旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco

カテゴリ:food( 89 )

今年初の苺大福

a0098948_4425646.jpg

苺大福は春の和菓子ですねー。
今年初の苺大福です。
むっちりした食感のお餅が印象的でした。
となりの海苔巻きのお餅は中に鰹節味のみたらしアン入りで、意外なヒットです!
あまじょっぱい系。
日本橋三越店限定品らしいです。

榮太郎
by gigicocco | 2015-03-14 04:42 | food

ファミレスでバスク料理

a0098948_1561293.jpg

ロイヤルホストにいったら、なんと!びっくりバスク料理フェアが!!
バスク料理がファミレスに!
予定を変更してバスク料理コースにしました。
メニューは代表的なバスク料理をちょっぴり日本でつくりやすく、日本人に食べやすくしてあるかんじかな。
よくアレンジしてあるなぁーと感心。
アサリのおじや、羊の煮込みがけっこー良くって、おいしい。
パプリカの詰め物や、小さくてやわらかいイカも、バスクだなーと。
ハムもとってもお値打ちだと思いました。
これくらいのハム(バスクのバイヨンヌ産のハムが有名)が、これくらいの価格で、24時間いつでも食べられたら十分でしょ!と思いました。
さすがはスペイン観光局後援ということかな。
ほぐした干しタラとガトーバスクは今ひとつでしたが・・・。
バスク料理がこんなにメジャーなステージへ・・・!と感慨深かったです。
そろそろフェア終了のようですので、気になる方はお急ぎくださいませ!
by gigicocco | 2014-12-05 15:06 | food

お手軽な山椒スパイス

a0098948_22504745.jpg

食べられるラー油に続く類似アイテムかと思う、生七味。
これのなにが良かったかといいますと、山椒の香りが強めということ。
あまり辛くないのもいい。
ただ、山椒の香りほしさに、たくさん使うには塩分が強めなのがネックではありますが、気軽に山椒の香りが料理に追加できるのが良い。
七味感覚で麺類にかけたり、ふりかけ感覚でご飯にかけたりしています。
ラー油ほどははやらないかもですが、山椒好きには良いですよ。
スーパーで買えるし。
そういえば、一世を風靡した「白だし」も、ちかごろ見かけないなー。
by gigicocco | 2014-10-22 22:50 | food

そこそこサングリア

ワインとフルーツでつくるお酒、サングリアは大好きなので、家に偶然あった材料でつくってみたら、そこそこそれなりにまーまーでした。
作り方は、赤ワイン+ミックスジュース(トロピカーナ)+サイダー(三ツ矢)をてきとーに混ぜる→できあがり。
飲みやすい味です。
バルセロナのお店でワイン+ファンタ+フルーツでサングリアをつくっていたのを見て、これはこれでいいのだと思ったのです。
もちろん、もっと本格的な作り方があって、そちらのほうが味は良いのだと思うのですが。
家で自分のためだけにさっと飲むなら、これで十分とゆーか。
あ、サイダーを入れるのはですね、そのほうが軽くなるのと炭酸が入るのがいいなと。
なければ氷を入れたりしても薄まるので軽くなります。
サングリアはフルーツリキュール(ライチとか)を入れてアルコール度数を上げたものよりも、昼酒にちょうどいいくらいの軽いものが好きです。
サングリアを飲むときは、酔いたい気分ではないわけなので。
by gigicocco | 2014-07-22 00:58 | food
a0098948_23595938.jpg

洋菓子店のフルーツのシロップ漬け。
色とりどりのフルーツの配置が美しく、愛らしい。
甘いシロップ漬けかと思いきや、フルーツポンチのボトル詰めなんです。
おいしいフルーツが大きめにカットされて、美しくボトルの中にぎゅっと詰まっています。
パッケージのイラストも可愛らしく、うれしいおみやげ。

近江屋洋菓子店

お店のHP(ブログ)の冒頭のメッセージがとても良かったので、引用します。↓

近江屋洋菓子店は季節の素材、そして新鮮さをもとめて毎日、店主が市場で直接仕入れる店です。
近江屋の菓子は「わっ、きれい」とか、「カワイイ!」というものではないかもしれません。
焼きっぱなし、切りっぱなしの菓子です。
リーズナブルだけどチープではないものを、気楽に買える。
子供たちが冷蔵庫から手づかみでかぶりつくところを考えて、材料は最高のものをおしげなくふんだんに使います。
工場のオーブン、ミキサーなど最高のものを導入しています。
そして職人たちにおごりはありません。
by gigicocco | 2014-01-09 00:00 | food

ファミレスで鴛鴦茶

a0098948_129182.jpg

日本のファミレスでとうとう鴛鴦茶が登場中!
鴛鴦茶は香港の独特メニューで、コーヒー+紅茶という飲み物です。
香港ではけっこう見かける定番メニューではありますが、近ごろは注文するひとも少ないよーな気もします。(見ていると、普通にコーヒーや紅茶を注文している人が多いかな)
飲んでみたい・・・と思ったけれど、よくよく考えると、私は香港でも鴛鴦茶って飲んだかどうか思い出せず。
1杯目は香港でがいいなーと。
それと、メニューの中に「くるみミルクティ」というのがあり、「これは胡桃露(胡桃のお汁粉)に近い飲み物なのでは!?」と期待して、そっちが飲んでみたくなったのです。
結果は香港の胡桃露というよりも、台湾で飲んだナッツティに近かったなぁ。
よくよく見たら、同じページにタピオカミルクティ(台湾の飲み物)もあったしね・・・。
お味は、ナッツ(胡桃?)のつぶつぶが入っていて、飲みやすい味でおいしかったです。
日本のファミレスで「鴛鴦茶」という単語を見るとは思いませんでしたよ。
by gigicocco | 2013-12-16 23:29 | food
a0098948_1263731.jpg

食べ始めたらどんどんクセになってきて、ナポリタンがむしょーに食べたくなるようになりました。
そうなると、自分が好きなタイプのナポリタンというのができてきました。
麺太めでやわらかめ、炒めシッカリなやつです。
by gigicocco | 2013-10-09 23:26 | food
a0098948_184449.jpg

この夏、時間はずれのランチは「なか卯」が多かったです。
スダチおろしうどんがうれしかったから!
ちゃんとスダチを使っているのがうれしい。
うどんは細めだけど、ぴちぴちとおいしい。
あと、衣笠丼の登場も歓迎です。
親子丼の鶏肉が油揚げなので、より軽く食べられるのです。
だけど味付けが関東風なんだよな・・・。
東京だから!?
関西では京風の味付けのはず!と思うのですが、確認したことないからな〜。
温かいうどんを大阪でいただいた時は、同じ味のように思ったんだけど・・・。
情報求ム。
by gigicocco | 2013-10-02 23:08 | food

渋谷駅の豆乳屋さん

a0098948_2321696.jpg

渋谷駅の豆乳屋さんは日本風でなくて、アジア風だなーと思っていたら、シンガポールが本店なんですって。
もっともアジア風だなと思うメニューは、クラシック豆乳の微糖です。
冷たいのと温かいのがあるので、温かいほうを選ぶとなおいっそう。
クラシック豆乳というのは、香港や台湾やシンガポールでいただく、さらっと飲める豆乳なんです。
この日は暑かったので、温かい豆乳を飲む気がせずに、アイスにしました。
豆乳ソフトクリームもさっぱり豆乳味で、おいしーんですよ。
このお店、だんだん人気が出てきて、買うのに行列ができていることもあるくらいなんですよ。
豆乳を使ったスイーツも豊富なので。
シンガポール店と同じメニューなのかはナゾですが。

Mr.ビーン
by gigicocco | 2013-09-29 23:21 | food
a0098948_2130624.jpg
ビールとレモネードを割ったビア・カクテルが好きです。
フランスではパナシェ、スペインではクララ、ドイツではラードラー。
イギリスのシャンディ・ガフはレモネードではなくジンジャーエール(ジンジャービール)割りなのでちょっと違うみたい。
アルコール度は低いし、苦みもほとんどなくなってしまうので、ほとんど清涼飲料水感覚で飲むのですが、パリでもバルセロナでも女性の私が飲むんだ、と言うと、店員(オヤジさん)から「女性の君が!?ワオ!やるね~」というような対応を受けるのです。
ワインならともかく、お店でビアカクテルを飲む女性はめずらしい様子。
たしかに、でっかいビアジョッキで運ばれてきたりすると、私もおののいたりするのですが。
パナシェもクララも、かわいー名前なような気がするんですけどねぇ。
a0098948_13173260.jpg
コンビニのアイスコーヒーとならんで、この夏アホほど飲んだのが、この缶のビアカクテル。
缶のデザインからしても日本では女性向けっぽい商品ですし、味は本当にほぼ清涼飲料水ですよ。
クララやパナシェの味。
甘すぎず、さっぱりしてるのが良いのです。
お風呂上がりや、休日の夕方の気軽な一杯。
by gigicocco | 2013-09-28 15:29 | food