旅先でみつけた楽しいもの・おいしいもの


by gigicocco
カレンダー

バジルシードの注意事項

a0098948_2281549.jpg
私は香港で満記甜品を便利に使っています。
支店がたくさんあって、街中やショッピングセンター内にもあるので、休憩に便利なんです。
けっこう空いてることが多いし。
めったに食べないけど、たまに食べたくなるのが白雪黑珍珠です。
冷たいスイーツで、ココナッツミルクの甘いスープに、フルーツとアイスクリームとバジルシードが入っています。
けっこうボリュームがある上、食べると私は体が冷えるんですけど、それでもつい、たまに食べちゃう。
それはともかく、バジルシードについて書こうと思ったんだ。
バジルシードは、その名のとおり、バジルの種なんですってね。
私が初めて食べたのは香港で、そのつるりんとした食感とプチプチ感で、まさにフォーリンラブでした。
持っていたメモ帳を取り出して、メニューを再度確認し、「金不換」という文字をしっかりとメモした・・・んだけど、なぜかこの文字は田七人参を表現するらしく?なかなかうまくいきませんでした。
また脱線しちゃった・・・さらにそれはともかく、バジルシードはですね、日本ではダイエット食品としてとても有名で「ダイエッット食品仕様」で売られているんですけど。
もちろん、ダイエット効果も間接的にはあるかと思われますが、バジルシードは主にタイのデザートで使われるので、アジア食材店で買えるんですよ。
ようするに、すっごく安くて、一袋300円とか、そのくらい。
「ダイエット食品」として売られているものの中には、きれいな箱に入って個別包装されて、それで何千円とかいうものもあるそうなので。
粗悪なものは土臭い時があると聞きましたが、私はそういうものに出会ったことはないです。
水につけておくと(いちおう、サッと洗ってます)、ゴマよりも小さな黒い粒だった種が水を吸って、まるでタピオカのようになるんですから不思議です。
現に、香港では「ブラックタピオカ」と訳されている場合もあります。
タピオカのようにゆでる必要もないので、ほんと楽ちんです。
透明な瓶に入れて水を吸っていく様子を観察するのも楽しい。
私、バジルシードの見た目に不快感を持ったことがないんです。
言わなきゃ気づかない人も多いと思うので、ここにも書かないでおこう。
家で食べる場合はなかなか香港で食べるようにはいかないので、簡単にしています。
バジルシード+フルーツ+シロップorジュースにして、余裕があればアイスをトッピングしてもいいですね。
私はごく簡単にすますので、バナナ+メイプルシロップとか、そんな風にして食べています。
もっと手軽に、蜂蜜+レモンや、ヨーグルトにトッピングしたり。
ダイエットで利用したい場合は味付けナシや、ポン酢でもいいと思います。
簡単でヘルシーなデザートなので、わざわざ高いところから買わなくても、もっと手軽に楽しんでいいんじゃない?と思ってます。
by gigicocco | 2010-05-14 02:48 | 香港 Hong Kong