旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ケアンズのバーベキュー

a0098948_18201566.jpg
ケアンズ近くのビーチ沿いのカフェから、BBQの様子を観察。
オーストラリアではBBQは国民的レジャーと言っても過言ではない、というか、ごくごく日常的なものだそうです。
バービーという愛称で呼ばれています。
公園などに行くとだいたいBBQ施設があります。
このご夫婦もBBQ準備中。
BBQの準備はどうやらご主人の仕事らしく、マダムは少し・・・イヤ、本当はかなり、不安そうに監視。
(マダムのポーズが良いでしょ)
焼くのは家から味付けしてきたらしいビニール入りお肉とベーコン・ソーセージ類と玉ねぎ。
日本のように串にさしたりはしていませんでした。
鉄板焼きに近いのかな。
それと大切そうに車からだしてきたお鍋は、どうやらマッシュポテトのようです。
a0098948_18204162.jpg
BBQの鉄板に鍋ごとのっけて慎重に温め、味見も何度も繰り返します。
これはマダムの担当らしく、付きっきりです。
だいたい出来上がってきたかな~というあたりで孫らしき女の子2人とその母親らしき女性(このご夫婦の娘なのでしょう)が海からあがってきました。
お皿に山盛りにして、後かたづけもご主人がていねいにして、近くのテーブルでいただきま~す!
a0098948_1821065.jpg
ほかの若者グループなんかはもっと簡単にスーパーで買ってきたバーガーのパテを焼いて、同じく買ってきたバンズにはさんで食べていましたから、この家族のBBQはかなりちゃんとしたディナーなのでしょう。
夕暮れのビーチで波の音と風に吹かれながら食べるBBQは、どちらのグループも、とってもおいしそうでした。
# by gigicocco | 2007-04-09 01:57 | オーストラリア Australia

パリの贅沢なランチ

a0098948_14482983.jpg
パリのホテルで無造作につくって食べたランチです。
調理道具もないので、パンはちぎったり、かなりラフです。
しかししかし、こんなに贅沢していいの!?というランチです。
まず、7区のチーズ屋さんマリアンヌ・カンタンへ散歩もかねてぶらぶら歩きながら行き(途中、おいしいアイスクリームなど食べながら)、チーズとバターを購入します。
マリアンヌ・カンタンは伊勢丹にも入っているけど、バターは日本には未入荷だとか。
上質なミルクでつくりたて!というかんじでとってもオススメです。
色も真っ白でミルクの香りたかく、成形も丸くてかわいいのです。
そこからさらに歩き、15区のLE QUARTIER DU PAIN(おいしいパン屋さん)へ行き、バゲットとオレンジジュースを購入。
パンを抱えた男の子のイラストがかわいいv
つまみ食いしたいのをがまんしつつ、ホテルに帰って、昨日「ボン・マルシェ」で購入したイベリコ豚のハム(形からいってヒレ部分か?)のスライスと、マリアンヌ・カンタンのバターをたっぷり挟んで、いただきま~す。
おいしくないわけないでしょ!?
だって、このバゲットサンドをつくるのに半日がかりなんです!
# by gigicocco | 2007-04-08 15:07 | フランス France
a0098948_1105058.jpg
ジェラール・ミュロのデリを買って、リュクサンブール公園でランチ。
・サーモンのキッシュ
・スモークサーモンをはさんだシンプルなバゲットサンド
・サーモンとじゃがいものサラダ
・グリルフィッシュの野菜添え
魚ばかりなのは、パリであまり魚を食べなかったことへの反動と思われます・・・。
サーモン、かぶりすぎでしょ!?
でも、スモークサーモンがすっごく!おいしかったです。
日本でおつまみに食べるスモークサーモンよりも、もっちりとした歯ごたえと舌にからみつくぬめり、かつ、脂ものっていて、塩みもマイルドでちょうど良い。
とっても贅沢なランチでしたv
ホントはワインも飲めたらもっと良かったんですが、さすがに良いのか??とためらいました。

サーモンとじゃがいものサラダがとっても気に入ったので日本でも真似てつくります。
味付けは塩・レモン・オリーブオイルとディル少々だけでごくごく薄味です。
ポイントはじゃがいもの香りと甘みを損なわないように味付けすること。
男爵やキタアカリ系のおいしいじゃがいもを使うのがオススメです。
このときはスモークサーモンではなく、サーモンのお刺身を軽くマリネしたものを使っています。
レモンは本当はいらないのかもしれないのですが、サーモンの魚臭さをとるためにほんの少量使うことにしています。
# by gigicocco | 2007-04-08 01:27 | フランス France

パリのレバノン料理

a0098948_18533456.jpg
レバノン料理が大好きなのですが、日本ではメジャーではないので海外へ行くとレバノンレストランを探します。
パリにはレバノンレストランがたくさん!
フレンチは大好きでも毎日はちょっとつらい・・・でもワインは飲みたい。
そんな時にぴったりです。
レバノン料理はワインにも合うのです。
レバノンワインもおいしいし。
こちらのお店はちょっとおしゃれなかんじのレバノンレストランでした。
お水はシャテルドンがあるし!
盛りつけやインテリアなど、とってもいいかんじ。
ランチだったせいか日本人にはちょうどよい量=少なめでした!
a0098948_4171085.jpg
お皿もかわいい。


LIZA
14,rue de la Banque 75002 Paris
# by gigicocco | 2007-04-06 18:53 | フランス France

夜お茶

a0098948_21572419.jpg
新宿のカフェ・ラ・ミルで夜お茶。
このお店のケーキはミルクレープで有名なルエル・ドゥ・ドゥリエール製ということだったのですが、ミルクレープは売り切れでイチゴのミルフィーユに。
夜のお茶はゆったりしていい気分。
窓の外を見ると、夜の繁華街の風景で、なんだか不思議なかんじ。
# by gigicocco | 2007-04-03 21:57 | 東京 Tokyo

ねこ

a0098948_5484238.jpg
浅草のネコ。
迷惑そう・・・ごめんね。
# by gigicocco | 2007-03-29 05:48 | ねこ

このブログ

お友達が、ご両親の海外旅行のおみやげにおいしいものの写真を頼んでいるのを知って、とってもいいなと思い、まねっこしました。
その写真を見せてもらうと、どのように旅先で楽しんだのかがわかり、こちらまで楽しくなりました。
そのときの気持ちを参考に、わたしが行った場所や持ち帰ったおみやげをのっけていくブログです。
おみやげは特に海外だけというわけではなく、国内はもちろん近所のお散歩先も含まれます。
わたしなりの「おいしいもの」=「楽しいもの」を自分なりにお伝えしたいので、食べ物以外もどんどんのっけていきます。
お店のくわしい情報などは、これはネット検索ですぐわかるなーという場合は明記しないこともあります。
検索して自分で新しい情報を探すのも楽しみのひとつと思うからです。
もちろんリクエストがあれば解るかぎりお答えします。
その時の気持ちを大切にしたいので、写真は食べかけを撮る場合もあります。
わたし自身、食べかけの写真というのも、それまた良い、と思っているからです。
おみやげの価格もできるだけ載っけたいなと思っています。
だって、気になるじゃないですか!!
そんなわけで、情報は最新のものだとは限りません。

わたしは結構な靴好きで、引っ越し屋さんにあやしまれるほどの靴持ちです。
イメルダと揶揄されるほど・・・。
(イメルダさんの気持ちわかるわ~)
靴への愛は女性用・男性用、問わないし、ブランドも問わない。
わたしの夢は靴図鑑をつくることと、靴のコレクション部屋を持つこと!

靴も旅先から持ち帰ることが多く、「おいしいおみやげ」ってことで。

私は何かのプロでブログを書いているわけではありませんし、仕事でもありませんので、情報の真偽については、あしからず!
個人の感想ブログですもの。
# by gigicocco | 2007-03-29 04:37 | はじめに