはビーチ沿いに飛んでくれたので、このあたりがゴールドコースト、このあたりはサンシャインコースとかな~とか、想像するのもまた楽し。
ゴールドコーストは晴れていることが多い地域なので、昼間の便ならたいていはこの景色が見られるのでは?
a0098948_3403069.jpg
長~い、立派なビーチですね~。
さすがです。
ビーチ沿いはたいてい、別荘かホテルです。
ビーチ沿いの別荘見物も楽しいですよ。(外から見るだけ)
ゴールドコーストの別荘なので、とても高級そうな物件が多く、建築もすてきなところが多いのです。
a0098948_3404270.jpg
これはゴールドコーストでしょう!
オーストラリアの海辺の高級別荘地は、たいていこうやってまわりが川(海?)になっていて、海からそのまま船で別荘に帰ることができるようになってるんですよ~。
高級車を持つようなかんじで、船を持ってるようです。
飛行機の中でこれだけ見れるなら、遊覧ヘリには乗らなくていいな!と思ってしまいました。
by gigicocco | 2013-09-02 03:39 | オーストラリア Australia

シドニーのホテルご飯

a0098948_1495378.jpg
シドニー(マンリー)のホテルで、夜ご飯ももう、ココで食べよう、ということになりました。
お店があるエリアから少し離れているし、そもそもホテルの外に出るのに送迎バスを呼ばないとだから、なんだかもう面倒だったのです。
お昼をガッツリ食べた後だから、夜は少しでいいし。
ホテルにはカフェであり、レストランであり、バー、みたいな建物が1つあって、飲食したいときは、その建物に行くんです。
その建物に行くのも、私が滞在した部屋からだと、送迎バスで行くんですけどね。(昼間なら散歩もかねて歩いてもいいくらいの距離だけど、夜は動物もいたりするので)
建物は、古い倉庫?を利用したような造りで、いいかんじ。
お客さんは他にちらほら。
a0098948_14104651.jpg
メニューは、シドニーの食事としてはごく一般的というような内容だったので、その中からシンプルなチキンのグリルを。
さすがに大きいですが、シンプルな味付けで、油っこくもないので、ぱくぱく食べられます。
チキンの皿にもトマトとアスパラがのっていましたが、野菜不足を補うために、付け合わせ(サイドディッシュ)にグリーンサラダを添えて。
付け合わせといっても、こんもり山盛りです。
オーストラリアは食料自給率100%をゆうに超える国だけあって、野菜もおいしいんです。
特にアスパラとグリーンサラダはよく注文します。
アスパラは日本にもたくさん輸入されていますが、オーストラリアで食べるとやはり、新鮮でよりおいしいんです。
a0098948_14114047.jpg
デザートは大きいに決まってるので、最後にお茶だけいただきました。
ホテル内で、普通においしい食事がいただけたので、これはこれで良かった、と思いました。
昼間に行くともっとね、ビーチが見えたりと景色が良いようなのですが、結局、1回も行けずじまいで。
朝食も部屋で食べていたのでね。
それはちょっともったいなかったかなと思いました。
by gigicocco | 2013-03-08 14:12 | オーストラリア Australia
a0098948_2232740.jpg
正確には、このレストランの場所はマンリーではなく、フレッシュウォーターというビーチなのだけれど、便宜上、タグはManlyとさせていただくわけですけれども。
本当は、このレストランに夜(ランチは何度か)、行きたくて、フレッシュウォーターにホテルを探していました。
シドニーの中心地から1時間以上、離れているから、夜に行くには近くに滞在しなくては!だったのです。
だけど、このレストラン以外はさして何もないビーチなので、ホテルなどなく。
貸し別荘のような一軒家や、超高級アパートメント(一番小さな部屋で1泊7万円以上)ならあったんだけど、それはちょっと無理。
というわけで、フレッシュウォーターに最も近く、ホテルがたくさんあるエリアがマンリーだったので、マンリーに宿泊することにしたのでした。(マンリーの外れにある、変わったホテルに宿泊してしまったのですが)
そもそも、私はイタリアにある地中海の島、サルディニアの料理がすごく好きなんです。
そして、シドニーのPiluのサルディニア料理は、おいしくて、好みです。
a0098948_2235449.jpg
昼なら窓から青い海が見えて美しいですが、夜の海は真っ暗で、店内の明かりも少ないから、今回、ブログに載せるにあたって、写真を色調変換してみて、自分でも「こんな色だったのか!」と思っているくらいですよ。
メニューはどれを選ぶかとても迷ったのですが、こちらの豚料理(ポルケッタ)がめちゃくちゃおいしいので、それは食べたくて、だけど、1品料理で注文するとサイズが大きすぎるので、他の料理はあまり食べられなくなるなー、と。
そこでふと、デギュスタシオン(一口サイズの料理がたくさん出てくる)のメニューを見たら、メインが豚だったので、そちらに決めました。
いろいろ料理は出てきたのですが、全部は長いので、一部です。
前菜のうちのひとつ、キングフィッシュ(ヒラマサ?)のカルパッチョ。
シンプルに、オリーブオイルと塩と柑橘類で。
上に乗ってる赤いものは、ザクロです。
a0098948_228276.jpg
プリモピアットで、ニョッキです。
フレッシュなチーズで和えた、シンプルなもの。
プリッとモチっとした食感がとてもおいしいニョッキでした。
だけど、ぜんぜん、一口サイズなんかじゃなくって、日本でなら普通の一人前くらいの量では?と思うほど。
でも、食べた。
おいしくて!
a0098948_2285390.jpg
さらに、リゾットも。
ニョッキが来たのに、さらにリゾットも出るの!?、しかも、またしっかり1人前くらいの量で!と驚く。
メニューには載っていたのですけどね、まさかこんなに量があるとはね。
リゾットはお米ではなくて、別の穀類(麦系?)でした。
ぷちぷちした食感が楽しい。
トマトの酸味とハーブの香り、そしてしっかりとしたお肉のスープの味がしみて、おいしい一品でした。
a0098948_2252569.jpg
そして、メインのロースト仔豚、ポルケッタ!
これが食べたかったんですよー。
量は一品で注文するほどじゃないけど、それでもかなり量がありました。
実はもう、この時点でかなりお腹がいっぱいなのだけれど・・・。
皮は薄くてカリカリで、お肉はふんわりジューシー!でおいしいんですよ~。
a0098948_2255821.jpg
付け合わせの丸ごとポテトのローストもおいしくてねー・・・もっと食べたいくらいだったわー。
だけどもう、ほんとうに、お腹がいっぱいで・・・。
この後に、さらにデザートと食後酒と、コーヒーも出てきますからね。
そして、ワインもほぼ1皿1杯出てくる、セットコース(マッチングワイン)にしてますからね。(コースはお得なんです)
a0098948_2264539.jpgお店はろうそくの明かりが中心で、窓の外は真っ暗な海だから、本当に暗くて。
色調調整ソフトで変換していないと、これくらいの暗さです。(それでも明るめに調整して撮った)
店内は暗いですが、そのぶん、雰囲気たっぷりです。
ランチのほうが、少しカジュアルですね。
ドレスアップした、大人のお客様が多かったです。
この暗い写真でも、オリーブオイルが美しいグリーンなのがわかりますね。
オリーブオイルも上質で、おいしいんですよね。
というか、素材全てが上質。
このお店は、シドニーに行ったら、必ず行きたいお店ですねぇー。
というか、今でも本当は行きたいくらいですけどね。
今のシドニーな夏だから、いい時期です。
by gigicocco | 2013-01-12 23:07 | オーストラリア Australia
a0098948_2421945.jpg
シドニーのことを書くとき、たまにマンリー(Manly)という地名が出てくるので、そこのところをちょこっと紹介しとこう、と思いました。
マンリーはシドニーの中心街から、車で1時間ほど北に行った、観光地かつ、別荘地です。
マンリービーチ周辺だけでなく、行く途中にも、ごっつい!別荘が並ぶエリアもあり、毎回、おお~!っと思います。
a0098948_2424877.jpg
別荘があれば、当然のようにヨットハーバーもあります。
別荘というか、週末をゆっくり過ごすためのセカンドハウスを持つのはオーストラリアではめずらしいことではないのですが、それでもこの辺りに持つのは特別なことです。
だから、すごーく、ゴージャス!な豪邸が並んでいるので、その建築物を見るのも楽しいんです。
そんな景色を眺めつつ、マンリーに到着します。
そして、ここまで書いておいて、なのですが、マンリーの写真が見あたらなくてですね・・・。
a0098948_243855.jpg
カフェや本屋さん、お洋服屋さんのならぶコルソという通りがあるのですが、そこに小さな教会があります。
週末だと結婚式をしていたりして、花嫁さんが見られたり。
そして、ビーチ周辺を中心に、ホテルもたくさんあります。
車だとCity(シドニー中心地)から1時間ほどかかりますが、船なら30分程度なので、マンリーに住んでCityに通勤、という方もいらっしゃるようです。
うらやましいですね!
マンリーはとても有名な観光地なので、Good Food Guideに載るようなお店もいくつかあり、私はどちらかというと、そっちがメインの観光です。
by gigicocco | 2013-01-03 03:02 | オーストラリア Australia
a0098948_2331872.jpg
シドニーへは乗り継ぎ便で行った(経費削減)のが、なかなかハードで。
朝にシドニー空港に着いてからは、がっつりイタリアン買い物Good Food Guideなど)→ホテルチェックイン→ひとやすみ→晩ご飯というスケジュールでした。
乗り継ぎ便のため早朝(というか、深夜)ケアンズに着いて、数時間待って、そこからシドニーへ行く飛行機に乗って、という具合だったので、かなり睡眠不足でぐったり気味でした。
ランチががっつりイタリアンだったから、夜はあまり重いものは食べずに過ごしたい・・・そして、せっかく最新版のGood Food Guideを手に入れたけど、Manlyという、中心地から離れた、あまり行かない地域に滞在していたので、お店を探して行くのもメンドウな気分。
a0098948_2304050.jpg
海沿いにレストランが並んでいることは知っていたので、歩きながらそのあたりのお店をなんとなーく見て、1軒のお店に決めました。(蛇足ですが、レストランの並ぶエリアまでは車で行ったのですが、週末だったこともあり、駐車場所に苦労しました・・・)
前菜にグリーンサラダとナスのトマト焼き(写真は取り分け後です)、メインはフィッシュ&チップスとシンプルな魚のグリル。
メニューにフィッシュ&チップスがあったりして、イタリア料理店だったのだろうか?とも思うのですが、地元の人が愛する料理も出す、イタリア系の方のお店のようでした。
a0098948_2323466.jpg
フィッシュ&チップスはオーストラリアでも大人気なのです。(元イギリス領なので)
シンプルにソテーした白身魚に付いてるソースはタプナード(黒オリーブやアンチョビなどを使ったソース)だったので、やっぱり、イタリアかなーと。
シドニーはイタリア系の人が多いので、イタリア風の料理も一般的です。
前菜のグリーンサラダはラフにドサッと!
葉っぱもあまり細かくちぎらず、バルサミコ酢のドレッシングで和えてあって、おいしかったです。
フィッシュ&チップスにもサラダが添えられているのが、ウレシイ。
このくらいの揚げ物を食べるなら、サラダが添えられていると、とてもいいですね。
そして、実は一番おいしかったのが、ナスのトマト焼き!だったんです。
シンプルだけど、とても。
これを食べて、やっぱりこのお店の人はイタリア系なんだなぁーと思った次第です。
お店はほど良くカジュアルで、お店のおじさんもお兄さんもフレンドリーでいいかんじでした。
店内はかなーり暗いので、料理の写真は明るさ調整しています。
by gigicocco | 2012-12-04 23:33 | オーストラリア Australia