旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
a0098948_20472686.jpg

小さなキューブの箱入りプチサブレで有名な「ミッシェル・エ・オギュスタン」。
「ミッシェルとオギュスタン」は、おいしいパン屋さんのガイドブックをだしたり、おいしいものをプロデュースしている2人組。
プチサブレの他に、飲むヨーグルトも新しく仲間入りということで、いろんなフレーバーがあったけど、まずはプレーンを選択。
予想よりも甘くないし、酸味もきつすぎず、さっぱりしている。
でも、テクスチャーはドロリと濃いめ。
朝食代わりにいいかも。
次はバニラかリュバーブ入りを買ってみよう!
なんでも、ヨーグルトアイスも新しく発売されたとか!?
むむむ・・・これも食べなくっちゃ・・・でも、2コセットはちょっと困る。
ホテルの部屋の冷蔵庫、冷凍庫がついてないんだもん!
# by gigicocco | 2007-06-10 20:47 | フランス France

夏にピッタリのカクテル

a0098948_22454746.jpg
私の好きなロングカクテル、やっと名前がわかったのでアップしますよ!
名前はじゃじゃーん!Mojito(モヒート)です。
パリのカフェで飲んだ時に名前を忘れないよう、ペーパーナプキンに書いて写真に撮っておいたんです。
これで、絶対、忘れない。
でも・・・よーく見ると、読み方間違えて「モジトー」って書いてある!
「Mojito」で「モジトー」と呼びたくなる気持ち、わかるでしょ!?
レシピはラム酒とライムとフレッシュミントと水と氷と砂糖。
ライムは搾って入れるんだけど、最後にグラスの中に搾った後の皮も入れる。
お好みの分量で混ぜてみてください。
参考までに分量を書いておくと、
ライム・・・半分
砂糖・・・小さじ半分~1
ラム酒・・・大さじ1
ミント・・・2枝
・・・くらいかな?
正しいレシピは私もわかんないの。
キューバなどでは古くから親しまれてきたカクテルのようで、色々な作り方があるみたい。
ミントをすり鉢で潰しておく、とか。
私の好みとしては、水ではなくてソーダ水が良くって、ミントは絶対フレッシュで多め、砂糖は少なめにして、さっぱりといただきたい。
ラムも少なめにしてカクテルというより、午後の飲み物にしたい。
そして飲むときに、コップの中をストローでガシャガシャとつつくんです。
香港のチャーチャンティン風。
ミントが潰れて香りが出ていいかんじ。
ちゃんとしたバーとかじゃ、しませんけどね。
モヒートは暑い日の夕方以降に、外で飲むのが断然おいしい。
# by gigicocco | 2007-06-09 23:10 | food

本日のおやつ

a0098948_17352982.jpg
表参道のピエール・エルメで夏のみ販売のアイスクリームを1コだけ購入。
土曜日の夕方だったせいかとっても混んでいて、お会計に時間がかかるぅ~。
あのですね、ピエール・エルメのアイスクリームのエライところはね、どこぞの高級アイスクリームと違って、テクスチャーがなめらかなの。
食べ初めからふわっと溶けて口当たりが良くておいしいの。
だから、お会計が混んでたら、溶けちゃうの!
なので食べ始めた時にはちょっと溶け気味・・・。
お会計してから冷蔵庫の中から出させてもらえばよかったなー。
すぐ食べれるようにスプーンをつけてくれたのはうれしいv
パリの本店でも言ったらもらえますよん。
ロゴ入りのペーパーナプキンでキチンとくるんであってうれしいの。
フレーバーは迷いまくって、キャラメル味に決定。
もちょっと苦みがあるほうが好みかな。
フレーバーだけではなくて、本当にキャラメルも入っているので、ねと~っとしたものが苦手な方はご注意を。
今年こそ、夏中に全フレーバーを制覇したいものです。
おいしゅうございました。
# by gigicocco | 2007-06-09 17:35 | 東京 Tokyo

犬の落とし物

          これがパリの5月の下旬の朝の服装です
a0098948_6403075.jpg
お犬様天国パリでは、犬の「落とし物」が多いことで有名ですね。
さすがに歩道の真ん中に堂々と、というのは少ないのですが、道路わきは注意が必要です。
どうも、「道路わきか、街路樹の土の部分にて落とし物はすること」になっているようなんですね。
街路樹の土の部分は自然の力にまかせているようですが、道路わきの落とし物は夜中に道路清掃車が洗い流してくれるシステムらしいです。
でもな~、こんなオープンな場所で無防備に用を足さなきゃなんて、なんだかチョット、かわいそうじゃない?
かわいいけど~。
以前、2区の住宅街を歩いていると、重厚な門からかわいいパリジェンヌが彼女にふさわしい、かわいらしい小型犬を連れて出てきて、ワンちゃんはなんだか小走りだったんですね。
お散歩うれしいんだ~、と思っていると、門のすぐ前の街路樹へダッシュ!
そこでさっそく、「落とし物」を。
あ~、せっぱ詰まってたのね~、と。
連れてるパリジェンヌは素知らぬ顔。
それを見て、確信したんですけど、こりゃぁ、家にトイレはないんだな、と。
# by gigicocco | 2007-06-09 07:16 | フランス France

お食事会

今日はこれから大切な方とお食事会。
和食が良いとのことで、お気に入りの水炊き屋さんを選びました。
あ~・・・どきどきする。
何着よう。
服ってたくさんあるはずなのに、不思議といつも着る服がない。
今日の水炊き屋さんは写真が撮れたら、このブログで紹介しますね。
# by gigicocco | 2007-06-08 16:09 | 日々
旅先、海外でお茶が飲みたくなりませんか?
日本ではコンビニでペットボトル入り緑茶が買えるけど、海外では手に入りにくいし、お茶自体の味の嗜好が日本と違ったりして、なんか満足できない。a0098948_0312171.jpg
毎日ミネラルウォーターじゃ、ちょっと飽きるというか。
ホテルの部屋に湯沸かしポットがついてたら、お茶のティーバッグを持って行けばすむことなんだけど、部屋に湯沸かしポットがついてるとは限らないし、暑い時は冷たいお茶が飲みたい。
そんな時には、簡単でおいしい「水出し緑茶」がオススメです。
水出しは、すっきりした味と香りで冷たい緑茶にピッタリですよ。
好みの味のお茶のティーバッグを持って行くだけなんですけど、行く前に一回、家で試し飲みをすると、なおよし。
a0098948_121992.jpgせっかく作ったお茶があんまりおいしくないと、ガッカリしますから。
で、具体的にどうやって水出し茶を作るかというと、軟水のミネラルウォーターを買ってティーバッグを入れて冷蔵庫で一晩置くだけなんですけど、ティーバッグを入れるのにね、ペットボトルの飲み口が小さいんですよ~。
だからね、飲み口が大きいペットボトルを探すんです。
別にペットボトルじゃなくても、水とティーバッグが入って蓋ができればなんでもいいんですけど、持ち歩きもできて手軽なんで。


a0098948_1185398.jpg軟水の区別が難しい時は、ボルヴィックで間違いなし。
これで、冷たいお茶、飲み放題!
朝シャワーを浴びた後に冷たい緑茶。
町歩きにもバッグに入れて。
甘いおやつの後も冷たい緑茶。
あ・もちろん常温でも水出し茶はできるんだけど、衛生面を考えて冷蔵庫に入れた方がいいです。
パリで使っていたのは、このお水。
グランエピスリー・ド・パリで買った、イギリスからの輸入品のもののよう(中のお水はカナダ産なのかな)で、パッケージもかわいいし、ちょっと高かったです。
でも、これで好きなだけお茶が飲めるんですからね。
こういう風に持ち歩きには適していない形だった場合は、飲み終わった他の空きのペットボトルに、必要な量だけ移し入れます。
欲張って入れすぎると、荷物が重くなって疲れやすくなるので気を付けます。
# by gigicocco | 2007-06-08 01:45 |

カッコイイ、のか?

a0098948_13404825.jpg
13区の衣類や雑貨を売るスーパーの入り口に設置してあった、証明写真の機械の見本?写真です。
カッコつけてるのはよくわかるんだけど、カッコイイかどうかは・・・けっこうハンサムなはずだけど。
見てるとなぜか、ちょっと恥ずかしい。
マンダム?
さすがパリ(?)、そういうものなんだーと思ってたけど、駅などにに設置してある他の機械の見本写真はこんなにポーズキメてなかったですよ。
# by gigicocco | 2007-06-07 13:40 | フランス France

仏像の・・・

a0098948_2162195.jpg
パリのインテリアショップでずらっと並んだ、高さ18センチのちっちゃい仏像。
「ああ、禅ブームの一環なのね。この置物をどうやってセンスよく飾るんだろ?」と思ってよく見てみると、頭のてっぺんから紐がぷら~んと・・・。
なんと、ろうそく!
仏像キャンドルですよ!!
色はけっこうリアルだけど、頭、カンペキにオバサンパーマだね・・・よく見ると、けっこう微笑んでるね・・・湯上がりに微笑んで座ってるオバサンだね・・・。
これって、キャンドルより、置物のほうがまだマシなのでは?!
実用的な仏像ってさ・・・。
火をつけたら、頭から溶けていくし・・・。
これを飾ったら、どんなインテリアもだいなしだと思うなぁ。
# by gigicocco | 2007-06-07 02:27 | フランス France

写真データがない!

きゃー!!!
今、発覚したんですが、写真のファイルが一部ない!
この前、間違えて削除した・・・?
すごい、ショック・・・まだ書いてない記事もあったのにー!!!
あ~・・・きっと保存ミス・・・。
# by gigicocco | 2007-06-06 17:03 | 日々

今年ど真ん中のバッグ

a0098948_16311436.jpg
今年の夏、流行のど真ん中!ってかんじのバッグだな~と、感心してショーウインドウを観察。
シルバーで、アミアミでー、太ベルト、ハンドルの形も、同じ色なのもいいなぁ、なんて近づいてよく見てみると、35ユーロ!
この55ユーロという表示はその下のおそろいのサンダルのお値段でした。
シルバーやゴールドって、意外とどんな色の服とも合うんですよね。
サンダルをおそろいにしておけば、ほぼ間違いなく。
こんなに流行のパターンを集めたみたいなバッグが6000円くらいならとってもお得なのでは?
いや、流行のど真ん中だからこそ、これくらいの値段で一夏使い倒すのが正しいおしゃれ道ということか?・・・さすが、パリ、か?
という感心をしました。
# by gigicocco | 2007-06-06 16:46 | フランス France