旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー

パスポート増刷しました

a0098948_0472147.jpg

パスポートの有効期限は残り1年半くらいなのですが、増刷をしました。
増刷というか、増ページですか。
パスポートの有効期限はまだあるのに、スタンプを押すスペースが足りなくなったときに、ページだけを増やすことができるんです。
増刷はパスポートをつくるところと同じところでもっと簡単にできました。
でもね、増刷しに行ったらね、担当スタッフの方に、あと1年半なんだから増刷でなく新しく作るようにすすめられたんです。
けっこう何度も何度も。
まぁ、そちらの立場からするとそれがベストかもしれませんが、こちらからすると大きく違う。
増刷ならね、申請に行って数時間で出来上がるし、諸経費も数千円ですむし、新しいパスポート番号も覚えなくていいんだよ!
最後のパスポート番号を覚えるかどうかは人それぞれだとは思いますが、諸経費はかなり違う。
1万円以上違う。
そこを主張して、ようやく申請書類を受け取ってもらえました。
それ以外はパスポートの増刷はとてもかんたんでしたよ。
私にとってパスポートの増刷は、これが最初で最後だと思うので、ちょっとうれしい。

パスポートの下の箱は札幌みやげのタイムズスクエアですよ。
しろくまバージョンでかわいい。
by gigicocco | 2014-09-24 23:47 |
a0098948_02627.jpg
バルセロナにはドイツ経由で行ったので、せっかくドイツの空港でラウンジが使えるなら、ドイツ料理とビールはかかせない!と思いまして。
そんなにお腹が空いているわけではないのに、がっつりソーセージ+ビールで食事。
もっと濃い味かと思ったのですが、すごく薄味でびっくり。
そしてビールのうまさに、またびっくり。
さすが、うまいね!ビール!
味もおいしいけど、香りも豊かで。
ソーセージも皮パリッと、シンプルにおいしいですね。
このままドイツで降りておいしいビールとソーセージをもっともっと食べたいなぁ、と思うくらいでした。
by gigicocco | 2013-10-27 23:02 |

経由地です

a0098948_22452284.jpg

スペインは直行便がないので、経由地のドイツです。
空港に着いたら乗り継ぎのために、荷物検査→入国審査(シェンゲン条約)です。
プレッツェル買っちゃおうかなー。

<後日の追記>
経由地にドイツを選んだのは、マイレージの関係がメインの理由です。
あと、なんとなくイメージで、ドイツなら遅れも少なそうだし、荷物の安全性も高そう。(イメージです)
飛行機を降りたら、日本語を話せる女性スタッフが立っていて、乗り継ぎの方法も教えてくれました。
親切ですね。
シェンゲン条約で、ドイツで入国審査をしたら、スペインではもう入国審査はしなくていいんです。
便利ですね。
便利なんだけど、毎回、入国審査はどうするんだっけ?と少し迷ってしまうので、今回もメモしたというわけです。
売店でプレッツェルは買いましたよ、もちろん。
あと、さすがにドイツはビールがうまい!
機内食のパンも状態が良かったです。
by gigicocco | 2013-06-22 22:45 | スペイン Spain
a0098948_22184148.jpga0098948_22185699.jpg乗り換え便を利用したので、シドニーからの帰りの便はかなり早朝に出発することになりました。
シドニーの国内線空港に到着したのも朝6時前。
まだ薄暗い空港をチェックインを済ませて歩き進んでいくと、10店以上入ったフードコートが。
国内線空港のチェックイン後としてはかなり立派なフードコートなのでは?!
ファストフード系やパン屋系、カフェ系が中心です。
早いお店は朝6時から営業しています。
私もありがたく、ここで時間つぶし&朝ご飯をいただくことに。
カフェ系でコーヒーを買い、あとはパイ・フェイスでアツアツのチキンシチューパイをいただくことに。
パイフェイスはシドニーではこの数年(10年は経ってないと思う)で増えたパイ屋さんです。
オージーはパイが好きですね!(イギリスの影響かと)
丸いパイにニコちゃんマークのような顔が描かれていて、かわいーんです。
味によって顔の表情が違います。
甘いパイを食べる気分じゃなかったので、チキンシチューパイにしたのですが、もっとドロッとしたクリームシチューのようなものを想像していたのですが、予想以上にスープ状で。
一口かじると、とろ~っと中からシチューが手に垂れてくるので、アチアチ言いながら一気に食べました。
まさか早朝の空港でこんな朝ご飯が食べられるとは思ってなかったですよ。
パイを食べ終わる頃には、ほとんどのお店がオープンして、いつのまにか、他のお客さんも増えていました。
やはり、サラリーマン系オージーが多かったですね。
by gigicocco | 2012-10-04 22:19 | オーストラリア Australia

この空を飛ぶんだなぁと

a0098948_9395248.jpg

今日はすごくはっきりした夏空で
夏休みの週末の空港はめちゃめちゃ混んでます
台湾は台風だけど、香港は大丈夫らしい

<後日の追記>
青い空と白い雲と空港と。
絵みたいだなーと思って。
by gigicocco | 2012-08-24 09:39 | 香港 Hong Kong
a0098948_155627.jpg
ミラノにはマルペンサ空港とリナーテ空港がある。
私はリナーテ空港のすぐ近くに滞在していて、帰りの飛行機はマルペンサ空港出発でした。
このときはかなり荷物が多かったし、滞在先のホテルからはマルペンサ空港までのバスもなかったし(リナーテまでならあった)、タクシーを使いました。
リナーテ-マルペンサ間をタクシー移動しないとだけど、どうしよう?と困っている方がいらしたので、少しでもご参考になればと思います。(2009年の情報ですが)
リナーテ-マルペンサ間は、ほぼ高速道路で一直線で行けました。
だけど、私が乗った日は交通事故の影響があったようで、大渋滞。(日曜の午前中という時間帯が影響したのかは不明)
1時間もあれば余裕で到着するだろうと思っていたのですが、1時間半すぎても到着せず。
交通渋滞を超えても、空港に入る道がそもそも、すごーく混んでいて(車線が少ない上、あまり守られてないみたいでした)、目の前に空港の建物が見えているのに近づかない!
歩いたほうが早いくらいだったけど、重いトランク2つを石畳の上を転がして歩く自信がなかった。
空港の玄関近くまでタクシーがなんとか到着しても、かなり外側の車線だったので、タクシーの運転手さんが荷物を運んでくれました・・・。(助かった!)
所要時間は、渋滞にはまりまくって1時間45分くらいかかってしまいました。
そしてタクシー料金は、あまりにも渋滞して車が動かないから、タクシーの運転手さんが同情してくれて、空港敷地内に入ったらメーターを止めてくれたんです。(今思うと、値引き交渉したらしてくれたのだろうけど、運転手さんは英語がわからないし、私はイタリア語が話せないし、時間も押していたから早くチェックインしなくちゃ!という気持ちのほうが強かった、現に空港では行列に並ぶ以外はずっとダッシュ)
それでも95ユーロくらいしました。
今、考えてもタクシー代95ユーロは高い。
リナーテ空港まで行って、そこからマルペンサ空港行きのバスに乗ったらもっとずっと安かったはずだし。(でも、バスだったら渋滞は同じはず)
でもね、そのときはほんと、他に移動の手段がなくって。
送ってくれる知り合いがいるわけでなく、空港行きのバスが出る街まで行くのも地下鉄か、バスの乗り換えが必要だし。
荷物があるから、街まで出るにもタクシーは使うわけですし。
街まで出るのにタクシー代だけで30ユーロ以上だそうですし。
で、発想の転換をしたんです。
このタクシー代100ユーロは(荷物も持ってもらったので、お礼もした)「旅の移動費」として、飛行機代に盛り込んで考えよう、と。
飛行機代って、安いの買えた!と思っても、後になってさらに1~2万円くらい安いチケットをみつけたりするでしょう?
そういうふうに、変動する「旅の移動費」と思うことにしたんです。
だから、そこらへんは置いといて。
ミラノの、リナーテ空港(正しくはリナーテのすぐ近くの町から)から、マルペンサ空港までのタクシー移動は、かかった時間は1時間40分。
かかった料金は(大渋滞にはまって)100ユーロでした。
渋滞にはまってなかったら、時間も料金も半分以下だったと思いますよ。
でもね、もしかしたら渋滞もしょっちゅうおきてるのかも?とも思うんですよ。
空港に入る道や、空港の敷地内でも車がぜんぜん動かなかったから。
そこらへんは不明なのですが、参考になりましたでしょうか?
そうそう、追記といたしまして、タクシーの運転手さんが助手席にお子さんを乗せていました。
小さな男の子。
日曜日だし、空港まで行くので、ついてきたのでしょうね。
おとなしく座っていましたよ。
by gigicocco | 2012-04-26 01:35 | イタリア Itaria
a0098948_14311464.jpg
オーストラリア線の飛行機が年明けに期間限定セールのキャンペーンをしていたので、それでシドニーに行くことにしました。
ぜいたくして広めの座席を取る代わりに、直行便でなく乗り換えで。
それだったら、通常の席で行くのとほぼ変わらないくらいで行けたのです。
キャンペーンのおかげです。
スケジュールとしては、こんなかんじ。
ちなみに、日本-シドニーの時差は2時間、日本-ケアンズ、ゴールドコーストの時差は1時間です。
オーストラリア国内でも、シドニーとケアンズ、ゴールドコーストは1時間の時差があります。
▽往路(行き) 
成田20:10発→ケアンズ04:50
ケアンズ07:20→シドニー11:15
▽復路(帰り)
シドニー07:00→ゴールドコースト07:20
ゴールドコースト10:50→成田06:55
a0098948_14443550.jpg
ケアンズ空港に早朝到着なので、することもなくイスでだらっと待ちました。
格安航空会社なので、朝起こされるのが早く(たぶん、スタッフが少ないからかと)かなり眠いです。
結局は3時間弱くらいしか眠れなかったので~。
待ってる間に、少しずつお店も開いたりするので、待ってる間に温かいカフェラテを飲みました。
だんだんと他の飛行機も到着し、待合い場も混み始めたころに、シドニー行きが出発。
いちおうは国内線だし、もっと小さな飛行機を想像していたのですが、そこそこの飛行機で、しかもほぼ満席。
こんなにシドニーに乗り継いで行く人がいるのか・・・。
短いフライトだし、機内食やドリンクサービスもない(水は飛行機後方に冷水器があるそう)ので、ここではぐっすり眠れました。
なので、シドニーに到着したときには、だいぶスッキリ。
シドニー空港は、いつも混んでますね。
とくに、出口の荷物検査の列に並ばされてしまうと。
ノーチェックでもいいのに、間違えて荷物検査の列に並ぶ方もいるので(わからないと並んでしまうよね)、よーく確認したほうがいいですよ。
a0098948_14162326.jpg
帰りはゴールドコースト乗り換えだったのですが、やっぱりなんとなーく、ゴールドコーストとケアンズって客層が違うんだなと思いました。
なんというか、ゴールドコーストのほうが浮き足だってるかんじ?
この乗り換えはきつかった~。
なんせ、シドニー空港7時発ですもん、かなり早朝にホテルチェックアウトしましたよ。
ホテルの人もまだ夜勤の男の子だったくらい。
空港に着いてから思ったんですが、シドニー-ゴールドコーストって国内線なんだから、1時間前に着けばいいはずなのに、2時間前に行っちゃったし~。
そしてゴールドコースト空港で3時間半待ち。
しかもちょこっと本屋さんに寄ったくらいでサッサと国際線エリアのほうに入ってしまったので、ほとんどすることがない。
売店は引くくらい高いし。
国内線エリアのほうがカフェとかいろいろあったのに~!
ギリギリに国際線エリアに入れば良かったわ。
a0098948_1445415.jpg
ゴールドコースト空港は小さいし、もともとは国内線のみだったので、滑走路から飛行機まで歩いて行きます。
あと、やっぱり、ゴールドコーストはいい天気ですね。
この日たまたまだったようですけど、シドニーよりはっきりと暑かったです。
やっとゴールドコーストから日本に帰る飛行機に乗って、ホッとしたのもつかの間。
前の席のオジサンがお行儀わるい・・・声おおきい・・・ビジネス系ではそこそこ著名な方なのに・・・。
客室乗務員(いろいろな人がいるのに、当然、日本人の若い女性の)を引き留めて話続けたりとかさ。
でもまぁ、なんとか数時間ほど眠って、本を読んで、映画を見て、日本に到着しました。
広めの席のほうだったので、毛布・機内食・機内エンターテイメント(映画とか)は別注文しなくても付いてました。
ただ、映画はもっといろいろ見たいなら、別料金が必要。(11Aドルくらい)
映画は、日本語翻訳は少ないです。
シドニーに格安航空の乗り継ぎで行くのは初めてだったのですが、トータルして考えると、お値段通りの内容、サービスだったなと。
いろいろ「あ~あ」と思うことも多かったのですが、「だから、こういうことで○万円違うんだ」と思うと、まぁ、そんなもんかと思えます。
妥当でしょう。
ココの普通席にも乗ったことは多々あるのですが、長時間はツライ座席なので(機種にもよるでしょうが、どうしても座席数を多めにとるし)、持病の関係や同行者の問題もあっって、長時間乗るなら広めの席でないとな~というかんじなのです。
いろんなことも、まぁ、シドニーに行けたんで、いいんです。
セールキャンペーンがなかったら行けなかったと思いますもん。
やー、でも、これだけ大変だと(乗り換え時間に問題があって、かなり睡眠不足になります・・・)日本からオーストラリアへ行く旅行者が減るのもしかたがないかなーと思いました。
私はまた行きますよ!
by gigicocco | 2012-03-26 14:19 | オーストラリア Australia

トランジットの時間

トランジットでケアンズ空港にいます
2時半に朝食を食べ、4時前に到着(日本時間)しました
この時間にケアンズに降りても、することないと思うわ〜
ま、私は降りれないので、時間まで空港のイスでだらだらして過ごします

<後日の追記>
日本とケアンズの時差は1時間なので、到着は現地時間で5時くらい。
だけど、ケアンズで5時って、夜明けもまだだし、ケアンズに降りても行くところはないと思うの。
どこか近くのモーテルにでも入って寝直すのがいいと思います。
格安航空会社なので、早めに起こされるので(スタッフが少ないゆえ?)、睡眠時間が短いんですよ。
私はケアンズの空港で(国際便のほう)ほんと、ただぼーっとしてました。
2時間くらいかな。
売店は開いていたので、温かいフラットホワイト(ミルク入りコーヒー)を飲みました。
by gigicocco | 2012-03-03 04:39 | オーストラリア Australia

飛行機に乗ります

a0098948_1933342.jpg

さっき、ちょっと揺れたかな,,,
乗る前にちょっとゴタゴタしましたが(格安チケットだし)、飛行機に乗ります
お酒のんで寝ます

<後日の追記>
これから飛行機に乗って、ケアンズ→シドニーの乗り換え便でした。
格安航空券だったので、サービスも「格安」で。
ちょっとゴタついたのでした。
地震も、震度1くらいのがあったように感じたのですが、気のせいだったのかも。
以前は震度2以下では気が付かないことが多かったのですが、この1年でとても敏感になりました。
by gigicocco | 2012-03-02 19:33 | オーストラリア Australia
a0098948_15214466.jpg
香港の空港でおみやげを買うこともままあります。
便利に使っているのが、マニングス(香港のドラッグストア)と、ペニンシュラブティック(ホテルのペニンシュラのお店)と、奇華餅家(香港のお菓子屋さん)です。
とくに、奇華餅家では個別包装された箱入りのお菓子も買えるので、便利なんです。
でも、個包装されたお菓子でなくても良い場合は、雞蛋巻(エッグロール)を買います。
雞蛋巻は、似たお菓子が日本にもあるし、食べやすい味なので、おみやげに向いているんです。
a0098948_1523764.jpg
香港みやげとしては、プレーンな味ではつまらないので、ココナッツ風味のほうにしました。
私はココナッツ好きなので、こっちのほうが好きです。
雞蛋巻はすごーく有名なお店もあるのですが、買うのも大変だし、奇華餅家のものもクセがなくいて食べやすいし、なにより空港で売っているので。
個包装でないので、そこらへんが贈り先を選ぶかも。
ちゃんと缶に入っているので、しばらくはしけったりしないんですが。
a0098948_15232712.jpg
奇華餅家では焼きたての菓子パンみたいなものも売っていて、ふつうに、ふかふかの菓子パンがほとんどだったのですが、その中にひとつだけこんもりとした丸い形で、どうにも気になるパンがあったので買ってみました。
パンの上に赤い食紅でなにやら印が付けてあるのも、チャイナっぽい。
a0098948_15234521.jpg
食べてみると、パンではなく、パイ包みなのですね。
そして、中には丸ごとのピータン・・・塩卵のバージョンは知っていたのですが、ピータン・・・嫌いじゃないけど・・・。
まわりのクリームは、よくわからず。
味噌のよーな、腐乳味なのかなぁ?
ほの甘く、少し塩味で。
フクザツな気持ちで食べ終えました。
ボリュームもあるので、半分食べた時点で、満腹気味に。
そして、これは書いておきますが、私、この後、少し、お腹が痛くなりまして。
たぶん、ラード(パイに入っている)が合わなかったのかなと。
私、ラードに弱いんです。
なので、同じような体質の方は注意です。
雞蛋巻はおいしくて問題ないので、ご心配なく!
by gigicocco | 2011-09-27 15:40 | 香港 Hong Kong