旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

<   2010年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

a0098948_7291579.jpg
30日(水) 0時25分
夜はさすがに過ごしやすいですが、もうちょっと風があったらいいのにな〜

夏のバーゲン初日!なので店員さんも閉店後にセールの準備中です

ちなみに今日の日本戦はギリギリ間に合わず、見逃しました
ブラジル系のホテルのお兄ちゃんに「日本はちょうど負けたところ」と言われました…

<後日の追記>
私はビミョーに日本戦が見られませんでした。
タクシーのラジオは日本戦だったんだけどねぇ・・・フランス語ですもん。
なんか30、30って言ってるのはわかったんですけどね。
30分の延長だったんですね。
で、タクシーを降りて荷物を下ろして、ホテルに入っている間にPKが行われたのでした・・・。
それですぐにフロントのお兄ちゃんに「ワールドカップは日本、どうなったの?!」と聞いたんです。
「アイム・ソーリー(ご愁傷様)」って繰り返してましたねぇ。
私がこのホテルに滞在している間にブラジル戦があったら私も「アイム・ソーリー」って言ってやる・・・とひそかに思ったのでした。
結局、ブラジル戦がいつだったのかよくわからないままだったんですけどね。
by gigicocco | 2010-06-30 07:29 | フランス France

パリでまず行った店

a0098948_3325667.jpg
29日(火)20時30分 
晴れ 半袖でもいいくらい暖かい

ネットをつなぐためにマクドナルド・・・混んでます
注文したのはフラッペ(シェイクみたい)のフランボワーズ味1.95ユーロ
その他にペシェとピスタチオとキャラメル(?)があった

<後日の追記>
パリについていきなりマクドナルドというのはどうかと自分でも思ったのですが、ネットをつながなくちゃだったのでしょーがない。
若い人たちを中心に、けっこう混んでました。
フラッペはシェイクだと思う・・・あまずっぱいフランボワーズのソースが入ってるの。
パリでネットをつなぐのは、マクドナルドかハーゲンダッツカフェが多いです。
WIFIです。
ハーゲンダッツのほうがソファが広かったりしてゆっくりできます。
夜は混んでるので、昼間のほうがゆったり。
by gigicocco | 2010-06-30 03:32 | フランス France

これからパリへ

a0098948_10481057.jpg

自分でもびっくり
これからパリに行ってきます
今回はどのくらい更新できるかわからないけど、できるだけします

写真は食べずに放置して花を咲かせた湘南出身アーティチョークです
by gigicocco | 2010-06-29 10:48 | フランス France

香港スープとその具

a0098948_453873.jpg
香港ではレストランでも「例湯(本日のスープ)」として飲むことのできる、ことこと煮出したやさしいシンプルスープ。
なかなか家庭のスープを飲む機会はないので、私はレストランやテイクアウトでいただくことが多いです。
いろいろなお店で飲む中で、やはり副臨門はひとあじ違うというか。
たぶん、良い材料で、贅沢に作っているのではないかと。
最近、値上げされたけど、それでも注文する価値アリです。
初めて注文してからというもの、もうやみつきで、必ず注文したいメニューとなりました。
ただひとつ注意点が。
ただひたすら長時間コトコト煮込むスープなので、早い時間帯に行くとまだできてないことがあるんです。
夜は大丈夫だとして、ランチタイムだとそうですね、1時前だとできてないことが多いですね。
早めの時間帯でも出してくれることもありますが、その場合はどうしてもまだちょっと薄い気がします・・・気のせいかもですが。
それでもどうしても飲みたくてお願いしちゃったりするんですけどね。
人数が少ない時は1ポットだと量が多いので、半分(ハーフポーション)にしてもらいます。
これは他のお店でもお願いするとOKなことが多いです。
副臨門では具とスープが分かれて出てくるので(私が聞いた話によると「上品な店は具が分かれてる」そうな)私は具も一通り味をみて、食べます。
けっこう山盛りに盛られてやってくるんですよ。
私は煮込まれてホロホロになった肉や野菜が好きで、けっこう食べますね。
煮込まれて甘くなった野菜や、コラーゲン状態になった豚の皮や脂、めずらしい乾物類などなど、ひとつひとつの具を確認しながら食べるのも楽しい。
さすがにちょこっとお醤油をつけたりはしますけどね。
全部たべるとお腹がいっぱいになってしまうので、ほどほどに。
本来は「一物全体」、全部たべるほうが良いわけですし。
私の想像ですが、たくさんの素材の栄養分を効率的に体内に入れるスープなのではないかと。(これは赤星たみこさんのミネラル豆乳ドリンクと通じるものがあるような気がする)
ただ「だしがら」として扱われるのもちょっと不憫かなと思っているのです。
スープと具が分かれていない場合もあるのですし、分かれたとたんに「不要なもの」になるのはなあぜ?と。
a0098948_4532251.jpg
そんなことを思いながらおいしくいただいて、帰る時、店員さんのサーブ用のテーブルの上に大きなだーぱお(お持ち帰り)容器の中にこのスープの具が詰められているのを発見!
まだ湯気が出ていたので、フタを開けてさましていたようですよ。
具の量からして1ポット分。
どこかのテーブルの人がスープを飲んで、その具を持ち帰っている。
さすがに私も、具を持ち帰ってるとは思わなかったー!
はっきり「食べない」という人もいるので~。
この時の具は肉類は少なめで、そのまま食べるには量があって大変そう。
乾物の量がたっぷり入っていたから、全部食べなきゃもったいない?
再生料理にする?
それともワンちゃんに?
それこそ正しいドギーバックだけど、いまどきそんなわけない?
スープの具だってそりゃおいしいけど、そんなにたくさん具だけどうするの?
気になる~。
香港のスープはまだまだ奥が深いよ。
by gigicocco | 2010-06-29 05:03 | 香港 Hong Kong
さて、昨日の続きです。
どっかーんとココット(ストーブの鍋)に入ってやってきましたよ。
ココットも直径20センチはあるなってサイズで1人前。
日本のレストランだったら、3~5人前とか言われちゃうなってサイズです。
a0098948_224456.jpg
今日のメニューから選んだので、名前とかは忘れちゃったのですが、豚肉のかたまり+野菜がどーんとココットの中に入ってて、おいしかったですよー。
ちょっとだけ入っている肉のソースがもう、すっごくおいしいんだよね!
a0098948_225777.jpg
お肉は脂っこくなく、塩使いもマイルドでおいしーい!
野菜ひとつひとつがジャストな火の通し具合で、どれもおいしい。
野菜の火の通し具合は、シャキッとさせるものはシャキッと、とろっとさせるものはとろっと、カリッとさせるものはカリッと、そして、色よく。
a0098948_2252758.jpgもうひとつのメインは大好物のカスレ(いろいろ肉と豆の煮込み)。
ここのカスレがもう大好きで、注文しちゃうんだよねー。
ブノワのカスレも好物だが、そりゃそうだ、ここのシェフが以前いた店なんだし・・・レシピもかなり近いハズだ)
a0098948_22792.jpgあらためて、これ、一人前ですからね。
すごい量だ~。
たっぷりの豆とたくさんの肉類(ソーセージなどの加工肉も何種類も入っている)。
a0098948_2272358.jpgこの料理のメインはお肉でなく、豆。
もちろんお肉もおいしいんだけど、いろいろなお肉のうまみをたっぷり吸っていて、すごいごちそう!
すごく大好き!なんだけど、この料理が食べ切れたことはない・・・すごい大盛りなんだもーん。
豆ってお腹の中でふくれるし・・・近所だったらテイクアウトしてると思う。
そういえば、パリのレストランでテイクアウトって聞かないですね。
a0098948_230331.jpg
この時は寒かったせいか、まだフレーズ・ボワ(森のいちご/春のフルーツ)がメニューにあったので、デザートが食べたかったのです!
これまた大盛りでうれしい。
過去の記事を見てみると、私はブノワで全く同じメニューを注文している。
どちらもたいへんおいしゅうございます。
a0098948_2301878.jpg
最後に消化を助けるというテ・ベルベンヌ(レモンバーベナのお茶)を飲んで、すっきりさわやかな気持ちになって、ごちそうさまです。
そういえば、こちらのシェフもバスク出身なのだそうです。
パリのおいしいお店にはバスク出身者が多いとは聞いていますが、あらためてやっぱり、私がパリで好きな店って、ほとんどがバスク出身者の店なのだなぁ・・・と。

ラシェット
by gigicocco | 2010-06-28 02:36 | フランス France
a0098948_2153175.jpg
好きなパリのビストロは?と聞かれた時、いくつか答える中にラシェットが入ります。
ホテルプラザアテネ、ブノワオーリヨネで腕をふるってきたシェフの店で、さすがにそれは伊達じゃないというか。
そんなすごーいシェフのビストロ料理はやっぱりスゴイ。
定番ビストロ料理だって、すごーく、おいしいのですよ。
そんなわけで、パリに行くたびに寄っています。
a0098948_2155312.jpg
前菜が来る前に、おいしいハムとバターとパン
これがすごーくおいしいので、食べ過ぎないようにするのが大変なほど。
メインにがっつり食べることにして、ト前菜は野菜を食べることにしよう、と決めました。
前菜はトマトのサラダと野菜のココット。(ダビットシェフはココットを使った料理本も出しているのだ!)
トマトのサラダは4~5種類のトマトをバジルのドレッシングで和えたシンプルな一品。
シンプルだけど、いろいろなトマトが入っているから単調にならないし、主張しすぎないバジルのドレッシングもいい。
さっぱりした夏のサラダですね。
夏のパリのマルシェに行くと、トマトが何種類も山のように売っていて、いつも食べてみたいなーと思っていたので、うれしいです。
a0098948_2183474.jpg
季節野菜のココットは、間ニュー通りにココット(鍋)に入ってやってきたのですが、この鍋、直径18センチですよ。
一人分で。
パリじゃ慢性的な野菜不足だから、野菜たっぷりでうれしい~おいしい~のですが、さすがに量が多いですねぇー。
普通の日本人ならこれだけでお腹いっぱいでしょうねぇー。
これもトマトサラダ同様、たくさんの種類の野菜が入ってるのがうれしい。
これは10種類くらい入ってたかな。
小さいアーティチョークが入っていたのですが、小さいので中のシベがまだ育ってないみたいなんですよ。
こんなの、初めて食べたー!
a0098948_22177.jpg
たっぷりの野菜の中にごろんごろんとベーコン(?肉加工品ですが、種類が無限大と思えるほど存在するので、よくわからない・・・)の厚切りが入っていて、味出しだとは思うのですが、それもおいしいんですよねぇー。
私が想像する、この料理のレシピは、いろいろな野菜と表面を色よく焼いたベーコンをココットに詰めて、おいしいスープを注いでフタをして火に掛ける、だと思う。
シンプルに。
野菜はあらかじめそれぞれに下処理。
でもこれだけが、おいしいんですよねぇー。
見ての通り、どちらもシンプルな料理で、だからこそお店によって、または、人によって差が出る料理です。
こういう料理がとびきりおいしいお店があるというのは、それだけですごーくうれしい。

※この後、「もう前菜だけでお腹がいっぱいだ・・・」と言いつつ、がっつりメインも食べました。
メインについてはまた明日、書きますね。
続きにしちゃって、すみません。
全部書くと、長いんですよー。
続きの後半はこちらで
by gigicocco | 2010-06-27 01:39 | フランス France
a0098948_5472877.jpg
海外で初めて行く空港って、緊張する。
迷ったらどうしよう、とか、間違えたらどうしよう、とか。
ビアリッツ空港ももちろんちょっと心配だったのだけど、事前情報通り、とっても小さい空港だったので、ホッ。
大きい空港は大変だから。
小さい空港だから、カフェとおみやげ屋さんが1軒ずつあるだけ。
チェックインカウンターも一目見て、並んでいる会社で全部。
これなら迷いようがありません。
空港というより、列車の駅みたいなかんじだな。
早く到着しすぎると、何もすることがないので注意だ。
a0098948_5475075.jpg
もうひとつかわいいと思ったのが、ビアリッツ空港に着いて飛行機から降りる時、前の席のお客さんから順番に降りて行くから待っていたんだけど、気が付くと後ろのドアも開いてお客さんが下車(っていうのか?)してる。
外を歩いて空港建物まで行きます。
のどかだ~。
出発したパリのオルリーではもちろん、こんなことはしない。
大きな混んでる空港だもんね。
後ろから降りるの、ハワイのどっかの島か、ニューカレドニア以来だわーとか思いながら順番を待っていたんだけど、ちょうど中心の席だった私は、結局、一番最後になったから、どっちからでも出られたんだけど、結局は、普通に前の出口から出ましたとさ。
後ろから出ると、遠回りっぽかったんだもん。
外も暑そうだったしね。
by gigicocco | 2010-06-26 05:57 | フランス France
a0098948_248583.jpg
香港のランドマークにスーパーができた!っていうのは、おどろきましたよ。
だって、中環のランドマークといえば、ありとあらゆる高級ブランドショップの入ったショッピングゾーン。
ガイドブックにも載っているし、建物の一部はロンドンの高級デパート、ハーベイニコルス。
それが、高級オーガニックスーパーといえど、スーパーですよ?
でもまぁ、行ってみたらこれが便利で!
何よりスバラシイのが、フードコートがあること!
ランドマークにフードコート!これもすごいな。
フードコートも高級だけど、ランドマークなだけあって周囲におつとめのウエスタンが多く集まるので、B級グルメっぽいものばかりでなく、各国の料理が楽しめる。
イタリア料理、タイ料理、ベトナム料理、中東料理、チキンの丸焼きや野菜のグリルなどのウエスタン料理、キッシュ、ケーキ、サンドイッチ、うどん、とんかつ、ジュース・スムージー・バー、アイスクリーム、自分で具材や味付けを選べるフライドヌードル屋さん、それにもちろんスープ屋さんもあるし、ベジタリアンメニューも豊富。
平日のランチタイムは大混雑だけど、日曜日なら平気。
中環はね、日曜の朝ご飯が困るのよ。
私はベトナム屋さんで、極太生春巻き。
ツレは中東料理屋さんでフムス(豆のペースト)とタブーリ(クスクス多めのパセリサラダ)、グリル野菜のマリネ。
それと、お互いに健康工房のスープを1杯づつ。
ランドマーク周辺て、気軽に入れる店が少ないから、このフードコートはかなり便利で、中環に滞在中はしょっちゅう行きます。

Three Sixty
by gigicocco | 2010-06-25 03:11 | 香港 Hong Kong

もりもりイタリアランチ

a0098948_13702.jpg
以前、ちょいと書いた中目黒のイタリア料理店コチネッラについて知りたい方がぼちぼちいらっしゃるようなので、書いておきます。
こちらのお店は私も大好きで、一番の魅力はやはり、イタリア料理研究家のパンツェッタ・貴久子さんのお店だということ。
イタリア料理の本をたくさん出したり、イタリア各州の料理を学んでこられたので、他のお店ではなかなか食べられないメニューがあるのが魅力的だし、なにより私が好きなのは、イタリアの家庭料理をベースにした料理がたくさんあること。
家庭料理のやさしいシンプルな味なんだけど、こういう組み合わせもあるのか!と感心したり。
手打ちパスタも今まで見たことのない形のものがたくさんあるし、パスタソースもそれに合わせて無限大と思えるほど豊富です。
近所だったらしょっちゅう行ってると思います。
a0098948_1372361.jpg
中目黒方面に行くことがある時にはなるべく寄りたいんです。
なので、たまにランチに寄ることも。
こちらのお店はテラス席というか、半分店の外みたいな席があって、そこは光も風もとおるしグリーンもたくさんあって、すてき。
ワンちゃん連れの人がいたり、時にはジローさんがいることも。
ランチタイムだったので、ランチセットを注文したのですが、その時の私の気分は「野菜をたくさん食べたい!」だったので、前菜にサラダを選んだら、あーらびっくりの大盛り。
野菜だけでなく豆類も入っていたりして、種類も多くお得なかんじ。
パスタはトマトソースが食べたかったのでペンネになりました。
期待通りのシンプルなトマト味。
本当はシンプルなトマトスパゲッティが食べたかったんだけど、ランチメニューには入ってなかったのでね。
a0098948_137485.jpg
デザートはさくらんぼのクラフティを選んだのですが、こりがびっくり。
たくさんボロボロと中からさくらんぼが!
ランチセットだし、普通、さくらんぼのクラフティと書いてあっても、一切れに数粒入ってる程度でしょ!?
うれしいけど、おどろいた~。
たしかに、たくさん入っているほうがおいしいもんね。
これで最後にはコーヒーも付いて。
その他にはもちろん、お水(カラフ入り)とパン(手作りのも)。
おとくだ・・・なんか、ふとっぱらだ。
デザートでジェラートも選べたんだけど、この時はさくらんぼ気分だったので。
お店の入り口でジェラートを売っているので、テイクアウトもできましたよ。

※閉店しました。その後は、ジローラモさんのお店に転身。
by gigicocco | 2010-06-24 13:52 | フランス France

香港スイーツのおみやげ

a0098948_1811054.jpg
香港スイーツということは、マンゴーを中心とした南国フルーツが山盛りの・・・という期待をした方にはすみません。
おしるこ的なスイートスープのほうの香港スイーツです。
伝統的な香港スイーツといえばこっちで、フルーツ山盛りの冷たいデザートはタイ出身だったり、近年になって考案された、新しいスイーツなんだそうですよ。
さすがに南国フルーツたっぷりのスイーツはおみやげには難しい。
私も初めは「おしるこだね、これは、フーン」というくらいの感想だったのですが、食べれば食べるほどその素朴な味の魅力が理解できるようになり、今では大好き!
インスタントですが、おみやげ可能なタイプがあるんです。
スーパーにも売っていますが、裕華國貨が品揃え豊富です。
私がよく買うのは、胡桃・杏仁・黒ごま・ピーナッツかな。
このあたりは抵抗なく食べてもらえるので、おみやげに向いていると思う。
一番抵抗感がないのは、色は黒いけど、黒ごまかなー。
杏仁は抵抗がある場合も。(温かい杏仁豆腐なんて!といった風に)
インスタントコーヒーのように、カップに粉を入れてお湯を注いで混ぜるだけ。
私はさらっとした甘みが好みなので、1度に1袋使うことは少なく、たいていは半分ずつ使うので、5袋入りですが、10回分あることになります。
香港スイーツがなつかしくなった時に、いただきます。
特に冬場は体が温まるおやつとしてうれしい。
by gigicocco | 2010-06-23 18:25 | 香港 Hong Kong