旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:バリ Bali( 18 )

バリで買うアタ製品

a0098948_231764.jpg
バリでアタという植物を編んで作られるカゴバッグや小物は、一時、日本でもブームになり、ずいぶん出回ったのですが、なかなか高級ということもあり、私は買わずじまいで。
だからバリに行ったら買おう!と思っていました。(私は長いこと行くチャンスがなかったので、バリに行ったらコレしよう!というのがとても多い)
街中どこに行っても売っているのかと思いきや、そうでもなかったので、ガイドブックに載っていた専門店に行って買いました。
専門店ではありましたが、思っていたよりも種類は豊富ではなく、さらにちょっと変わった型やデザインのものが多かったので、とても悩んで、シンプルな小さなバッグと、お敷き、それとアタではなさそーなピンクのカゴバッグを買いました。
バリで買ったら安いはず・・・と期待通り(でも本当は、もっと安いのかも!?と期待してた・・・)、日本の1/3程度の価格でした。
せっかくなので買ったアタバッグですが、サイズが小さすぎて、あまり使えず・・・。
使いやすいサイズやデザインのものは人気で、すぐに売れてしまうのかもしれないな、と思いました。
なので、このサイズ、この色が欲しい!と決まっている場合は、ネットやお店で出会ったときに買ったほうが、やはり良いようです。
by gigicocco | 2013-12-11 23:41 | バリ Bali
a0098948_19323771.jpg
バリのホテルで入り浸っていた東屋風のカフェがあるのですが、そこのメニューの中にコピ・ルアクがあったので、いただきました。
コピ・ルアクとは、ジャコウネコが食べたコーヒーチェリー(赤い実)が体内で発酵し、未消化の状態のコーヒー豆を排出物から取り出し、洗浄した、幻のコーヒーだそう。
バリでも高いな!と思ったので、日本では幻と呼ばれていても不思議じゃないな。(というか、日本で遭遇したことない)
a0098948_194444.jpg
どんなコーヒーなんだろうとおそるおそる飲んでみると、あっさりとして飲みやすい。
もっと強烈なクセがあるのかと思って、身構えていたのです。
味は普通に飲みやすいコーヒーだけど、後味というか、後に残る香りが気のせいかほんのりと動物っぽいような気がする。
これがジャコウなのかな?
ジャコウといえば、香水にも使われるムスク(このジャコウはジャコウ鹿ですが)が有名ですが、ほんと、そんなかんじで、コーヒーの香りの中にムスクの一部が入っているような。
飲んでいるうちに、なんだか頭がふわっとするような・・・?(これは暑いからかな?)
おいしいけど、不思議なコーヒーだなぁ。
今まで飲んだことのないコーヒーではある。
a0098948_1951794.jpg
暑いバリで温かいコーヒーだけではなんなので、冷たいライムジュースも注文しました。
ライムジュースだけど色づけしてあるらしく、赤かったんです。
バリのライムジュースというのは英語名で、本当はライムではなく、カラマンシーという柑橘類なんですって。
カラマンシーは見た目も味も沖縄のシークヮーサーにそっくりだと思う。
めずらしいコーヒーと甘酸っぱいライムジュースで、これでまた何時間かここで本を読んだり、昼寝をしたりしたのでした。
極楽、極楽。
by gigicocco | 2013-09-13 19:05 | バリ Bali
a0098948_1334070.jpg
バリの滞在先のホテル(AYANA)で、景色がいいからという理由だけで決めたイタリア料理がおいしくてびっくり。
前菜もいいなぁと思ったのですが、バッチリだったのがパスタ!
シーフードとトマトソースのイカスミ(黒いのでたぶん)パスタです。
しっかりしたシーフードの味に、さらにしっかり濃いトマトソース、歯ごたえのしっかりした手打ちパスタで、バッチリおいしいです!
食材もいいの使ってるわ~。
イタリア食材やチーズなどは、手に入りづらいと思うのに感心です。
この完成度はなんなのだ?と後に調べると、このホテルのレストランのディレクター(?)なのだとか。
なるほど、だから、このイタリアンがいちばん景色の良い、海の真ん前にあるのね~と思ったり。
a0098948_13456.jpg
目の前がほんとに海と空の地平線になるような場所にテーブルがあるので、写真を撮っても海と空しか写らないから、撮ってないんです、すみません。
でもなんとなーく写ってる写真をいちおうアップ。
この写真の一番奥の空と海の下あたりにレストランはありました。
眺めは昼のほうが良いですが、夜もけっこう混むので(宿泊客がホテル内で食事するから)、予約したほうが確実だと思いますよ。
やはり最前列のテーブルのほうが、絶景ですから。
夕方5時からの営業だから、ここで夕日を見ながら一杯、もすてき。
私はいただかなかったですけど、ピザ釜もあって、注文のたびに焼いてくれるそうですよ。
このホテルの日本料理以外のレストランには全て行ったのですが(ホテルからあまり出ない方針だったからですが、朝食バイキングで出たみそ汁、おいしかったですよー)、このイタリアンがいちばん、でした。

SAMISAMI
by gigicocco | 2013-09-01 23:31 | バリ Bali

バリでスイカジュース

a0098948_0404497.jpg
バリの日系スーパー、パパイヤ・スーパーでバリみやげをイッキにかたづけた後、一休みすることにしました。
スーパーの入り口付近は日本風のパン屋さんが設置してあり、その場で飲食できるよう、ドリンクスタンドとイスやテーブルも設置してあったので。
そして何より、店内はエアコンが効いてて、涼しく快適で、まだ暑い外に出たくなかった。
コーヒーの気分ではなかったので、スイカジュースを注文すると、スイカがきれていたらしく、スーパーの売り場からスイカを取ってきてくれて、それでスイカジュースを作ってくれました。
売ってるスイカの価格と、スイカジュースの価格があまり変わらなかったので、ことさら、ありがたく、おいしいなー、と思いました。
スイカジュースはおいしいけど、タネをとるのがめんどうなんですよねー。
それと、ふわふわパンのサンドイッチもいただきました。
日本のパン屋さんの、サンドイッチの味で、おいしいです。
こちらにはタクシーで来たけれど、さて、どうやって帰ろうか、と。
タクシーは前の道を通るので、入り口のガードマンの方にタクシーは呼べる?と聞くと、暑い中、道路に出てタクシーをひろってくれました。
ありがたいわー。
おそらく、地元の感覚からいうと、高級スーパーなのだと思うのですが、店内は涼しく、明るく清潔で明朗会計、トイレもキレイで広々、さらに日本風のふわふわパンも食べられるし、住んでたら助かるお店だろうなーと思いました。
旅行者の私も、日本のスーパーで買い物するのと同じ感覚で買い物できて、バリみやげがイッキにそろって、便利でしたよ。
by gigicocco | 2013-06-13 17:39 | バリ Bali
a0098948_23354952.jpg
バリに行ったら絶対に買うぞ!と決めていたのがマサコさんの石けん
マサコさんの石けん=ブラッド・ワンギは、ウブド近くの工房で買うらしいけど、今回はウブドには行かないし、そのためにわざわざタクシーで行くのもな、と調べていると、クタ近くの日系スーパーでも販売していることがわかりました。
いずれにしてもタクシーで行くのだけど、クタの街中ではないけれども、それでも、そっちのがずっと近くて。
行ったらですね、バリで欲しいと思っていた日用品系のおみやげは、ほぼ全て、一気にそろいましたね。
日系スーパーですから、日本人が欲しいと思うようなものは、たいていそろうわけですね。
キレイで涼しい店内で、イッキに用事が済むのですから、ありがたい。
ブラッド・ワンギの石けんは、工房に行って買うよりもちょっぴり高いそうですが、でもそれって数10円とかなんですよ。(細かい数字は忘れてしまいましたが・・・)
いつかは工房にも行ってみたいけど、それはひとまず置いといて、10円程度の差額なら、タクシーでウブド郊外にまで行くほうが高くつく。

石けん以外で、私が現地の日系スーパーで買ったのは以下のとおり。

<サリアユのシャンプー&トリートメント>
サリアユはインドネシアの代表的なコスメブランド。
同じくインドネシアの代表的なコスメブランドのムスカティラトゥのも何か欲しかったけど、そちらは結局、買わず。
インドネシアのコスメもいいですよ。
アーユルヴェーダの思想が基本的に入っていたりするし。

<虫除けスプレー>
こういうのって、現地で売ってるものが効きそうな気がしません?
すごーく、お手頃価格だったし!
小さく、持ち運びにも良さそうだった。
特大サイズの虫除けスプレーもたくさん!販売されていました・・・大変なのでしょうね~。

<バニラ・ビーンズ>
高級品で、おいそれと買えないバニラ・ビーンズも、ここでは迷い無く使えそうな価格だったので。
サヤにツヤもあり、けっこう立派。

<ellipsのヘアオイル>
乾いた髪にも使える、カプセル型ヘアオイル。
カプセル状かつ、シート状なのが便利で、旅先にも持って行きやすい。
1シート130円くらいなので、バラマキみやげにも向いてる。
お得なボトル入りもあったけど、持ち運びやバラマキには、シート状がだんぜん良いのです。
香港で販売しているところもあると聞いたけど、みつけられない。

<コピ・ルアク>
ジャコウ猫が食べた未消化のコーヒーの実から作られたコーヒー豆。
高価だったので、かなり迷ったが「ここで買わなければ、もう飲むチャンスがないかも!?」と考えてしまい、いきおいで買う。

<バリの塩>
塩マニアなので、どんな塩か気になって。
後々、パッケージの裏を見ると、日本の輸入会社の名前が日本語で書いてあり、日本でも買えるよな、そうだよな、と思う。
塩を買うときは、真っ白じゃないものを優先して買うので、日本の会社名が書いてあるのはちょっと安心感がある。

<めん棒>
魔法使いサリーちゃんみたいなパッケージのイラストが可愛くて!
数10円という安さにもつられて。
by gigicocco | 2013-06-12 12:14 | バリ Bali

バリで夕日を撮ってたら

a0098948_2372758.jpg

バリ島では夕日が美しかったので、ホテルのプールで写真を撮っていたらですね、見知らぬオジサマがずいっと私の目の前入り込み、プールの中のオクサマと夕日を激写。
あっけにとられてしまいました。
そのあたりにいる方は、ほぼ全員、写真を撮っていたのですが、逆光なのだし、そんなに熱中しなくとも・・・と、まずは思ったのです。
ですけどねぇ、プールの中でポーズをキメるオクサマ、それを激写しまくるオジサマ、バリの美しい夕日、海、空。
なんだか、微笑ましい気持ちになってきたのです。
だからねぇ、オジサマごと、私も撮りましたよ。
なんか、それもいいような気がして。
by gigicocco | 2013-06-02 02:37 | バリ Bali

バリ石けんといえばMASACO

a0098948_15392611.jpg

私がナチュラル石けんのトリコになったのは、ハッキリと、バリのMASACO石けんからです。
その前から、洗顔には石けん派で、クリニークの洗顔石けんを使ったり、思い切ってマルセイユ石けんを買ってみて、その実力に感心したりはしていたけど、ハッキリとナチュラル石けんを意識したのはMASACO(マサコ)から。
当時はまだ、ナチュラル石けんや手作り石けんは一般的でなかったから、初めはその使い心地にカルチャーショック!でしたよ。
とにかく、泡立ちが良く、泡がやわらかく、そして、水で流すと肌にぬるぬるが残りづらくサッパリした使い心地。
なのに、ココナッツ・オイルのおかげか、肌つっぱりもなく。
泡がやわらかくて気持ち良くて、香りもナチュラルで、もう、トリコです。
だけど、当時、日本では販売店もなく、手に入れるのは海外通販だったので、今よりもネット環境も良くなかったし、なかなかのハードルだったですよ。
買うときは思い切ってドサッと買って、ちびちびと使っていました。
だから、まだこうして、MASACO石けんが手元に残ってるのです。(これくらい古くなると、香りはもう飛んでいて、それはもったいないけど、まだ使えます)
そんなだから、私がバリに行く目的のひとつは、MASACO石けん(現在は「ブラッド・ワンギ」というブランド名)を買うこと!でした。
だからね、バリではね、買いましたよ!!
今ではバリでは石けんのおみやげが定番となり、日本でも手作り石けんブームが起きたり、様々なところで高級石けんが販売されたり(温泉宿の売店でも1コ1000円以上の石けんが販売されてたりしますよね~)すっかり石けんが一般的となりました。(それまでの石けんはちょっと古いイメージ)
私もいろんな!石けんを試したけど、未だにこの石けんがNo.1です。
香りの良さと、泡のキモチ良さが、バツグンなんです。
次点でマルセイユ石けん。
この2トップは、なかなか揺るがないなぁ。
by gigicocco | 2013-05-29 15:39 | バリ Bali
a0098948_18512270.jpg
バリ人が日常的に食べるのはナシ・チャンプルという、ご飯とおかずのワンプレートだというので、食べてみました。
スミニャックあたりの外国人の多いカフェでいただいたので、それなりにアレンジしてあるのだろうとは思いますが、食べやすく、おいしかったです。
白いご飯と野菜を中心としたおかずの盛り合わせなので、全く違和感なく食べられました。
辛くもなく、油っぽくもなく、あっさりした薄味で、とても食べやすい。
席に座って、ただナシ・チャンプルと伝えれば、その日のおすすめで盛り合わせてやってきますが、料理の並んでいるカウンターで、コレとコレを入れて・・・と選ぶこともできるようです。
白いご飯に野菜、卵、豆、ナッツ、イカ、チキンと、栄養バランスも良さそう。
なるほど、こういうものを食べていれば、バリに長期滞在はたやすいな、と思いました。
by gigicocco | 2013-05-06 00:48 | バリ Bali

バリ・ドライバーの勧誘

a0098948_16573156.jpg
バリではゆっくりできてとても良かったのですが、ひとつ、めんどくさいなーと思うことがあったので、書いておきます。
お店でお会計がちょっと不明瞭なことがあったというのも、めんどくさいなーと思ったのですが、それはまぁ、気のせいか?とも思えるので、それよりもめんどうだったのは、タクシーなどのドライバーの勧誘です。
ようするに、車を借り切って観光しない?というもの。
まず、ツアーパックで行ったので、空港に着いてホテルまでの送迎が付いていたのですが、ホテルに到着する間の30分間、ずーっと、勧誘。
おすすめ日本人向け高級エステに行かないか?とか、車を何時間か借り切って観光に行かないか?というのがメインです。
狭い車内の中で、あれだけ熱心に執拗にすすすめられると、うっかりお願いしちゃうだろうなぁ、という。
飛行機から降りて疲れていたから、着いた日はゆっくりしたかったし、まだガイドブックもちゃんと見ていなかったので、どこに観光に行くとかも決めてなかったので、ホテルでゆっくりするんで、と断ったけど、それでも、ホテルに着くまで、ずーっと、だから、正直、疲れます。
本当は送迎車の中でも休みたかったくらいだから。
ツアーパックの送迎なので、それも料金の内だとは思うのですが、でも、やっぱり、ね。
ホテルに到着したのが午前中だったので、まだチェックインできないから、観光にどう?と誘われたけど、部屋に入れなくてもホテル内の施設は使えるはずなので(カフェとかに行っておけば良い)断ると、ガッカリした様子で、チェックインできるようにしてくれて、そっけなく帰っていきました。
たいていは、チェックイン時間の前でも、部屋が空いてれば入れてくれるんですよ。(日本のホテルはそうでもない)
そうなってくると、まだ部屋に入れない、と言ったのも本当かどうか疑いたくなってくるでしょ。
こんだけガッツリ勧誘されるんだから、ウブドとか、遠いホテルにしなくて良かった!とすら思いました。
それからも、ホテルでタクシーをとると、勧誘。
ときには車を路肩に止めたり、徐行したり、はてには遠回りする輩までいたのですよー!
タクシー借し切りのお値段は、だいたい半日くらいで8000円+ガソリン代くらいから始まって、最終的にはガソリン代なしで半額以下に。
めんどうだし、遠回りまでされたこともあり、タクシーに乗る前に勧誘されないための設定を決めることに。
○バリは5回目(初めてはナメられる)
○バリの友達がいる
○その友達と約束がある
この設定を使い、明るくキッパリ返答して、勧誘はアッサリ終了。
バリ初心者の方、勧誘がめんどうだなーと思ってる方。
これ、けっこう、使えると思うので、詳細は各自アレンジしてくださいね。
ホテル以外でとったタクシーは勧誘もなく、気楽でした。
メーターの付いてないタクシーは交渉がめんどう(相場がわからないし、交渉が必要)だったので、乗らないようにしてました。
タクシー代も安いんですけどね。
by gigicocco | 2013-04-27 02:17 | バリ Bali
a0098948_16114359.jpg
バリに行ったら、バビグリンを食べる!というのも大きな目的。
バビグリンとは、豚の丸焼きをメインとし、一皿にいろいろな豚料理とご飯を盛り合わせたワンプレート料理です。
バリに行ったら、というか、できたてのバビグリンを食べにバリに行きたいなぁ、と思ったこともあるくらいの、あこがれフードです。
中華料理の豚の丸焼きは高級料理なので食べる機会はまだないのですが、イタリアの豚の丸焼き(ポルケッタ)も大好物なので、絶対、バビグリンも大好きだ!と思ってて。
かたっぱしから食べてみる、というような余裕はなかったので、ガイドブックに載っていたお店から。
一番有名なのはウブドのお店なので、今回はウブドには行かなかったので、クタのお店で。
週末のお昼頃に時間帯だったのだけれど、クタの街はまだ静かで、お店はやってるけど、人はまばら。
おみやげ屋さんの奥にある、バビグリン屋さんに向かっていると、お店の人から「バビグリン~?」と声をかけられるくらい、ここに来る観光客はバビグリン屋さんに行くんでしょうね。
お店に着いても、バビグリン屋さんだから、言うことは「バビグリンください」としかない。
あとは、冷蔵庫の中から冷えたジュースを勝手に取り出して飲むシステム。
ドリンクは瓶入りの甘いアイスティー。
ケミカルな味がするなーとは思ったけど、この雰囲気と気候に、この味は合うような気がした。
バビグリンのお皿は、カリカリの豚皮(北京ダックの皮みたいなのです)、その身、あとはそぼろ状の豚肉、コリコリした黄色い野菜の和え物、インゲン炒めなど。
皮はカリッカリ、豚肉はジューシィーで、おいしいです。
付け合わせの豚スープも濃厚。
スパイス入りで、ちょっとカレー風味。
しっかりした味付けなので、白いご飯にちょこっとかけて食べるとオイシイ。
あまり大盛りでなく、小ぶりなサイズも食べやすくていいな。
これで100円ほどとはすごいなぁ、と思って食べていたんだけど、お会計してみると数倍に。
ドリンクがそんなに高かったとは思えないし、値上げ!?
それとも、外国人値段!?
たしかに、ここ数年、バリの物価高はあるようなのですが。
実は他でも、バリでは何度かあったことなので、しかたないことなのかな。
食べる前に聞いてみたら良かったわー。
by gigicocco | 2013-04-22 16:26 | バリ Bali