旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

台北で台湾料理

a0098948_1242790.jpg

私は大好きなのですが、まわりから今ひとつ賛同を得られない台湾料理店が台北の兄弟酒店(ホテル)にあります。
干し大根入りの卵焼きも、さつまいもの葉の炒めものも、養生スープも、焼き魚も、お肉料理も、名物のお鍋いっぱいに出てくるさつまいも粥も、どれもシンプルかつ、ちゃーんとおいしいのに。
あまりにも普通すぎる料理だからかなー?
いつもけっこう混んでるんだけどなー。
台北でおすすめのお店は?と聞かれると、ぜひおすすめしたいけど、もっとゴージャスなかんじのお店がいいのかしら?と躊躇してしまうのですけれど、本当はここがおすすめ台湾料理店なのです。
by gigicocco | 2014-06-26 12:04 | 台湾 Taiwan

台北駅でお茶

a0098948_241854.jpg

台北駅の「ステラおばさん」のクッキー屋さんでお茶しました。
お昼どきだったので、お茶だけでも良さそうなお店があまりなく。
いちご入りの甘いレモンティーと小型(じゅうぶん普通サイズでしたが・・・)クッキーのセットです。
全ドリンクに小型クッキーがついてくるのてす。
わからなかったので、甘いドリンクを注文してしまいました。
台北駅構内には日本と同じお店が多いですね。
このときはオープンしたての日本のとんかつ屋さんが大人気でしたよ。
by gigicocco | 2014-05-02 02:04 | 台湾 Taiwan

台湾の冬も防寒を

a0098948_0124789.jpg

台湾は日本より南だし、たしかに冬でも日本よりも寒さは厳しくなく、過ごしやすい。
だがしかし。
日本と同様の防寒は必要だ!と今回の台北であらためて思いました。
なぜに寒さのゆるい台湾で日本と同様の防寒が必要かというと、暖房器具がないから!
ホテルの部屋など、スースーと寒い・・・。
レストランなどではサービスなのか、クーラーがガンガンに効かせてあったりすることも。
あまりにも寒く、いったん脱いだコートを再び着こんで食事をしたり。(まわりの台湾人はコート脱いでる)
そして、香港人と同様、台湾の方も室内がむわっとするのがイヤらしく、冬でも窓を開けて空気がこもらないようにしたりするのです・・・。
ホテルの部屋にはストーブを入れてくれたのだけれど、今回にかぎってサービスでアップグレードしてくれたため、広々とした部屋に小さなストーブ1台では温まらなくって・・・。
さいわいバスタブがあったので、お風呂を入れて毎晩、温まってから寝てました。
お風呂を入れると、体が温まるだけでなく、湿気で部屋がちょっと暖まるし、乾燥を防げるので、風邪予防に良いのです。
お風呂に入らないと、寒くて眠れないくらいだったんです。
薄い毛布はあったけど、何枚もかけると重くなって寝苦しいので、そんなに何枚もかけるわけにもいかず。
だからね、南だと思って気を抜かず、冬の台湾に行くときは日本同様の防寒が必要ですよ!!
とくにホテルの室内が寒すぎる可能性があるので(超高級ホテルなら大丈夫と思いますが)、あったか下着や、あったかパジャマを用意したほうがいい。
これが今回、強く思ったことです。
台南はともかく、台北はけっこう寒いですよ。
天気予報で最高気温が20度近くあっても、体感はもっと寒いです。

そんなわけで、何日かすると風邪気味っぽくなってきてしまったので、フードコートでサムゲタンをいただきました。
食べやすい(人参やハーブがあまり入ってない)味で、とっても温まりました。
サムゲタンは温まりますね!
本当は台湾の鍋でもいただきたいところだったのですが、がっつり鍋屋さんに行くほどはお腹が減っていなかったので、フードコートの韓国料理屋さんのサムゲタンです。
じんわりと汗ばむほどで、サムゲタンのチカラをあらためて感じました。
by gigicocco | 2014-02-05 23:12 | 台湾 Taiwan

なんとまぁ、台湾

こんにちは。
なんとまぁ、台湾に来ています。
移動がさほど苦ではない私でも、さすがにあわただしい・・・。
台北は日差しが強く、昼間は暖かかったです。
夜は肌寒く、ホテルの室内も寒いですが、ストーブを入れてくれているので良かったです。
今日は何か台湾料理を食べると思います。
by gigicocco | 2014-01-16 20:19 | 台湾 Taiwan

台北のフカヒレ有名店

a0098948_22344634.jpg
台湾で有名・・・かどうかは知らないが、台湾好きの日本人の間で有名らしい高級フカフレ専門店へ行く機会がありきました。
このお店はメニューがほとんどフカヒレのみ!なのです。
あとは数品のカニ料理と野菜料理、炒飯があるのみ。
ビールすらない、フカヒレ専門店なのです!
フカヒレは漢方的にも優れた材料だから、そのせいもあるとは思うのですが。
お値段はパッと見、レート計算するのが難しく感じるほどの見慣れない桁数で・・・。
フカヒレの土鍋煮はとろみの強いスープにフカヒレごろごろ。
正直、フカヒレ料理はあまり食べたことがないのですが、ここのフカヒレ料理は香港のものとも日本のものともちょっと違うな、と思いました。
他のはスープは琥珀色だけど、こちらのは不透明な色合いで、味付けも濃いめかな・・・。
これはこれでおいしいので、こちらのほうが好きだと言う方もいらっしゃると思います。
by gigicocco | 2013-12-14 22:40 | 台湾 Taiwan
a0098948_2116712.jpg
友人に紹介してもらって行って以来、とっても気に入って、台北に行ったらよく寄るのがAobaです。
台湾料理の有名店、青葉の支店のひとつで、ちょっぴり現代風にアレンジしてあるのが特徴のお店です。(青葉はバイキングのお店も素敵で便利)
このときはいろいろ食べたかったので、お得なコース料理にしたら、たくさん出てきたので、その中の一部だけ。
前菜にサラダなども出てきた(こういうところが現代風かと)のですが、スープになんと、佛跳牆(通称、ぶっとびスープ)が出てきたのですよ!
高価な乾物を使い、調理に何日もかかるというので、たいていは要予約なので、初めて食べました。
ぶっとびスープがお得なコースで手軽に・・・うれしい。
もともとは福建料理だけれど、台湾でもお祝い時などによく食べられる料理だそうです。
芋類がとろけてドロッとしていましたが、いろいろな味が合わさって、濃いダシの出たスープでした。
a0098948_21164497.jpg
豚の角煮のような料理も出ましたよ~。
見た目よりも味は濃くなく、脂もしつこくない。
それなのに、ご飯が進むという、スバラシイ角煮でした。
この他にもシーフードや野菜料理など、コースの中に含まれているので、かなり食べ応えがあるコースでした。
台湾は食事がリーズナブルでおいしくって、いいですね。
a0098948_2117997.jpg
このコース料理を選んだ理由のひとつに、カラスミ炒飯があったこと!でした。
ここのカラスミ炒飯、おいしいんですよ~。
ダイスに切ったカラスミをご飯と炒めて炒飯にして、最後に生のカラスミをスライスして上にトッピングしたもの。
カラスミがたっぷりでね~、おいしいんですよ。
Aoba必食メニューです。
a0098948_21174135.jpg
最後にはお約束の杏仁豆腐。
台北で食べる杏仁豆腐は、杏仁の風味は濃いめだけれども、日本とそっくりなので、日本の杏仁豆腐は台湾から伝えられたものではないかと思うわけです。(大陸や香港では冷たい杏仁豆腐はメジャーではない)
ショッピングセンターの中に入ってるお店だから便利だし、おいしいので、滞在中に一度は行きたいお店です。
by gigicocco | 2013-07-12 21:19 | 台湾 Taiwan

台湾料理のバイキング

a0098948_17394498.jpg
台北の台湾料理屋さんでは、青葉がけっこう好きで行くのですが、有名店なので支店もたくさんあります。
その中で私が好きなのは、少し現代風にした台湾料理を出すAobaなのですが、歴史的な建物をモダンに改装した、華山1914創意文化園区にある青葉新楽園もバイキング形式のお店なので、いろいろと便利。
バイキング形式なので、ひととおり食べてみたいものが食べられるのがいいんですよ。
前菜、スープ、冷た料理、温かい料理、野菜、肉、魚貝類、点心、ご飯、麺、デザート、ドリンク等々が、2ヶ所に分かれてずらーっと並んでいるんです。
からすみ炒飯や蒸し蟹などの高級料理から、魯肉飯(ひき肉のせご飯)、担仔麺、蚵仔煎(牡蠣のお好み焼き)などの屋台料理、さらにはなぜか刺身やサラダ、ケーキにコーヒーと、ひととおりある。
いろいろと台湾料理を食べてみたいけど時間がない方には、すごく便利なお店だと思います。
歴史的な建物をモダンに造り替えたお店なので、店内の雰囲気もとても良いです。
時間があれば、しばらくここでゆっくりしたいな、というくらいに。
台湾の食べ放題には時間制限がないのですよ!!
そうそう、台湾で食べるビーフン炒めは麺がべっちゃりしてなくて、おいしいんです。
麺が全部くっついてしまってべちゃっとしてたり、麺がくっつくのを防ぐために油過多だったりするビーフン炒めはいまいち、と思います。
こちらのお店ではバイキング形式だから、作りたてではないのに、麺がべっちゃりしてない。
どうやって作っているんだろう?と思っていたのですが、お店の入り口でビーフン麺を販売していました。
やはり、何か特別なビーフンなのに違いない。
おみやげで買ったら良かったな。


青葉新楽園
by gigicocco | 2013-06-14 18:03 | 台湾 Taiwan

台湾の担仔麺の有名店

a0098948_1956920.jpg
台北の忠孝東路はおいしいもの屋さんがたくさん集まるエリアなので、滞在中にはたいてい1回は行きます。
表通りに人だかりができているお店があれば、それはたいてい、有名なおいしい店なので、ここもそのひとつ。
台南(台湾の南部)の伝統的な麺である、担仔麺屋さんです。
お店の入り口に、台湾好き女子を激増させた日本の有名タレントさんと、香港の有名なグルメ評論家の写真が貼ってあったので、間違いなく有名店なのだな、と確認して入りました。
メニューはシンプルに、担仔麺の具をのせた、汁なし担々麺状もの、もしくは汁麺。
麺は、中華麺(日本のとそっくり)か春雨麺の2種。
それと、白いご飯に担仔麺の具をかけたもの。
あとは、サイドディッシュのおかずや、炭酸飲料やビールなどの缶ドリンク類。
a0098948_19594178.jpga0098948_19595689.jpg




















初めは普通に中華麺(日本のとそっくり)と、春雨麺のものにしたのですが、予想よりもずっと小さなサイズだったので、追加で白いご飯の上に具をかけたものも注文しました。
担仔麺は食事というよりも、おやつで食べるものだったのでしょう。
もっとこってりしているのかと思ったのですが、けっこうアッサリしてて、つるっと食べてしまいます。
私のベストは中華麺で汁入り麺、かな。
汁(スープ・・・)がおいしいのです。
あとはやはり、白いご飯に具をのせたご飯はテッパンでおいしいですよね。
それと、忘れちゃいけない、味付け卵。
味付け卵はご飯と、が良いですよね。
a0098948_20174.jpg
サイドディッシュで野菜も注文したのですが、それがこの「龍髭菜」!。
過去に一度だけ、香港で食べたことがあり、すごく好きだ!と思って名前まで教えてもらったのですが、それ以来、出会うことはありませんでした。
それが、台湾で、定番野菜!
香港で食べたものとは香りや食感が少し違うので、産地が違うのかなと思いますが、これはこれで、サッパリと(おひたしみたいな料理だった)、サクサクとした食感でおいしかったです。
ただただ、出会えてうれしい。
こちらのお店は、店内も伝統的なスタイルで営業していて、それを少しモダンにした、おしゃれ店だったのですが、写真は料理しか撮らず。
撮ってる人も多かったのですが、なんせ、麺を温めて具をのせるだけだから、料理がすぐにやってくるんですよ。
だから、写真を撮ろうかどうか迷ってるうちに、料理が届いて、ささっと料理だけ撮って、すぐに食べちゃいましたね~。

度小月
by gigicocco | 2013-06-10 20:01 | 台湾 Taiwan
a0098948_17573310.jpg
台北で夜にたくさん食べるから、とか、昼に食べ過ぎたな、というときには小龍包屋さんに行きます。
小龍包屋さんでは炭水化物は小龍包の薄い皮のみ!なので、あんがい軽いんです。
中はお肉なのでたくさん食べると重くなりますが、食べ過ぎなければ大丈夫。
a0098948_17595295.jpg
いつもながら、台湾の小龍包は皮は薄いのにしっかりしてて、固くなく、良いですね。
こちらのお店は中のお肉の素材も良く、中のスープもおいしいです。
a0098948_1825063.jpg
小龍包以外にもサイドメニューで豆苗炒めと青菜と豆腐のスープをいただきました。
スープは何人もで分ける用なので、かなりの量ですが、小龍包に野菜とスープで、これくらいなら軽い食事としてちょうど良いです。

高記
by gigicocco | 2013-04-24 23:06 | 台湾 Taiwan
a0098948_235454.jpg
台北の永康街には行きたいおいしいお店がたくさんあるから、たいてい行きます。
お腹いっぱいになった後は、台湾茶でゆっくり・・・なのにねぇ、ついつい、なぜかフルーツヨーグルトを注文してた。
お茶菓子でも・・・というつもりでメニューを見たら・・・。
本当はですね、オーナーのご主人(アメリカ人の陶芸家)のママ直伝のアップルパイが食べたかったんですよ~。
だけど、それはいかにもお腹がいっぱいになりすぎると思って、結果、フルーツヨーグルト。
お茶とは合わないけど、いろいろなフルーツが入っていて、おいしかったの。
広い、センスの良い店内で、ゆっくりもできました。
地下は陶芸の工房なのかな?
地下には大きなワンちゃんもいて、おとなしく、かわいかったです。
台湾は西洋系の観光客の方は少ないように思うのですが、こちらのお茶屋さんには西洋系のグループもいました。
そしたらば、ご主人なのでしょうね。
英語でしっかり、お茶の説明も煎れ方もレクチャーしていました。
日本語がなんとなく通じるお店は多いのですが、英語は少ないと思われるので、貴重なお店なのだな、と思いました。
食べ疲れ&歩き疲れの永康街では良いお店ですね。
今度行くときにはアップルパイ用のお腹を残しておかなくては・・・とも思ったのですけどね。
by gigicocco | 2013-04-08 02:46 | 台湾 Taiwan